旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

横浜市南区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

福乃湯(横浜市南区宿町) ※2013/1/31に廃業

福乃湯(横浜市南区宿町)蒔田は関内と上大岡の中間に位置し、鎌倉街道沿いに広がる住宅地。小規模から中規模のマンションが多く建ち並んでいる。地元では有名な「大山ねずの命神示教会」という宗教法人のお膝元で、駅周辺には施設が点在している。そのうちの1つ、光寿会館の角を曲がると、福乃湯が見えてくる。通りの角にあって、目の前の大きな2段式駐車場も同法人の専用施設だ。儀式等の行事のある日には蒔田の町に信者が多数訪れるのだろうけど、普段の日は人通りも少ない。

なんといってもクラシカルな外観。玄関先の腰高までのタイルは、デザインといい色合いといい渋くて素敵。そして、暖簾をくぐると番台式銭湯の庶民的な空間が広がっている。ロッカーの鍵は下足箱の鍵と引き換え。脱衣所の壁側と真ん中に背の高いロッカーが設置され、番台のおばちゃんは小さなカーブミラーで室内の様子をうかがう。いまどき珍しい瓶のジュースの自販機、旧式のマッサージチェアがここでは現役。通り側にせり出した庭の部分にはデッキが設けられていたような…。

浴室は手前に洗い場、奥に湯船。カランは間仕切壁側に7、島式鏡あり5-5、島式鏡なし5-5、壁側6つという配置で、両サイドにのみ固定式シャワーが付いている。客は数人いたが、おのずとシャワーのある箇所に集中するが。間仕切壁にはタイル絵が描かれているが、円形プールのある洋風庭園という珍しい風景。2つある湯船はいずれも曲線をなしており、浅くて大きい方は隅っこだけ岩風呂風の趣。お湯は岩から出ている。底のタイルはあちこち補修跡あり。もう1つは深くて、日替わり湯を実施。訪れた日は「レモン」の入浴剤。お湯はぬるめだがしっかり温まる。背景画として富士山が描かれているのだが、痛みが激しくて全景がよくわからなくなっている。

帰り際に番台のおばちゃんから「気持ちよかったでしょ。顔を見りゃわかるよ」と声を掛けられた。「夏は5分、冬だって10分も入ればじゅうぶんよ」「室内は高窓で湯気を逃がしているって言ったって、中にいるだけでよくあったまるでしょ」。最後には「それだけ汗かけば上等博覧会だよ(笑)」。気さくなおばちゃんが印象的な庶民派銭湯だ。

福乃湯(神奈川県浴場組合)
福乃湯(横浜市浴場協同組合)

福乃湯
住所/横浜市南区宿町3-64 [地図
電話/045-741-3417
交通/横浜市営地下鉄蒔田駅より徒歩2分
料金/大人450円、中人180円、小人180円
時間/15:00〜23:00、毎週金曜日定休(祝日の場合は営業)

(追記-2013/2/5)
2013/1/31をもって廃業しました。

福乃湯(神奈川県浴場組合)
神奈川県浴場組合ホームページより

福乃湯(横浜市南区宿町)福乃湯(横浜市南区宿町)福乃湯(横浜市南区宿町)
※2013/4/10に撮影

横浜天然温泉くさつ(横浜市南区井土ヶ谷上町)

横浜天然温泉くさつ(横浜市南区井土ヶ谷上町)横浜や川崎には黒湯の温泉を楽しめる銭湯がたくさんあるけど、屋号に「横浜天然温泉」をつけちゃうあたりずるいなと思うのが、この銭湯。かつては草津湯という屋号だったが、平成16年にマンションに建て替え、その2階にて営業している。銭湯としては珍しく、独自にパンフレットを作成して配布しているから、きっと温泉目当ての客もしばしば訪れるのであろう。外観からして町の銭湯とは一線を画している。玄関は1階にあって、下足箱に靴を入れたら階段またはエレベーターで2階へ。券売機にて料金を支払い、下足箱の鍵と脱衣所ロッカーの鍵とを引き換える。フロントわきには軽食コーナー、エレベーターわきにはマッサージチェアの並んだ休憩コーナーを設けている。

横浜天然温泉くさつ(横浜市南区井土ヶ谷上町)浴室は男女日替わり。つくりは左右対称で、異なる点といえばジャグジーなどの湯船の配置と、独立して設けられた湯船が岩風呂なのか桧風呂なのかということ。スーパー銭湯をこじんまりとした雰囲気で、洗い場はどちらの浴室も26〜27のカラン(固定式のシャワー付き)と立ちシャワーが1つか2つ。風呂桶と椅子はカランの前にあらかじめ置いてあるが、それがかえって雑然と感じにしている。訪れたのは平日の21時頃だったが、会社帰りのサラリーマンを中心としてとにかく客は多い。なので銭湯にはよくある場所取りはもってのほか。持参した洗面道具は棚に置くのが常識となっている。

横浜天然温泉くさつ(横浜市南区井土ヶ谷上町)今回は直近に訪れた左側(桧風呂のある方)の浴室をご紹介したい。湯船はまず直径2mほどの円形バイブラ湯。そして10帖分はある大きな湯船は、その半分にハイパワージェット・ボディマッサージ・電気風呂をまとめ、もう半分のうちの壁側を寝湯っぽく仕上げている。これらは温泉ではないが、これだけでも銭湯としてはじゅうぶん過ぎる広さと設備だ。そしてこの2つの湯船に挟まれて温泉の湯船がある。真っ黒のお湯は透明度5cmほどで、かすかに油臭。そしてさらさらの肌ざわり。45℃弱でちょっと熱めなのも銭湯らしくていい。水風呂も温泉を使用していて、こちらは小さな湯船だが、しゃきっとして気持ちがいい。交互につかると良いだろう。桧風呂は扉を隔てて独立した感じ。湯船の縁だけに桧を使用しており、浴室全体はタイル張りで殺風景な印象。温泉使用ではないため、この湯船につかる人は割合的に少ない。そのぶん静かに入浴できるのだが。ルーバーの窓越しに道向かいの民家を眺め、時おり気持ちのいい風が吹き込んでくる。植栽を置くなど、もうひと工夫あると雰囲気がぐっと良くなると思う。

横浜天然温泉くさつ(横浜市南区井土ヶ谷上町)もう一方の浴室(岩風呂のある方)では内湯にも温泉浴槽がある。そして岩風呂でも温泉を使用している。結局この2つの浴室のどちらが雰囲気が良いかといえば、別にどちらでも、というのが正直なところ。男女日替わりにするのであれば、明らかに異なる雰囲気であってほしかった。そんなことより、この銭湯の良さは泉質の良さに尽きる。真っ黒なお湯は感動ものだ。

横浜天然温泉くさつ(神奈川県浴場組合)
横浜天然温泉くさつ(横浜市浴場組合)

横浜天然温泉くさつ
源泉/横浜温泉(ナトリウム−炭酸水素塩泉)
住所/横浜市南区井土ヶ谷上町21-29 [地図]
電話/045-712-2617
交通/京急井土ヶ谷駅徒歩5分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナは別途料金:平日250円、休日300円
時間/12:00〜23:00(土日祝日は10:00〜23:00)
     毎週月曜日定休(祝日の場合は営業)

若宮湯(横浜市南区通町)

若宮湯(横浜市南区通町)横浜市南区には現在銭湯が14軒あり、各店舗の所在地は浴場組合のホームページなどで確認することができる。だが南区の親切なところは独自に「湯遊MAPみなみ」を作成し、区役所にて無料配布していることだ。ネット上でダウンロードできるのも嬉しい。と言っておきながら今回横浜を訪れたときは銭湯マップを忘れてしまったのだが、若宮湯への道は至極簡単。地下鉄弘明寺駅から鎌倉街道(県道22号線)を蒔田方向歩いて3分ほど、通りに面しているので迷うことがない。創業80年を迎え、南区ではもっとも古い銭湯であるらしいが、現在は賃貸マンションの1階に店を構えている。コインランドリーを併設しており、LED看板や「わ」板(=沸いた)が目印。

フロント式で、料金は券売機にて支払う。町の銭湯にしてはロビーもゆったりとしており、湯あがりはソファやテレビで寛ぐことができる。フロントの奥には右手に女湯、左手に男湯の暖簾。脱衣所はL字型にロッカーを、そのほかベンチや自販機などを設けている。建替えによって近代的なビル銭湯になった若宮湯だが、その中でいちばんクラシカルなものといえば、昔ながらのごつい体重計だろう。

浴室は男湯の場合、左手に洗い場を、右手に湯船を配している。室内は奥に広いつくりであるため、1列に2つないし3つのカランがずらっと並ぶ。いずれも固定式シャワーつきで、ほかに立ちシャワーも1つだけある。湯船は温泉を使用したものと、そうでないものの2種類。温泉の湯船は1帖ちょっとの大きさ。絶えずお湯は注がれており、湯船内で循環されているようだ。透明度が5cmくらいの真っ黒のお湯で、さらさらの肌ざわり。ひとつ気になる点といえば、垢や髪の毛がかなり浮いていて、真っ黒のお湯だから余計に目立つこと。お湯の量がもっと多ければ、あふれた分が排出されて気持ちよくつかることができるのだが。そのせいか水風呂のほうが温泉の泉質を味わえるような気がするし、より黒が濃いように思う。

温泉を使用していない湯船では、電気風呂とジャグジーを設けている。光沢のあるタイルを使用しているため、ジャグジーの水流などでお湯がキラキラと反射して見える。お湯もぬるめなので、温泉や水風呂と交互に入ると気持ちがいい。浴室内の装飾は間仕切壁のモザイクタイル画のみ。イルカや深海魚など海の景色を描いたもの。その壁の上には動物のぬいぐるみがいくつか置いてある。

弘明寺の銭湯は、ほかに「中島館(→記事)」もあるし、日帰り温泉施設では「みうら湯→記事)」という強力なライバルも。サウナ料金込みの金額だといずれの施設も大差はなく、あとはいかにしてファンを増やすかという問題。まだ日が暮れる前に訪れたため、男性客は少なかったが、女湯からはおばちゃんたちの賑やかな話し声が聞こえてきた。若宮湯はもっと庶民的な風情を売りにしてもいいと思う。

若宮湯(神奈川県浴場組合)
若宮湯(横浜市浴場組合)

若宮湯
源泉/横浜温泉(ナトリウム−炭酸水素塩泉)
住所/横浜市南区通町4-82-1 [地図]
電話/045-731-1891
交通/横浜市営地下鉄弘明寺駅より徒歩3分
     京急線弘明寺駅より徒歩10分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナ別途200円
時間/14:30〜24:00、毎週水曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ