旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

川崎市高津区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

湯プラザウェルネス(川崎市高津区諏訪)

湯プラザウェルネス(川崎市高津区諏訪)二子新地は多摩川の西岸に位置し、多摩川を越えれば東京都の二子玉川という都県境の町。駅周辺の住所は二子と諏訪であるが、新地とは大正年間に二子橋の架橋によって新たに開かれた歓楽街のことを言うらしい。大山街道が東西を貫き、この一帯はいわゆる三業地として栄えたようだ。道幅の狭い駅前通りにもごちゃごちゃと店が並び、そんな一画にある「ビジネスインウェルネス」に併設して、「湯プラザウェルネス」がある。ホテルの大浴場という位置づけでもあるようだが、入口は別に設けている。玄関先は明らかに銭湯の風情ではなく、しーんと静まり返った印象を受けた。

湯プラザウェルネス(川崎市高津区諏訪)湯プラザウェルネス(川崎市高津区諏訪)

券売機でチケットを購入するが、新1,000円札は非対応であるため、フロントで夏目漱石の旧券と引き換えてもらう。フロントの前には食堂のような雰囲気と広さを備えた休憩所。フロントわきの階段を上がっていくと浴室がある。ロッカーの鍵は下足箱の鍵と引き換え。

浴室はいかにもホテルの大浴場といった雰囲気で、湯気抜き部分に天窓があるため、明るくてゆったりとしている。なぜか演歌のBGMが流れているのはご愛嬌か。真っ昼間だからか客は少なく、閑散とした印象を受けたが、別途500円(高くないか?)のサウナで汗を流しているおじさんの姿もちらほら。休日を満喫しているのだろうが、どことなく堅気の人じゃないような…。どこの銭湯でも言えることだが、昼間は人間模様もさまざまだ。

カランは壁際に6、7-7、5-5の配置(シャワーなしの箇所もあり)で、ほかに立ちシャワー2つ、そして湯上がり時のための足シャワーも完備。浴室奥に設けられた大きな湯船にはバイブラ湯、座バイブラ×2、座ジャグジー×1(押しボタン式)を備えている。湯船自体が大きいので、お湯もぬるめになっちゃっている。室内にはほかに小さな水風呂もある。数段上がるとバルコニー部分に露天風呂がある。古代檜でつくった湯船だ。内湯に比べればちょっと熱めかもしれない。塀で囲まれているのは場所柄、仕方がないことなのだろう。

夕暮れ時には地元客で賑わうのだろうが、昼間はどうしてもホテルの大浴場を訪れている気分。銭湯らしさはちっとも感じられなかった。下町の人情銭湯とは対照的で、そこがいいという客がいるかもしれないが。ともすればサウナ込みの950円というのは平均的な相場であって、銭湯(お湯につかるだけ)だけの450円というのは、もしかしたら良心的な金額なのかもしれない。ちなみにホテルはシングル1泊6,500円という、極めて良心的な価格設定だ。

湯プラザウェルネス(神奈川県浴場組合)
湯プラザウェルネス(川崎銭湯どっと混む)

湯プラザウェルネス
住所/川崎市高津区諏訪1-12-1 [地図
電話/044-844-7123
交通/東急田園都市線・大井町線二子新地駅から徒歩2分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナ別途500円(毎週火曜日・金曜日はサウナデーにつき別途200円)
時間/14:00〜23:30、原則として定休日なし

千年温泉(川崎市高津区千年新町)

千年温泉(川崎市高津区千年新町)武蔵新城駅から南へまっすぐ歩いていくと、「サウナつかさ新城」のあたりから庶民的な雰囲気が始まる。児童公園南側の交差点を斜めに入り、しばらく行くと今回ご紹介する千年温泉がある。コインランドリーを併設しており、店舗の前にはいつも数多くの自転車が止まっている。店舗併用住宅と共同住宅が混在する地域にあって、千年温泉は町のオアシスとして賑わっているようだ。

千年温泉(川崎市高津区千年新町)券売機でチケットを買い、フロントへ提出する。外観からは想像できなかったが、脱衣所も浴室もゆったりしている。浴室に入るとすぐ正面に洗い場、左手に小さな水風呂とサウナ(別途150円)、奥に湯船が並んでいる。カランの列は左の壁際から3、5-5、5-5、6の配置で、いずれも固定式シャワーつき。ほかに立ちシャワーが1つ。平日とはいえ夕暮れ時だったからか、その半分ほどが埋まっていた。

千年温泉(川崎市高津区千年新町)湯船は温泉を使用していない湯船が4帖ほど。岩盤泉(お湯の出口に岩石がごろごろと置いてある)、ボディマッサージ2人分はパイプで仕切られている。その隣に温泉を使用した湯船があって、真四角で2帖ほどの「深湯」と直径2mほどの円形の「浅湯」に分かれている。透明度5cmほどの黒湯で、表の看板によると地下百数十mから湧出しているという。そして、少量ずつ絶えず注がれているお湯は、循環せずにかけ流しだという。鉱泉のため加温しているが、銭湯らしくちょっと熱め。さらさらの肌ざわりだ。湯船の上は壁一面に渓谷を描いたタイル絵。緩やかな滝が落ちている。その流れといい、川底の岩といい、山の緑といい、全てが色鮮やかに描かれており、そしてダイナミックな構図だ。

ぬるめの温泉を楽しみたいなら露天風呂へ。3帖ほどの大きさで、ふちには岩を並べている。ベンチや大きな石を置き、植栽も適度に配置し、せせこましさは感じない。住宅地とあってさすがに高い塀で囲まれているが、裏側に建つ低層マンションの最上階の一部が見えるだけで、開放感も味わえる。心地よい風も入り、のんびりした気分に浸ることができるのだ。

フロントわきにちょっとしたロビーを備えているが、2階には「オンステージ」を備えた休憩室がある。カラオケを楽しむことができるようだ。「遠くの温泉より近くの銭湯」というフレーズをよく聞くが、昼下がりに地元のお年寄りが集会する光景は容易に想像できる。千年温泉は風呂に入るだけの銭湯ではなく、社交場として地域に根ざしているのだろう。

千年温泉(神奈川県浴場組合)
千年温泉(川崎銭湯どっと混む)

千年温泉
源泉/川崎温泉(ナトリウム−炭酸水素塩冷鉱泉)
住所/川崎市高津区千年新町20-4 [地図
電話/044-766-6240
交通/JR南武線武蔵新城駅南口より徒歩7分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナ150円
時間/13:30〜24:30(日曜日・祝日は11:00〜23:30)
     毎週金曜日定休

(追記-2017/7/25)
公式サイトによれば、建物改築工事により8/7より1年間休業するとのこと。

松の湯(川崎市高津区久末)

松の湯(川崎市高津区久末)松の湯がある川崎市高津区久末は、横浜市都筑区との市境に位置する。すぐ隣は一昨年に横浜市営地下鉄の開業によって駅が設置され、今後の発展が見込まれるであろう東山田町。きっと人の流れも変わっていくことだろう。しかし、いまのところは中原街道沿いに開けた郊外住宅地の雰囲気で、松の湯自体も駐車場を40台以上完備。車で訪れる客が多いのは、スーパー銭湯並みの設備を有していることも理由だろうか。中原街道を北に1.3kmほど走れば以前ご紹介した鈴の湯(→記事)もあるが、この2つの銭湯は個性がよく似ていると思う。

コミュニティ施設や福祉施設を思わせるような外観で、玄関先には緩いスロープもあってバリアフリー対策が講じられている。建物の規模も大きく、下足棚のスペースもゆったり。券売機でチケットを購入したらフロントへ。若いおねえさんが座っていて、年配の常連さんらと談笑中。パンキッシュな身形をしていて少々驚いたが。広いロビーには軽食コーナーもあって、町の庶民的な銭湯とは対極の雰囲気。

ネットで調べてみてわかったことだが、浴室は和風の「湯屋物語」と洋風の「アクアスパ」が男女日替わりになっているようだ。湯屋物語の方には岩風呂の露天風呂や檜風呂があるというから、僕が訪れたときは男湯がアクアスパだったようだ。脱衣所のロッカーは無料のものと100円返却式の2種類あり。ほかにテレビと自販機とベンチなど。夕方なので脱衣所はかなり混みあっていた。

浴室はコの字型にカランを、中央には大きな湯船を設けている。部分ごとに寝湯バイブラ、座湯ジャグジー、電気風呂と区切られていて、さらには「岩盤泉」というものも。これは壁や底に天然鉱石を埋め込んだタイルを使用することで、岩盤浴と同様の効果が期待できるとのこと。寝ながらお湯につかっていれば良いし、健康になった気分もするしで一石二鳥だ。いろいろと趣向を凝らした湯船の極めつけは、噴流器を備えた「流れる歩行浴」。おじさんがお湯の流れに逆らってぐるぐると歩いていた。そうかと思えばジェット噴流を腰にあててマッサージをしていたり。使い方はさまざまだ。浴室内にはほかにサウナと水風呂、ボディシャワーを備えている。清潔感ある明るい室内の装飾といえば、バリ島のようなリゾート地の海辺を描いたパネルのみ。

露天風呂には小さな炭酸泉の湯船と大きな備長炭の湯船がある。炭酸泉はぬるめで、その効果については何度か紹介しているので割愛したい。それよりも驚いたのは備長炭湯船の方で、塀の上からはすだれ状にお湯が流れ落ちている。そこを照らすライトがストロボのような働きをすることで、すだれ状のお湯が1粒1粒の水滴に見え、それが下から上へとのぼっているように見える。これは調べてみると「ウォーターパール」と言うらしく(YouTubeには熊本県の湧水トンネルの動画がアップされている)、凝りに凝った演出はまさに幻想的。いくら説明しても伝わらないと思うので、こればかりは百聞は一見にしかずとしか言いようがない。

松の湯(神奈川県浴場組合)
松の湯(川崎銭湯どっと混む)

松の湯
住所/川崎市高津区久末20 [地図
電話/044-777-6827
交通/横浜市営地下鉄グリーンライン東山田駅より徒歩20分
     JR南武線・東急東横線武蔵小杉駅よりバス「妙法寺下」停徒歩2分
     中原街道(県道45号線)の久末交差点の1つ南側の通りを東に200mほど
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     ※サウナ別途250円
時間/平日14:00〜24:00、土曜日12:00〜24:00、日祭日9:00〜24:00
     毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ