旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

相模原市南区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

ゆめみ処おふろの王様 相模原店(相模原市南区大野台) ※2017/12/31閉店予定

ゆめみ処おふろの王様 相模原店(相模原市南区大野台)ざぶん相模原店としてオープンし、ゆめみ処ここち湯相模原店を経て、ゆめみ処おふろの王様相模原店へ。運営会社とともに名前を変えるも、定期借地権満了によって今年いっぱいで15年の歴史に幕を閉じる。市内鵜野森の町田店は、ややこしい温泉権を解決し、姉妹店としてオープンさせたが、近接エリアに2店舗も要らなかったか。地代で折り合いがつかなかったか、それとも更新しないことを前提に町田店をオープンさせたのか。チェーン店ビジネスの裏側で置き去りにされる客の声も気になる。

ゆめみ処おふろの王様 相模原店(相模原市南区大野台)看板を付け替えるたびに一応の改修はしているのだろうけど、基本的な空間設計や設備は変わらない。まずは券売機でチケットを購入する。ワンフロアの館内にはカットハウス、ボディケア、自販機コーナーがあって、食事処(テーブル席と座敷)が半分を占める。戸建住宅と同じく、廊下を極力設けないことが広さを確保するコツ。暖簾をくぐり、階段を上がると男女の脱衣所、浴室。

ゆめみ処おふろの王様 相模原店(相模原市南区大野台)

洗い場は押しボタン式のカランとシャワー。温度や流量調整できないが、さほど不便でもないし、古さも感じさせない。入ってすぐのバイブラ湯は38℃のぬる湯にしており、小さいから混み合っている。ジャグジーもいくつか並んでいるが、全てが客で埋まっていた。人気がないのは人工ゲルマニウム温泉。アルミの箱に入って何やら沈められている。窓越しには露天風呂を眺め、そちらの黒湯の方が絶対に良いのだから、人気なしはやむなし。

サウナは4段タワー型で、テレビをはさんでヒーター2台。温度計は90℃を指し、欲を言えばもう少し熱さがほしい。なぜなら水風呂が16℃だから。深さもあるし、スーパー銭湯にしては気合いの入った冷たさだ。

ゆめみ処おふろの王様 相模原店(相模原市南区大野台)

露天風呂では温泉を使用している。地下1,200mより湧出し、文字通りの黒湯。循環利用の湯船とつぼ湯、そして源泉かけ流しの湯船。どちらに客が集うかは言うまでもなく。夏場は加温せず源泉そのままを楽しめる。屋外の両サイドにうたた寝デッキを設けているから、のんびり過ごしたい。

ゆめみ処おふろの王様 相模原店(相模原市南区大野台)食事はセルフサービス方式。平日はお勤め帰りか中年男性の晩酌する姿が目立つ。わずかな広さだが、ごろ寝スペースもあり、リーズナブルに過ごしたい日にはもってこい。一方で、週末は家族づれで賑わうのだろう。すごく期待することもないけれど、失望することもない。スーパー銭湯ならではの安心感があった。閉店まで残すところ3か月を切り、名残を惜しむ声が数多く聞こえてきそうだ。

ゆめみ処おふろの王様 相模原店
源泉/相模原の湯(ナトリウム ー塩化物・炭酸水素塩温泉)
住所/相模原市南区大野台3-20-19 [地図]
電話/042-730-2680
交通/小田急線相模大野駅、JR横浜線相模原駅よりバス「松が丘」停下車
     JR横浜線古淵駅よりバス「ゴルフ場前」停徒歩2分
     国道16号「大野台2丁目」交差点より約1.4km
     ※無料駐車場180台分あり
料金/(平日)大人700円、小人300円
     (休日)大人800円、小人350円
     ※大人は中学生以上、小人は4歳以上小学生以下
時間/9:00〜24:00、年中無休

ゆめみ処おふろの王様町田店(相模原市南区鵜野森) ※2015/6/18オープン

ゆめみ処おふろの王様町田店(相模原市南区鵜野森)相模原やまとの湯の閉店後は紆余曲折あったようだが、1年2か月経ってようやく今度は「ゆめみ処おふろの王様町田店」としてオープンした。おふろの王様といえば、近隣には相模原店(旧ゆめみ処ここち湯)が直線距離にして約2.6kmの場所にあり、混同するためか同じ相模原市内にありながらも、こちらは町田店。ちなみに都県境を流れる境川から約330mの距離。

券売機でチケットを購入してフロントへ。1階フロアの半分を占めるのは食事処。子連れを意識してか、ゲームコーナーも贅沢な広さで設けている。館内左手の一画にはボディケアと、通路をはさんでリクライニングシートが12席。ひとりで訪ねても、静かに寛げるスペースがあるのは嬉しい。

ゆめみ処おふろの王様町田店(相模原市南区鵜野森)浴室は2階。やまとの湯時代は階段手前にフロントがあって、1回入浴と複数回(1日)入浴で別料金としていたが、おふろの王様になってこのシステムを改めた。何回でも入浴できるし、もちろん時間制限もない。やまとの湯としてオープンしてから10年以上経つが、内装や設備もリフォームしたのか、浴室内はとてもきれい。変わった点といえば、でいだらぼっち伝説に由来する「じんだら湯」(温泉浴槽)が、人工炭酸泉(非温泉)になったこと。時代の流れか。ほかにジャグジーが数種類並び、備長炭水風呂も。

ゆめみ処おふろの王様町田店(相模原市南区鵜野森)サウナはタワー型の高温ドライと、室内真っ白の低温スチームの2つ。後者では日本初として富士山の溶岩を使用しているというが、効果効能が実感できず。そもそも個人的に好みではなかった。

露天風呂は岩風呂とつぼ湯。いずれも地下1,400mから湧出する温泉を使用している。日差しの当たり具合によっては琥珀色に見える。高い塀をめぐらせており、開放感には乏しいが、岩風呂に設置されたテレビを見ながらのんびり。湯冷まし用のごろ寝デッキもある。

ゆめみ処おふろの王様町田店(相模原市南区鵜野森)食事処のメニューはバラエティ豊かで、しかもリーズナブル。家族利用にはもってこいだ。かつては至近距離で「ここち湯(旧さぶん)相模原店」と競合していたが、どんないきさつか姉妹店に。昔からある港南台店に加え、同じくここち湯から引き継がれた海老名店、瀬谷店、高座渋谷駅前店(大和店)と合わせて、これで5店舗。気が付けば、神奈川県内では「おふろの王様」がいちばんの巨大勢力である。

ゆめみ処おふろの王様 町田店
源泉/鵜野森温泉王様の湯(ナトリウム−炭酸水素塩泉)
住所/相模原市南区鵜野森1-24-9 [地図]
電話/042-767-2603
交通/JR横浜線古淵駅より徒歩18分
     国道16号線「鵜野森」交差点より約700m
     ※無料駐車場あり
料金/(平日)大人780円、小学生300円、幼児無料
     (休日)大人930円、小学生350円、幼児無料
時間/9:00〜24:00、年中無休

富国湯(相模原市南区若松)

富国湯(相模原市若松)銭湯といえば住宅や工場などの密集する下町的なエリアに多く、典型的な郊外ベッドタウンの相模原市に7軒あるのは意外な感じがする。富国湯にいたっては駅からも遠く、住宅街のど真ん中といった環境。最寄のバス停からいちおう商店街(あいろーど若松)は続いているものの、そのいちばん奥に位置する。おのずと夜は薄暗く、通りに人影はまばら。玄関先の看板の明かりがよけいにまぶしく感じられる。

周辺住宅地の分譲と時を同じくしてか、昭和44年の開店。確か『かながわの銭湯』(神奈川新聞社)という本で読んだと記憶しているが、「富国」という景気の良い名前は店主自らが考えたのではなく、分譲主だか仲介業者だったかの不動産屋の薦めによるもので、その不動産屋の屋号から取ったのだという。今年が開店40周年だが、銭湯のなかでは歴史は浅いほう。銭湯っぽくない素っ気ない外観に反し、玄関をくぐると番台式。脱衣所はわりと広めで、島ロッカーの上にはケースに入った民芸品。ぶら下がり健康器、新旧2台のマッサージ椅子、ジュースのショーケース、年代物の扇風機など。長押にはあちこちの尾根を撮影した写真や感謝状などが飾られている。一角にはソファを置いて休憩スペースを設けているが、ここだけでも6帖ほどの広さがある。

浴室もゆったりとしており、2ヶ所に設けられた扉を開けると、手前に洗い場、奥に湯船がある。カランは島式2列を含めて全部で30。シャワーが付いているのは島式のみで、ほかに立ちシャワー2ヶ所。浴室の隅にはサウナもあるが別途料金(200円)。天井はドーム型で、湯船の上には男湯と女湯にまたがって富士山が描かれたタイル絵。間仕切壁にもタイル絵で白糸の滝が描かれており、女湯は三保の松原とのこと。浴場組合のホームページによれば、これらのタイル絵は開店当時からのものだという。

湯船は2つ。まずは2帖ほどの座湯ジャグジー。そして5帖ほどの大きさの湯船にはバイブラ湯とジャグジーの設備が設けられ、側壁には赤やオレンジ、黄色のランプが灯っている。日替わり湯であるらしく、訪れた日の入浴剤は「クール」。脱衣所には「銭湯のお湯は熱いのでのぼせないように注意してください」なんて貼り紙してあり、それなりに覚悟してお湯につかったが、実際の温度は40℃ほど。こんなにぬるかったら長湯してのぼせしまうではないか。

おじいさんから若いサラリーマンまで客層はさまざまだったが、広い銭湯に4〜5人では寂しすぎる。この立地では遠方からの集客をあまり期待できないが、店舗裏以外にも専用駐車場ないしコインパーキングでもあれば…、という気がする。のんびり寛げる雰囲気は、まさに郊外型の銭湯といった感じだ。

富国湯(神奈川県浴場組合)

富国湯
住所/相模原市南区若松3-8-16 [地図]
電話/042-744-2241
交通/小田急線相模大野駅北口よりバス6分「団地入口」停徒歩6分
     国道16号線鵜野森交差点より約500m
     ※店舗裏に2台分の駐車スペースあり
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     ※サウナは別途200円
時間/16:00〜23:00、毎週月曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ