旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

とちぎにごり湯の会

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン

湯の家旅館(栃木県日光市湯元)

湯ノ湖東照宮よりいろは坂を経て、中禅寺湖、戦場ヶ原。日光の見どころはいろいろあるが、温泉なら中善寺湖畔よりさらに足を伸ばして奥日光の湯元温泉がおすすめ。湯ノ湖の北岸に20数軒のホテルや旅館が建ち並び、歓楽街的な要素はないが、通好みの温泉街だと言える。背後には白根山、金精山、温泉ヶ岳がそびえ、金精峠を経て群馬県と県境をなすロケーションだ。

温泉の歴史は古く、788年に日光山輪王寺を建立した勝道上人が発見したという。それに所縁があるのは日光山湯元温泉寺で、もとは温泉ヶ岳にあったが、現在は温泉街の一画に位置する。全国でも珍しい入浴できるお寺で、目当てはここだったが、残念ながら冬期閉鎖中(今年は4/28より再開)。

温泉街には共同浴場や日帰り施設はないが、ホテルや旅館の多くは日帰り入浴を受け付けている。栃木県には温泉施設のネットワークとして「とちぎにごり湯の会」があり、入浴料金が割り引きになるガイドブックも発行している。この会は、,砲瓦蠹鬚任△襪海函温度を下げるための加水以外はしないこと。3櫃盈しの湯船があること。以上の条件を満たした施設が会員であるから、栃木県の温泉めぐりには必携の一冊と言えるだろう。

湯の家旅館(栃木県日光市湯元)今回訪れたのは、温泉街の入口に建つ湯の家旅館。日帰り入浴は朝9時から受け付けているが、午前中は掃除や雑務で忙しそう。「業務連絡〜。ふとん屋さんが来ました〜」という館内放送が流れたり、浴室掃除の時間をわざわざずらしてくれたり。フロントのおばちゃんも気さくな応対で、お得意様スタンプカードを作ってくれたし(有効期限なし)、また日光湯元を訪ねた際には立ち寄らなければなるまい。

DSCN8121多くの宿が温泉寺近くの源泉地から温泉を引いているが、湯の家旅館は自家源泉も2本持っている。その湧出量は毎分380リットル位とのことで、湯船からはざあざあとお湯があふれ続けている。温度の異なる3ヶ所の湯口から注がれており、お湯はやや青みがかった乳白色。さして熱くもなかったが、窓は明かり取りのためで、室内には湯気が充満。「熱くて入れないでしょうから」と、おばちゃんがホースをカランから繋ぎ、水を出しっ放しにして去っていったが、12〜13帖ほどの湯船では気休めにもならない。露天風呂があればよいが、日帰り入浴600円で、しかも「にごり湯の会」のガイドブックによる割引で半額の300円。それでこの泉質と湯量を味わえれば贅沢すぎる話だろう。

湯の家旅館
源泉/日光湯元温泉
     (含硫黄−ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉)
住所/栃木県日光市湯元2512 [地図
電話/0288-62-2431
交通/JR日光線・東武日光線日光駅よりバス約1時間24分「湖畔前」停徒歩1分
     日光駅より国道120号線で約30km
料金/600円
時間/9:00〜18:00

奥日光湯元温泉旅館協同組合
とちぎにごり湯の会



日光山湯元温泉寺日光山湯元温泉寺日光山湯元温泉寺

日光山 湯元温泉寺
住所/栃木県日光市湯元
電話/0288-55-0013(中禅寺湖立木観音)
交通/JR日光線・東武日光線日光駅よりバス約1時間26分「湯元温泉」停徒歩2分
料金/大人500円、小人300円(4歳〜小学生)
時間/9:00〜16:00(1時間以内)
     ※4月中旬〜11月下旬のみ受け付け

加仁湯(栃木県日光市川俣)

加仁湯(栃木県日光市)女夫淵温泉より遊歩道を約60分、八丁の湯を経てさらに約10分、奥鬼怒温泉郷のうち知名度で他を圧倒するのが加仁湯である。山の中に建つ一軒宿でハイカーの利用も多いのだが、同時に温泉目当ての客のための観光ホテルと言うべき規模の大きさだ。鉄筋コンクリート造地上3階地下1階建の本館は、瓦屋根を載せた和風の造りだが、山あいのロケーションではそびえ建つようにも見える。玄関先には「歓迎○○様」の看板が並び、紅葉の季節だからか平日でも客室の稼働率は高いようだ。

加仁湯(栃木県日光市)電話の対応に追われるご主人を待つ間に、カウンターに並んだパンフレットなどを眺めていると、「とちぎにごり湯の会」なる小冊子を見つけた。300円で購入すると、加仁湯の入浴料が300円引きになるという。掲載施設数は多いので、栃木県在住もしくはあちこちの温泉をまわりたい人にはおすすめだ。「見つけちゃいましたね」と笑うご主人。加仁湯は同会の事務局を兼ねている。

加仁湯(栃木県日光市)加仁湯では泉質の異なる5本の源泉を持ち、利き酒ならぬ利き湯を「ロマンの湯」で楽しめる。1人用の小さな湯船が5つ並んでおり、「たけの湯No.2」のみ無色透明だが、ほかの源泉は乳白〜青白くにごっている。温度も微妙に違うが、それ以上となるとよくわからない。ちなみに加仁湯で男女別なのは内湯(脱衣所が清掃中で入浴できず)だけで、第1露天風呂は女性専用、そのほかはいずれも混浴だ。ロマンの湯も脱衣所こそ男女別だが、外に出ると男女が裸ですれ違うこともありうるので、女性は驚くかもしれない。

加仁湯(栃木県日光市)加仁湯(栃木県日光市)ロマンの湯の真下にあるのが第2露天風呂。外にある小屋のような脱衣所は棚のみで、男女兼用。ごろごろした岩を配した湯船は、鬼怒川の川床を思わせるようなつくり。じっくり湯につかるも良し、岩に腰掛けて涼むも良し。鬼怒川の対岸の断崖は雑木林の景色で、頂上付近に紅葉と柱状節理を眺めることができる。夜はライトアップされるという。

加仁湯(栃木県日光市)加仁湯(栃木県日光市)混浴の第3露天風呂(写真左)も脱衣所だけ男女別。湯船は広いのでなんとなく分かれてしまうつくりであるが。女性専用の第1露天風呂(写真右)も近接しており、こちらも広い湯船だ。どちらも川面に近く、景色も開けているので開放的。対岸の山を正面に眺め、かつ青白いお湯に反射して輝いている。これだけのロケーションと湯船の数をもってすれば、温泉目当ての客がここまで訪ねるのも頷ける。日帰り入浴ですべてを制覇しようとすると、服を脱いだり着たりでせわしないため、できれば宿泊して楽しみたいものだ。風呂上がりにロビーで休憩しようと思ったら、昼時のせいかハイカーでごった返していた。山菜そば・うどんのみ注文することができ、一杯600円。 温泉よりそばのほうが高いとは…。

加仁湯パンフレット
加仁湯パンフレット
加仁湯パンフレット

とちぎにごり湯の会
湯西川・川俣・奥鬼怒温泉観光協会

加仁湯
源泉/奥鬼怒温泉(含硫黄−ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉)
住所/栃木県日光市川俣871 [地図
電話/0288-96-0311
交通/東部鬼怒川線鬼怒川温泉駅よりバス約100分、女夫淵温泉より徒歩約70分
料金/500円
時間/9:00〜15:00、年中無休

鹿の湯(栃木県那須町湯本)

鹿の湯(栃木県那須町)那須温泉郷は那須湯本温泉、大丸温泉、北温泉、弁天温泉、高雄温泉、八幡温泉、三斗小屋温泉の、いわゆる「那須七湯」を総称して言う。このうち那須を訪れる観光客にもっとも有名なのが那須湯本温泉で、開湯は天平10年(738)だという。那須でいちばんの古湯であるのはもちろん、全国でも32番目という歴史を持つ。江戸時代は湯治場として諸大名も訪れ、また温泉番付では草津温泉に次いで、東の関脇として名を連ねている。

鹿の湯(栃木県那須町)鹿の湯とはその名の通り、温泉で傷を癒していた鹿を発見ことに由来する。那須湯本のホテルや民宿では鹿の湯源泉を引いているが、日帰りで楽しみたいなら殺生石の道向かいにある日帰り温泉施設「鹿の湯」を訪ねるとよいだろう。温泉街の北側に位置し、湯川の流れを挟んで右手の玄関は大正築、左手の浴室は明治築の建物だという。たかが日帰り施設といえども、湯治場の雰囲気を現代まで保ち続ける姿勢に敬意を表したい。

渡り廊下より浴室へと向かうが、ここには入湯の心得が掲げられている。初めにかぶり湯を100〜300回。ひしゃくで頭からかぶるのだという。次に2分ほどの半身浴。そして2〜3分程度お湯につかった後は、上がって休みの繰り返し。「長湯は避けてください」とのこと。何気なく読んだこの心得も、いざ入浴という段になって納得。pH2.53という強酸性であるため刺激が強く、また強烈なまでに高温の湯船まで備えているのだ。浴室で石鹸の使用を禁止している点でも草津と同じだが、こちらでも湯もみショーを行っているのだという(5〜10月の第2・4金曜日11時から)。

広い室内はすべて木造で、温度の異なる6つの湯船が並んでいる。男湯は41℃、42℃、43℃、44℃、46℃、48℃。女湯は41℃、42℃、42.5℃、43℃、44℃、46℃。段階的に高温を体験できるのは貴重だが、なりより46℃や48℃といった熱湯は通常お目にかかることすらないだろう。各湯船は大人4人が膝を抱えて精一杯な大きさで、源泉は白くにごっている。硫化水素臭が発生しているため、浴室内で寝転ばないようにとの注意書きもある。ひしゃくを片手に激しく頭からお湯をかぶっている人、打たせ湯で打たれ続けている人などにも圧倒されつつ、まずは無理せず41℃の湯船から。これでは一般的な施設と何ら変わりがなく物足りないので、徐々に熱い湯船へと移動。もっとも奥に46℃と48℃の湯船があるのだが、そこだけは湯船の周りに人だかりができている。まるで挑戦者を待ち構えているかのように…。

しばらく様子をうかがってみるも、意を決してまずは46℃に入浴。普段銭湯で鍛えているので、我慢できない熱さではない。しかし48℃の熱さは、たかが2℃の違いとはいえ、熱さの種類が違った。じりじりと突き刺してくる熱さに加え、皮膚を焦がすような熱さが、足首や指先など皮膚の薄いところを痛めつけてくる。体制を立て直すことすらままならず、涼しい顔を装ってじっと我慢。まわりのおじさんたちから「意外と頑張るねぇ」などと激励されるも、さすがに2分でギブアップ。これ以上の我慢で得られるものは何もなし、と。そのあとに入った41℃なんて、ぬるま湯みたいなものだ。

熱湯好きにはぜひとも挑戦していただきたい施設であるが、遊び半分の入浴はご法度である。入湯の心得をよく理解したうえでの利用を心がけたい。施設の雰囲気や源泉の使い方など、施設自体の満足度やコストパフォーマンスは高く、鹿の湯を目当てに那須を訪れる価値はじゅうぶんにある。

鹿の湯
源泉/那須湯本温泉(鹿の湯・行人の湯混合泉:単純硫黄泉)
住所/栃木県那須郡那須町湯本170 [地図
電話/0287-76-3098
交通/JR東北本線黒磯駅よりバス35分「那須湯本」停徒歩2分
     東北自動車道那須ICより県道17号で約12km
     無料駐車場あり
料金/大人400円、小学生300円、1日券1,500円
時間/8:00〜19:00(12月〜2月は8:00〜18:00)、無休

那須観光協会
那須温泉旅館協同組合

追記-2010/2/27
老朽化が進んで痛みが激しかった男湯の改修工事を終え、3月1日から営業を再開。大規模改修は約40年ぶりだという(10年ほど前に男女別浴として増設したのを除く)。「現施設は1942年に開設。同社は地元旅館などが出資して48年に設立、旅館やホテル13施設への給湯も行っている」(下野新聞より)



滝の湯河原の湯
追記-2012/4/27
那須湯本温泉街に地元住民と民宿宿泊者のみ利用できる共同浴場があった。
左)滝の湯 右)河原の湯
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ