旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

カプセルホテル

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜) ※2019/8/20オープン

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)新習志野駅前のミスターマックスショッピングセンターに、温浴施設がこのたび新規オープンした。京葉線沿線で駅徒歩圏とは、貴重かつ待望と言えるだろう。電車はもちろん、東関東道や湾岸道路(国道357号線)のアクセスも良く、SC自体に大型立体駐車場を完備。基本は日帰り温泉でありながら、キャビンでの宿泊も可能とあって、ディズニーリゾート、幕張メッセ、マリンスタジアムなど多様な利用方法が考えられる。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)店舗は駐車場側のエレベーターで3階へ。下足箱の鍵がそのまま清算用リストバンドとなるシステムで、自動改札の通過で入館料が登録されるのだろうか。浴室利用のみならば、フロントをスルーしてそのまま館内へ。岩盤浴利用や子づれの場合はフロントに立ち寄って、売上を加算する。すべての客がフロントに立ち寄らないので、フロントの混雑回避と人件費の抑制には繋がるけれど、「いらっしゃいませ」の声掛けがないのは寂しい。

IMG_0421フロントのすぐそばにある更衣室は、岩盤浴や館内着を利用する客のために。もちろん浴室側には脱衣所もある。更衣室・脱衣所と呼び名を分けているけれど、以下の2点で悩ませるし、正解がわからない。ヾ簇徑瓩任いた汗を浴室で流し、濡れた岩盤浴着に再び袖を通す。岩盤浴でかいた汗を濡れた大判タオルで拭き、私服に着替える。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)広々としたホールの先に、岩盤浴エリア。温度の異なる2室は、いずれもセラミックタイル敷き。さらに55℃のサウナ室では、オートロウリュを2時間おきに開催。始まりも終わりもわからず、本当にロウリュが作動したのかわからずじまいで、正直いまいちな感じ。浴室サウナよりも広いので、スタッフによるパフォーマンスがあれば楽しいかも。クールルームは10℃の小部屋で、ほかに簡易的な休憩スペースをわずかに設けている。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)岩盤浴でうとうとしていたら、食事のラストオーダーを知らせる館内放送が。その大音量に飛び起き、メニューを見ながらあれこれ悩むも、気づいたら店じまいをしていた。ラストオーダーが21:30とは都会の施設ではあり得ないが、3分前とはいえ放送を流すだけ親切か。直営カフェのほか、はなまるうどんやCoCo壱番屋など計5店舗からなるフードコート形式。キッチンを中央に設け、温浴側と外部の双方から利用できる形式。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)看板の矢印に従い、通路をくねくね進むと浴室。ロッカーは当然ながら鍵付きで、いくつものリストバンドを手首に巻くことになる。脱衣所から風除室を経て左に露天風呂。右に浴室。湯船の数は多いけど、意外とコンパクトな印象も。サウナ室では1時間おきにオートロウリュが作動し、10秒×3回でそれなりの熱さに。最近のトレンドを意識して「ロウリュ」を掲げてはいるけれど、サウナや水風呂は極めて万人向け。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)露天風呂では茶褐色の温泉を使用し、源泉掛け流しの湯船もある。長湯禁物の注意書きもあるが、ほどほどのぬるさが眠気を誘う。テレビもあるが、その背後の大型スクリーンでは習志野市の観光紹介などを映し出している。

千葉工大とのコラボを通じ、新しい施設といえども近隣との繋がりで、積極的に地域色をアピール。ちなみに習志野市は、明治天皇が演習場を視察した際の「習え篠原」に由来するとか。篠原少将についてはご自身で調べてほしい。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)気づけば閉店間際。とはいえ、キャビン(カプセルホテル)に宿泊する客もいるから、人影まばらな館内。最後は自動精算機で支払いを済ませる。 ちなみに、キャビンは男性60部屋、女性46部屋の計108室で、宿泊は3,800円より(日にちによって異なる)。チープに夜を明かすならばリクライニングシートにて。入浴と深夜パックで平日2,700円。温泉、岩盤浴、サウナ、キャビンといいとこ取りの印象だが、賑わいとともに良くなっていきそうな店舗だ。

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)

天然温泉 湯〜ねる(千葉県習志野市茜浜)


天然温泉 湯〜ねる
源泉/新習志野温泉(含よう素−ナトリウム−塩化物強塩泉)
住所/千葉県習志野市茜浜2-2-1 [地図]
電話/047-409-3726
交通/JR京葉線新習志野駅より徒歩2分
     国道357号線(湾岸道路)「香澄」交差点より約200m
     ※駐車場897台分あり
料金/岩盤浴プラン:平日1,300円、休日1,400円
     入浴プラン(大人):平日900円、休日950円
     入浴プラン(小人):平日400円、休日450円
     朝風呂(大人):平日500円、休日600円
     朝風呂(小人):平日300円、休日350円
     深夜パック(25時以降自動加算):平日1,800円、休日2,400円
時間/10:00〜25:00(深夜滞在可、朝風呂6:00〜8:00)

※露天風呂の写真は公式サイトより転載

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)博多駅の博多口を出ると、さっそく目の前に「カプセル サウナ」の看板が飛び込んできた。駅前サウナとは言うけれど、大都市でこの好立地は珍しい。下見がてら寄ってみるが、外観はホテルそのもので、サウナ利用に関する宣伝や料金表示などは一切なく、不安な気持ちになる。公式サイトなどで下調べし、夜になって再び現地へ。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)広々としたロビーに、長いカウンター形式のフロント。大型ホテルの雰囲気だが、エントランスより入ってすぐに下足ロッカーがあったり、その鍵と引き換えにロッカーキーを渡されたりと、普通のホテルとはシステムが一風異なる。サウナ利用客のロッカーは2階にあって、ご丁寧にロッカーキーのバンドにも「2F-○○○」と記載してある。館内着に着替えたら11階の浴室へ。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)ホテルの大浴場にあらず、もはやスーパー銭湯の雰囲気。なんとなく年季は感じさせるけど。ちょうどロウリュが始まるタイミングに、慌てて入室。ikiストーブにアロマ水をかけ、三つ折りにしたバスタオルで扇いでいく。ホテルだから上品なロウリュを想像していたが、スーパー銭湯寄りの元気のよさ。もうひとつ、足湯つきのぬるいサウナ室も。ロイヤルサウナと名付けた頃は、画期的だったのだろうと想像してみたり。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)

浴室内には入浴剤使用の日替わり湯、ジャグジー、打たせ湯などもあり、さらに階段を上がると露天風呂も。駅前立地にしてこの充実ぶりは素晴らしいの一言。休憩室にはリクライニングシートがずらりと並び、さらには床に毛布を敷いて雑魚寝をする強者も。なるほど安宿という認識なのか。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)

どうやらカプセルが主体のホテルのようで、エレベーターには「個室カプセル」「連結カプセル」との謎のフロア表記。前者は机もあって、後者は一般的にイメージするカプセルホテルの雰囲気。カプセル料金すらも抑えたい人はリクライニングシートと、懐具合でチョイスする感じで。

ホテルキャビナス福岡 ※男性専用
住所/福岡市博多区博多駅前2-18-1 [地図]
電話/092-436-8880
交通/JR福岡駅博多口より徒歩1分
料金/ロイヤルサウナ2,200円
     120分サウナ1,100円
     モーニングサウナ1,200円(4:00〜11:00)
     ※消費税別途
     ※深夜0時〜4時に入館・滞在の場合は深夜料金486円加算
時間/24時間営業

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)ふと思い立って九州に行こうかと。閑散期の平日なら博多往復2万円台半ば。電車かバスに乗って、夕方には佐世保に着く。目指すはサウナサン。佐世保についての予備知識は何も持たず、観光の一切を目的としなかったが、神奈川でいえば横須賀っぽい雰囲気に親近感がわく。海あり坂道あり、駅前に国道が通っていて、人情味のある商店街を残しつつ、しゃれたショッピングモールも。ぶらぶら歩いていたらサウナサンに到着。

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)今回はカプセル利用。チェックインを済ませ、4階のロッカーで館内着に着替えを済ませる。と、そこに足立支配人が挨拶に来てくれて、「20時からロウリュやりますよ」と嬉しいサプライズ。サウナは1階にあるから、再びエレベーターで降りていく。サウナだけ利用の客は1階のロッカーを使用する。ちなみに、2階はレストランとリクライニングシートの休憩室。3階はマットと2段ベッドの仮眠室。好きな場所で、気を遣わずぐうたらできる。

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)

サウナ室の特徴といえば、石積みのストーブの前に足湯があること。サウナ室の構造やストーブによっては『顔ばかり熱くて、つま先は温まらない』ことがあるけれど、足もとから温めることで、より発汗が高まる。また、室内の湿度を適度に保っているのかも。最上段はややカラッとしていたけれど、4分おきのオートロウリュが熱さに変化をもたらす。サウナマットはしっかりとした厚みとともに、吸湿性と速乾性を兼ね備えており、聞けば特注品だという。

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)

灯りひとつの真っ暗な中で行われるロウリュがこれまたすごかった。スノーボールと水かけで湿度を高め、優雅にタオルが舞う。そして、パンパンと唸りを上げる扇ぎで、強烈な風が襲ってくる。さすが九州チャンピオン。

水風呂の温度計は13℃を下回っているのに、刺すような冷たさではなく、じんわり感が良い。吐水口の真下に設置した浄化装置には、竹炭、珊瑚、珪藻土を用い、かなりの試行錯誤を重ねたという。サウナのセッティングも手作業、あとで機械室も見せてもらったが、古い設備と複雑な配管をいたわりながら活用しており、頭の下がる思いだ。
⇒サウナサンで気持ち良い水風呂を作るまでの記録(サウナイキタイ)


スチームサウナでは袋詰めにした薬草を吹き出し口に吊るしていた。ほどよき蒸され感と、薬草の香りが健康効果を実感させる。ほかにジェットバスやバイブラ湯などがあり、総じてぬるめなので、風呂目的の客も満足できるはず。

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)レストランはカウンターとテーブル席。どれも美味しそうで、迷わせるメニューの数々。深夜1時まで営業しており、遅めの入館でも食いっぱぐれる心配はない。カプセルでぐっすり眠り、翌朝目が覚めたら、支配人はもうあちこち動き回っていた。喫煙所の掃除をしていると思ったら、浴室の片づけをしていたり、フロントで業者対応していたり。感心しながらのんびりと朝食を食べる。

昭和57年創業とのこと。施設は円熟味を増しているが、それを感じさせない清潔感と手入れの良さ。それに加えて若い姉弟のアイデアとホスピタリティで、将来に向けて若い客層の取り込みも。地方サウナ店の域にとどまらず、全国区の知名度と実力を誇る名店だ。

サウナサン ※男性専用
住所/長崎県佐世保市塩浜町6-15 [地図]
電話/0956-23-3000
交通/JR佐世保線・松浦鉄道 佐世保駅みなと口より徒歩7分
     国道35号線「戸尾町」交差点より約350m
     ※指定駐車場3時間無料サービスあり
料金/昼間基本料金2,050円(5:00〜17:00)
     夜間基本料金2,250円(17:00〜5:00)
     ※深夜加算料金350円(24:00〜5:00に入館または滞在の場合)
     ランチセットサウナ1,240円(90分間・11:00〜13:00来店)
     1時間サウナ1,200円(24時間受付・追加は300円/30分)
時間/24時間
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ