旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

カプセルホテル

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)上野界隈にはサウナ店が点在し、北欧プレジデントセンチュリーなど名前からして個性的。極めつけはダンディだ。ショートコースの料金設定がなく、いままで訪ねる機会を逸していたが、楽天などで格安クーポンを発見。我ながら賢い作戦だ。

ダンディズムを極めるべく、いざ上野へ。鈴本演芸場の並びにあって、パチンコ店などが入居するビルの3階〜8階で営業。中央通りに面し、上野駅、上野広小路駅、御徒町駅などがいずれも5分圏内だから、交通の便は抜群に良い。エレベーターホールのテレビでは店内紹介が流れており、色あせた映像はいつの時代かと。

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)エレベーターを6階で降りると、すぐ目の前はフロントだ。ロッカー室やレストランも同じフロアにある。入館手続きを済ませたら、館内着に着替えて7階の浴室へ。二股温泉の新規導入を全館挙げてPRするが、人工温泉装置がかなり年季を経ているのは何故か。

浴室の天井は高く、一部はロフトのような構造。上から「アカスリどうですかー?」と呼び込みがしつこい。露天風呂はわずかな広さだけど、東京出張のサラリーマンには喜ばれているのかも。近隣のビル群を眺め、夜の灯りがまぶしい。窓ガラス越しにサウナ室のテレビが観えるのは素晴らしいアイデアだ。

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)サウナはカラカラに乾いた熱さで、温度計は100℃以上を指しているが、体感はさほどでもない。浴室と露天の二方向を窓にしているから、熱逃げするのだろう。あまりしっくりこないから3セット目は手短に終わらせようと思っていたのに、テレビが面白くて気付けば12分計が2周半。ふだんは10分ないし頑張って15分なのに、そのときは噴き出した汗がやがて気化して、身体の熱を奪っていく不思議な感覚。

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)思いがけず長時間をサウナ室で過ごし、慌ててレストランへ。和洋中と意外にメニュー豊富で、ステーキや焼き魚もある。サウナ店ならではといえば、オロナミンCとヤクルトをかけ合わせた「オロヤク」だろう。終電の時間が刻一刻と近づき、3階の休憩室(リクライニングシート・簡易マット)に立ち寄る暇はなく、結局は小走りで上野駅へ。駅に近いからありがたい。カプセルは3フロア・3ランクに分かれており、300円ずつの加算でランクアップとわかりやすい料金体系だ。

サウナ&カプセルホテル ダンディ(東京都台東区上野)

サウナ&カプセルホテル ダンディ ※男性専用
住所/東京都台東区上野2-6-11 エッグビル [地図]
電話/03-3839-8100
交通/地下鉄上野広小路駅、上野御徒町駅より徒歩1分
     JR御徒町駅、京成上野駅より徒歩3分
     地下鉄湯島駅より徒歩4分
     地下鉄仲御徒町駅、JR上野駅より徒歩5分
料金/早朝入浴1,000円 ※5:00〜12:00(最終受付10:00)
     普通入浴1,800円 ※10:00〜23:00
     深夜入浴2,800円 ※23:00〜翌10:00
時間/24時間、年中無休

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)週イチ休みなのに、ふと思い立って名古屋を訪ねた。深夜の高速バスを調べてみたら、東京・横浜を出発して明け方に名古屋に到着する便が、直前割引きだと片道2,000円弱。下手したら千葉や埼玉に行くよりも安く、東名秦野BSにも停まるから個人的には都合がいい。バス代は曜日や時期によって変動するので、興味がある方は杉崎高速バスのサイトで確認してほしい。

名古屋には定刻通り5:45に到着。目指すはウェルビー名駅だ。モーニングサウナなら通常料金より割安だし、13時まで滞在できるから、時間を気にせずサウナと向き合い、その後のうたた寝も。名古屋駅から南へ真っすぐ徒歩5分、名鉄レジャックビルの4階へ。

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)以前訪ねた栄店よりずっとコンパクトで、リクライニングシートの休憩室を中心に、ロッカー、浴室、レストラン、ネットブースと必要な要素はすべて隣り合っている。浴室にはバイブラ湯とその一部に寝湯ジャグジーと寝ころび湯。そして打たせ湯のように水が落下する水風呂。ウェルビーだから冷たさにも気合いが入っているかと思いきや、水温は15℃くらいだったから我慢できちゃう。水に打たれて気分爽快。

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)そして、個性的なサウナが3室。フィンランドサウナはストーブ2基の本格派で、ウェルビー名物のストレッチロウリュを16時、18時、20時、22時、24時の計5回開催(休日は14時も)。塩ミストサウナには霧が降り注ぎ、室内に吊るされたヴィヒタ(白樺の小枝を束ねたもの)の香りが清涼感を漂わせる。もちろんヴィヒタで身体をバシバシ叩いて、フィンランド気分を満喫するもよし。

個人的にお気に入りは森のサウナだ。薄暗く狭い室内だが、ここではセルフロウリュを楽しめる。ほどよい熱さに設定されているけれど、もうちょっと熱さ(湿度)が欲しい時は、小さな柄杓で1〜2杯。他の客への声掛けをお忘れなく。手桶で乱暴にバシャっと掛ける客がいてうんざりした。白樺とケロ材、ヴィヒタの香りが漂い、気分はさながら森林浴。サウナハットも流行の予感がする。

サウナのあとはデッキチェアで休息を。サーキュレーターの前が特等席で、火照った身体を一気にクールダウン。効率よく水分補給を図るためにも「サウナ水」はありがたい。経口補水液をアレンジしたというが、生姜の味付けを施したものは市販熱望の傑作だ。

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)そして、リクライニングシートで寛ぎのひととき。支配人お手製のアイマスク(ホット/クール)など心憎い気遣いも。フリーWi-Fi完備だが、ネットブースで次の目的地を検索し、たっぷり5時間満喫させてもらった。全102室のカプセルホテルもあるから、旅行やビジネスでの宿泊(4,220円〜)にもおすすめだ。なにしろ名古屋駅至近。それでいて本格的サウナが楽しめるとあっては、利用しない手はない。

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店 ※男性専用
住所/名古屋市中村区名駅南1-25-2 名鉄レジャック4F [地図]
電話/052-586-2641
交通/JR・名鉄・近鉄・地下鉄「名古屋」駅より徒歩5分
料金/通常サウナ2,570円(深夜0:00〜6:00は730円加算)
     60分サウナ1,540円
     モーニングサウナ1,540円(6:00〜13:00)
時間/24時間、年中無休

グランパーク・イン横浜(横浜市西区北幸) ※2016/12/22オープン

グランパーク・イン横浜(横浜市西区北幸)最近にわかに注目を集める進化系カプセルホテル。かつては簡易宿の代名詞として「仕方なく」利用した方も多いだろう。しかし、そんなイメージを覆すがごとく、新感覚かつ洗練された施設が各地に相次いで誕生している。

昨年12/22に新規オープンした「グランパーク・イン横浜」もそのひとつ。関内や桜木町界隈には新旧カプセルホテルが点在するも、ここの魅力は何といっても横浜駅西口より徒歩5分の好立地だろう。そして、カプセルホテルとしては珍しく女性専用フロアもある。

グランパーク・イン横浜(横浜市西区北幸)現地を訪ねてみれば、3階建の随分こじんまりとした佇まい。地図を見ればT字型の敷地とわかり、カプセル全182室も納得。昼よりも夜の方が洒落ているのは言うまでもない。フロントで入館手続きを済ませたら、そこから先は可愛らしくもあり、かっこいい空間。通路側の壁一面を本棚にしたラウンジ、バーカウンター。横浜の代名詞「赤煉瓦」を連想させる内装だ。極め付けはリクライニングシートの休憩スペース。コンセプトはクルーズ船の上質感。さすがの3文字に尽きる。

グランパーク・イン横浜(横浜市西区北幸)浴室は大きな湯船(バイブラあり)と水風呂、洗い場6人分と立ちシャワー2つ。最低限を揃えたシンプル仕様だ。サウナは石積みのストーブで8人分の広さ。最初は温度計が92℃をキープしていたのに、2度目は104℃まで針が上がっていき、3度目は90℃まで下がっていく。いったいどういう設定なのか不思議な体験をした。(浴室の写真はグランパーク・イン横浜公式サイトより転載)

グランパーク・イン横浜(横浜市西区北幸)サウナだけの客はまだ少ないらしく、フロント対応も不慣れな様子。しかし立地の良さは何物にも代え難く、仕事帰りのひとっ風呂はもちろん、買い物やレジャーの疲れを癒すにも良し。個人的にはハマスタ帰りに立ち寄りたいから、今季は21:30きっかりに試合が終わってほしい。ちなみにスパイアスとは道一本を隔てた至近距離だが、むしろ競合するのは東口のスカイスパかもしれない。

グランパーク・イン横浜
住所/神奈川県横浜市西区北幸2-1-5 [地図]
電話/045-534-8611
交通/横浜駅西口より徒歩5分
料金/デイユース90分1,080円、3時間1,620円、7時間2,500円、10時間2,800円
     宿泊は公式サイトにて確認を
時間/デイユースは5:00〜24:00

大浴場入浴時間(男女入替制)
男性18:00〜翌朝9:00
女性15:00〜17:30、2階シャワールームは24時間利用可

カプセルホテルファミー(千葉県船橋市前原西)

カプセルホテルファミー(千葉県船橋市前原西)千葉県に遠征する際は深夜に車を走らせ、早朝に目的地に到着するのがいつものパターンだが、今回は仮眠を兼ねて津田沼のカプセルホテルファミーに立ち寄った。なにしろ早朝4時からカプセルでの仮眠休憩が可能で、最大5時間、たったの1,000円とはありがたい。ちなみにサウナだけなら700円とあまり割安感はないが、出勤前の朝風呂ならぬ朝サウナ(もちろん湯船もある)にも便利だ。

カプセルホテルファミー(千葉県船橋市前原西)津田沼駅北口より徒歩1分の好立地で、ゲームセンターや風俗店などがテナントに入る雑居ビルの5階。まだ夜も明けきらぬというのに客引きしてきたのはどの店なのだろうか。洒落っ気のないスチールドアより入店すると、まずは台帳に名前を記入。カプセルの空きを確認して「○番の下足箱に靴を入れてください」と。ロッカー番号、カプセル番号とイコールになる仕組みだ。さっそくロッカーで館内着に着替え、休憩室を素通りして浴室へ。

カプセルホテルファミー(千葉県船橋市前原西)浴室は温・冷の湯船2つに洗い場3人分、そして狭いサウナ室(定員3人)といたってシンプル。入浴剤を使用しているのがせめてものサービスで、この日はよもぎの湯。サウナは湿気たにおいがするし、水風呂もたいして冷たくはないから、サウナ好きには不満に感じるかもしれない。休憩室にはテレビに向いて座椅子がいくつか並ぶ。喫煙所も兼ねており、朝っぱらからカップラーメンを食べている人がいたりと、自由な空間だ。

カプセルホテルファミー(千葉県船橋市前原西)カプセルは58室。パンフレットの「テレビ・照明付!」の表記には、当然すぎるだろうと突っ込みたくもなる。最近ではスタイリッシュなカプセル(キャビンベッドなどと言ったりもするが)が増えているなか、ここは昔ながらのカプセルだから特筆すべきこともない。ちょっと仮眠するつもりが5時間ギリギリまで爆睡してしまい、もちろんコストパフォーマンスは申し分なし。ここまで文字や写真で紹介したことが、すべてインドアビューで見られるとは時代も進歩したものだ。



カプセルホテルファミー(千葉県船橋市前原西)

カプセルホテル ファミー ※男性専用
住所/千葉県船橋市前原西2-15-1 [地図]
電話/047-472-3333
交通/JR総武線津田沼駅北口より徒歩1分
     新京成線新津田沼駅南口より徒歩5分
料金/宿泊3,000円(15:00〜翌10:00)
     仮眠1,000円(4:00〜24:00のうち5時間、最終受付19:00)
     サウナのみ700円(4:00〜10:00、12:00〜25:45)
時間/24時間、年中無休

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)ツイッターのタイムラインに頻繁に名前の出る、所沢のベッド&スパ。ウインズラジャ(閉店した戸塚の姉妹店)からSAUNA BARを経て、今年5月にオープンしたメンズサウナだ。ケロサウナ、地獄ロウリュ、強冷水風呂など、サウナ好きを惹きつけるワードに心が躍る。所沢駅東口より徒歩1分とアクセスも良く(池袋や新宿より30分前後)、都内のサウナー諸兄はいますぐ下り電車に飛び乗るべし。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)野球観戦以外では初めて訪ねた所沢。西武鉄道本社のある東口は、いわゆる駅裏だが、ひときわ洒落た雑居ビルの3〜4階にベッド&スパはある。「宿泊に求める最もシンプルなもの、それはベッドとお風呂。私たちはこの2つのエレメントにこだわることで、最上の空間を演出しました」と、コンセプトは立派だ。ちなみにキャビンベッドは96室。

今回はサウナ3時間利用。料金設定は都心並みだが、それだけ期待して良いということか。受付を済ませたら4階のロッカーへ。タオルや館内着はロッカーの中に準備されており、すぐ隣接して浴室があるから、サウナ店によくある「いったん着替えて」の手間はない。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)浴室に入ると、まずは不感温度バイブラ。人肌程度のぬるさとバイブラの刺激が心地よく、うとうとしてしまう。この湯船はいわゆるローマ風呂で、ドーム天井に古代神殿風の円柱が立つ。さらにジャグジーの吐水口はライオンなのだから、おのずとテンションが上がってしまう。

露天風呂にはよしずが掛けられ、ほんのり外気を感じるのみだが、耳を澄ませばかすかに聞こえる西武電車と(開かずの)踏切音。露天風呂うんぬんよりサウナ店で、しかも駅前店で外気浴できるとは素晴らしい。高温浴だけで3つもあればサウナ目的でない客も満足するだろうし、なにより1つ1つが個性的だ。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)サウナは2室。フィンランドサウナは丸太小屋の雰囲気で、「木の宝石」と呼ばれるケロ材(樹齢200年以上の立ち枯れたパイン材)を使用しているのだとか。通路を挟んでベンチが向かい合い、テレビを観るには首が少々つらいが、手前上段はテレビに向いて背板が付いた特等席だ。

もう1室は、唐辛子エキスも使用した、ちょっと熱めのスチームサウナ。こちらでは毎週金曜日(時間は当日告知)に「地獄ロウリュ」が行われている。宣伝POPには「拷問」「苦行」の文字もあり、閻魔によってどのような修羅場が繰り広げられているものか、機会があったら参加してみたい。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)じっくりサウナを楽しんだら強冷水風呂へ。なんと驚きの13℃だ。最初は気合を入れて冷たさに挑むも、2回目、3回目は10秒と経たずに心が折れる。

最近は水風呂の水温だけを語り、冷たければ冷たいほど良しとするおかしな風潮が見受けられるが、深さや広さや設備などの条件によって、水温が同じでも体感は異なる。そして、ここを訪ねてあらためてわかったこと、それは自分は冷たすぎる水風呂よりも、(例えば20℃でもいいから)長く浸かっていたい、と。我慢の一瞬よりも長い快楽を求めたい。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)休憩スペースは3階に充実している。ゲームコーナーはトレーニングルームを兼ねており、エアロバイクやロデオボーイなどで鈍った身体に鞭を打つのも良し。喫煙所を兼ねた鉄道ビューラウンジは眼下に所沢駅を見下ろし、発着する西武電車を眺める。ご丁寧に時刻表を貼っているが、なにしろ本数は多い。そしてサウナといえば、リクライニングシートで過ごすまどろみのひととき。時間延長しようかすごく悩んだ。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)レストランは深夜3時まで利用可。通路を隔てておしゃれなバーラウンジまである。4種類ある定食は1,000円で大盛り無料、味噌汁お代わり自由。「Wとんかつ」「からあげ祭り」など男心をくすぐる文字が並ぶ。ちょっと高めの入館料も、最後には満足感でいっぱい。岩盤浴(無料)は時間が無かったから、またこんど。いまどきの雰囲気で品が良く、なおかつ浴室や館内施設のどれをとっても丁寧に作りこまれている。とても中古物件の改装とは思えないほどに。野球ファンなら西武ドームの観戦と組み合わせて、最高の1日が過ごせるはずだ。

ザ・ベッド&スパ所沢(埼玉県所沢市くすのき台)

ザ・ベッド&スパ所沢 ※男性専用
住所/埼玉県所沢市くすのき台1-13-1 [地図]
電話/04-2996-6677
交通/西武池袋線・新宿線所沢駅東口より徒歩1分
     車の場合は提携駐車場あり(ウインズ24パーキング)
料金/3時間1,800円、6時間2,300円、12時間3,300円
     朝得2時間900円(受付5:00〜9:00)
時間/24時間、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ