旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

横浜市中区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

サウナ太洋(横浜市中区長者町) ※2015/3/31閉店

サウナ太洋(横浜市中区長者町)サウナ太洋は、横浜にありながら「大洋」でないのがちと惜しい。伊勢佐木町ブルースでも有名な、横浜きってのおしゃれ商店街「イセザキモール」のほど近く。以前ご紹介したハイランドサウナとは約50mの至近距離にあるが、まったく競合していないであろう地味な施設だ。ビルの外階段を上がって2階にあるためか、ぱっと見は営業しているのかすらわかりづらい。しかもエントランスは薄暗いし、人感センサーがビーっとけたたましく鳴る。初っ端から「大丈夫か!?この店は」という不安に襲われる。

サウナ太洋(横浜市中区長者町)平日の昼12時半を回った頃に訪ねたのだが、なんということか、これから浴室清掃だと言う。仕切り直して14時に再び訪ねるも、結論から言うと、まだ清掃作業は終わっておらず、しかし「入って構わない」と。

2時間コースの1,100円を支払うのと引き換えに、2つ鍵のついたリストバンドを受け取る。小さな鍵は下足箱、大きな鍵は脱衣ロッカー用。下足箱がいくつか並び、とくに仕切りもなく、すぐ裏手に脱衣ロッカーが並ぶという、フロア一体型かつ開放的な配置。館内着とタオルはロッカーの中にあり、浴室は3階にあるから、ひとまず館内着で移動。浴室手前には簡単な脱衣スペースがある。

サウナ太洋(横浜市中区長者町)サウナ、バイブラ湯、水風呂の3つで勝負とは潔いが、突っ込みどころは各所にあった。

まず、メインであるべきサウナは天井が剥離し、いまどきテレビすらない。100℃はゆうに超えているが、熱さ加減はまったり。水風呂の一部は蓋をしているが、めくってみたら、水を循環させるためのモーターが回っていた。バイブラ湯はまだお湯が貯まっていないとは聞いていたが、そもそもお湯が浅めで、しかも温め。

0613階フロアの半分は休憩室。個別テレビ付きのリクライニングシートが主流の昨今、ここは自分好みに角度を調整できないし、前方に1台据え付けられたテレビは電源が入っていないし、勝手に点けてよいのか不明。同じ広さの休憩室は4階にもあって、こちらも室内の雰囲気はまったく一緒。5階も休憩室で、ここには簡易ベッドが並んでおり、外国風に言えばドミトリー、日本風に例えるならユースホステルのような雰囲気。

054昼間から本格的に寝ている客が多いが、よほど疲れているのか、それともよほどやることがないのか。ここを根城にして夜勤で働く人もいるだろうし、その逆もいるだろう。寿町あたりの簡易宿泊所(通称ドヤ)並の料金が魅力だから。プライバシー重視の方には向かないが、横浜でとにかく安く泊まりたいという方は、候補の1つにどうぞ。

サウナ太洋 ※男性専用
住所/横浜市中区長者町7丁目115 八仙閣ビル [地図
電話/045-251-8881
交通/横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅より徒歩5分
     京急日ノ出町駅より徒歩6分
     JR根岸線関内駅より徒歩7分
料金/2,200円
     ※深夜追加料金600円(24:00〜4:00)
     スピード入浴1,100円(2時間)
時間/24時間

(追記-2016/11/9)
閉店したサウナ太洋は、2016/3/30に「カプセルネット グランカスタマ 伊勢佐木町店」としてオープン。

ハイランドサウナ(横浜市中区若葉町) ※2016/2/1より休業中⇒閉店

ハイランドサウナ(横浜市中区若葉町)日本初のサウナ専門ムック本「サウナー」が3月7日(サウナの日)に発売された。そのなかで「全国BESTサウナ2014」として紹介されていたのが、横浜市中区のハイランドサウナ(男性専用)だ。関内、伊勢佐木長者町、日ノ出町の3駅に近く、交通アクセス良好なうえ、屋上には「スカイガーデン」と称する檜の露天風呂もある。

サウナの受付は6階。エレベーターは直通だ。下足箱の鍵と引き換えに、フロントではロッカーの鍵を受け取る。脱衣所はフロント側と食事処側の2か所に通じており、さらに浴室側には入口と出口を別にして扉を設けている。フェイスタオルはあちこちの棚に積み上げてあるが、館内着を置いているのは出口のみ。

ハイランドサウナ(横浜市中区若葉町)バリアフリーな昨今、町の銭湯でもなければ湯船のふちを跨ぐこともないが、ここではすべての湯船においてふちが高く、そして天井が高いわけではないので、寝湯ジャグジーにいたっては頭上注意と書いてある。ほかに湯船は、バイブラ+ジャグジー、紀州備長炭風呂、水風呂。階段を上がると、屋上には檜の露天風呂。この辺りは同じような高さのビルが建ち並んでいるため、さして景色が良いわけでもないが、屋上で真っ裸という開放感に浸れる。雨風と日差しによって薄汚れたリクライニングチェアで寛ごうとは思わないが、テレビもあるし、一角にはトイレもある。

湯船ひとつひとつは大きくないが、そのぶんこだわりはサウナ室にある。スーパー銭湯に比べれば1.5倍ないし2倍くらいあろうかという広さで、テレビをはさんで2つの大型ガスヒーター。室温85℃のじんわりとした熱さ。「男は黙ってサウナ」とばかりに、客はみなサウナと水風呂を往復。屋上での外気浴はこれからの季節に最高だ。

浴室から出ると目の前は食事処だから、サウナのあと一杯やりたい人はそのまま引き寄せられてしまうだろう。階段で5階に下ると、リクライニングシートの並ぶ仮眠室が廊下をはさんで大小2か所。マットの並ぶ仮眠室もある。ビル内にはボウリング、ビリヤード、卓球コーナーもあるので、1日遊ぶもよし。もちろん仕事帰りにサウナでひと汗流して、疲れを癒すもよし。さながらビジネス街のオアシスといったところか。

ハイランドサウナ(横浜市中区若葉町)

ハイランドサウナ ※男性専用
住所/横浜市中区若葉町1-2-2 [地図
電話/045-261-9341
交通/横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅より徒歩6分
     京急日ノ出町駅より徒歩7分
     JR根岸線関内駅北口より徒歩8分
料金/(フリータイム)1,650円
     ※1:00以降の滞在は深夜料金別途1,000円
     (スピード入浴)1,200円 ※60分間
     (早朝入浴)1,200円 ※受付5:00〜9:00、滞在は12:00まで
時間/24時間、年中無休

(追記-2016/2/4)
ビルの耐震補強工事および全館リニューアルにより、1/31をもって一旦閉館。
営業再開は8月を予定。⇒詳細

(追記-2016/11/9)
休業のまま閉店し、2016/10/1に「ソプラティコ横浜関内」としてオープン。

スパニュージャパン(横浜市中区長者町) ※2017/8/31閉店

神奈川県民の情報バイブル「横浜ウォーカー」は、コンビニで見かければつい手にしてしまうが、新春一発目は日帰り湯特集とあって迷わず購入。割引クーポン付きで50施設を紹介していたが、ほとんどは訪問済み。しかしその中で、いままでうかつにもノーチェックだったのが伊勢佐木長者町のスパニュージャパン。あえて分類するなら「サウナ」施設だろうか。「スパ」という文字や響きはお洒落でありながらも、漠然としていて想像を惑わせる。

スパニュージャパン(横浜市中区長者町)市営地下鉄伊勢佐木長者町駅から北へ。関内駅からは西へ。長者町5丁目交差点のすぐそばに位置し、4階建ビルには千歳観光の文字。1階を業務スーパーにテナント貸ししている。そのわきのエスカレーターで2階に上がるとフロントがあり、下足箱の鍵と引き換えに脱衣所ロッカーの鍵とフェイスタオル2枚・バスタオル・館内着のセットを受け取る。入館料は先払いで、今回は横浜ウォーカーの特典で500円引き。さらにドリンク無料券も。そして合意も求められずに会員登録(入会金無料)となったが、帰りには無料招待券を貰った。至れり尽くせりであった。

スパニュージャパン(横浜市中区長者町)脱衣所は男性・女性とも2階にあるが、浴室は男性が1階、女性が2階。ラウンジや休憩室などのある3階、バリ式エステとリフレクソロジーのある4階には脱衣所内の階段で移動する。男性は2階の脱衣所から1階の浴室へと裸のまま階段を下りていくのだが、脱衣所を出るとすぐにアカスリがあり、その部分を除いて吹き抜けの構造となっている。浴室は洒落っ気のないものだが、吹き抜けのあるおかげで空間的広がりを感じさせてくれる。

スパニュージャパン_パンフレット

湯船は白湯、日替わりイベント湯(この日は緑茶風呂)、寝湯、深湯ジャグジー、水風呂、そしてドライサウナとスチームサウナ。1つ1つの湯船はゆったりとしており、いちばん人気はイベント湯だった。ドライサウナは石を熱した「ロッキーサウナ」で、毎週日曜日には1回だけロウリュウイベントを行っている。定員15名。広々としたサウナ室内は間接照明を使用した洒落た雰囲気。その一角を桐材で囲って薄暗くし、さらに高温にしているのが面白い。ロウリュウは男性浴室のみの開催だが、女性浴室のみの特徴しては、いま流行りの炭酸泉を導入しているようだ。

スパニュージャパン(横浜市中区長者町)3階に上がると、ゆったりとしたラウンジとレストラン、男女別室のリラクゼーション室(個別テレビ付きリクライニングチェア)、その奥に簡易マットを敷いた仮眠室がある。

平日の昼間に訪れたせいか浴室はわりと閑散としていたが、仮眠中の客は多かった。夜は安価に宿泊したい人や終電を逃した人などの利用が多いのだろう。一晩過ごしても3,000円、深夜5時間以内なら2,000円のお値打ち料金。始発までの仮眠にももってこい。関内駅徒歩圏という場所柄、個人的にはベイスターズファンにおすすめしたい施設だ。

スパニュージャパン
住所/横浜市中区長者町5-56-1 [地図
電話/045-252-5885
交通/横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅6A出口より徒歩2分
     JR関内駅北口より徒歩8分
     京急日ノ出町駅より徒歩7分
料金/大人1,500円、子供750円(中学生以下)
     ※深夜追加料金1,500円(24:00〜5:00の在館)
     スピード1,200円 ※60分以内
     深夜5時間入館2,000円 ※深夜料金を含む5時間以内
時間/24時間営業、年中無休

(追記-2017/7/14)
公式サイトの情報によれば、8/31の21時をもって閉店するとのこと。
建物の老朽化等もあり、解体して新たな商業施設を建設する予定。
昭和54年オープンというから今年で38年。残念だ。

1f_guide2f_guide
3f_guide4f_guide

(訪問ー2017/8/23)
スパニュージャパン(横浜市中区長者町)スパニュージャパン(横浜市中区長者町)

スパニュージャパン(横浜市中区長者町)スパニュージャパン(横浜市中区長者町)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ