旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

京都府

SPA&HOTEL 水春 松井山手(京都府京田辺市山手中央)

SPA&HOTEL 水春 松井山手(京都府京田辺市山手中央)関西でいま最も勢いと人気のあるスーパー銭湯チェーンといえば、延羽の湯と水春ではなかろうか。水春は2004年の箕面店を皮切りに、現在8店舗を運営。そのなかでも水春松井山手は、初のホテル併設型として昨年12月にオープン。京都駅八条口より京阪直通バスで30分弱、大阪京橋駅まで学研都市線で40分弱というベッドタウン。京田辺市の大型ニュータウン内にある。

SPA&HOTEL 水春 松井山手(京都府京田辺市山手中央)シンプルでスマートな外観は、ここを目的地としなければ、気づかず素通りしてしまうかも。建築設計は杉戸天然温泉雅楽の湯などを手掛けたプレイス総合計画だが、デザイン監修に山健太郎デザインワークショップが加わることで、スーパー銭湯の既成概念を打ち砕く空間が生み出されたのかなと。第二京阪のトンネルの上をまたぐようにして建つが、地域にとっては土地の有効活用に一役買った面も。

SPA&HOTEL 水春 松井山手(京都府京田辺市山手中央)下足箱の鍵がそのままリストバンドで、入館受付は機械相手に自分で行う。時代の流れといえば仕方ないが、慣れたら簡単だし、対面接客のわずらわしさを感じる人もいるだろうし。ちなみに、スタッフが出迎えてくれる側はホテルのフロントで、客室は3〜5階。館内の広さもさることながら、吹き抜けの開放感が素晴らしい。グランドピアノの自動演奏もあって、さながら高級リゾートホテル。木立ちと人工池を眺めるが、夜になるとライトアップされ、しばし目を奪われる。

SPA&HOTEL 水春 松井山手(京都府京田辺市山手中央)

SPA&HOTEL 水春 松井山手(京都府京田辺市山手中央)浴室は2階にあって、ロッカーは好きな箇所を使用する。不感温風呂やシルク風呂のほか、多彩なジャクジーなど。広々とした露天のメインは上下2段の岩風呂で、茶色で濁りのある温泉を使用している。上段は源泉かけ流し、下段は循環式で、湧出量は毎分380リットルと豊富。温泉使用では壺湯も。ほかには炭酸泉でテレビを眺める湯船と寝ころび湯、腰掛け湯。

SPA&HOTEL 水春 松井山手(京都府京田辺市山手中央)遠赤外線サウナはヒーターの上部に石を積んでおり、1時間おきのオートロウリュを実施。突然テレビの画面が切り替わり、ロウリュの説明映像に。「熱波おとどけ」のタイミングで2回、映像が終わって不意打ちでもう1回。最終的にはやけどレベルの熱さとなる。炭酸冷水風呂は細かな泡つきの爽快感。露天側には10種類の薬草を配合した漢方薬草塩サウナがあって、本格的な蒸され感のあるスチームサウナだ。

SPA&HOTEL 水春 松井山手(京都府京田辺市山手中央)岩盤浴は別料金となるが、この店を訪ねたら長居するつもりでぜひ体験してほしい。空間演出などに趣向を凝らした6室とリクライニングシートの専用休憩室、漫画コーナーからなり、料金以上の価値はあるかと。雲海をイメージした部屋ではナノミストが全身を包み込み、幻想的なプラネタリムの部屋なども。

サウナではスタッフによるロウリュも開催しており、「それそれ!わっしょいわっしょい!」と元気の良いかけ声、手拍子で進む。上品でおしとやかな施設なのに、この空間だけは大衆的という意外性。毎日12時・15時・18時・21時開催。

SPA&HOTEL 水春 松井山手(京都府京田辺市山手中央)岩盤浴エリアにもリクライニングシートの休憩室はあったが、2階のリクライナールームを利用すれば、深夜料金の加算にて翌朝9時まで滞在することができる(入湯税込みで平日2,875円、休日3,575円)。和食、イタリアンのレストランはどちらも高級感が漂い、気軽に立ち寄れる料金ではなかった。気合いを入れたデートにワイングラスを傾けるならよいが、スーパー銭湯によくある家族和気あいあいとは無縁。

それにしても、最高級の贅沢な雰囲気。入館料1,000円で味わえると思えば安いものだ。入浴設備だけでもじゅうぶんその価値があるというのに。温浴業界の支配人さん達に薦められて訪ねたけれど、どこを切り取っても凄すぎた。そして、雰囲気にのまれて若干緊張した。

SPA&HOTEL 水春 松井山手(京都府京田辺市山手中央)
SPA&HOTEL 水春 松井山手(京都府京田辺市山手中央)

SPA&HOTEL 水春 松井山手
源泉/京美人の湯(ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/京都府京田辺市山手中央5-1 [地図]
電話/0774-62-1126
交通/JR学研都市線松井山手駅より徒歩5分
     京都駅八条口より京阪バスで約30分
     国道1号線(京阪国道)「八幡洞ヶ峠」交差点より約3km
     ※無料駐車場あり
料金/大人1,000円、小学生以下600円
     朝風呂(6:00〜9:00):大人800円、小学生以下500円
     リクライナールーム:平日大人300円、休日大人500円
     岩盤処:平日大人800円、休日大人900円
     深夜料金(26:00以降):平日大人1,500円、休日大人2,000円
時間/24時間営業(浴室は6:00〜26:00)

※露天風呂とサウナ室の写真は公式サイトより転載

サウナベルデクラブ(京都市下京区東塩小路町)

サウナベルデクラブ(京都市下京区東塩小路町)京都タワーには目もくれず、塩小路通を東に徒歩3分、ベルデクラブは抜群の立地にある。ベルデ(VERDE)はイタリア語やスペイン語では「緑」の意味だが、見てくれは古びた雑居ビル。エレベーターは1台故障中だし、1階の洋風居酒屋は夜だけ営業。ついでに言うと、同じビルの3階〜4階では銭湯(東湯)も営業しているが、こちらは15時から。ビル全体からひっそり感が漂っている。

サウナベルデクラブ(京都市下京区東塩小路町)エレベーターのドアが開いたら、目の前にフロント。正午の開店早々に訪ねたが、しーんと静まり返っており、よもや無人かと思いきや棚で隠れて見えないだけだった。挨拶されるでもなく、淡々としたやり取りで館内着とタオル、ロッカーキーを貰う。フロア案内の写真パネルは色あせて何もわからないし、不安ばかりが募る。とりあえずは階段を上がって浴室へ。

サウナベルデクラブ(京都市下京区東塩小路町)

サウナには森林浴発生装置が付いており、「世界の百余種の樹から抽出した古代オリエント風の香り」とのこと。自分が鈍感なのか香っていないのか、ごく普通の遠赤サウナ。いざという時のためにドアは外開きに設計するが、ここは逆。おまけに蝶番がキーキー鳴るし。水風呂は腰ほどの深さで、塩素のタブレットが沈んでいる。忙しなくサウナと水風呂を往復する人とか、サウナで横になって寝ている人とか、おじサウナあるあるの光景。

サウナベルデクラブ(京都市下京区東塩小路町)

円型の打たせ湯と、それを囲むようにして半ドーナツ型の湯船、小判型の替わり湯があって、外周に洗い場。客は疎らにしかいないので、なんとなく広くも見える室内。ひとしきり堪能して、ワッフル地のガウン、ペラペラの下衣を身にまとい、休憩室へ。

サウナベルデクラブ(京都市下京区東塩小路町)リクライニングでタバコが吸えるし、カウンター形式のレストランもある。食事をする客はいないが、むしろ店員に差し入れをするとか、ほのぼのとした光景。仮眠室は薄暗い中に二段ベッドが並んでおり、朝まで過ごしても2,500円。真っ昼間からいびきをかいて寝ている人もいたけれど、あとでネットを見たらいかがわしい情報も。公式サイトは爽やかな印象なだけに、安さと立地以外の魅力を磨いてほしいなと。

サウナベルデクラブ ※男性専用
住所/京都市下京区塩小路通東洞院東入東塩小路町684 [地図]
電話/075-371-2210
交通/地下鉄京都駅より徒歩1分、JR京都駅中央口より徒歩3分
料金/1,500円(12:00〜20:00)、2,000円(20:00〜深夜3:00)、1,000円(6:30〜9:30)
     120分コース1,200円
時間/12:00〜翌10:00、年中無休

京都タワー大浴場 YUU(京都市下京区東塩小路町)

京都タワー大浴場 YUU(京都市下京区東塩小路町)京都駅前のランドマークといえば京都タワー。高さ131mは市内一だという。展望台からは古都の町並みを一望し、また買い物客でも賑わう。タワービルには温浴施設もあり、さぞかし眺めも良かろうと訪ねてみたら、なんと地下3階だった。エレベーターを降りるとバックヤード感すら漂うが、そもそもこのフロアは入浴客しか用事がないわけで。

京都タワー大浴場 YUU(京都市下京区東塩小路町)券売機でチケットを購入し、脱衣所、そして浴室へ。大きな湯船1つと洗い場があるのみ。地下だから露天風呂は期待しないが、せめて柱の影にサウナや水風呂が…あるはずもなく。町の銭湯のほうが設備は整っているし、旅行気分が盛り上がるような。銭湯よりも高い入浴料は、タオルレンタルやボディソープなどのアメニティを含んでいる分か。

京都タワー大浴場 YUU(京都市下京区東塩小路町)とはいえ、朝7時〜夜22時までと営業時間は長く、なんといっても京都駅前の立地は魅力。1時間もあれば事足りるし、ついでにお土産も買えちゃう。観光や出張で京都を訪ねたときは、新幹線や高速バスの出発時間までを有効に活用できる。京都に早朝到着の場合もしかり。さっぱりしてから観光やビジネスに出発すると良いだろう。覚えておいて損はない、便利な立ち寄りスポットだ。

京都タワー大浴場 YUU
住所/京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721-1 [地図]
電話/075-361-3215
交通/JR・地下鉄・近鉄 京都駅中央口(烏丸口)より徒歩2分
料金/(平日)大人750円、小人450円
     (休日)大人890円、小人450円
      ※小人は2歳以上小学生以下
時間/7:00〜22:00
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ