旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

カプセルホテル

ホテルヒルトップ(東京都板橋区成増)

ホテルヒルトップ(東京都板橋区成増)成増と聞けば営団成増。あえて東武東上線ではなく、営団地下鉄で。といっても営団の名をいまだに留めるのはヒルトップの公式サイトのみ。双方の駅は至近距離にあり、ホテルヒルトップは切通しの東上線を見下ろす立地。地勢的には緩やかに起伏しているのだろうけど、丘の上という印象は特になく。「長期滞在型家具調度品付」の看板を掲げており、ビジネス旅館の感覚か。

ホテルヒルトップ(東京都板橋区成増)建物は2棟が隣接しており、サウナやカプセルがあるのは線路側のほう。受付は4階にあって、サウナ料金を支払いとともに、ロッカーの鍵、館内着、タオルを受け取る。ウエスタン扉の向こうにロッカーが並ぶも、扉の裏側には「ここから裸で出ないでください」と。ホテルの受付も兼ねており、女性の宿泊客もここに立ち寄るため。ウエスタン扉だと服を脱ぐのでさえ緊張してしまう。

ホテルヒルトップ(東京都板橋区成増)ホテルの大浴場というよりは、勝手知ったるサウナ店の雰囲気。年季が入っているわりに綺麗で、昼間なら明るい日差しが入ってくる。そして昼間でも絶えず客がいて、サウナと水風呂をひたすら繰り返していた。おそらくは地元客なのだろう。池袋まで行かずとも、というご近所サウナの気軽さなのだろう。サウナは100℃、水風呂は20℃と決してハードではないが、郊外店はこのくらいがちょうどいい。(サウナの写真は公式サイトより転載)

ホテルヒルトップ(東京都板橋区成増休憩室にはリクライニングシートと仮眠用マットもあり、隣接してレストランも。静かで薄暗く、居心地が良すぎて、穴場感すら漂う。サウナ利用だと最大180分だが、ひと眠りしたら延長料金が発生しそうだし(そもそも延長料金設定があるのか不明だが)、たった200円しか変わらないのに、90分コースにしたことを後悔した。サウナは24時間利用できるから、深夜にふらっと立ち寄ることもできる。わざわざ成増に行く用事もそうそうないが。

ホテルヒルトップ ※サウナは男性専用
住所/東京都板橋区成増2-12-13 [地図]
電話/03-3977-2511
交通/東武東上線 成増駅より徒歩1分
     東京メトロ有楽町線 地下鉄成増駅より徒歩2分
料金/180分1,500円、90分1,300円、60分1,000円(税別)
時間/24時間(金曜日10:00〜13:00は入浴不可)

サウナジャンボ(名古屋市南区柴田町)

サウナジャンボ(名古屋市南区柴田町)名古屋にはウェルビーを筆頭に名店が数あれど、あえてのサウナジャンボ。総合レジャービルとしての期待感もありつつ、名鉄柴田駅前という立地の良さ。語られない魅力や発見があるかもしれない。そもそも柴田町は南区のいちばん南に位置し、駅前は小規模ながらも歓楽街として知られているようだ。また、近隣には大同特殊鋼、東レ、新日鐵住金などが大工場を構えており、サウナの需要はあるはず。

サウナジャンボ(名古屋市南区柴田町)こういうサウナは夜遅く訪ねるのが正解なのだろう。朝の駅前は閑散とし、1階のパチンコ店も開店前とあって、ビル全体がひっそりとしている。エレベーターにも乗れず、階段で2階へ。がらーんとして、掃除の真っ最中という、入りづらさこの上ないシチュエーション。券売機でチケットを購入し、ロッカーキーとフェイスタオルを貰う。そして、エレベーターで5階へ。

サウナジャンボ(名古屋市南区柴田町)柄物のカーペットといい、ステンドグラスといい、館内は懐かしい感じが漂う。浴室も古びた印象は拭えず、朝の爽やかな時間帯なのに、なぜだか侘しい気持ちにさせられる。

サウナ室には「本場フィンランドのサウナを忠実に再現しました」云々との説明もあったが、ドラム缶のようなストーブにL字2段のベンチを設け、思いっきりジャパニーズ仕様。100℃のカラカラ空間のわりに熱さはイマイチ。とはいえ、クラシックスタイルと思えば悪くない。サウナに12分計はつきものだが、この店は6分計。長針は1周6分、短針は1周60分。

サウナジャンボ(名古屋市南区柴田町)水風呂は20℃超とぬるく困ったものだが、この湯船がいちばん大きく、まさにサウナ店ならでは。ほかに高温の湯船が2つあって、うち片方は檜風呂。打たせ湯かと思ったら水が出てくるし、ゆとりある広さなのに椅子はたったの2つ。昨今のサウナブームに便乗し、若者を呼ぼうなどという下心はまったくない。

4階は休憩室、食堂、ゲームコーナーを兼ねた喫煙所。朝食営業中だったので立ち寄ってみたが、納豆定食を注文したら、納豆しか出てこず、ご飯やみそ汁はセルフスタイル。地方のスナックで食事をしているような感覚に陥る。

サウナジャンボ(名古屋市南区柴田町)リクライニングの休憩室では、どういうわけだか朝から爆睡している人もちらほら。3階は全100室のカプセルホテルで、「カプセルin柴田」と名前も異なる。1泊2,500円、なおかつ1か月58,000円(駐車場10,000円)の月極の料金設定も。というわけで安さが取り柄。サウナや水風呂のスペックではなく、施設全体の魅力を語りたい。気ままにぐうたら過ごしたい人にはうってつけだ。

サウナジャンボ ※男性専用
住所/愛知県名古屋市南区柴田町5-1 [地図]
電話/052-611-6632
交通/名鉄常滑線柴田駅より徒歩1分
料金/フリー1,000円(5:00〜24:00)
     ※深夜追加料金1,000円(24:00〜5:00)
時間/24時間、年中無休

カプセルホテル リード・イン大森(東京都大田区大森北)

カプセルホテル リード・イン大森(東京都大田区大森北)リーズナブルな料金設定のサウナ施設があると聞き、大森へ。この界隈はみづほの独擅場と言えるが、今回の目的地、リードイン大森は商店街の裏手にあって、こぎれいではあるが、こじんまりとした施設。看板もおとなしく、なかなかの穴場感が漂う。サウナ利用でも細かな料金設定があり、今回は3時間休憩にて。券売機でチケットを購入し、フロントで下足箱とロッカーの鍵を引き換える。

カプセルホテル リード・イン大森(東京都大田区大森北)まずは地下1階の浴室へ。飾り気のない室内にジャグジー付きの湯船。だいぶ年季を感じさせるサウナは、テレビもない無音の空間。あるのは砂時計1つ。ドラム缶のようなストーブで、温度計は90℃を指す。バスタオルをマット代わりに敷いているが、それでは乱雑になってしまい、そこだけが減点材料。

水風呂はバスタブを利用したもので、かつてシャワーブースだった位置に、給水管を伸ばして設置。混合水栓の水量では冷たさを期待できるはずもなく。おまけに休憩用の椅子の1つもないし、いぶし銀のサウナを引き立たせる方法は何かないものか。

カプセルホテル リード・イン大森(東京都大田区大森北)浴室に隣接して休憩室があり、リクライニングシートや喫煙所も。そして、缶ビール片手にコンビニ弁当やカップラーメンで食事を済ます姿。ちょっと出歩けば飲食店は無数にあるが、これもよくある光景だ。5階の休憩室は漫画図書館(1万冊以上)と、パソコンを並べてのインターネットコーナー。漫画喫茶を意識しながらも、お風呂やカプセルで優位を謳う。

カプセルホテル リード・イン大森(東京都大田区大森北)カプセルを利用するつもりはなかったが、「利用しますよね?」と聞かれたら「そうですね」としか言いようがない。時間を持て余したことだし、せっかくだから横になってみる。とくに感動もない普通のカプセルだが、仮眠目的なら早々と潜り込むべきだったか。結局は時間ギリギリになって慌てて退館。サウナ目的で訪ねるなら休憩もせず1時間でじゅうぶんかもしれないし、しかし2時間や3時間のほうがお得な気もするし、この料金設定は悩ましい。

カプセルホテル リード・イン大森 ※男性専用
住所/東京都大田区大森北1-27-1 [地図]
電話/03-3298-2323
交通/JR京浜東北線 大森駅東口より徒歩4分
     京急 大森海岸駅より徒歩10分
料金/朝の休憩プラン1,900円(5:00〜10:00)
     リフレッシュプラン1,900円(10:00〜17:00)
     3時間休憩プラン1,500円(7:00〜24:00)
     入浴2時間休憩プラン1,100円(24時間)
     入浴1時間休憩プラン700円(5:00〜9:00・11:30〜22:00)
時間/24時間
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。鶴巻温泉。twitter@bikke4126

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ