旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

相模原市南区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

ゆめみ処おふろの王様町田店(相模原市南区鵜野森) ※2015/6/18オープン

ゆめみ処おふろの王様町田店(相模原市南区鵜野森)相模原やまとの湯の閉店後は紆余曲折あったようだが、1年2か月経ってようやく今度は「ゆめみ処おふろの王様町田店」としてオープンした。おふろの王様といえば、近隣には相模原店(旧ゆめみ処ここち湯)が直線距離にして約2.6kmの場所にあり、混同するためか同じ相模原市内にありながらも、こちらは町田店。ちなみに都県境を流れる境川から約330mの距離。

券売機でチケットを購入してフロントへ。1階フロアの半分を占めるのは食事処。子連れを意識してか、ゲームコーナーも贅沢な広さで設けている。館内左手の一画にはボディケアと、通路をはさんでリクライニングシートが12席。ひとりで訪ねても、静かに寛げるスペースがあるのは嬉しい。

ゆめみ処おふろの王様町田店(相模原市南区鵜野森)浴室は2階。やまとの湯時代は階段手前にフロントがあって、1回入浴と複数回(1日)入浴で別料金としていたが、おふろの王様になってこのシステムを改めた。何回でも入浴できるし、もちろん時間制限もない。やまとの湯としてオープンしてから10年以上経つが、内装や設備もリフォームしたのか、浴室内はとてもきれい。変わった点といえば、でいだらぼっち伝説に由来する「じんだら湯」(温泉浴槽)が、人工炭酸泉(非温泉)になったこと。時代の流れか。ほかにジャグジーが数種類並び、備長炭水風呂も。

ゆめみ処おふろの王様町田店(相模原市南区鵜野森)サウナはタワー型の高温ドライと、室内真っ白の低温スチームの2つ。後者では日本初として富士山の溶岩を使用しているというが、効果効能が実感できず。そもそも個人的に好みではなかった。

露天風呂は岩風呂とつぼ湯。いずれも地下1,400mから湧出する温泉を使用している。日差しの当たり具合によっては琥珀色に見える。高い塀をめぐらせており、開放感には乏しいが、岩風呂に設置されたテレビを見ながらのんびり。湯冷まし用のごろ寝デッキもある。

ゆめみ処おふろの王様町田店(相模原市南区鵜野森)食事処のメニューはバラエティ豊かで、しかもリーズナブル。家族利用にはもってこいだ。かつては至近距離で「ここち湯(旧さぶん)相模原店」と競合していたが、どんないきさつか姉妹店に。昔からある港南台店に加え、同じくここち湯から引き継がれた海老名店、瀬谷店、高座渋谷駅前店(大和店)と合わせて、これで5店舗。気が付けば、神奈川県内では「おふろの王様」がいちばんの巨大勢力である。

ゆめみ処おふろの王様 町田店
源泉/鵜野森温泉王様の湯(ナトリウム−炭酸水素塩泉)
住所/相模原市南区鵜野森1-24-9 [地図]
電話/042-767-2603
交通/JR横浜線古淵駅より徒歩18分
     国道16号線「鵜野森」交差点より約700m
     ※無料駐車場あり
料金/(平日)大人780円、小学生300円、幼児無料
     (休日)大人930円、小学生350円、幼児無料
時間/9:00〜24:00、年中無休

富国湯(相模原市南区若松)

富国湯(相模原市若松)銭湯といえば住宅や工場などの密集する下町的なエリアに多く、典型的な郊外ベッドタウンの相模原市に7軒あるのは意外な感じがする。富国湯にいたっては駅からも遠く、住宅街のど真ん中といった環境。最寄のバス停からいちおう商店街(あいろーど若松)は続いているものの、そのいちばん奥に位置する。おのずと夜は薄暗く、通りに人影はまばら。玄関先の看板の明かりがよけいにまぶしく感じられる。

周辺住宅地の分譲と時を同じくしてか、昭和44年の開店。確か『かながわの銭湯』(神奈川新聞社)という本で読んだと記憶しているが、「富国」という景気の良い名前は店主自らが考えたのではなく、分譲主だか仲介業者だったかの不動産屋の薦めによるもので、その不動産屋の屋号から取ったのだという。今年が開店40周年だが、銭湯のなかでは歴史は浅いほう。銭湯っぽくない素っ気ない外観に反し、玄関をくぐると番台式。脱衣所はわりと広めで、島ロッカーの上にはケースに入った民芸品。ぶら下がり健康器、新旧2台のマッサージ椅子、ジュースのショーケース、年代物の扇風機など。長押にはあちこちの尾根を撮影した写真や感謝状などが飾られている。一角にはソファを置いて休憩スペースを設けているが、ここだけでも6帖ほどの広さがある。

浴室もゆったりとしており、2ヶ所に設けられた扉を開けると、手前に洗い場、奥に湯船がある。カランは島式2列を含めて全部で30。シャワーが付いているのは島式のみで、ほかに立ちシャワー2ヶ所。浴室の隅にはサウナもあるが別途料金(200円)。天井はドーム型で、湯船の上には男湯と女湯にまたがって富士山が描かれたタイル絵。間仕切壁にもタイル絵で白糸の滝が描かれており、女湯は三保の松原とのこと。浴場組合のホームページによれば、これらのタイル絵は開店当時からのものだという。

湯船は2つ。まずは2帖ほどの座湯ジャグジー。そして5帖ほどの大きさの湯船にはバイブラ湯とジャグジーの設備が設けられ、側壁には赤やオレンジ、黄色のランプが灯っている。日替わり湯であるらしく、訪れた日の入浴剤は「クール」。脱衣所には「銭湯のお湯は熱いのでのぼせないように注意してください」なんて貼り紙してあり、それなりに覚悟してお湯につかったが、実際の温度は40℃ほど。こんなにぬるかったら長湯してのぼせしまうではないか。

おじいさんから若いサラリーマンまで客層はさまざまだったが、広い銭湯に4〜5人では寂しすぎる。この立地では遠方からの集客をあまり期待できないが、店舗裏以外にも専用駐車場ないしコインパーキングでもあれば…、という気がする。のんびり寛げる雰囲気は、まさに郊外型の銭湯といった感じだ。

富国湯(神奈川県浴場組合)

富国湯
住所/相模原市南区若松3-8-16 [地図]
電話/042-744-2241
交通/小田急線相模大野駅北口よりバス6分「団地入口」停徒歩6分
     国道16号線鵜野森交差点より約500m
     ※店舗裏に2台分の駐車スペースあり
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     ※サウナは別途200円
時間/16:00〜23:00、毎週月曜日定休

旭湯(相模原市南区旭町)

相模大野駅の北口ペディストリアンデッキから見渡す駅前は、賑やかで活気に満ちているが、バスロータリーの左手からは大野銀座という昔ながらの商店街が続いている。この通りもひと昔前に比べればこぎれいになったが、再開発事業が進んでいるらしく店舗の立ち退きが進んでいた。平成24年度の竣工に向けて街並みは一変するようだ。

旭湯(相模原市南区旭町)旭湯(相模原市南区旭町)相模銀座は南保健福祉センターへと続いており、この南側に建つのが電車からも見えるプラザシティ相模大野(旧相模大野団地)のマンション群。その西側は戸建の建ち並ぶ住宅街で、今回紹介する旭湯もこの一画にある。3階建のマンション銭湯の1階で営業しているのだが、通りに面して看板や暖簾は出していない。洗濯機や乾燥機が並ぶその奥に暖簾がかかっているのを見つけて、ここが旭湯か!と気づくほどのわかりにくさ。入口部分の両側もテナントになっているようで、シャッターが開いていれば3軒長屋の雰囲気(どんな店なのかよくわからないが)。ちなみに、鶴の台小学校入口という交差点のすぐ近くで、雑貨店に隣接している。

番台式で脱衣所はゆったり。ロッカーは木製家具調の縦長タイプ。カバンはすっぽり収まるし、中にハンガーを備えているのも嬉しい。ベンチや丸テーブル、家庭用体重計、扇風機、テレビなど。下足箱は木札だが、ロッカーはリストバンドだったりして、まさに新旧混在といった感じ。女性用脱衣所との間仕切壁に設置された大きな鏡は、小田急相模原にかつてあったサガミ劇場から贈られたもの。「関西ヌード」の意味するところは謎であるが。

浴室は左右の壁際に7つずつ、真ん中は島式で6つずつのカランが並んでいる。壁際のみ固定式シャワーが付いており、ほかに立ちシャワーが1つ。湯船は浴室の奥に3帖ほどのジャグジー湯と、2帖ほどの深湯。温度計は45℃を指していたが、実際はそこまでは熱くない。しかし水でジャージャー埋めるおじさんも。釜焚き口付近にはやけど防止のためかすのこ状の板が打ち付けられている。女湯との間仕切壁にはモザイクタイルで安芸の宮島が描かれ、湯船の上のペンキ絵は三保の松原と夕焼けの富士山。赤い絵は赤字につながり、夕日は沈むから縁起が悪いというが、こんな定説もなんのそのといった感じ。

マンション銭湯といえども浴室部分に上階は設けられていないようで、天井は高く、湯気抜きもある。夕暮れ時に相客はおじさんばかり4人だったが、みな言葉もなく、女湯からも話し声は聞こえない。訪れる客のほとんどは地元の常連だとは思うのだが。静かな銭湯だと緊張するんだよなぁ、と思いながらとぼとぼと帰路についた。

旭湯(神奈川県浴場組合)

旭湯
住所/相模原市南区旭町24-30 [地図
電話/042-745-3746
交通/小田急線相模大野駅より徒歩10分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/16:00〜23:00、不定休

日栄浴場(相模原市南区相南)

日栄浴場(相模原市南区相南)小田急相模原は通称「おださが」と呼ばれ、相模原市南部に位置し、座間市と接する町。北口に「サウザンロード」、南口に「ACT南口一番街」という商店街があり、衣食住のたいていの物はこの町で揃う。日栄浴場があるのは南口を降りてしばらく歩いたところ。イトーヨーカドーより南側に路地を入っていく。

日栄浴場(小田急相模原)実は「おださが」の高校に通っていたので、当然毎日この町を歩いていたわけだが、日栄浴場の存在には気づかなかった。通学路ではなかったと言ってしまえばそれまでだが、なにしろ卒業以来10数年ぶりに訪れた餃子の「萬金」の帰りに発見したのである。路地側にコインランドリーを併設し、銭湯自体はわずかに引っ込んで建っている。よその建物で半分隠れてしまっているが、和風建築なのに玄関先だけタイルで装飾した造り。

日栄浴場(相模原市南区相南)フロントわきの暖簾をくぐると脱衣所がある。日曜日の夕方とあってすでに大勢の客が詰め掛けていた。ソファのまわりには黄色のバスタオルを腰に巻いた人が7〜8人。湯上りにタバコを吸いながら談笑しているが、いきなりの過密ぶりには驚かされた。ちなみに黄色いバスタオルはサウナ利用者の証。意外と利用者は多いようだ。

浴室の入口は自動ドア。右側に乾式高温サウナ、立ちシャワー、水風呂。奥には寝湯ジャグジー、ガリウム石温浴泉のミクロバイブラ(酵素風呂という表記とともに、皮膚を柔らかくして汚れを落とす…といった旨の説明が添えられている)、座湯ジャグジー、茶褐色の漢方延寿薬湯が並ぶ。湯船の上には、大海原にヨット2艇というモチーフの背景画が描かれている。

ほかの銭湯と比べて浴室が広いわけではないが、やたらと湯船の数は多い。いずれも1つ1つの湯船は2帖ほどなのだが、狭い空間をうまく利用しているとしか言いようがない。実際に洗い場の通路は狭いような気もするし。ちなみに壁際と島式2列で32あるカランはすべて固定式シャワーつき。

一番人気は薬湯のようだ。薬草や樹皮を煎じた匂いが微かにする。つねに3〜4人が入浴中なので、誰かが湯船から出る隙を見て入るようだが、日栄浴場のお湯は全体的にぬるめだし、しかも長湯の人が多い。サウナと水風呂を行ったり来たりする人の姿も。浴室内にはつねに10人くらいの客がいて、常連客の話し声が絶えない。

風呂から上がると脱衣所では今度は野球中継に人だかりができていた。数人のアンチ巨人は、巨人が失点すると手を叩いて大喜び。ちなみにフロント脇のロビーにもソファとテレビがあり、待ち合わせなのか寛ぐ人の姿も多かった。こんなに賑わっている銭湯もいまどき珍しいのではないだろうか。

日栄浴場(神奈川県浴場組合)

日栄浴場
住所/相模原市南区相南4-1-25 [地図
電話/042-742-2876
交通/小田急線小田急相模原駅より徒歩4分
料金/大人450円、小学生180円、未就学児80円
     ※サウナ+入浴は600円
時間/15:00〜23:00(日曜日は朝風呂営業あり)、毎週月曜日定休

新町浴場(相模原市南区相模大野) ※2011/4/22廃業

新町浴場(相模原市相模大野)相模大野駅南口を出て真っすぐ、セブンイレブンの脇の細い通りの左側に新町浴場はある。

上階は住宅のいわゆるビル銭湯だが、脱衣所も浴室も天井は高い。入口の横に小さな番台。脱衣所は片隅にテーブルとベンチ、手洗用の流し、体重計があるだけで、あとはロッカーが並んでいる。規模のわりにロッカーの数が多いような気がするが、鍵がなくなっている箇所も多い。

浴室は間口が広いため、カランは両端と中央に2列。全部で34。中央2列のみ固定式のシャワーが付いており、ほかに立って使うシャワーが1ヶ所。湯船は2つあり、4畳ほどの大きさの湯船にはジャグジーの噴出口が2ヶ所設けられている。側面の赤いライトがお湯の中を照らしているが、これにはどんな意味があるのか。もうひとつの湯船は2畳ほどの大きさで、深めのバイブラ湯。温度計は44度を指しており、若干熱め。湯船の上のペンキ絵は岩肌が露出した山、そしてその合間を滝のように流れる川。

20時過ぎの中途半端な時間帯に訪れたためか、ガラガラ状態だった。駅からも近く、また周囲にはマンションが建ち並んでいるため、立地には恵まれているはず。近隣の新住民をいかに集客するか、それ次第でだいぶ賑わうような気がするのだが。

新町浴場
住所/相模原市南区相模大野7-24-7 [地図]
電話/042-743-1486
交通/小田急線相模大野駅より徒歩4分
料金/大人450円、小学生以下180円、未就学児80円
時間/15:30〜23:00、毎週月曜日定休

新町浴場(相模原市南区相模大野)(追記-2011/7/23)
通りすがりの方がコメントで寄せてくださっていますが、新町浴場は平成23年4月22日をもって閉店しました。本日店舗の貼り紙を撮影。

相模大野駅から近く、何度か立ち寄ったこともあるのですが、残念の一言に尽きます。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ