旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

横浜市都筑区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン

港北天然温泉スパガーディッシュ(横浜市都筑区中川中央)

港北天然温泉スパガーディッシュ(横浜市都筑区中川中央)港北天然温泉スパガーディッシュ(横浜市都筑区中川中央)

港北ニュータウンのセンター北駅と南駅の周辺にはさまざまな商業施設、ビルが建ち並ぶが、「港北みなも」もその1つ。1階にグルメシティやツタヤがテナントとして入っている複合型施設で、スパガーディッシュがあるのはビルの3階〜4階。店舗を運営するのは東急スポーツオアシスで、平成19年8月にオープンした新しい温泉施設だ。フロントは3階にあり、出入口付近ではモニターなどで派手にPRしていて俗っぽいが、店内には落ち着いた雰囲気が感じられる。左手にフロント、正面に食事処を配置し、平日のみ食事だけの利用もできるという。タオルとバスタオルはレンタルなので、手ぶらで訪れることができる。これらにシャツとハーフパンツの館内着がセットになったバッグ、ロッカーキーを受け取ったら4階にある浴室へ。館内での飲食や自販機の買い物などすべてリストバンドの番号で精算し、入浴料とまとめて退館時に支払うシステムだ。

休憩スペースは3階にもあるが、4階にも畳敷きの休憩所を設けている。一般的なスーパー銭湯と比べればじゅうぶんすぎるほど広く、また混みあう3階に比べれば静かなので、ここでごろ寝する客も多い。脱衣所からは内風呂、露天風呂の双方に出入りできるようになっている。併設するフィットネスクラブの会員も浴室を利用できるらしく、脱衣所と浴室との間に専用の出入口もある。

すべての湯船で温泉を使用しているわけではなく、しかし温泉使用でない湯船でも趣向を凝らして客の満足度を高めている。3帖ほどの小さい湯船だが、人肌程度のぬる湯(バイブラ湯)は寝てしまうくらいに気持ちいいし、4人分のジャグジーを備えた湯船は立ち湯と座湯の2通り。水風呂は深さがあり、そのぶんキンキンに冷えている。露天スペースには4帖ほどのミルキーバス、3帖ほどの岩風呂風・日替わりハーブバスも(ペパーミントの小袋が沈んでいた)。これら1つ1つは一般的なスーパー銭湯に比べればこじんまりとしているが、ジャグジーなどの設備に頼らなかった点は他施設との差別化だろう。1つとて似た感じの湯船がないので、ひと通り全部に入ってみようという気にさせられる。

温泉は内風呂ではかけ流し、露天風呂では循環式で提供している。地下1,503mから湧出する茶褐色のお湯で、8帖ほどの内風呂では照明の加減でワインレッドのようにも見える。透明度は50cmほどで、さらさらの肌ざわり。オープンして3年足らずだが、温泉の成分でタイルは黒ずみ、いい味わいをなしている。露天風呂は16帖ほどでむやみに大きいが、訪れた日が雨降りだったこともあり、屋根のかかった半分のスペースに客が集中するという事態。循環処理をしているぶん色味は薄いかな、という印象。ほかに5人分の寝ころび湯があり、床面にうっすらとお湯を張っているのだが、そこには屋根がなく誰も利用していなかった。露天スペースはルーフバルコニーにあり、高い塀に囲まれているので景色は何も見えず。その代わりとして塀の一部をウォーターカーテンに仕上げたり、スペース全体をぶどう棚のように見立てるなど、演出は心憎い。ベンチとデッキチェアで寛げるのもいい。

サウナは2つあり、うち1つは内風呂側に出入口のある高温乾式。L字型の室内の真ん中に扉があるため、半分弱のスペースはテレビが見えないのだが、集中して汗をかきたいという人には良いだろう。もう1つはいわゆるスチームサウナだが、タイル張りの室内は足首までお湯が張ってあり、背もたれの肩口からもお湯が流れ落ちる仕組み。日替わりでアロマをブレンドしているらしく、この日はユーカリ。いいアイデアだと思うし、中温で息苦しさもないので、サウナが苦手な人にもおすすめだ。

湯あがりは館内着で3階休憩室へ。タイ古式、バリ式などのエステ・マッサージが並んだ通路の先に、無料で利用できる休憩室がある。手前にあるのは10,000冊を常備した漫画コーナー、そして奥にはテレビつきリクライニングシートがあって、その数はなんと66席(一部女性専用)。利用できるのは平日は中学生以上、休日は小学生以上。薄暗い室内で、しかも毛布の用意もあるから、ちょっと仮眠のつもりでも熟睡は必至。食事処はメニューも多く、値段もリーズナブル。たっぷりと休憩して、腹ごしらえも済んだらまたひとっ風呂。1日のんびりしたい施設だ。

港北天然温泉スパガーディッシュ
源泉/横浜温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/横浜市都筑区中川中央2-7-1 港北みなも3F [地図]
電話/045-595-0260
交通/横浜市営地下鉄センター北駅またはセンター南駅より徒歩5分
     国道246号線「荏田町」交差点より県道13号線
     第三京浜都筑ICより県道13号線
     ※駐車場は港北みなも全体で1,000台分あり(3時間無料)
料金/平日:大人1,200円、子供700円
     トワイライト(平日21:00以降):大人900円、子供500円
     休日:大人1,400円、子供800円 ※5時間まで(超過500円/時間)
     ※子供は3歳〜小学生、幼児は無料
時間/10:00〜24:00、偶数月の第1水曜日定休

港北の湯(横浜市都筑区折本町)

港北の湯(横浜市都筑区)港北の湯は第三京浜港北ICの近くにある郊外型の日帰り温泉施設。スウェーデンから進出した家具・インテリア販売店「IKEA」の斜向かいと言ったほうがわかりやすいかも。店舗は隣接する「酒・食品のツカサ」というディスカウントショップによる経営で、2006年11月にオープンした。当初はスーパー銭湯としての営業だったが、翌07年4月に温泉を導入した。

大きな交差点の角にあるため、駐車場には新羽駅側からでないと入りづらい。しかも店舗1階の駐車場は収容台数が少ないため、最初から「ツカサ」の駐車場を利用したほうが無難。その際はツカサの店内を通り抜けていくことができる。

2階にはフロントと食事処、マッサージ、カットハウス。3階は男性浴室。4階は女性浴室。内湯には各種ジャグジーのほか、37℃に設定された熱くもなく冷たくもない「不思議の湯(不感温度風呂)」、約43℃に設定された「あつ湯」、そしてテレビのある高温サウナと水風呂がある。すべての湯船が万人向けに40〜42℃に設定された施設が多いなか、温めと熱めにこだわった湯船があるのが嬉しい。

露天風呂もまた湯船の数が多い。人工炭酸泉は基準値を大きく上回る炭酸ガス濃度1000ppmで、湯温は約40℃。全身に細かい気泡がつく。そしてミクロの泡と超音波が肌をなめらかにするというシルクの湯。源泉を利用しているのは、2段に高低差のついた円形の湯船と壷湯、岩盤寝ころび湯。透明度がほとんどない黒褐色のお湯で、身体の芯からじんわり温まる。寝ころび湯は床面にうっすらとお湯が張ってあるだけ。ぬるっとした感触があるが、温泉の成分の影響であるようだ。ほかにトルマリン鉱石を使用した乾式の塩サウナがある。全体が高い塀に囲まれているため景色はまったくのゼロだが、せせこましくないのが良い。

どういう理由なのか、各湯船の給湯口からはお湯が注がれていない。循環処理で湯量を一定に保っているのはわかっているが、出るべきところからお湯が出ていないのは不思議な感じがする。

どこにでもあるスーパー銭湯的な施設だが、湯船の数やその内容を考えると、多くの人の需要が反映されているように思う。そして平日なら再入浴が可能。コストパフォーマンスの高い施設だともいえる。

港北の湯
源泉/港北湯本温泉(ナトリウム−炭酸水素塩泉)
住所/横浜市都筑区折本町248 [地図
電話/045-470-0026
交通/横浜市営地下鉄新羽駅よりバス5分「新開橋」停下車すぐ
     横浜市営地下鉄・JR横浜線新横浜駅よりバス12分「新開橋」停下車すぐ
     県道140号線川崎町田線(緑産業道路)「第三京浜入口」交差点前
     ※駐車場は「ツカサ」と兼用で170台分あり
料金/(平日)大人780円、小学生以下400円
     (休日)大人880円、小学生以下450円
時間/10:00〜25:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ