旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

カプセルホテル

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)博多駅の博多口を出ると、さっそく目の前に「カプセル サウナ」の看板が飛び込んできた。駅前サウナとは言うけれど、大都市でこの好立地は珍しい。下見がてら寄ってみるが、外観はホテルそのもので、サウナ利用に関する宣伝や料金表示などは一切なく、不安な気持ちになる。公式サイトなどで下調べし、夜になって再び現地へ。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)広々としたロビーに、長いカウンター形式のフロント。大型ホテルの雰囲気だが、エントランスより入ってすぐに下足ロッカーがあったり、その鍵と引き換えにロッカーキーを渡されたりと、普通のホテルとはシステムが一風異なる。サウナ利用客のロッカーは2階にあって、ご丁寧にロッカーキーのバンドにも「2F-○○○」と記載してある。館内着に着替えたら11階の浴室へ。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)ホテルの大浴場にあらず、もはやスーパー銭湯の雰囲気。なんとなく年季は感じさせるけど。ちょうどロウリュが始まるタイミングに、慌てて入室。ikiストーブにアロマ水をかけ、三つ折りにしたバスタオルで扇いでいく。ホテルだから上品なロウリュを想像していたが、スーパー銭湯寄りの元気のよさ。もうひとつ、足湯つきのぬるいサウナ室も。ロイヤルサウナと名付けた頃は、画期的だったのだろうと想像してみたり。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)

浴室内には入浴剤使用の日替わり湯、ジャグジー、打たせ湯などもあり、さらに階段を上がると露天風呂も。駅前立地にしてこの充実ぶりは素晴らしいの一言。休憩室にはリクライニングシートがずらりと並び、さらには床に毛布を敷いて雑魚寝をする強者も。なるほど安宿という認識なのか。

ホテルキャビナス福岡(福岡市博多区博多駅前)

どうやらカプセルが主体のホテルのようで、エレベーターには「個室カプセル」「連結カプセル」との謎のフロア表記。前者は机もあって、後者は一般的にイメージするカプセルホテルの雰囲気。カプセル料金すらも抑えたい人はリクライニングシートと、懐具合でチョイスする感じで。

ホテルキャビナス福岡 ※男性専用
住所/福岡市博多区博多駅前2-18-1 [地図]
電話/092-436-8880
交通/JR福岡駅博多口より徒歩1分
料金/ロイヤルサウナ2,200円
     120分サウナ1,100円
     モーニングサウナ1,200円(4:00〜11:00)
     ※消費税別途
     ※深夜0時〜4時に入館・滞在の場合は深夜料金486円加算
時間/24時間営業

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)ふと思い立って九州に行こうかと。閑散期の平日なら博多往復2万円台半ば。電車かバスに乗って、夕方には佐世保に着く。目指すはサウナサン。佐世保についての予備知識は何も持たず、観光の一切を目的としなかったが、神奈川でいえば横須賀っぽい雰囲気に親近感がわく。海あり坂道あり、駅前に国道が通っていて、人情味のある商店街を残しつつ、しゃれたショッピングモールも。ぶらぶら歩いていたらサウナサンに到着。

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)今回はカプセル利用。チェックインを済ませ、4階のロッカーで館内着に着替えを済ませる。と、そこに足立支配人が挨拶に来てくれて、「20時からロウリュやりますよ」と嬉しいサプライズ。サウナは1階にあるから、再びエレベーターで降りていく。サウナだけ利用の客は1階のロッカーを使用する。ちなみに、2階はレストランとリクライニングシートの休憩室。3階はマットと2段ベッドの仮眠室。好きな場所で、気を遣わずぐうたらできる。

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)

サウナ室の特徴といえば、石積みのストーブの前に足湯があること。サウナ室の構造やストーブによっては『顔ばかり熱くて、つま先は温まらない』ことがあるけれど、足もとから温めることで、より発汗が高まる。また、室内の湿度を適度に保っているのかも。最上段はややカラッとしていたけれど、4分おきのオートロウリュが熱さに変化をもたらす。サウナマットはしっかりとした厚みとともに、吸湿性と速乾性を兼ね備えており、聞けば特注品だという。

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)

灯りひとつの真っ暗な中で行われるロウリュがこれまたすごかった。スノーボールと水かけで湿度を高め、優雅にタオルが舞う。そして、パンパンと唸りを上げる扇ぎで、強烈な風が襲ってくる。さすが九州チャンピオン。

水風呂の温度計は13℃を下回っているのに、刺すような冷たさではなく、じんわり感が良い。吐水口の真下に設置した浄化装置には、竹炭、珊瑚、珪藻土を用い、かなりの試行錯誤を重ねたという。サウナのセッティングも手作業、あとで機械室も見せてもらったが、古い設備と複雑な配管をいたわりながら活用しており、頭の下がる思いだ。
⇒サウナサンで気持ち良い水風呂を作るまでの記録(サウナイキタイ)


スチームサウナでは袋詰めにした薬草を吹き出し口に吊るしていた。ほどよき蒸され感と、薬草の香りが健康効果を実感させる。ほかにジェットバスやバイブラ湯などがあり、総じてぬるめなので、風呂目的の客も満足できるはず。

サウナサン(長崎県佐世保市塩浜町)レストランはカウンターとテーブル席。どれも美味しそうで、迷わせるメニューの数々。深夜1時まで営業しており、遅めの入館でも食いっぱぐれる心配はない。カプセルでぐっすり眠り、翌朝目が覚めたら、支配人はもうあちこち動き回っていた。喫煙所の掃除をしていると思ったら、浴室の片づけをしていたり、フロントで業者対応していたり。感心しながらのんびりと朝食を食べる。

昭和57年創業とのこと。施設は円熟味を増しているが、それを感じさせない清潔感と手入れの良さ。それに加えて若い姉弟のアイデアとホスピタリティで、将来に向けて若い客層の取り込みも。地方サウナ店の域にとどまらず、全国区の知名度と実力を誇る名店だ。

サウナサン ※男性専用
住所/長崎県佐世保市塩浜町6-15 [地図]
電話/0956-23-3000
交通/JR佐世保線・松浦鉄道 佐世保駅みなと口より徒歩7分
     国道35号線「戸尾町」交差点より約350m
     ※指定駐車場3時間無料サービスあり
料金/昼間基本料金2,050円(5:00〜17:00)
     夜間基本料金2,250円(17:00〜5:00)
     ※深夜加算料金350円(24:00〜5:00に入館または滞在の場合)
     ランチセットサウナ1,240円(90分間・11:00〜13:00来店)
     1時間サウナ1,200円(24時間受付・追加は300円/30分)
時間/24時間

ニュージャパン カバーナ(大阪市中央区道頓堀) ※2019/3/31閉館

ニュージャパン カバーナ(大阪市中央区道頓堀)大阪ミナミのニュージャパン。スパプラザは24時閉店なので、宿泊するなら同じビルのカバーナで。エントランスの奥にあるのがカバーナのフロント。昼間と深夜の各12時間コースしかなく、ここもまた珍しい料金設定だ。ロッカーでサウナパンツ1枚に着替え、螺旋階段を上ると浴室。正確に言うと、いきなりサウナ。なんとなしの空間は中温サウナ室で、適当にごろ寝するスタイル。いびきをかいて寝ているおっさんには驚いた。

パンフレット_0001隣接するのは高温サウナ。好景気の頃は多くのビジネスマンで賑わったのであろう(と想いを馳せ)、広すぎる空間に深夜独りぼっちは虚しい。水風呂もいいが、深夜はプールが最高。誰もいないのをいいことに何度も往復してみる。スチームサウナには足湯や歩行浴もあって、ぼんやり霞んだ空間。誰もいないのをいいことに横になって寝ていたが、ふと気づけば横におっさんが。

ほかにバイブラ湯やジャグジーもあり、その時々でサウナパンツを脱いだり履いたり。カバーナのすごい点は、浴室内にビーチラウンジがあって、海の家のようだと自分に信じ込ませれば、そう見えなくもない。ちなみにCABANAには「廊下や通路を通らず、直接ビーチやプールサイドに出ることができるホテルの客室」(H.I.S-海外ホテルに関する用語集)との意味もあるらしく、まさにリゾート感覚。現実はやっぱりメンズサウナだけど。

ニュージャパン カバーナ(大阪市中央区道頓堀)そして、カバーナにおいては、「まずは身体を洗ってから…」なんてお行儀の良いことを言ってる場合ではなく、洗い場は浴室内の螺旋階段を降りた先に。軽く身体を温めるための湯船もあるが、洗い場の先は浴室出口。つまりはそういう動線。ガウンを身にまとい、浴室から出るとレストラン。おでんの香りが漂い、真夜中なのにカウンターで一杯やっている客も。

ニュージャパン カバーナ(大阪市中央区道頓堀)リクライニングシートもあるのに、床にマットを敷いて寝ている客も。ブランケットがないからちょっと寒いのだが。高級感すら漂うスパプラザとは対照的に、カバーナは大衆的。安サウナに慣れてしまっている自分としては、こっちのほうが落ち着くなぁと。健康的な朝食(580円)もリーズナブルでありがたい。スパプラザばかりが騒がれているが、カバーナにもぜひお立ち寄りを。

ニュージャパン カバーナ(大阪市中央区道頓堀)




ニュージャパン カバーナ ※男性専用
住所/大阪市中央区道頓堀2-3-28 ニュージャパンなんばビル1F [地図]
電話/06-6211-0836
交通/地下鉄なんば駅25番出口より徒歩2分
料金/入店時間(5:00〜23:00)2,100円 ※深夜2時以降500円加算
     入店時間(23:00〜5:00)2,600円
時間/24時間
     ※毎週月曜日9:00〜12:00は清掃・メンテナンスにつき閉店
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ