旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

横浜市磯子区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

鯉の湯(横浜市磯子区滝頭)

野球観戦と銭湯をセットにして出掛けることが多いのだが、先日の広島戦の前には、カープをやっつけろとばかりに「鯉の湯」を訪ねた。磯子区滝頭には横浜市営バスの営業所が置かれているが、かつては市電の車庫。国道16号線沿いにあり、吉野町から根岸方面に至る主要道で、古くから住宅地を形成していたのであろう。滝頭近辺には鯉の湯、第二江陽館ゆーらんど新世館、金晴湯、桜湯、天神湯、根岸橋の反対側にはねぎしの湯大盛館があり、いまでも銭湯が多く残っている地域だと言える。

鯉の湯(横浜市磯子区滝頭)鯉の湯は市バス滝頭営業所の南側、坂下橋交差点の1つ手前の路地に面している。「鯉乃湯」の屋号とともに鯉の絵が添えられた看板をさりげなく出しているが、夜は玄関先の「KOINO YU」のネオンサインが灯るのであろう。外観に銭湯らしさはなく、洋風でしかも現代風。引き戸の向こうがすぐ壁になっているため、通りから様子をうかがいにくいし、昼間だと玄関先が薄暗く感じるので営業中?という気分になる。

訪れたのは14:40過ぎだったので、一番風呂目当ての客で混んでいるかなぁと思ったが、フロントのおばちゃんは「すでに1人帰ったあとで、いまは誰もいない」と言う。1,000円札を出したら「お釣りもないの」とのことで、自販機で小銭に崩していた。「韓国伝来黄土サウナ 汗蒸幕」も気になったが、昼間からサウナに入りたい人は少ない(客も少ない)ようで、「まだ電気を入れていない」と。いろいろ肩透かしであったが、ひさしぶりに独り銭湯なのであった。

鯉の湯(横浜市磯子区滝頭)脱衣所はロッカー、洗面所、テーブルセットといたって普通だが、街路灯のような照明器具といいベンチといいガーデニング用を使用しており、なかなか洒落ている。浴室でも照明器具や造花などに店主のこだわりが感じられる。浴室の手前にサウナ、小さな水風呂を配置し、洗い場は間仕切壁側から9、島列は片側のみ8、外壁側に4つと立ちシャワー1つを配置。湯船は大小2つをL字型に設けている。大きな湯船は5帖ほどで、バイブラ、ジャグジー2基、電気風呂の設備あり。小さな湯船は1帖半ほどの深湯で、日替わり湯(この日は「森林」)。ぬるめで気持ちがいい。

縁起を担いで鯉の湯と名付けたと思うが、実際は完全なる洋風の雰囲気だ。清潔感もあって気に入った。韓国風の黄土サウナは良心的な料金設定だし、いずれ試してみたいと思う。唯一銭湯らしい点を挙げるなら、浴室内を流れるムード歌謡のBGMだろう。ド演歌でないだけよいのかな、と思ってみたり。横浜市電保存館⇒記事)にも近く、実はバスだと桜木町からのダイレクトアクセスも可能。意外と立地はいい。

鯉の湯(神奈川県浴場組合)
鯉の湯(横浜市浴場組合)

鯉の湯
住所/横浜市磯子区滝頭3-4-9 [地図
電話/045-751-4867
交通/JR根岸線根岸駅より徒歩16分
     JR根岸線根岸駅よりバス7分「滝頭」停徒歩2分
     横浜市営地下鉄吉野町駅よりバス7分「滝頭」停徒歩2分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナは別途100円
時間/14:30〜23:00、不定休(月3回)

第二江陽館(横浜市磯子区中浜町)

第二江陽館(横浜市磯子区中浜町)根岸駅からいちばん近い銭湯いえば第二江陽館だ。といっても駅の北側の大通りからプールセンターを経て、掘割川にかかる八幡橋の近くだから徒歩14分の距離。国道16号線(横須賀街道)は磯子から八幡橋交差点で直角に曲がり、掘割川を並行して吉野町方面へと延びている。その八幡橋交差点から見える大きな煙突が第二江陽館。煙突を見失わないように歩けばすぐにわかる。新旧が混雑する住宅地の角地にある3階建のマンションで、3階部分は賃貸しているようだ。

フロントの両側の暖簾をくぐると脱衣所。と、その前にフロントのすぐ脇にある階段が気になった。2階には軽食やカラオケが楽しめるスペースがあるという。もちろんフロントの前にもテレビとソファのロビーがあるので、休憩場所は充実していると言える。そしてテレビは脱衣所にもあって、しかしここには丸椅子しか置いていないので、服を脱ぎ着しながら眺めるのみ。浴室に設置されたスピーカーから演歌が流れている。もっと音量を上げてくれて構わないのだが。しかし、エンタメ的要素にはこだわりがある様子。

男湯の場合は右側に湯船が、左側に洗い場がまとまって配置されている。湯船は手前から日替わり湯、座湯ジャグジー、バイブラ湯があって、その奥には別料金(100円)のサウナ。いちばん温度が熱いのはイベント湯で、48℃を指してはいるがそこまでは熱くない。ちなみにこの日は抹茶風呂。緑色のお湯でにおいはほとんどしないが、抹茶飴のような甘ったるさを感じた。ほかの湯船はぬるめ。そしていずれの湯船も2帖前後の大きさだ。洗い場は2ヶ所に分かれていて、浴室に入ってすぐの4つ×4列と、仕切りの壁の裏側にある水風呂の向こう側に3つずつで、いずれも固定式シャワーつき。ほかに立ちシャワーが2つ。マンション銭湯なので天井は平らだが、手前に湯気抜きのための吹き抜けあり。室内は花柄のタイルでまとめられている。

女湯からはおばちゃんの話し声が聞こえてきたが、18時半の時点で男湯の客は5〜6人。わりと静かな銭湯だった。ところでここは第二江陽湯という名前だが、「第一」はかつてプールセンターの近くで営業していたそうだ。

第二江陽館(神奈川県浴場組合)
第二江陽館(横浜市浴場共同組合)

第二江陽館
住所/横浜市磯子区中浜町4-16 [地図]
電話/045-751-6330
交通/JR根岸線根岸駅より徒歩14分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナ別途100円
時間/14:15〜23:15
     毎月2日・12日・22日定休(土日祝日の場合は営業)

ねぎしの湯 大盛舘(横浜市磯子区上町)

ねぎしの湯 大盛舘(横浜市磯子区上町)大盛舘はもともと普通の銭湯だったようだが、2006年2月に現在のビル型銭湯へとリニューアルオープンした。根岸駅と磯子駅のほぼ中間、掘割川に架かる根岸橋のたもとにあり、横浜市電保存館からも近い。4階建の建物で大盛舘は2階部分にある。その上階はマンションとなっており、銭湯のイメージとはほど遠いしゃれた外観だ。

階段かエレベーターで2階のフロントへ。下駄箱は100円返却式のロッカー。小銭がなくても、券売機がすぐそばにあるので何とかなるが、脱衣所も100円返却式のロッカー。小銭がなかったらもう一度服を着て両替しに行くか、それとも脱衣所内の自販機でジュースを買うか。いずれにせよ銭湯でこのタイプのロッカーは珍しい。脱衣所から露天風呂が見えるようになっている。大盛舘は週替わりで男湯と女湯が入れ替わるが、その違いは露天風呂にある。大きな湯船プラス、寝湯なのか壷湯なのか。訪れた日は寝湯だった。どちらでもいいけど。

改装されたばかりとあって浴室はきれいだった。銭湯とは思えないほどしゃれた雰囲気で、明るい日差しが差し込んでくる。片方にカランがひとまとめになっており、あらかじめ洗面器と椅子がセットしてある。すべてに固定式シャワーつき。湯船はジャグジーが3種類。それぞれ噴射する部分が異なる。そして電気風呂。これらが1つの大きな湯船の中にある。

銭湯でも露天風呂を備えているところが稀にあるが、大盛舘の湯船は割合ゆったりとしている。さすがに高い塀に囲まれてはいるが、効果的に植栽が配置され、すだれ?よしず?で日差しを和らげるなど露天風呂へのこだわりが感じられる。残念なのは高濃度炭酸泉といいながら、機械が壊れていたのか炭酸ガスの発生がまったく実感できなかったこと。それでも寝湯にごろんとつかりながら空を見上げれば、スーパー銭湯を訪れているような気分になる。改装前の大盛舘がどんな雰囲気だったかは知らないが、かなり現代的に様変わりしたのではないだろうか。

ねぎしの湯 大盛舘
住所/横浜市磯子区上町5-13 [地図
電話/045-751-4204
交通/JR根岸線根岸駅よりバス5分「馬場町」停すぐ
     または根岸線磯子駅よりバス10分「根岸橋」停徒歩1分
料金/大人430円、小学生以下180円、未就学児80円
     ※サウナは別途270円
時間/13:00〜25:00、毎週火曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ