旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

カプセルホテル

ニュー小岩310(東京都江戸川区西小岩)

ニュー小岩310(東京都江戸川区西小岩)総武線各駅停車を小岩駅北口で降り立つ。庶民的な一面をも見せる繁華街の一角に、昔ながらのサウナ店があった。エントランスを飾るヴィーナス像は、もはや総武線沿線の風物詩。新小岩ではないのに「ニュー小岩」という素敵なセンス。社長が佐藤さんだから「310」なのだろうか。新宿から小岩まで電車代310円とは偶然過ぎる。フロントで入館料を支払い、手渡されたタオルと館内着を手に、半螺旋状の階段を2階へ。

ニュー小岩310(東京都江戸川区西小岩)ロッカーが並ぶ廊下の先に浴室があって、期待を裏切らぬゴージャス仕様。天井はアンティーク調のステンドグラス、床材には天然石、壁を鏡張りとしてスケール感を演出し、裸婦をモチーフとしたレリーフも2点飾られている。ゆったり広々とした湯船には、バイブラと寝湯あり。写真ほど爽やかでないのはご愛敬だが、年季を経ているわりには清潔感があってよい。(写真は公式サイトより)

ニュー小岩310(東京都江戸川区西小岩)薄暗いサウナ室の扉を開け、よもや貸切かと思ったら、なにやら人影が。やせ細ったおじいさんがストーブの正面で、真横を向いて体育座り。さらに奥のほうではもう一人、おじいさんが横になって寝ていた。故障中なのかテレビは消されており、物音ひとつせず静まり返っていた。室内は100℃を超え、しかもカラカラ。水風呂もたいして冷たくはないし、おじいさん達は汗も流さずそのままドボン。

ニュー小岩310(東京都江戸川区西小岩)リクライニングシートの並ぶ休憩室は愛煙家のパラダイス。毛布も焦げていた。足が直接触れるわけでもないのに床暖房というこだわりぶり。おじさん達に交じり、午前中から惰眠をむさぼるのはサウナ店の醍醐味だ(自分もおじさんの部類だが)。より快眠を求めるなら仮眠室へ。なにしろ10時までに受付すれば17時まで、カプセル宿泊なら最大24時間3,000円と良心的な料金設定。庶民の味方だ。

A23167F4-DAA6-4D31-AC53-280215BD8264PCコーナーとスロット台が隣り合わせだったりするけれど、テレビとソファの休憩スペースもあったりして、明るく健全な雰囲気にしていこうとする努力は見て取れる。これといった光る点もないが、すべてにおいてサウナ店においては及第点。休日を家でだらだら寝てしまうくらいなら、小岩でだらしなく過ごすほうがいい。好きな時にサウナに入って、好きな時に呑んだり食べたりできるから。

ニュー小岩310 ※男性専用
住所/東京都江戸川区西小岩1-19-24 [地図]
電話/03-3671-0310
交通/JR総武線小岩駅北口より徒歩3分
料金/スピードコース3時間1,400円(受付24時間)
     早朝コース1,400円(受付4:00〜10:00、滞在17:00まで)
     サウナコース2,000円(イン8:00〜アウト23:00、滞在最大15時間)
     サウナ宿泊2,300円(イン8:00〜アウト翌17:00、滞在最大29時間)
時間/24時間、年中無休

カプセルホテル渋谷(東京都渋谷区道玄坂)

カプセルホテル渋谷(東京都渋谷区道玄坂)いまも昔も渋谷は若者でごった返す。すっかり縁遠くなってしまったこの街を訪ねた目的、それはサウナ。ただ1軒だけあったセンチュリー渋谷は、カプセルホテル渋谷と名前が変わり、しかし昔ながらの雰囲気は変わらず。サウナブームで目覚めた若者は池袋のレスタあたりに流れていきそうだし、洗練されたカプセルホテルもいまのところ渋谷にはない。競争相手がないのは幸か不幸か。

カプセルホテル渋谷(東京都渋谷区道玄坂)道玄坂上の交差点の角に位置し、1階のフロントは外から丸見え。ある意味では健全だが、かわいいおねえさんの1人でもいれば印象は変わるのかも。券売機でチケットを購入し、帳簿には漢字フルネームで名前と電話番号を記入。リストバンドに付いた大きな鍵はロッカー、小さな鍵は下足箱。利用方法などはとくに説明もしてくれない。常連風情はまったく醸し出していないのに。

ロッカーは2階、浴室は3階、休憩室は4階、カプセルは5階以上。エレベーターはえらく遅いので待ち切れず、階段を使おうと思ったら、なんと屋外。非常用階段だった。

カプセルホテル渋谷(東京都渋谷区道玄坂)浴室はこじんまりとしており、洗い場8人分、湯船2つ、サウナ1室。高温浴の湯船には、二股炭酸カルシウム温泉の人工装置を設置。朝から客が多いのは、カプセルをチェックアウトする前のひとっ風呂なのだろう。のんびりサウナに入ろうとは思わないのか、ほぼ独り占め。

板を最近張り替えたか、きれいな室内。ボナサームだが思いのほか乾いており、ぬるい割りに顔ばかり熱い。水風呂もたいして冷たくはないが、こちらも独り占め。可もなく不可もなく。休憩用の椅子の1つでもあれば良いが。

カプセルホテル渋谷(東京都渋谷区道玄坂)お昼寝コースならカプセルも利用できるが、ソファタイプのリクライニングシートの心地よさったら。適度に薄暗いから爆睡してしまう。3時間などあっという間だ。残りわずかな時間で念のためカプセルでも横になってみるが、こちらはいたって普通。テレビのチャンネルは少ないし、映りは悪いし。ついでに言えばフリーWi-Fiは繋がらないし。渋谷を訪ねる用事があって(たとえば待ち合わせまで時間があるとき)、立ち寄る程度なら良いのかなと。渋谷唯一とあれば、寛容な気持ちが求められる。

カプセルホテル渋谷 ※男性専用
住所/東京都渋谷区道玄坂1-19-14 [地図]
電話/03-3464-1777
交通/JR・東急・京王井の頭線 渋谷駅ハチ公口より徒歩6分
料金/サウナ1,200円(1時間・延長1時間ごと600円)
     お昼寝コース1,800円(3時間・8:00〜20:00・カプセル利用可)
     フリーコース3,000円(8:00〜20:00・カプセル利用可)
時間/24時間、年中無休

カプセル&サウナ ニューセンチュリー(東京都台東区上野)

カプセル&サウナ ニューセンチュリー(東京都台東区上野)上野がサウナの激戦区とはいえ、3時間1,100円はどの店と戦っているのか。さらに値下げして800円とは驚いた。たとえば、スーパー銭湯が別料金としているタオルレンタルや館内着を差し引いたら、と考えてほしい。安かろう悪かろうでも仕方ないかと思いつつ、エレベーターで4階へ。

券売機でチケットを購入し、下足箱の鍵を貰い、靴をしまったら鍵を預け、ロッカーの鍵を貰う。受付には中国系のおねえさん。日本語の発音は怪しいが、英語は堪能。流行りのインバウンド対策か。

カプセル&サウナ ニューセンチュリー(東京都台東区上野)カプセル客が多いのか、多くのスーツケースをひとまとめにした保管場所も。サウナ客専用のロッカーは全体の4分の1ほど。夕方から風呂に入っているのは、くたびれたおじさん数名。浴室の雰囲気もよくある昭和のオジサウナ。天照温泉という名の人工ラジウム泉にはジャグジーとバイブラを設け、もうひとつは水風呂。デジタル表示が壊れたのか「18℃」の紙を貼っている。おそらく設定温度で、体感はそれ以上。わずかに開いた窓の隙間から山手線などを眺め、時おり心地よい風が入ってくる。

カプセル&サウナ ニューセンチュリー(東京都台東区上野)サウナ室はベンチをコの字に設け、奥だけ3段、ほか2段。しばらくしてからどっと汗が噴き出す。ロウリュウを1日5回開催し、アロマの残り香はいつまでも立ち込めているが、客が少なく扉の開閉が少ないことに加え、単純に言えば排気口がふさがれていた。

やがてロウリュウの開催となり、担当はアジア系のおにいさん。ポロシャツにジーンズ、さらに靴下を履いてくるとは普段着感覚か。バシャっと適当にやるもんだから、自分までアロマ水をかけられるし、間近で扇がれてるのにタオルの風が届かない。うちわが棚の上にあるじゃないか。わずか2分で終了した。

カプセル&サウナ ニューセンチュリー(東京都台東区上野)休憩室はソファタイプのリクライニングシート。快適すぎて動けない。テレビを観ながらみんなが笑う、いい空間。しかし、嫌煙家にはつらいかも。わずかに仕切った飲食コーナーでカップラーメンを食べるくらいなら、退館して(カプセルなら外出して)通りを歩いたほうがいい。飲食店は無数にある。上野と御徒町の中間に位置し、庶民の財布にやさしく、いつでも気軽に立ち寄れる。格安パラダイスかここは。

カプセル&サウナ ニューセンチュリー ※男性専用
住所/東京都台東区上野6-9-7 [地図]
電話/03-3839-2444
交通/JR御徒町駅北口より徒歩3分、上野駅広小路口より徒歩3分
料金/サービスサウナ3時間以内800円(4:00〜23:00)
     カプセル休憩8時間以内1,800円(4:00〜20:00)
     深夜サウナ2,500円(21:00〜翌11:00)
時間/24時間、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ