旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

オールナイト営業

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

船橋グランドサウナ(千葉県船橋市本町)

船橋グランドサウナ(千葉県船橋市本町)船橋市内のサウナ店を語るとき、ジートピア(旧モンシャトー)、クアハウスの豪華絢爛な両個性は必ず話題に上るが、忘れちゃならないのは船橋グランドサウナ。名前からしてどっしり構えている感が良いではないか。

グランドサウナは、駅直結のショッピングセンター(シャポー船橋)を通り抜け、すぐ目の前という好立地。パチンコ店(百万弗)の2〜5階に、カプセルホテルとともに店を構える。船橋駅周辺は日が傾くにつれ、猥雑な一面を色濃くするも、サウナはこうした環境がよく似合う。

船橋グランドサウナ(千葉県船橋市本町)写真パネルの館内紹介には何もときめかないが、色褪せていないだけ良し。クラシカルな雰囲気すら感じさせるフロントで、まずは入浴料金の支払い。会員料金を設定し500円の格差を付けているが、会員券500円というから2回目からお得。カプセルを併設しているせいかやたらと広く、がらーんとしたロッカー室。しかも喫煙自由。平日の真っ昼間からサボリーマンの姿がちらほら。

船橋グランドサウナ(千葉県船橋市本町)天井のステンドグラスやヴィーナス像が印象的な浴室。入ったとたんに熱気でむわっとするのは困ったものだ。準天然温泉を謳うドゴール湯は、湯船に沈んだステンレスの箱に鉱石が仕込まれているようだ。健康効果をもたらすのだろうけど、お湯が熱めでよくわからない。バイブラ湯やジャグジーもあるけれど、全体的にもうちょっと温めでも良いのに。

船橋グランドサウナ(千葉県船橋市本町)

サウナに入る前に水風呂でクールダウンしておきたいが、これらの湯船に挟まれているせいか、顔だけのぼせそう。そもそも水風呂は蛇口全開でもぬるく、それでいて小さいから、他の客に気を遣って長居もできない。ゆったりとした広さのサウナ室は94℃、多少は年季入っているけれど悪くはない。いまいちシャキッとしないのは水風呂と室内の熱気だ。冬だったら印象も変わるかもしれないが。

船橋グランドサウナ(千葉県船橋市本町)90分コースで訪ねたし、頭の中は次のサウナで挽回しようとそればかり。早々2セットで切り上げ、リクライニングシートの休憩室をのぞいてみる。小上がりの食事処も隣接しており、なんとなくモンシャトーと雰囲気は似ている。簡単に言えばクラシカルの典型。暇を持て余した客が爆睡し、薄暗い映画室にいたっては名ばかりの様相を呈していた。「総武沿線随一のサウナのオアシス」を自称するのだから、意気込みは立派だ。

船橋グランドサウナ ※男性専用
住所/千葉県船橋市本町4-5-27 [地図]
電話/047-422-2266
交通/JR総武線船橋駅・京成船橋駅より徒歩1分
料金/早朝サウナ1,300円(5:00〜12:00)
     普通サウナ1,800円(5:00〜24:00)
     深夜サウナ2,300円(5:00〜翌12:00)
     クイックタイム90分1,000円(10:00〜19:00)
時間/24時間、年中無休

センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区上野) ※2017/7/7オープン

センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区上野)外国人が好みそうな和モダンの雰囲気を前面に打ち出し、デザイナーズサウナとして人気のサウナリゾートオリエンタル(港区赤坂)。その2号店とでも言うべき、ホテルサウナが上野に新規オープンした。サウナ激戦地にして、自前の店舗でもセンチュリー、ニューセンチュリー、オリエンタルのクラシック店を運営しているのに、未来を見据えた展開が素晴らしい。ホテルも18店に増え、まさにヤナガワグループの躍進が止まらない。

センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区上野)オープンして1週間経つのに、いまだエントランスは工事中。2階のフロントで料金を支払い、台帳に名前と電話番号を記入。オープンキャンペーンなのか今なら3時間1,500円だが、「休憩スペースは無いけど良いですか?」と。いつできるの?と聞けば、「できません」とまさかの回答。時間を持て余しちゃうね、という声は聞こえたか。ホテルのロビー(ソファ)で寛ぐほど優雅な心持ちでもないし、そもそも料金設定がおかしくないか。

センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区上野)フロントのすぐ目の前の暖簾をくぐると脱衣所。「6番のロッカーをお使いください」と渡された鍵は9番だったが、ロッカーの扉も装飾次第でこんなにおしゃれかと。体重計かと思ったらボディドライヤーで驚いてみたり、懸垂器具を試してみたり。そして話には聞いていたけれど、情報が少ないせいか浴室は終始貸し切り。雰囲気がわかる写真を勝手に載せちゃうけどお許しを。

センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区上野)和モダンを存分に採り入れた浴室は、唯一にして無二の空間。赤坂の派手さに比べると、上野はシックな上質感。天井にも描くとはさすがだ。洗い場は赤坂同様のシャワーブースが5か所。天照温泉という名の人工ラジウム泉は、湯船の底に鉱石を仕込んだ箱を設置。押しボタンでジャグジー、バイブラが作動する。江戸っ子好みか43℃超の温度設定はちょっと熱めかと思うが、テレビを見ながらの入浴。

センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区上野)サウナ室は4〜5人がせいぜいの狭さだが、貸切状態だから98℃をキープ(キリが悪いから100℃を目指せばよいのに)。テレビは未だ設置されておらず、洋楽のBGMが心地よく流れる。ふいにサウナストーンに注水され、わずかなロウリュが発生。樋に開いた数か所の穴から注がれる仕組みで、滞在していた時間から察するに毎時00分作動なのか。水風呂は2人サイズの17℃で、バイブラのボタンを押せば納得の冷たさ。

サウナの温度・湿度も好みだし、ひとことで言えば真新しいサウナはやはりよいなと。シャワーブース1つ潰してベンチでも置いてくれたらもっと最高だが、サウナではなくスパだから欲は言うまい。上野に立ち寄った際には再訪したいが、料金設定(利用時間)の見直しはぜひとも。

センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区上野)

センチュリオンホテル&スパ 上野駅前
住所/東京都台東区上野6-8-9 [地図]
電話/03-5846-8560
交通/JR上野駅広小路口より徒歩2分、JR御徒町駅北口より徒歩3分
料金/3時間1,500円、6時間2,000円、延長1時間につき500円
時間/24時間、年中無休

府中駅前天然温泉 縄文の湯(東京都府中市宮西町)

府中駅前天然温泉 縄文の湯(東京都府中市宮西町)梅雨本番を思わせる大雨。露天風呂で雨に打たれる趣味はないし、なによりも雨に濡れずに店まで向かいたい。といったわけで、府中駅前の縄文の湯へ。正確に言うと駅前ではなく、「至近」だと思うが、大型商業ビルの6〜12階とはビッグスケールだ。エレベーターを降りると縄文杉を思わせる立派な柱が2本。フロントもゆったりしており、まるでホテルのよう。初めて訪ねた旨を告げると、「こちらの用紙をご記入ください」。説明もなくいきなり何故と思うが、「当館は会員制なんです」。そんなことホームページのどこかに書いてありますかね。

府中駅前天然温泉 縄文の湯(東京都府中市宮西町)広さを持て余したフロント階より再びエレベーターに乗り、12階の男性脱衣室へ。浴室は下って11階。素っ裸ではなく、館内着での移動が正解。料金前払いといい、こういう点はサウナ店スタイル。浴室手前の棚を見て慌てて引き返した自分が恥ずかしい。

ビル施設特有の天井の低さと、そのわりに広い室内のせいか、浴室の天井には見せ梁をあしらうも魅せる感じではない。浴室内には温泉を使用した湯船が2つ、バルコニータイプの半露天風呂にも1つ。いずれもゆったりとした大きさだが、もう少し温度に差を付けてくれたらよいのに。温泉は地下1,500mから湧出した黒褐色の湯。「太古の地層から湧出した〜」と言ったりする店もあるが、それならば「縄文の地層から…」と言うかと思えばそうでもない。縄文はいったいどこへやら。

サウナ室の外にある温度計は45℃を表示しており、他を探すも高温サウナはなかった。室内は岩盤浴そのもので、入口にあったパレオとはそういうことだったのか。数人の客が寝ていらしたが、岩盤浴の気分で訪ねていないので、奥の方にあるベンチに腰掛けじっくりと。湿度がかなり高めなのが救いで、それでも20分程うとうとして、これ以上はキリがないなと。水風呂の温度計が20℃以上を指す店はひさしぶりだが、これまさに冷温交互浴。じっくり冷やし、どこかに腰掛けて休もうにも、小さな切り株ではどうしようもない。

府中駅前天然温泉 縄文の湯(東京都府中市宮西町)食事をしようと7階へ。喫茶コーナーをもじって「きっさこ」だろうか、そのわりにはかなり広い。昼ピークをとっくに過ぎたというのに、下げ膳していない卓がちらほら。新規客に気づかないのだから、その後も想像がつく。考えようによっては、忙しなくうるさい店が苦手な人には向いているのかも。8階にはリクライニングシートが数多く並んでおり、しかも個別ブース仕様。おまけに室内は薄暗いので、周囲を気にせず安眠できる。あちこちからいびきが聞こえ、おそらくは睡眠目的で訪ねる客も多いのだろう。

内線通話しながらの精算業務はいかがなものか。なんのためにフロントに2人いるのか。随所にもやもやしつつも、平日の昼間なんて常連ばかりだろうから、普段着感覚の接客なのだろう。一端の入館料を取るのだから、上質なひと時を過ごしたかった。

府中駅前天然温泉 縄文の湯
源泉/縄文の湯(ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉)
住所/東京都府中市宮西町1-5-1 [地図]
電話/0120-041-265
交通/京王線府中駅南口より徒歩1分
     JR南武線・武蔵野線府中本町駅より徒歩9分
     国道20号線「寿町三丁目」交差点より約550m
     ※駐車場は3時間まで無料
料金/基本セット2,400円(休日は2,900円)
     90分コース1,500円(最終受付22:00)
     深夜追加料金1,500円
     朝風呂コース1,500円(5:00〜9:00)
     ※小学生以下利用不可
時間/10:00〜翌9:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ