旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

横浜市南区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

永楽湯(横浜市南区永楽町)

永楽湯(横浜市南区永楽町)関内駅南口より南西方向へと1.2kmに渡って帯状に続く大通り公園は、かつての吉田川〜新吉田川を埋め立てた跡地であるという。現在は花と緑の公園として整備されており、昼間は小さな子供をつれたお母さん、時間つぶしのサラリーマン、さらには暇なおっちゃんたちの憩いの場となっている。大通り公園北側のイセザキモールは「伊勢佐木町ブルース」で一世を風靡し、曙町では風俗店が軒を連ねている。南側はというと、永楽町と真金町がかつてカフェー街として賑わったという。マンションが建ち並びその面影はないが、突如としてラブホテルがあったりするのはその名残なのか。狭い範囲を歩いただけでも、横浜はいろんな顔を見せてくれる街だ。

さて今回訪れたのは永楽町の、その名も永楽湯である。町内を南北に貫くグリーンベルトの通りに面し、黄土色のタイル張りの外観はシックでありレトロでもある。ホームページによると運営するのは、隣接する坪川商会という不動産屋であるようだ。コインランドリーも併設している。番台式で脱衣所は広めでゆったり。ロッカーのほかに、テレビやソファ、マッサージチェア、ジュースのショーケースなどが置いてある。その外には玉石と植栽を配し、庭園風に整備した空間が浴室まで続いている。

浴室は外壁側からカランが6、島式で6-6、5-5の2列あり(いずれも固定式シャワー付き)、女湯との間仕切り側は手前にサウナ、中ほどに立ちシャワーがある。浴室の奥に温泉を使用した湯船、そうでない湯船が分かれて配置されている。温泉でないほうは大きなL字型で、バイブラ湯のほか、直径2mほどの円形風呂は四方にジャグジーを備えている。渦を巻いたそのさまは、さながら人間洗濯機といったところ。温泉のほうは4帖ほどの湯船を2つに仕切っているが、これらは深さが異なるだけ。透明度15cmほどの黒湯でにおいはなく、温度計では44℃を指していた。常連さんいわく「今日はあんまり熱くない」。ちなみにこの日は常連ばかり10人ほどの客が詰め掛けていた。

永楽湯(神奈川県浴場組合)
永楽湯(横浜市浴場組合)

永楽湯
源泉/横浜温泉(ナトリウム−炭酸水素塩泉)
住所/横浜市南区永楽町1-8 [地図
電話/045-231-1738
交通/横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅より徒歩6分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     ※サウナ別途100円
時間/15:00〜24:00、毎月6日・16日・25日定休(変更あり)

第二大和湯(横浜市南区南太田)

第二大和湯(横浜市南区南太田)京急南太田駅を下車し、目の前を通る平戸桜木通り(県218号線)を東に歩くと、150mほどの距離で「どんどん商店街」が見えてくる。素敵な名前のわりには意外と普通の商店街で、その裏通りに今回紹介する第二大和湯がある。別棟で正面にコインランドリーを備え、銭湯自体は奥まった感じで建っている。玄関先以外はほかの建物に囲まれており、全体の外観が隠れてしまっているのが惜しい。

こちらを訪れて驚いたのは玄関部分、脱衣所、浴室のいずれも広さにゆとりがあることだ。脱衣所の壁際と真ん中にロッカーが配置されており、新旧2台のマッサージチェア、ジュースのショーケース、テーブルと椅子が置いてある。浴室は左右の壁際と中央2列に合計16個のカラン(ほかに立ちシャワー2ヶ所)。広さのわりには数は少なく、そのぶん通路が広めに設けられている。湯船は浴室の奥にあり、4帖ほどの大きさに四半円がくっついた湯船は一部バイブラ湯で、しかもガリウム温浴泉。そして2帖ほどの座湯ジャグジー(ステンレスの枕つき)、1帖大で薄茶色した漢方薬湯。ありきたりな入浴剤より、生薬のにおいがぷんぷんする方がしっかり温まる気がする。いずれの湯船もちょっと熱めなのだが。

湯船の上には西伊豆の富士山を描いたペンキ絵。背景画を眺めていて気づいたのだが、たいていの銭湯は男湯と女湯が左右対称のつくりなのに対し、第二大和湯では男湯のほうが女湯より半間分広い! そのぶん男湯が得をしているのは湯船の大きさか? 夕食の時間帯だからか客がまばらだったので、浴室でも脱衣所でも他人に気を遣うこともなく、ゆったりとした空間でのびのび過ごすことができた。

ところで、「第二」というからには当然「第一」があるはず。番台の女将さんに聞くと、昨年8月末で廃業した吉野町の大和湯とは親戚で、あちらが「第一」にあたるのだという。第二大和湯自体も、もう40〜50年は営業しているのだとか。

第二大和湯(神奈川県浴場組合)
第二大和湯(横浜市浴場組合)

第二大和湯
住所/横浜市南区南太田1-32-49 [地図
電話/045-731-0534
交通/京浜急行南太田駅より徒歩4分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/16:00〜22:00、毎週水曜日・木曜日定休

中島館(横浜市南区中島町)

中島館(横浜市南区中島町)中島館は市営地下鉄弘明寺駅至近の好立地にある温泉銭湯。2番出口からつづくアーケードの商店街を2本目の角で右折し、真っ直ぐ歩いていくと、中島館の3階建の建物が見える。弘明寺には京急と市営地下鉄の駅があるのだが、両駅は500mほど離れているので注意が必要。中島館は地下鉄の駅が最寄りである。

中島館(横浜市南区中島町)昔ながらの銭湯だったのをビルに建て替え、2005年5月にオープンした。浴室は2階に「中の湯」、1階に「島の湯」があり、週替わりとなっている。訪れたときは男湯が2階だったが、館内の案内看板を見る限りでは設備にたいした違いはないようだ。フロントでお金を支払い、エレベーターか階段で2階へ。脱衣所は100円返却式ロッカーで面食らうが、室内には両替機がなく、仕方無しに自販機でジュースを買うか、はたまた1階まで降りていくか。ロッカーは大きなサイズもあるので、かさばる荷物やスーツのときはありがたい。

中島館(横浜市南区中島町)浴室はスーパー銭湯をこじんまりとした感じ。入ってすぐのL字型の大きな湯船には、ハイパワージェット(2人分)、座湯ジャグジー(3人分)、ボディマッサージ(1人分)、電気風呂の設備あり。これらはボタンを押して作動させる仕組みで、各スペースにはいちおう仕切りや衝立が設けられているが、湯船のあちこちでお湯がばしゃばしゃと波打っている。そのままの勢いでかなりの量がかけ流しされているが、静かに入浴したい人にとっては落ち着かないと思う。お湯は40℃以下?というほどぬるく物足りないので、こちらでは各設備で身体をほぐす程度にし、露天風呂へと移動。

浴室内は白タイルを基調としていたが、露天スペースには岩風呂に燈籠があって和の雰囲気。温泉を使用しており、透明度5cmほどの真っ黒なお湯。身体にローションの膜が覆ったかのようにヌルヌル&すべすべで、この肌ざわりには感動すら覚える。高い塀に囲まれ、なおかつほとんどが透明の屋根に覆われているので、露天の開放感はあまりない。しかしこのお湯があれば何も言うことはない。

温泉は浴室内の水風呂でも使われている。蛇口から出る水は薄いコーラのような色をしているが、湯船の中は真っ黒。サウナで火照った身体を冷ますのはもちろん、露天風呂と交互に入っても気持ちがいい。カランはL字型と片側島式に配置され、全部で15。ほかに露天スペースにも4つある。うち2つだけホースつきのシャワーだが、ほかは固定式のシャワー。平日の昼間だというのにカランは7〜8割が埋まっている状態で、なかなかの盛況ぶり。

弘明寺だと近隣の銭湯よりも「みうら湯」(→記事)あたりがライバルになるのだろうか。みうら湯に比べれば当然こじんまりとはしているが、食事やマッサージなどが不要であれば中島館でじゅうぶん。脱衣所外のベランダでタバコは吸えるし、1階ロビーで休憩することもできるし。銭湯という理由で敬遠している人がいたらもったいない。

中島館(神奈川県浴場組合)
中島館(横浜市浴場共同組合)

中島館
源泉/横浜温泉(ナトリウム−炭酸水素塩冷鉱泉)
住所/横浜市南区中島町4-75 [地図
電話/045-731-5309
交通/横浜市営地下鉄弘明寺駅より徒歩3分
     京急弘明寺駅より徒歩8分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     ※サウナは別途100円
時間/12:00〜24:00、毎週金曜日定休(祝日の場合は翌日)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ