旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

横浜市西区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

萬歳湯(横浜市西区中央)

萬歳湯(横浜市西区中央)京急戸部駅の西側、国道1号線の平沼橋交差点から浜松町交差点にかけての住所が西区中央。区役所の北側には戸部公園があって、その東方60mほどの位置に「萬歳湯」がある。マンションと戸建住宅が混在する地域だけど、庶民的な風情もちらほら。公園に隣接して幼稚園と小学校があるため、子供の姿が多い。萬歳湯(看板には「万才湯」とあるが)も庶民的な佇まいで、夕暮れ時に暖簾をくぐると地元の常連客で賑わっていた。おやじさんは番台には座らず、客の1人1人に声を掛け、世間話に興じていた。屋号の由来を聞いてみると、先代から経営を引き継いだときはすでに萬歳湯だったという。「お手上げってことじゃないの?」と笑う。戦争にでも関係しているのかと思ったが、開業は昭和22年。ますます謎だ。

脱衣所にロッカーもあるが、カゴを使う人も多い。禁煙のステッカーが貼ってあるが、テーブルの上にはタバコと灰皿が置いてある。年季の入った扇風機と体重計、ジュースのショーケース、洗面台など。「風が吹くと窓ガラスがガタガタ揺れるから地震かと思うよ。怖いよね〜」。

浴室は手前に洗い場、奥に湯船という配置。洗い場は仕切り壁側からカランが6、5-5の島列、5+立ちシャワー1といった具合に並んでいる。壁側に列のみ固定式シャワー付き(1つだけホースのシャワー)。湯船は4帖くらいの大きさ。端のほうにジャグジーが3つあるが、仕切りがなくて湯船1つというのは珍しい。お湯はちょっと熱めで43〜44℃といった感じ。仕切り壁にはモザイクタイルで金魚、湯船の上にはモザイクタイルで洋風の城、そしてペンキ絵で日本三景松島が描かれている。湯船の種類とは対照的に装飾の豪華なことったら。浴室でも常連さんたちはおしゃべりに興じている。町の銭湯の典型というべき空間だった。

萬歳湯(神奈川県浴場組合)
萬歳湯(横浜市浴場協同組合)

萬歳湯
住所/横浜市西区中央1-23-3 [地図
電話/045-321-2879
交通/京急戸部駅より徒歩6分
     相鉄平沼橋駅より徒歩8分、西横浜駅より徒歩11分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/14:00〜23:00、毎週土曜日定休

記念湯(横浜市西区戸部本町)

記念湯(横浜市西区戸部本町)記念湯(横浜市西区戸部本町)横浜駅から1駅だというのに戸部界隈は下町風情あふれる町。国道1号線と交差する位置に駅はあるが、改札口は住宅地の路地に面している。路地を東へ直進し、2区画目の角に建つのが記念湯で、焼き鳥屋とコインランドリーにはさまれて入口がある。真正面はまるでアパートのような外観だが、横から見ると木造和風建築の伝統的銭湯だ。コインランドリーのほか、2階では雀荘を経営しているらしく、そのせいかロビーのテレビで流れているのはマージャン中継。それを熱心に見ていたフロントのおやじさん。それだけでちょっと滑稽な光景であった。

記念湯(横浜市西区戸部本町)記念湯(横浜市西区戸部本町)
記念湯(横浜市西区戸部本町)記念湯(横浜市西区戸部本町)

おやじさんに「なんで記念湯っていう屋号なんですか?」と聞くと、昭和33年に経営を引き継いだときはすでに記念湯だったんだと言う。「以前の経営者は兄が記念館、弟が記念湯という屋号だった」らしく、「戦前に開業した」という話は聞いたことがある、とのこと。詳細はよくわからないと言っていたが、帰宅後に横浜市銭湯組合の『さあ、ヨコハマ銭湯へ行こう!』で確認すると、記念湯の開業は昭和15年頃と記されている。皇紀2600年の「記念」ではないかと予想はしていたが…。

道路側部分は増築したようだが、フロントのわきの暖簾をくぐると昔ながらの銭湯の風情を残している。折上式格天井には鶴の絵が描かれ、浴室の出入口の上には浮世絵の襖絵が掲げられている。あらためて外観とのギャップ、そして銭湯建築としての格の高さを感じさせてくれる。

記念湯(横浜市西区戸部本町)記念湯(横浜市西区戸部本町)

浴室はゆったりしたつくりだが、L字型にサウナと湯船を配置しているため、カランは島式で7-7の列と壁側に8つだけ。すべてに固定式シャワーが付いているが、ほかに立ちシャワーも1つだけある。メインとなる大きな湯船は中で深さが異なり、浅いほうには座湯ジャグジーと肩たたき用の噴射設備。深いほうは腰に当てるジャグジー、そして「うんてい」のあるバイブラ湯。うんていは手を伸ばせば届いてしまうし、そもそも奥行き?幅?は2m足らず。ぶら下がり健康器のようにして使えばよいのだろう。他人に見られたら恥ずかしい光景ではあるが。そして壁越しに隣接する小さな湯船は薄茶色をした薬湯で、袋詰めされた薬剤(実母散?)が浮いている。ほかに水風呂もあるから、湯船の種類・数としてはじゅうぶんだろう。

湯船の背景は三代目広重による「横濱波止場ヨリ海岸通り異人館之真図」のタイル絵。文明開化を牽引した横浜のハイカラな街と人が描かれている。浴室は男女日替わりだそうで、この日の女湯側は葛飾北斎の「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」。そういえば女湯側には露天風呂があったらしい。また日を改めて訪れなければなるまい。ひとっ風呂あびて脱衣所に戻ると、お兄さんが裸のまま(一部タオルで隠しているが)ベンチに横になって熟睡していた。どうしてこうなったのか不思議だが、下町の銭湯には稀にある光景だ。電車でも車でもアクセスはよいので、皆さんもふらり立ち寄ってみるとよいだろう。

記念湯(神奈川県浴場組合)

記念湯
住所/横浜市西区戸部本町45-4 [地図
電話/045-322-6244
交通/京急線戸部駅より徒歩1分
     横浜市営地下鉄高島町駅より徒歩6分
     相鉄線平沼橋駅より徒歩8分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナは別途200円
時間/15:00〜24:00
     月曜日定休(ただし不定期)

松島館(横浜市西区戸部町)

松島館(横浜市西区戸部町)松島館(横浜市西区戸部町)

横浜市西区戸部町にある松島館は、市営地下鉄・京急・根岸線の3線3駅のほぼ真ん中に位置する。桜木町駅からは高架線に沿って北に行き、雲見橋交差点より岩亀横丁という商店街へ。突き当たりの角より左を向けば、松島館の電光看板を見つけることができる。高架線の東側に広がるみなとみらいの夜景とは対照的に、この一帯には庶民的な風景が広がっている。

松島館(横浜市西区戸部町)松島館(横浜市西区戸部町)

狭い路地側に入口を設け、玄関先には屋号を染め抜きした暖簾を掛けている。さらに玄関まわりにタイルをあしらい、建物もクラシカルなスタイルのようだが、なにぶん路地裏で、しかも薄暗かったのでよくわからない。番台におばちゃんは座っておらず、女湯側で常連客と談笑中。帰り際はおじさんが番台に、やはり座っておらず、そのわきの椅子に腰掛けて常連客と談笑していた。番台には座らない、というのが松島館の流儀なのだろう。

脱衣所にロッカーもあるのだが、籠を使う人もいる。旧式のマッサージチェアやソファ、テーブル、洗濯機など、一般的な銭湯と変わらないが、目を惹いたのは壁に掲げられた「お子様の着せ替えは手不足につき遠慮させていただきます」という札。そんな時代もあったんだろうな。

浴室のカランは間仕切壁側から7(この列のみ固定式シャワーあり)、島式で5-5、外壁側に4つ並んでいる。さらに外壁側は畳1枚分突き出ており、そこには立ちシャワーが設けられている。湯船は2つあって、深さが異なる。深いほうは勢いの弱いバイブラ湯で、浅い方はジャグジー(休止中だった)。お湯は熱めで、温度計を見ると46℃を指していた。そこまで熱くはないのだが…。湯船の上には海辺の風景がペンキ絵で描かれている。屋号と同じく松島が舞台なのだろうか。丸山師の作品であるようだ。

大都会横浜のすぐ近くに下町的情緒の残る町並みと銭湯が残っていることは、横浜の意外性であり、世間に知られざる一面ではないだろうか。戸部周辺には松島館のほかにも銭湯が点在しているので、いつかの機会に訪れてみたい。

松島館(神奈川県浴場組合)
松島館(横浜市浴場組合)

松島館
住所/横浜市西区戸部町4-166 [地図
電話/045-231-7435
交通/横浜市営地下鉄高島町駅より徒歩7分、京急戸部駅より徒歩9分
     JR根岸線・市営地下鉄桜木町駅徒歩13分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜22:00、毎月7日・17日・27日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ