旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

オールナイト営業

磊の温泉 六本木VIVI(東京都港区六本木) ※2018/8/1閉店

磊の温泉 六本木VIVI(東京都港区六本木)大都会六本木なんて縁がない土地だと思っていたが、まもなくVIVIが閉店すると知って矢も楯もたまらず。かの有名なアマンドのある六本木交差点から外苑東通りへ。ドン・キホーテの向かいに建つのがロアビルだ。六本木5丁目西区の再開発に伴い、ビルは解体されるとのこと。耐震診断の結果、強度不足が公表されたことも影響しているようだ。テナントの多くはすでに退去済みで、VIVIも残り2週間足らずの営業となる。

磊の温泉 六本木VIVI(東京都港区六本木)土地柄もあってか通常入館料は2,571円とお高め。今回は前売り入館券で2,057円。それでもなお奮発した感はあるが、フリータイムだから満喫しようかなと。4階で受付を済ませ、5階の男性フロアには螺旋階段で。リクライニングシートが並び、その先にロッカーが並ぶ。通路を隔てて無駄に広い洗面台、そのわきに浴室の出入口。歪んだ棚があって、わざわざ館内着に袖は通さなくても。

磊の温泉 六本木VIVI(東京都港区六本木)扉を開けたらすぐにサウナ室、もうひとつ扉を開けると浴室。変わった作りだ。配管を通しているせいか浴室は全体的に天井が低く、背の高い外国人なら圧迫感を覚えるだろう。外国人を見かけなかったが。ついでに言えば芸能人を見かけることもなく残念だったが、その代わり羽振りのいい話は聞こえてきた。さすが大都会というべきか、総武線あたりの年季の入った安サウナとは客層も違って見える。気のせいか。

磊の温泉 六本木VIVI(東京都港区六本木)しかし浴室は、安サウナの雰囲気と大して変わらない。鏡なんて曇って見えない箇所もあるし。そして、ジャグジー付きの湯船と水風呂。どちらもプラケースに石がゴロゴロ入っている。「次はハイボールにしようかな」「つまみは枝豆だな」などとレストラン利用を促す貼り紙は、ニヤリとさせるストーリー仕立て。サウナを喩えるなら、熱く蒸された木箱。古びたサウナ特有の、いつまでも鼻腔に残る匂い。大きな梁が渡り、ストーブ側とテレビ側のどちらに座るか迷う。水風呂はじっくり浸かりたい冷たさ。椅子が4つ並ぶも、「ととのったー」などとのんびりした若者はいない。

磊の温泉 六本木VIVI(東京都港区六本木)「岩盤浴はご利用ですか?」と入館時に聞かれたが、男性客は圧倒的に少ないのだろうか。料金に含まれているし、せっかくだからとペラペラの浴衣を受け取る。「磊」の字は、石がゴロゴロしているさまを意味するようだ。公式サイトにも「80cmに積み上げた竹炭の上に、北海道二股温泉石(厚生労働省認可石)をふんだんに使用しています」とあり、部屋中に小石がびっしり。温度44℃、湿度約80%はかなり蒸し暑い。扇風機にあたるだけでは汗も引かず、浴衣を脱いですぐさま水風呂へ。そしてリクライニングシートで爆睡。

磊の温泉 六本木VIVI(東京都港区六本木)レストランは4階にあって、通路の衝立を隔てて女性専用のリクライニングシート、通路の奥は女性浴室。ちょっとドキドキしちゃうが、そもそも客の姿をあまり見かけず。酢がべたべたに効いたマグロ丼を食べながら、コアラが書いているという公式ブログでふと気になった「VIVI鹿友倶楽部」の文字。栃木県の老舗ゴルフ場を経営する鹿沼グループの会員制クラブだったみたい。単なるサウナ店の閉店の話題にとどまらず、掘り下げてみればVIVI自体も老舗で、かつては財界人の社交場だった様子。時代に合わせてコンセプトを変えているだろうけど、ぜひ昔の話を聞いてみたい。

磊の温泉 六本木VIVI
住所/東京都港区六本木5-5-1 ロアビル4F [地図]
電話/03-3404-4126
交通/地下鉄日比谷線・大江戸線 六本木駅3番出口より徒歩3分
料金/普通入館料2,571円(10:00〜25:00)
     深夜入館料3,600円(25:00〜5:00、10時チェックアウト)
     早朝入館料1,852円(5:00〜10:00、10時チェックアウト)
     クイック入館料1,852円(90分)
時間/24時間、年中無休

ホテルヒルトップ(東京都板橋区成増)

ホテルヒルトップ(東京都板橋区成増)成増と聞けば営団成増。あえて東武東上線ではなく、営団地下鉄で。といっても営団の名をいまだに留めるのはヒルトップの公式サイトのみ。双方の駅は至近距離にあり、ホテルヒルトップは切通しの東上線を見下ろす立地。地勢的には緩やかに起伏しているのだろうけど、丘の上という印象は特になく。「長期滞在型家具調度品付」の看板を掲げており、ビジネス旅館の感覚か。

ホテルヒルトップ(東京都板橋区成増)建物は2棟が隣接しており、サウナやカプセルがあるのは線路側のほう。受付は4階にあって、サウナ料金を支払いとともに、ロッカーの鍵、館内着、タオルを受け取る。ウエスタン扉の向こうにロッカーが並ぶも、扉の裏側には「ここから裸で出ないでください」と。ホテルの受付も兼ねており、女性の宿泊客もここに立ち寄るため。ウエスタン扉だと服を脱ぐのでさえ緊張してしまう。

ホテルヒルトップ(東京都板橋区成増)ホテルの大浴場というよりは、勝手知ったるサウナ店の雰囲気。年季が入っているわりに綺麗で、昼間なら明るい日差しが入ってくる。そして昼間でも絶えず客がいて、サウナと水風呂をひたすら繰り返していた。おそらくは地元客なのだろう。池袋まで行かずとも、というご近所サウナの気軽さなのだろう。サウナは100℃、水風呂は20℃と決してハードではないが、郊外店はこのくらいがちょうどいい。(サウナの写真は公式サイトより転載)

ホテルヒルトップ(東京都板橋区成増休憩室にはリクライニングシートと仮眠用マットもあり、隣接してレストランも。静かで薄暗く、居心地が良すぎて、穴場感すら漂う。サウナ利用だと最大180分だが、ひと眠りしたら延長料金が発生しそうだし(そもそも延長料金設定があるのか不明だが)、たった200円しか変わらないのに、90分コースにしたことを後悔した。サウナは24時間利用できるから、深夜にふらっと立ち寄ることもできる。わざわざ成増に行く用事もそうそうないが。

ホテルヒルトップ ※サウナは男性専用
住所/東京都板橋区成増2-12-13 [地図]
電話/03-3977-2511
交通/東武東上線 成増駅より徒歩1分
     東京メトロ有楽町線 地下鉄成増駅より徒歩2分
料金/180分1,500円、90分1,300円、60分1,000円(税別)
時間/24時間(金曜日10:00〜13:00は入浴不可)

四日市温泉 おふろcafe 湯守座(三重県四日市市生桑町)

四日市温泉 おふろcafe 湯守座(三重県四日市市生桑町)前回訪ねた時はよもやの臨時休館。そして、ようやくリベンジを果たす時がやってきた。近鉄四日市から送迎バスに乗ったら、なんと満席の大盛況。到着したら、そのままフロントで長い行列となる。この日は土曜日。館内も賑わっていたが、子供はあまりおらず、その代わり年配客の割合が高い。これはいままで訪ねた埼玉のおふろcafeでは見られなかったこと。四日市の場合はもともとが「天然温泉ユラックス」という健康ランドだったせいか、はたまた大衆演劇が目的なのかもしれない。

四日市温泉 おふろcafe 湯守座(三重県四日市市生桑町)大衆演劇の昼の公演まで時間があったので、まずはひとっ風呂。広々とした浴室は、天窓から降り注ぐ日差しでまぶしいくらい。1つ1つの湯船も大きく、バラエティーに富んでいる。ジャグジーやバイブラ湯、入浴剤を使用したイベント湯、袋詰めした薬草風呂、人工炭酸泉などがあり、露天エリアにも湯船2つ。泥パックを試すおじさんが微笑ましい。

温泉は見た目が無色透明だし、これだけ大きいと泉質うんぬんは二の次な感じも。毎週土日には湯守座熱波(男性サウナ限定、17:30〜)を開催しているが、遠赤ヒーターではどのように行うのだろうか。体験しようかと思ったが、さすがにこの時間までは待ちきれなかった。かま風呂はいわゆるミストサウナの仕様で、ルフロとのコラボ(詳細はこちらにも)。湿度が高く、むわっとした空間は個人的に好まないので、そこそこに退室。そして、いよいよ大衆演劇の開演時間。

四日市温泉 おふろcafe 湯守座(三重県四日市市生桑町)健康ランドの大衆演劇といえば大広間のイメージだが、湯守座を表現するなら温故知新。枡席や2階席などを設けた本格的な芝居小屋で、平場をテーブル席にしている点が現代的。ふだんは仕切りを開放しており、芝居小屋の雰囲気に浸りながら食事を楽しめる。熱心な大衆演劇ファンが舞台前にかぶりつく一方で、初めて目にしたであろう若い客も目立つ。スタッフがさりげなく席へ誘う姿も。大衆演劇ファンのすそ野は、ここ湯守座から確かに広がっている。

四日市温泉 おふろcafe 湯守座(三重県四日市市生桑町)館内はどこを切り取ってもフォトジェニック。他店同様に無料コーヒーがあったり、暖炉があったり、ミニライブが突然始まったり。いろいろ探検したかったけど、日が暮れるにつれ、カップルや家族づれで館内の賑わいはすさまじく。平日なら幾分のんびりできるかもしれないし、ワークショップも楽しそう。カプセルホテルも備えており、伊勢志摩あるいは関西方面への旅の足がかりとしても。お風呂屋さんと大衆演劇を足し算するでなく、掛け算したら魅力は無限大。またしても驚かされた。

四日市温泉 おふろcafe 湯守座
源泉/四日市温泉(単純温泉)
住所/三重県四日市市生桑町311 [地図]
電話/059-332-2611
交通/近鉄四日市駅より無料送迎バス(1日6本)
     近鉄四日市駅よりバス15分「川原崎」停徒歩4分
     国道365号線「生桑」交差点より約400m
     東名阪自動車道四日市東ICより約6km
     ※無料駐車場250台分あり
料金/フリータイム:大人1,380円、小人690円、未就学児390円
     ※館内着・タオル付き
     ※深夜料金1,200円(深夜2:00〜5:00在館)
     ※時間制コース60分・90分・120分、朝風呂コースもあり
      (料金の詳細は公式サイトにて)
時間/10:00〜翌9:00
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。鶴巻温泉。twitter@bikke4126

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ