旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

相模原市南区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

相模原やまとの湯(相模原市南区鵜野森) ※2014/4/29閉店

やまとの湯(相模原市)商業施設や分譲マンションなどを手掛ける大和システムが出資し、展開する日帰り温泉施設。同社の店舗は現在全国に19あり、相模原店は神奈川県唯一の店舗。2004年12月にオープンした。国道16号線と東側で併走する旧道に面しているが、幹線道路ではないため場所がわかりにくい。しかし、訪れたのは平日の昼間だというのに敷地内の駐車場はほぼ満車。複数回入浴できる1日券を利用する客も多いようだ。

1階にはフロント、食事処、マッサージ、ヘアカットのほか、1日券利用者のための休憩室がある。浴室は階段を上がって2階。脱衣所は下足箱の鍵と引き換えに渡される番号指定制のロッカーを使う。

内湯には各種ジャグジーが整然と並び、そして源泉を利用した「じんだら湯」という大きな湯船がある。当地に残る“富士山を背負ったという巨人「でいらぼっち」の足跡がじんだら沼になった”という伝説から、室内最大の湯船をこう名づけたという。相模原市内の菖蒲沼、鹿沼、大沼などの窪地はでいらぼっちが地団太を踏んだ足跡であるというが、でいらぼっちの伝説は相模原市に限らず、全国各地に同じような伝説があるようだ。源泉は地下1,400mから湧出。透明度がほとんどない黒褐色のお湯で、約40℃の温めに設定されている。わずかにぬめり気があり、すべすべ肌を実感できる。

露天風呂の壷湯と岩風呂も源泉を利用している。こちらは42℃ほどでちょっと熱め。岩風呂は高い塀と屋根で囲まれた感じもするが、湯船自体はが広々としている。そのわきには4人分のごろ寝スペースがあり、湯冷ましにはちょうどいい。室内にはテレビつきの高温サウナ、露天風呂の出入口付近には中温のスチームサウナがある。スチームサウナはものすごい湯気により視界ゼロ。どこに座るべきかわからず、みんなしばらく立ちつくしていたが、こんな光景はほかの施設で見たことがない。

地域的に競合する温泉施設が多いのだが、設備の充実度や金額設定を考えると平日昼間にもかかわらず客で賑わうのも納得できる。非日常的な温泉気分というよりも、近所の風呂屋といった気軽さが魅力なのかもしれない。

相模原やまとの湯
源泉/相模原やまと温泉(ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉)
住所/相模原市南区鵜野森1-24-9 [地図
電話/042-701-4126
交通/JR横浜線古淵駅より徒歩16分
     小田急線相模大野駅北口バス6分「南警察署」停徒歩4分
     JR横浜線相模原駅南口バス16分「南警察署」停徒歩4分
     JR横浜線・小田急町田駅(町田BC)バス8分「鵜野森1丁目」停徒歩5分
     国道16号「鵜野森」交差点より東へ、「鵜野森旧道」交差点を北へ500m
料金/(平日)大人700円、小学生以下350円
     (休日)大人800円、小学生以下400円
     ※2歳以下は無料
     ※複数回入浴可能の「温泉三昧券」(館内着つき)もあり
     平日:大人980円、小学生500円
時間/9:00〜24:00、年中無休

(追記-2014/4/14)
やまとの湯を運営していた大和システムは、2010年(平成22年)に倒産。
その後、湯快生活が運営を引き継いでいたが、相模原店は2014年4月29日をもって閉店予定。

(追記-2014/5/10)
予定通り4月29日をもって閉店したが、同日をもって狭山店(埼玉県)、学園前店(奈良市)、安芸府中店(広島県)、わらび店(埼玉県)も閉店。また、翌4月30日には大正店(大阪市)、尼崎店(兵庫県)も閉店。
現在営業しているのは大津店(滋賀県)、河内店(大阪府)、平野店(大阪市)、平尾店(福岡市)の4店舗となった。湯快生活の企業情報は、いまだ「拠点数 全国直営18店舗」のままだが…。

武の湯(相模原市南区相武台)

武の湯相武台前にある唯一の銭湯「武の湯」は、駅から近いのが魅力。北口より行幸道路を渡って1つ目の角を右に曲がり、3軒目のビルが武の湯だ。やや薄汚れたビルの1階にあり、コインランドリーを併設している。通りからだと小さな電飾看板が目印。

武の湯(相模原市相武台)中に入るとテーブルとソファが置かれたちょっとしたロビーがあり、そしてフロントがある。お金を払うとロッカーの鍵を渡される。脱衣所も浴室もわりと小さめ。カランは左右と中央に全部で16あり、かなり熱いお湯が出る。ほかに立ちシャワーが2つ。湯船は約4帖の大きさで、ジャグジーとバイブラ機能が備わっているが、これらは仕切られているわけではない。カランは熱湯だったけど、湯船のお湯は適温。ほかに水風呂が隣接しており、湯船は室内の奥にL字型に配置。別途料金のサウナは浴室手前側、脱衣所に食い込むような格好。

武の湯(相模原市相武台)浴室内は白いタイル壁で、ペンキ絵などの装飾はなし。銭湯としては普通すぎて面白みに欠けるのだが、夕暮れ時とあって多くの客が訪れていた。とくに女湯からは元気なおばちゃんの声が聞こえてきて、常連が多いんだなぁという印象。相武台前という場所柄、フラッと訪れるような町ではないが、立地がよいということだけはお知らせしておきたい。

武の湯(神奈川県浴場組合)

武の湯
住所/相模原市南区相武台1-24-6 [地図
電話/046-251-1851
交通/小田急線相武台前駅より徒歩2分
料金/大人450円、小学生180円、未就学児80円
     ※サウナは別途250円
時間/15:00〜24:00、毎週木曜日定休

(2010/10/02追記)
旧料金から新料金に書き換えました。サウナは別途200円→250円に変更されていました。

ゆめみ処ここち湯相模原店 [旧ざぶん相模原店](相模原市南区大野台)

ざぶん相模原店東急不動産が運営する温浴施設の1号店(横浜・瀬谷目黒店が2号店)。平成14年の開業時からスーパー銭湯として営業していたが、いまでは地下1200mから掘削した源泉を利用。当初は7月から導入の予定だったと思うが、8月11日にようやく導入した。渋谷の温泉施設「シエスパ」での爆発事故が影響していたようで、安全対策のため延期していた様子。

国道16号の西側を平行して走る「木もれ日通り」沿いにある。道路を挟んで向かい側は相模原ゴルフクラブのコースがあり、森のようにも見える。北に走ると相模原球場がある淵野辺公園、市立博物館など。また、通り沿いには工場が点在し、地方都市によくありがちなロケーションだといえるが、車じゃないと行きづらい。

そんな郊外型の店舗のわりには、脱衣所も浴室もこじんまりとした印象を受ける。内風呂は源泉を利用しておらず、スーパー銭湯当時から思っていたが、プールのような塩素臭さだ。腰だの脚だのと区別したジャグジーが端に並んでいるが、1列ではなく左右2列に配置されているため、グレーチングのちょっとした幅が通路になっている。うまくレイアウトしているとも言えなくもないが。ほかに6帖大の白湯、4帖大のぬる湯。そしてテレビつきの高温サウナと水風呂がある。

露天風呂はすべての湯船で源泉を使用している。地域最大級をうたっているが、たいして大きくは感じない。石造りで円形の湯船は7〜8人が入れそうな大きさで、源泉を循環消毒せず掛け流ししている。しかし、すべての湯船がそうなのだが、給湯口からお湯が注がれているわけではなく、循環口で湯量を一定に保っている様子。「保健所の指導により」給湯口を使用していないようだが、どういう指導があったのか気になるし、お湯が出ていない湯船というのは不思議な感じもする。5人掛けの腰掛湯と2つある壷湯は循環式。源泉は黒褐色で、ぬるぬるした感触がある。足元が見えにくいので、すべって「バシャーン」と転びながら入ってきたおじさんもいた。「すべりやすいのでご注意ください」といった立て札も奥のほうにひっそりとあったが、それに気づかないからすべって転ぶのであろう。露天エリアの左右両側にはウッドデッキがあり、各4〜5人が寝転べるようになっている。ほかにベンチもあるので、休む場所は十分だと言える。

こうした温浴施設の場合、無料休憩所と言っておきながら食事処を兼ねているところが多い。ここでは食事処とは別に6帖分の畳スペースがあり、自由に寝転ぶことができる。こういうちょっとしたスペースが嬉しい。お湯も施設も雰囲気もすべてが平均点といった感じだが、入浴料の安さは魅力。下記は一般料金だが、会員料金だと大人は50円ずつ安くなる。

ゆめみ処ここち湯相模原店 (旧:さぶん相模原店)
源泉/相模原の湯温泉(ナトリウム−炭酸水素塩泉)
住所/相模原市南区大野台3-20-19 [地図]
電話/042-730-2680
交通/JR横浜線古淵駅よりバス「ゴルフ場前」停徒歩2分
     ※古淵駅からは無料送迎バスもあり
     JR横浜線相模原駅または小田急線相模大野駅よりバス「松ヶ丘」停前
     車だと国道16号線「大野台郵便局前」交差点より西に入り、
     「松ヶ丘2丁目」交差点より南下。木もれ日通り沿い。
     ※駐車場180台分あり
料金/(平日)大人650円、小学生以下350円
     (休日)大人750円、小学生以下400円
時間/10:00〜24:00
     年中無休(ただし3の倍数の月の第2火曜日?にメンテナンス休館)

(追記-2009/04/28)
運営会社が東急不動産(東急スポーツオアシス)から相鉄不動産販売に変更。改装工事を経て、本日2009年4月28日より「ゆめみ処ここち湯相模原店」としてリニューアルオープンしました。

(追記-2009/06/02)
ゆめみ処ここち湯相模原店(相模原市大野台)ゆめみ処ここち湯相模原店(相模原市大野台)

5/27に訪問。大きく変わった点として印象に残ったのは、1階食事処がシックな内装になったこと。メニューは豊富だが味のさらなる向上を期待したい。2階浴室のレイアウトは変わっていないが、「保健所の指導」により休止していた給湯口は改善されたらしい。円形の露天岩風呂は完全かけ流しのようだが、思ったよりも多い量のお湯が注がれている。

ゆめみ処ここち湯 海老名店 (⇒記事)
ゆめみ処ここち湯 横浜瀬谷店 (⇒記事)
ゆめみ処ここち湯 大和店 (⇒記事)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ