旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

横浜市港北区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

藤の湯(横浜市港北区小机町) ※2016/8/31廃業

藤の湯(横浜市港北区小机町)普段は野球観戦ついでに銭湯を訪ねることが多いが、今回はサッカー好きの方のためにもご紹介したい情報。
横浜F・マリノスの本拠地・日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の最寄駅といえば横浜線の小机。スタジアムは北口にあるが、その反対側の南口に出れば横浜上麻生道路の商店街に「藤の湯」がある。「昭和のせんとう」という幟が目印。各政党のポスターと商店街の案内看板でブロック塀も賑やかだ。

藤の湯(横浜市港北区小机町)玄関先には宝船のタイル絵。屋号を染め抜いた暖簾もシブイ。昔ながらの番台式の銭湯で、脱衣所には常連用の洗面用具棚や坪庭もある。

浴室はこじんまりとしており、洗い場のカランは境壁側から5+立ちシャワー1、4-4の島、5つの順で並んでいる。島列のみシャワー・鏡なし。湯船は小さな深湯バイブラと浅湯ジャグジーの2つ。お湯は熱くもなく温くもなく。背景画は中島盛夫師の赤富士で2010/5/10の作。幅は間口いっぱいだが、高さは120cmほどの小ぶりなサイズ。湯船につかって浴室内を見渡すと、天井がやや低いような気も。全体的にペンキは剥げているし、タイルの変色も激しいし、開けっ放しの窓と隣の家のバルコニーがずいぶん接しているし。おおらかさがこの銭湯の特徴か。

ところで横浜国際競技場は平成10年開場とのことで、それに合わせて駅もリニューアルしたようだが、南口の駅前風景だけは変わらず昔のまま。むしろこれが横浜線沿線の定番なのだが。サッカー観戦などで小机を訪れた際には、ぜひ藤の湯にも立ち寄っていただきたい。日曜日は朝風呂営業も行っている。

藤の湯(神奈川県浴場組合)
藤の湯(横浜市浴場組合)

藤の湯
住所/横浜市港北区小机町1508 [地図
電話/045-471-9315
交通/JR横浜線小机駅より徒歩3分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜23:00(日曜日は朝風呂営業も 8:00〜12:00)
     毎週月曜日定休

(追記-2016/10/4)
インターネットの情報によると、2016/8/31をもって廃業したとのこと。

草津湯(横浜市港北区綱島西)

草津湯(横浜市港北区綱島西)綱島はかつて「東京の奥座敷」として温泉旅館で賑わったが、いまは見る影もなく、跡地はマンションなどに変わったという。綱島温泉としては東京園と富士の湯の2軒の銭湯があり、駅徒歩圏ではもう1軒、こちらは温泉ではないが草津湯という銭湯もある。西口より子母口綱島線(県道106号線)を1.1kmほど。ガソリンスタンドを過ぎると煙突が見える。スーパーいなげやの南側と言ったほうがわかりやすいか。

草津湯(横浜市港北区綱島西)コインランドリーがよく目立つが、暖簾には渋く「湯屋」の文字。そして暖簾をくぐるとすぐ正面にフロントがある。両側に男女分かれて脱衣所〜浴室という配置だが、外の通りに面した側は坪庭というべきか、ここを喫煙所としている。脱衣所はテーブルと椅子、男女を隔てる壁の上にテレビを置き、ほかは自販機や洗面台など。「防犯カメラ設置店」のプレートを見ると、何もしていなくてもドキッとする。

草津湯(横浜市港北区綱島西)浴室は手前に洗い場、奥に湯船の配置。サウナが出っ張っているため、境壁側のみ6つのカラン+立ちシャワー1つだが、外の壁側と島列はいずれも4つずつカランが並ぶ。すべて固定式のシャワー付き。湯船はジャグジーが1つ付いた浅湯、ガリウム温浴泉の水風呂、そして日替わり湯。「草津湯」とは温泉の代名詞というべき屋号だが、薬湯で温泉気分という意味合いだろう。もしかしたら昔はハップを使っていたかもしれないが。この日は「ペパーミント&オレンジ」という変わり種。ハーブの爽快感とリラックス作用が特長か。このほかラベンダー、にごり湯、薬宝湯など10種類を用意しているようだ。

サウナが無料とはありがたいが、小さなテレビも備えている。室内は2段式で5〜6人の広さだ。仕切り壁は湖畔を描いたモザイクタイル、背景は丸山清人師が描いた瀬戸内海でH22.12.7の日付。状態がよく、また浴室内はとてもきれいにしているので好感が持てる。

草津湯(神奈川県浴場組合)
草津湯(横浜市浴場組合)

草津湯
住所/横浜市港北区綱島西4-13-16 [地図
電話/045-531-8622
交通/東急東横線綱島駅より徒歩14分
     横浜市営地下鉄高田駅より徒歩14分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜23:30、毎週火曜日定休

太平館(横浜市港北区大曽根)

太平館(横浜市港北区大曽根)大倉山駅東口より線路沿いを綱島方面へ。しばらく住宅地が続くが、やがて庶民的な商店街に風情を変えていく。夕方になって地元住民の足は買い物、そして銭湯に向かうのだろうか。個人商店が軒をつらねる通りから、路地の奥に目をやれば太平館を発見。クラシカルな佇まいだが、通りから見た感じは一団の古き商店街のようで、すし屋の看板のほうがよく目立つ。くまなく探し歩いた末の発見であった。

太平館(横浜市港北区大曽根)太平館(横浜市港北区大曽根)

暖簾をくぐれば広々とした脱衣所には番台、ぶら下がり健康器、マッサージチェアなど、昔ながらの銭湯の雰囲気は健在。奥まって建っているためか掃き出し窓を全開にしていた。

浴室の手前に洗い場、奥に湯船が並んでいる。カランは壁側に8つずつ、島列はシャワーなしで7-7、お湯は超熱湯で驚いた。鏡に近所の店の広告が出ているのもいまどき珍しい。3つ並んだ湯船のうち座湯ジャグジーのみ白湯。ほか2つ(深湯・浅湯)には温泉を使用している。透明度5cmほどの黒湯で、隣駅の綱島温泉は有名だが、大倉山ではここ太平館と西口のしのぶ湯のみ。銭湯としての雰囲気が異なるので、遠方から訪ねる方はハシゴしてみるのもよいだろう。

間仕切壁はモザイクタイルで描いた湖畔の風景、湯船の上もモザイクタイルで色とりどりの魚が描かれている。そしてペンキ絵は亡き早川利光師による大歩危の景色(H19/10/12)。女湯は南伊豆。多少傷んできているが、早川師の作品は年々描き替えが進んでおり、いまや貴重な存在だ。

西区久保町の太平館は奥さんの弟が経営しているという。どちらもクラシカルな雰囲気をよく残しており、銭湯らしさを存分に堪能できる。

太平館(神奈川県浴場組合)
太平館(横浜市浴場組合)

太平館
源泉/横浜温泉(ナトリウム−炭酸水素冷鉱泉)
住所/横浜市港北区大曽根1-25-2 [地図
電話/045-531-0361
交通/東急東横線大倉山駅より徒歩9分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:30〜22:30、毎週金曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ