旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

横浜市保土ヶ谷区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

上星川浴場(横浜市保土ヶ谷区上星川)

上星川浴場相鉄線上星川駅の駅前には「満天の湯」があるが、もうひとつ忘れちゃならないのが「上星川浴場」である。南口で降りると西谷方面にすぐ見えてくる。電車からも見える。まさしく駅前銭湯である。

銭湯にしてはめずらしくフロントは若い兄ちゃんで、「こんにちは!」という声も威勢がよい。外観もフロントの感じも古臭さは感じないし、むしろ清潔感を感じさせる。若い人が商店街での買い物帰りにふらっと立ち寄れる雰囲気だ。

だけど、脱衣所に入って驚いた。訪れたのは夕方だったのだが、すでに地元の常連客が椅子やベンチに座って世間話の真っ最中。風呂上りなのかと思いきやそうではなくて、これから風呂に入る様子。みんな裸で腰にバスタオルを巻き、知り合いが来れば「今日は早いな」なんて話をしている。「今日は…」ということは毎日訪れているのだろか? 素敵なイラストを背負っているお父さんや、金のネックレスが輝いているお父さんもいて、ちょっとビビった。

浴室は白いタイルで清潔感がある。2人掛けの座湯ジャグジーとバイブラ湯、電気風呂、水風呂、そして日替わりの薬湯がある。この日は「森林浴の湯」ということで、お湯の色は青く、仁丹のようなにおいがした。それぞれの浴槽は2帖大(電気風呂は1帖弱)で、そんなに大きくはない。ほかに別料金でサウナもあり、利用者は専用のタオルを使うことで区別をしている。

脱衣所には演歌やムード歌謡が流れる素敵な銭湯。外観とのギャップが面白い。「満天の湯」のようないまどきの温泉施設もいいけど、地元客に愛されている銭湯の雰囲気を感じてみるのも悪くない。

上星川浴場
住所/横浜市保土ヶ谷区上星川3-3-1 [地図]
電話/045-371-2528
交通/相鉄線上星川駅より徒歩1分
料金/大人430円、小学生以上180円、未就学児80円
     ※サウナは別途170円
時間/14:30〜23:30、月曜日定休(祝日の場合は翌日)

満天の湯(横浜市保土ヶ谷区上星川)

満天の湯ハマスタに行く途中で相鉄を途中下車し、上星川の「満天の湯」へ。

上星川は急行で通過していたときはわからなかったが、降りてみると横浜市内とは思えないほど、田舎っぽいのどかな駅前風景、よくいえば下町的な雰囲気を感じさせる駅だった。狭い路地の商店街と相鉄ローゼン、フジスーパーがうまく同居している(?)感じ。

「満天の湯」は駅前の相鉄ローゼンが入っている建物の中にある。駅前といっても満天の湯の入口は駅を背にしているため、「あれ?どこだ?」と思ってしまう。駅と直結しているかもしくは入口が駅に向いていて、駅前に活気があって、駅にも看板があったりしたらもっと流行るであろうと思う。絶好の立地だけにアピール不足がややもったいなく感じられる。

2階が入口〜食事処。3階が浴室。パンフレットには「ヨコハマエリア最大級23000屐〔700坪のスーパー空間が、大いなるくつろぎを拡げます」とあるが、そんなに広いかなぁという印象。だいいち約700坪といっても正直ピンとこない。

浴室は内風呂も露天風呂もうまく配置されていて、いまどきのつくり。18種類も浴槽があるので、こじんまりとした印象を受けたのだと思う。露天風呂のうち、岩風呂と寝湯は温泉で、ほんのり茶褐色。2005年6月オープンとのことで、館内はきれいだし、料金も手頃なので気軽に立ち寄れて施設だと思う。平日の昼間だっていうのにそこそこ人が来ているし。相鉄ローゼンと共用で駐車場も211台分ある。

駅前にはほかに上星川浴場っていう銭湯もある。つぎにハマスタ行くときはこっちも訪れてみたい。

満天の湯
源泉/温泉法の温泉
住所/横浜市保土ヶ谷区上星川3-1-1 [地図
電話/045-370-4126
交通/相鉄線上星川駅の駅前
     国道16号線(八王子街道)も上星川駅前を通っている。
料金/(平日)大人600円、小学生以下300円、幼児200円
     (休日)大人700円、小学生以下350円、幼児250円
時間/10:00〜25:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ