旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

横浜市港南区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

港南泉(横浜市港南区港南)

港南泉(横浜市港南区港南)港南区随一の繁華街といえば上大岡だが、上大岡周辺の銭湯はすでに姿を消し、現在は地下鉄港南中央の港南泉と笹下の関の湯のみ。今回紹介する港南泉は駅3分の好立地ながら、住宅地の一画にある。地下鉄の延伸が昭和51年とあって横浜市のなかでも新興地域だし、日野川で商業地と住宅地が分断されていることも理由か。そもそも駅を出てすぐに区役所、警察署、中学校、刑務所、鑑別所がある時点で、賑やかさとは縁遠いが。

港南泉(横浜市港南区港南)神奈川県浴場組合の個別ページには玄関先しか写っていないが、この玄関はあとから足したもので、屋根などを見ればレトロ銭湯の風情を残している。そしてもともと番台があったであろう部分をホールとし、その片隅に小さなフロントを設けている。地方の共同浴場でよく見る窓口スタイルだ。脱衣所は広く、テレビが置いてあるところは応接間といった感じ。

港南泉(横浜市港南区港南)浴室に入ると右手にサウナとカランが4つ、左手に小さな水風呂とカランが6つ、そして5-5の島カランが2列並び、奥に湯船が3つ並んでいる。サウナは無料。4帖半ほどの広さがあって乾式高温。

湯船は座湯のジャグジー、浅湯のバイブラ湯、そして日替わり湯。火曜〜木曜は「よもぎ」、金曜と土曜は「かじめ」、日曜と祝日は「ラベンダー」と決まっているようだ。訪れたのは金曜日だったので「かじめ湯」だったが、墨汁のような色をした湯船には袋詰めされたかじめが浮き、ほのかに磯の香りを漂わせていた。未経験の方はぜひ一度試していただきたい。

背景は章仙画(九谷鈴栄堂)のタイル絵。渓谷を描いたものだが、木々が赤く色づいた秋の景色。(赤は)赤字につながり、(葉が)落ちると縁起がよくないと言われているが、そんなこと関係なしとばかりに賑わっていた。

港南泉(神奈川県浴場組合)
港南泉(横浜市浴場組合)

港南泉
住所/横浜市港南区港南3-3-5 [地図
電話/045-842-5087
交通/横浜市営地下鉄港南中央駅より徒歩3分
     鎌倉街道(県道21号線)港南橋交差点より約140m
     ※無料駐車場9台分あり
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜23:30(日・祝日は12:00〜23:30)
     毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)

極楽湯横浜芹が谷店(横浜市港南区芹が谷)

極楽湯(横浜市港南区芹が谷)極楽湯は「店舗数日本一の風呂屋」を自称するスーパー銭湯チェーンで、実際に直営21店舗、FC26店舗の計47店舗を展開する国内最大手。現在は60店舗を目指して展開を進めているほか、香港の投資会社などと合弁会社を設立し、今後は中国での温浴事業展開に乗り出すという。神奈川県では2005年12月に開店した直営の横浜芹が谷店のみ。国道1号線から500mほど入ったバス通りに面しているが、環状2号(県道17号線)や横横道路別所ICなどにも近く、住宅地にありながらも意外とアクセスは良い。

広大な駐車場を備えた典型的な郊外型施設だが、和風庭園調のアプローチや夕暮れ時に館内から漏れるほのかな照明など、落ち着いた雰囲気がいい。と思ったら、玄関先では野菜や果物などを並べて販売していたり雑然とした感じも。券売機でチケットを購入したらフロントへ。ここで貰うリストバンドは館内での飲食やマッサージの精算に使用し、その料金は退館時に支払う。フロントの先には食事処や整体などが左右にある。奥まったところには予約制の貸座敷もあるが、平日は「うたた寝処」として開放しているようだ。

長い廊下は途中で右手に折れ曲がり、男性脱衣所にはさらに廊下が続く。脱衣所を建物の奥に配置したため、やたらと動線が長くなってしまったようだ。脱衣所は100円返却式ロッカー(下足箱も同様)で、リストバンドとは関係なく自由に選ぶ。ジャケットを収容できる縦長タイプもある。また、男性脱衣所のみ日焼けマシーン(10分500円)を設置している。

浴室は男女が対称のつくりで、真ん中に設けられたのは温泉を使用した「自然の湯」という湯船。地下1,500mから湧出した真っ黒の温泉で、透明度はほとんどなく、手すりにつかまらないと段差がわかりにくい。すべすべの肌ざわりで、石鹸を洗い流した直後などはぬるぬる感で包まれた感覚も。すべての湯船が循環式だが、この湯船では時折りちょろちょろとお湯が足されていく。ほかに温泉使用ではないが、ジャグジー2ヶ所、電気風呂、水風呂もある。高温サウナは露天風呂側の2方に窓が設けられ、植栽の隙間から外の様子をうかがうことができる。

露天風呂は左手に岩風呂2つ、奥に檜風呂、右手に寝湯と壺風呂3つを配している。岩風呂は上段が小さくて熱め、下段が大きくてぬるめ。スーパー銭湯系店舗の熱めというのはたかが知れいているが、ここではしっかり熱く、ほかの湯船とはっきり差別化を図っていることに好感が持てる。以前はかけ流しで提供していたが、やめてしまったようだ。檜風呂はぬる湯をうたっているが、もっとぬるくても良いかもしれない。逆に改善すべきなのは寝湯で、うっすらとしかお湯が張っていないので寒くて仕方がない。夏なら気持ち良さそうだが。温泉使用ではないが、水素風呂という木づくり小判型の湯船もあった。お湯に含まれた水素は健康増進・老化抑制に効果ありというが、個性ある黒湯に比べれば人気が薄い。入浴剤を使用したイベント湯、あるいは炭酸風呂だったら良いのに…。

過去に数回訪れたことがあるのだが、今回は土曜日。子供づれを中心に多くの人で賑わっていた。うるさく騒ぐ子供はいなかったけど、ネットの口コミで指摘している人が多いことも事実。1つ1つの湯船は決して大きくはないし、黒湯なので足元が見えないし、それでなくても足を屈めながらの入浴になってしまうし。なぜこんなに人気施設なのかと考えてみると、カップル割引やシルバーデー、レディースデーなど店舗独自のサービスに力を入れているからか。会員を対象としたスロットマシンによる特典も大人気。退館時には次回利用できる250円引きの割引券を貰ったが、また行ってみようかなという気にもなるし。これらはホームページでは告知されていないが、確実にリピーターを増やす要因になっているのかな、と思う。

極楽湯 横浜芹が谷店
源泉/芹が谷温泉(ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉)
住所/横浜市港南区芹が谷5-54-8 [地図
電話/045-820-4126
交通/JR東戸塚駅よりバス8分「芹が谷団地前」停徒歩1分(上大岡駅からも路線あり)
     JR東戸塚駅より無料送迎バスあり
     国道1号線「平戸」交差点より芹が谷・別所方面に約500m
     ※無料駐車場200台分あり
料金/(平日)大人800円、小人400円
     (休日)大人950円、小人500円
     ※小人は4歳〜小学生。会員料金の設定あり
時間/9:00〜翌2:00、年中無休

おふろの王様 港南台店(横浜市港南区日野中央)

おふろの王様港南台店おふろの王様は東京多摩地区などに展開するチェーン店で、港南台店は神奈川県唯一の店舗。2005年3月オープン。経営母体はオフィスビルやマンション建設などを手がける大手デベロッパー東京建物の子会社。

場所は横浜横須賀道路(通称:横横)の日野ICのすぐ隣。と言えばわかりやすいのだが、ICと交わる鎌倉街道を鎌倉側から走ってくると、手前で迂回しなければならない。保土ヶ谷方面からならICの交差点を過ぎてすぐ左折。

1階〜2階は駐車場で、フロントは3階。同じフロアには食事処、ヘアカット、マッサージを併設するいまどきのスーパー銭湯。「おふろの王様」と名乗っているだけあって、お風呂やサウナは全部で17種類あり、とくにジャグジーの類が充実。変り種としては「不感温度風呂」。熱くもなく冷たくないという温度設定は、副交感神経が優位になり、心身ともにリラックスできるという。温いというより、やや冷たいかなぁと感じたが。ほかに乾式サウナとして、その名も「キングスサウナ」。テレビつき。パンフレットには「広さはまさに王様級です」とあるが、スーパー銭湯にしては小さいほうだと思う。露天風呂側には湿式・中温のサウナ「釜風呂」もあるが、蒸気がすごくて椅子にたどり着けないほど。

とまぁ、内風呂はよくあるスーパー銭湯の規模、配置。露天風呂は山なりの土地の形状に合わせ、ひな壇状に湯船が配置されており、わりと広めに感じる。岩風呂、絹の湯、壷湯のほか、浅い湯船の寝湯、床面にお湯が流れる寝ころび湯などもあり、隣接する丘の木々を眺めてゆっくりできるかも。と思ったら、頭上に米軍?自衛隊?の戦闘機が飛ぶし、すぐわきを走る横横道路の騒音、絹の湯の泡の発生装置の音などが気になって、どうも落ち着かない。いっそのこと音楽でも流してくれると良いのだが。

というわけで場所柄、地元客がメインであろうスーパー銭湯だ。湯船の種類が豊富なわりに低価格であるため、平日の昼間でもそれなりの客で賑わっている。土日は駐車場が混雑するくらいに客が訪れるようだ。

おふろの王様 港南台店
住所/横浜市港南区日野中央2-45-7 [地図
電話/045-830-2603
交通/JR根岸線港南台駅よりバス6分「日野」停すぐ
     バス便はほかの駅からも多数あり(横浜市営バス・神奈中バス)
     鎌倉街道(県道21号線)・横浜横須賀道路「日野IC」そば
料金/(平日)大人600円、小学生300円、幼児200円
     (休日)大人700円、小学生350円、幼児250円
時間/10:00〜25:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ