旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

オールナイト営業

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

府中駅前天然温泉 縄文の湯(東京都府中市宮西町)

府中駅前天然温泉 縄文の湯(東京都府中市宮西町)梅雨本番を思わせる大雨。露天風呂で雨に打たれる趣味はないし、なによりも雨に濡れずに店まで向かいたい。といったわけで、府中駅前の縄文の湯へ。正確に言うと駅前ではなく、「至近」だと思うが、大型商業ビルの6〜12階とはビッグスケールだ。エレベーターを降りると縄文杉を思わせる立派な柱が2本。フロントもゆったりしており、まるでホテルのよう。初めて訪ねた旨を告げると、「こちらの用紙をご記入ください」。説明もなくいきなり何故と思うが、「当館は会員制なんです」。そんなことホームページのどこかに書いてありますかね。

府中駅前天然温泉 縄文の湯(東京都府中市宮西町)広さを持て余したフロント階より再びエレベーターに乗り、12階の男性脱衣室へ。浴室は下って11階。素っ裸ではなく、館内着での移動が正解。料金前払いといい、こういう点はサウナ店スタイル。浴室手前の棚を見て慌てて引き返した自分が恥ずかしい。

ビル施設特有の天井の低さと、そのわりに広い室内のせいか、浴室の天井には見せ梁をあしらうも魅せる感じではない。浴室内には温泉を使用した湯船が2つ、バルコニータイプの半露天風呂にも1つ。いずれもゆったりとした大きさだが、もう少し温度に差を付けてくれたらよいのに。温泉は地下1,500mから湧出した黒褐色の湯。「太古の地層から湧出した〜」と言ったりする店もあるが、それならば「縄文の地層から…」と言うかと思えばそうでもない。縄文はいったいどこへやら。

サウナ室の外にある温度計は45℃を表示しており、他を探すも高温サウナはなかった。室内は岩盤浴そのもので、入口にあったパレオとはそういうことだったのか。数人の客が寝ていらしたが、岩盤浴の気分で訪ねていないので、奥の方にあるベンチに腰掛けじっくりと。湿度がかなり高めなのが救いで、それでも20分程うとうとして、これ以上はキリがないなと。水風呂の温度計が20℃以上を指す店はひさしぶりだが、これまさに冷温交互浴。じっくり冷やし、どこかに腰掛けて休もうにも、小さな切り株ではどうしようもない。

府中駅前天然温泉 縄文の湯(東京都府中市宮西町)食事をしようと7階へ。喫茶コーナーをもじって「きっさこ」だろうか、そのわりにはかなり広い。昼ピークをとっくに過ぎたというのに、下げ膳していない卓がちらほら。新規客に気づかないのだから、その後も想像がつく。考えようによっては、忙しなくうるさい店が苦手な人には向いているのかも。8階にはリクライニングシートが数多く並んでおり、しかも個別ブース仕様。おまけに室内は薄暗いので、周囲を気にせず安眠できる。あちこちからいびきが聞こえ、おそらくは睡眠目的で訪ねる客も多いのだろう。

内線通話しながらの精算業務はいかがなものか。なんのためにフロントに2人いるのか。随所にもやもやしつつも、平日の昼間なんて常連ばかりだろうから、普段着感覚の接客なのだろう。一端の入館料を取るのだから、上質なひと時を過ごしたかった。

府中駅前天然温泉 縄文の湯
源泉/縄文の湯(ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉)
住所/東京都府中市宮西町1-5-1 [地図]
電話/0120-041-265
交通/京王線府中駅南口より徒歩1分
     JR南武線・武蔵野線府中本町駅より徒歩9分
     国道20号線「寿町三丁目」交差点より約550m
     ※駐車場は3時間まで無料
料金/基本セット2,400円(休日は2,900円)
     90分コース1,500円(最終受付22:00)
     深夜追加料金1,500円
     朝風呂コース1,500円(5:00〜9:00)
     ※小学生以下利用不可
時間/10:00〜翌9:00、年中無休

サウナ&カプセル ニューウイング(東京都墨田区江東橋)

サウナ&カプセル ニューウイング(東京都墨田区江東橋)錦糸町の聖地として最近話題のニューウイング。駅南口からたった3分の距離なのに、ここまでの道のりは混沌として猥雑な風景をまざまざと見せつけられる。昼間は場外馬券場、深夜は無数の客引きと酔っ払いとたむろする外国人。ネオンが輝き、歌舞伎町を凝縮したかのよう。ニューウイングはそんな立地にあるが、至って健全、むしろ爽やかだ。

サウナ&カプセル ニューウイング(東京都墨田区江東橋)フロントで受付を済ますが、気づいてしまった。サウナ2時間コースと4時間コースとでは200円しか変わらないことに。2時間だと忙しないが、4時間あれば食事してもまだ余裕がある。ロッカー室はサウナ利用者とカプセル利用者とで分かれており、まずは館内着に着替える。野球のユニフォームをイメージしているという。タオルは浴室前の棚に積んであり、なんとバスタオルも使い放題。

サウナ&カプセル ニューウイング(東京都墨田区江東橋)浴室内には二股カルシウム温泉(人工温泉装置付き)、円型のジャグジーの湯船があって、サウナ好みでないカプセル客でも満足できそう。洗い場にシャンプー、コンディショナー、ボディソープの備え付けは当然だが、ニューウイングの場合は各ブースに銘柄違いで左右に2セットずつ並ぶ。さらには共用の棚にも数種類。なぜこんなに多いのか、「前に置いていたシャンプーを気に入っているお客さんもいるから」。(浴室の写真はニューウイングFBページより)

サウナ&カプセル ニューウイング(東京都墨田区江東橋)サウナは低温スチームのテルマーレと、約90℃のボナサームの2室。後者は背中伝いに熱気が対流するため、身体への負担少なく大量の発汗。最上段(3段目)は2人分しかなく、隙を見てしれっと移動。下段でのんびりテレビを観るのも悪くない。

水風呂は通常15℃設定だが、月1回は「ウイング ON ICE」と称し、通常より水温を2〜3℃下げるイベントを実施。個人的には15℃でもクーッとなるのに、それより冷たいと心が折れる。そんな人にはミニプール。といっても泳げるほどの広さではないが。

サウナ&カプセル ニューウイング(東京都墨田区江東橋)ことさら愛煙家にとっては最高の店。レストランはおろか、トイレでもタバコが吸える。しかし世の中の流れに従い、それもいつまでの話か。レストランのテーブル配置は、おひとり様を歓迎するかのよう。もうちょっとメニューのバリエーションが多ければと思う。食後は4階のリクライニングシートでまったり過ごすもよし、漫画やファミコンに興じるもよし。

サウナ&カプセル ニューウイング(東京都墨田区江東橋)週末のニューウイングには競馬ファンが集うという。ここで予想して、途中外出して、場外馬券場へ。ここで競馬中継を観て、結果を知る。その繰り返し。うまくいけば入館料と飲食分は稼げるのかも。さらに5階へと上がると、ここは最近改装された空間。壁際には作業用のデスクがあって、電源も使えるし、館内には無料Wi-Fiも。持ち帰っての残業やノマドワーカーにもおすすめ。

サウナ&カプセル ニューウイング(東京都墨田区江東橋)わざわざパソコンを持ち込み、仕事をしているふりを演じてみるが、そもそも仕事なんて無かったし、クッションが心地よくて堕落。ここが仮に新橋なら仕事をするのに最高の環境を整えるのだろうけど、ここは錦糸町。館内は遊び心と細かい気配りにあふれており、退屈知らずは間違いない。ちなみにカプセルはラージサイズで全124室。チェックアウトは12時だから、ビジネスにも観光にも使い勝手が良さそうだ。

サウナ&カプセル ニューウイング(東京都墨田区江東橋)


サウナ&カプセル ニューウイング ※男性専用
住所/東京都墨田区江東橋2-6-11 [地図]
電話/03-3846-1311
交通/JR総武線・地下鉄半蔵門線錦糸町駅より徒歩3分
料金/通常(5:00〜24:00)2,660円
     深夜(24:00〜5:00)別途1,100円
     小学生(通常/深夜)540円
     湯ったりコース(2時間)1,800円 ※受付5:00〜22:00
     超ゆったりコース(4時間)2,000円 ※受付10:00〜22:00
時間/24時間、年中無休

(追記-2017/6/8)
ニューウイングで定期的に開催されているサウナサミット。
第3回(6/6)の様子はこちら

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之) ※2017/4/27オープン

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)深谷市の深谷花園温泉花湯の森、国済寺天然温泉美肌の湯の2店舗のほか、ホテルやショートゴルフ場などを展開する株式会社リゾート花湯の森。このたび集大成とでも言うべき、本格的な日帰り温泉リゾート施設を4/27にオープンさせた。熊谷市内を東西に横切る国道17号バイパスに面し、敷地面積は約7,200坪(東京ドーム半分)のビッグスケール。館内の岩盤浴エリアを「温活cafeネスト」と名付け、関東最大級を自称する。オープンから2週間経ち、平日にもかかわらず駐車場はほぼ満車の大盛況だ。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)正面の門には「いろはのゐ」「たかの友梨」と二大テナントの看板。肝心の「花湯スパリゾート」とはどこかに書いてあったのか、気づかなかった。フロントでは利用形態を選択し、ICタグ付きのロッカーキー、受付レシートを貰う。今回は温活カフェネストコースを利用。女性スタッフは可愛らしい着物をお召しで、安っぽいスパ銭とは一線を画す。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)長く一直線の廊下の先にリネンカウンターがあって、ここでタオルセット、館内着、大判タオルの一式を受け取る。途中には男女別のうたた寝処、ボディケア受付などがあり、もう片方は中庭に面している。ウッドデッキで読書なんかをしてみたら賢く見られそうだが、あいにくの小雨模様。待ち合わせがてらの足湯も楽しそう。目の前に映る光景は花湯の森とよく似ているし、雰囲気やコンセプトはおがわ花和楽の湯雅楽の湯といった埼玉屈指の人気店を意識しているのだろうか。

浴室は温泉使用の湯船のほか、ジャグジーなど、全体的にゆったりとした空間。露天側を全面ガラス張りとし、奥行きのある眺めと明るさを確保している。地下1,500mから湧出した温泉は、若干黄色っぽくもあるが、透明感ある単純泉。サウナ室は緩く6段のベンチ。テレビをはさんで遠赤+ロッキー。ロウリュの開催に期待したいし、水風呂はもっと冷たくしてほしい。せっかくスペースが空いているのだから、椅子も何脚か置けそう。現状ではちょっと惜しい。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)

広々とした露天は、喩えるなら高原別荘地の雰囲気。木立ちの中に屋根付きの湯船が点在し、小川も流れる。植栽や土盛りの具合いといい、造成完了後に急ごしらえで間に合わせた感が見て取れるが、それも新規オープン施設ならでは。季節の移ろいや年数を経て景色がどう変わっていくのか楽しみだ。シルク湯のほか、寝ころび湯、つぼ湯、岩風呂ときて、源泉の非加熱かけ流しは檜風呂にて。ちょっとぬるめが心地よい。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)温活cafeネストは館内着(岩盤浴着兼用)での利用が条件。無数に並んだテレビ付きリクライニングシートのエリアと、ヒマラヤ岩塩や富士溶岩など8種類からなる岩盤浴エリアに分かれている。サーバーを置いてコーヒーと紅茶は飲み放題としているが、温活の字のごとく、温かい飲み物しかない。冷たいジュースを飲みたくても、わざわざ館内中ほどの自販機まで買いに行かねばならず面倒。フリーWi-FiやインターネットPC、約1万冊の漫画や雑誌など、アイテム自体に目新しさは無い。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)岩盤浴エリアでのロウリュウは平日3回開催(12:00/18:00/21:00)。銅羅が開始の合図だ。室温67℃のハンデがありながらも「灼熱」を自称するにはおこがましく、合いの手の「わっしょいわっしょい」は埼玉流かもしれないが、おふざけの度がすぎる。初めての客ばかりだからいまは喜んでるけれど、他店を見て基本をもっと研究してほしいし、店のコンセプトにもそぐわない。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之食事は「讃岐のだし匠 いろはのゐ」と「カフェ プルミエール」の2店。どちらも地元では名の知れた店のようだ。今回は前者に入ってみたが、いくら名物といえども、お品書きには讃岐うどんと天ぷらばかり。親子のみならず三世代も利用するであろうスパ銭においては、もっと幅広い選択肢を設け、あらゆる客層の満足を追求すべきではないのか。もちろん高級感やこだわりは理解できるが。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之特製天丼だし御膳と小うどん計1,580円を食したが、おなかいっぱいにはならない。スパ銭を訪ねる頻度、過ごし方、求めるものは人それぞれ。日常的に風呂だけ利用するならば、平日700円でとてもリーズナブル。広々とした露天風呂につかれば旅行気分も味わえる。のんびり過ごすなら館内着に袖を通し、ついでに岩盤浴も利用したならコスパ最強。つくづく食事が残念に思う。

花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市上之)

花湯スパリゾート
源泉/熊谷天然温泉(単純温泉)
住所/埼玉県熊谷市上之1005 [地図]
電話/048-501-1126
交通/JR熊谷駅よりバス「龍渕寺前」または「宿裏」停徒歩約10分
     国道17号線(熊谷BP)上之交差点至近
     ※無料駐車場約220台分あり
料金/入浴コース(平日)大人700円、小学生以下400円
            (休日)大人800円、小学生以下500円
     温活cafeネストコース(平日)大人1,180円、(休日)1,280円
     朝風呂(休日のみ6:00〜9:00)大人600円、小学生以下400円
     ※20時以降は夜割、コース料金より100円引き
     ※深夜延長料金:金土祝前日のみ1,200円
時間/日〜木10:00〜翌2:00
     金土祝前日10:00〜翌9:00
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ