旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

川崎市幸区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

平間温泉(川崎市幸区鹿島田)

平間温泉(川崎市幸区鹿島田)南武線に何度か乗っているうちに、平間駅ホームに「平間温泉」の看板があることに気づいた。スーパー銭湯ならまだしも町の銭湯では珍しい。立地の良さも魅力で、踏切を渡って府中街道(国道409号線)のすぐ手前、駅から100m足らずの距離にある「駅前銭湯」だ。通り端と玄関先に電飾看板を掲げているが、世間がイメージするような銭湯の外観ではなく、アパートか公民館かといった感じの洒落っ気のないもの。コインランドリーを併設し、どこに通じているのかわからない(自宅か?)外階段が特徴。

券売機でチケットを購入し、フロントのカウンターの上に並んだ鍵の中から好きな番号を選んで脱衣所へ。それがロッカーの鍵というわけ。脱衣所は広くて天井も高い。洗面台や体重計、ベンチなどがあり、サウナが脱衣所へと突き出すような格好となっている。

浴室もゆったりとしており、手前側に洗い場、奥に湯船が3つ並んでいる。カランは仕切り壁側に6+立ちシャワー1、5-5の島列、片側だけ3の島列、壁側に2つ。すべて固定式シャワー付きだが、一部はホースノズル。シャンプーとボディソープも何セットか常備されていた。

平間温泉(川崎市幸区鹿島田)肝心のお風呂はというと、表の看板にもあったが、いちばんの売りは人工炭酸泉。全身びっしりというほどではなかったが、細かな気泡が皮膚を覆う。平間温泉は全体的にお湯が温めなのだが、炭酸泉は38℃ほど。身体に負担なく長湯して健康増進を図れるのだ。その隣はハイパワージェットと座湯ジャグジー。そして勢いの弱いバイブラ湯。サウナの入口手前には小さな水風呂もある。

露天風呂はもう1つの売りで、入口には「モミジ」と書かれていた。岩風呂風のつくりだが、そのわきには(訪れたのは4月中旬だったが)カエデが赤く色づいていた。塩ビの屋根がかかっているため露天の風情はないが、きれいに手入れされた植栽は日本庭園の趣を感じさせてくれた。この「もみじの湯」と「桧風呂」は男女週替わりのようだ。

浴室内の装飾といえば、湯船の背後に人魚のモザイクタイル。女湯との仕切り壁には西洋の山並みと水辺の風景を描いたタイル絵。室内は多少の年季も感じさせるが、全体の印象としては後発型の大衆的銭湯ということ。スーパー銭湯よりも安くて身近な感じが地元住民にはよいのだろうな、と。最後に付け加えておくと、「平間温泉」と言いながら温泉を使用しているわけではない。あしからず。

平間温泉(神奈川県浴場組合)
平間温泉(川崎銭湯どっと混む)

平間温泉
住所/川崎市幸区鹿島田40 [地図
電話/044-511-4755
交通/JR南武線平間駅より徒歩1分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナ別途150円
時間/15:00〜24:00、不定休

富士見湯(川崎市幸区幸町)

川崎市幸区/富士見湯2川崎駅西口は駅裏の印象があったが、2006年9月にショッピングモール「ラゾーナ川崎シティ」が開業してからは風景が一変。数多くの専門店からなる複合型施設だが、駅と直結するデッキなど各所が広場として整備され、子づれ主婦やカップルなどの憩いの場としても人気があるようだ。今回紹介する富士見湯はラゾーナの北側にあるため、敷地をぐるりと回っていく必要があるが、面倒ならば店内を真っ直ぐ突っ切っていけばよい。立体駐車場側通路から出ると、低層の雑居ビルが建ち並んでいる。シェルのGS脇の路地はニコニコ通り商栄会といい、空中に万国旗が翻る庶民的な雰囲気。個人商店ばかりが軒をつらねる商店街の終わりのほうに富士見湯はある。

コインランドリーを併設した昔ながらの和風建築。もちろん番台式で、銭湯では珍しくお兄さんが座っていた。女性客が少ない時間帯なのだろうか。テレビのない静かな脱衣所で、お兄さんは流行りのモバイルパソコンを操っていた。ちなみに脱衣所は風格ある折上格天井で、一角にはソファとテーブルの寛ぎスペースもある。あとで知ったが、富士見湯にはホームページブログもあって、新旧がしっかり同居しているさまが面白い。

浴室には左右壁際のほか、島式で2列のカランが並んでおり、全部で37個と数は多い。奥には2帖ほどのバイブラ湯、3帖ほどのジャグジー&電気風呂(しかもガリウム温浴泉)、そして1帖半の「天然鉱物エキス」という入浴剤の湯船が並んでいる。スーパー銭湯によくあるシルキーバスのように白くにごったお湯で、「東京都保健局認可」「12種類のミネラル・カルシウム」といったことが記されていた。いずれの湯船も温度はぬるめ。

ペンキ絵は湖畔の富士山。堂々とした構図で穏やかな彩色だったが、下地が波打っているのが惜しい。しかし最近塗り替えたばかりのようだ。その様子は富士見湯のブログや中島盛夫師のお弟子さんのブログに紹介されている。人間の手作業による芸術と、それを取り上げるインターネット。新旧の同居は、今後の銭湯を支えていくキーワードと言えるだろう。

富士見湯(神奈川県浴場組合)
富士見湯(川崎銭湯どっと混む)

富士見湯
住所/川崎市幸区幸町4-2-3 [地図
電話/044-522-1953
交通/JR川崎駅西口より徒歩7分、京急川崎駅中央口より徒歩9分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜23:30
     7日・17日・27日定休(日曜・祝日の場合は翌日)

志楽の湯(川崎市幸区塚越)

志楽の湯矢向駅を出てすぐの踏切を渡り、駅の裏側へ。突き当たりの中島歯科を右に曲がると両側に3階建のマンションが建ち並んでいる。志楽の湯はその先にある。砂利敷きの駐車場の奥に志楽の湯と蕎麦屋の志楽亭が並んで建っている。大きな看板はなく、しかも木々に隠れるようにして建っているので、気づかず通り過ぎてしまいそうな佇まいである。

館内は落ち着きのある雰囲気。浴室までの通路には余計な装飾や宣伝はなく、高級旅館に来たような錯覚を覚える。脱衣所がやや狭いかなとも思うが、そのぶん浴室自体は広々とした印象を受ける。とくに洗い場のスペースには必要以上にカランが並んでいるような気がするが、このゆったり感や清潔感は気持ちがいい。

内湯は味噌樽風呂のほか、水風呂とサウナ、そして御柱の湯と名付けられた大きな湯船。窓枠で数えたら16坪位もある大きな湯船で、諏訪大社の御柱祭にちなんだという御柱が立っている。おじさんたちは風呂の縁で寝そべったりしていて、まるで湯治場のような光景である。

露天風呂は八ヶ岳の安山岩を並べてつくった岩風呂。黒川温泉の「風呂作り名人」後藤哲也さんが、ここに縄文の森があったと想像して作ったものだという。温泉のお湯は黄緑がかった薄い茶褐色なので、気をつけて入らないと滑ってしまいそうな岩の配置。緻密に計算しているのかそうでないのかわからないほど自然なつくりだ。周囲には植栽があり、さらに板塀で囲まれているが、雑木林の中にいるようなような雰囲気である。これが縄文の森なのだと言うならば、そういう気がしなくもないが。ちなみに黒川温泉の後藤さんって誰だ?と検索してみたら、国土交通省のホームページで「観光カリスマ」として紹介されていた。神明館という旅館のご主人。

ところで志楽の湯の源泉は地下1,300mから汲み上げている。昨今ではこんなに深くボーリングしてまで温泉を掘削することには批判もあるが、志楽の湯のパンフレットには「非火山地域の1,000m以上地下深くから湧いた温泉の方が成分が濃いのです」とある。塩化物イオン濃度と化学成分総計のデータをグラフにして示し、源泉がいかに優れているかを解説している。なんだか大げさに騒ぎすぎじゃないかとも思うが、せっかく湧いた温泉だし、川崎でこの雰囲気ならば文句なし。

志楽の湯
源泉/川崎温泉(ナトリウム−塩化物強塩泉)
住所/川崎市幸区塚越4-314-1 [地図
電話/044-533-8888
交通/JR南武線矢向駅より徒歩6分
     国道1号線「都町」交差点を矢向駅方面へ。セブンイレブンを右折し300m。
     ※駐車場100台分あり
料金/タオルセット付き
     (平日)大人970円、子供620円
     (休日)大人1,150円、子供800円
     タオルセットなし
     (平日)大人850円、子供510円
     (休日)大人1,000円、子供690円
     平日深夜料金(22:30以降)大人720円、子供500円
     ※子供は5歳以上
時間/10:00〜24:00、年中無休
     露天風呂は朝8時より営業(料金はタオルセットなしを適用)
     8月を除く毎月第3水曜日は15:00〜24:00(8月を除く)

(追記-2008/02/14)
黒川温泉の神明館は2008年1月6日に訪問。
志楽の湯の岩風呂ことなどすっかり忘れていたので、本当に偶然。
そのときの入浴記はこちらでどうぞ。

(追記-2012/9/22)
料金・時間の欄を修正しました。現在は上記のとおりです。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ