旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

横浜市西区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

富の湯(横浜市西区西戸部町) ※2012/1/19廃業

富の湯(横浜市西区西戸部町)横浜スタジアムでの観戦帰りに野毛山動物園近く(西戸部町)の富の湯を訪ねたら、今年1月19日に廃業したとのこと。

神奈川県浴場組合のホームページでは不定休とあり、営業時間も21時までとあって後回しにしていたらこの結果。目の前に住んでいるおばちゃんに話を聞くことができ、「あらーせっかく来たのにかわいそうに」と同情されてしまった。もうじき5月21日に解体されるとのこと。

『かながわの銭湯』(かもめ文庫、1998)によると、昭和31年開業。「江ノ島で3年、叔父と叔母の経営する藤沢の銭湯でも3年、仕事を覚えたのちに開いた富の湯は、戸部の人々の間で長く親しまれている」とのこと。

富の湯(以下、営業していたときの情報)
住所/横浜市西区西戸部町1-29 [地図
電話/−
交通/京急日ノ出町駅より徒歩13分
     JR根岸線・市営地下鉄桜木町駅より徒歩15分
料金/15:00〜21:00
時間/不定休

富の湯(横浜市西区西戸部町)
浴場組合ホームページの店舗別ページもいずれ消されてしまうかもしれないので、ここに残しておきます。

太平館(横浜市西区久保町) ※2016/8/22廃業

太平館(横浜市西区久保町)相鉄線西横浜駅を出ると、目の前には国道1号線。沿道にはマンションが建ち並んでいるが、市電が走っていた頃からこの辺りの中心地といえば藤棚町。商店街は藤棚浦舟通りの藤棚町交差点を起点にして東西に延びている。今回ご紹介する「太平館」は、藤棚町交差点の西側、サンモール西ヨコハマというこぎれいな商店街に面している。西横浜駅からだと国道1号線の神奈川日産の角を斜めに入り、久保町公園のわきを通ったほうが近道だが。二重の千鳥破風を持った伝統的銭湯の造りで、暖簾の下に見えるのは鯉の滝登りを描いたタイル絵。銭湯好きはこれだけでもわくわくする。

太平館(横浜市西区久保町)もとは番台のつくりだったのだろうが、現在はフロント式。小ロビーもあり。ロッカーの鍵を受け取ったら、脱衣所へ。折上格天井でゆったりとした広さがあり、ベンチ、扇風機、洗濯機を設置。店舗両側にもコインランドリー(うち1ヶ所は女性専用)を併設しているが、洗濯機の需要は多いのだろうか。

浴室に入って驚いたことといえば、洗い場のうち中央の島列はアクリル板で仕切った個別ブース式であることだ。まるでスーパー銭湯だが、じゅうぶんな間隔があって使いやすい。また、通路や湯船のふちには手すりもあり、伝統的銭湯でありながら現代感覚も併せ持っている。ちなみにカランは女湯との境側から6、5-5、7の配列で、外壁側の列のみ固定式シャワー。ほかはホース式シャワー。サウナは脱衣所に出っ張っており(脱衣所側には洋瓦を載せている)、別途100円。小さいが水風呂もある。

太平館(横浜市西区久保町)湯船は奥に3つ。浅湯と座湯ジャグジーは同じ大きさで、釜場への通路を挟んでちょっと小さい日替わり湯(黄緑色の入浴剤・バイブラ湯)。いずれも40℃ほどのぬるめだが、「熱いときは遠慮なくうめてください。皆さんのお風呂です」という貼り紙。なんて優しい銭湯なんだろう。ペンキ絵は早川師による西伊豆の景色で、朝焼けの富士山が女湯とにまたがって描かれている(H18.11.15の日付入り)。女湯との境壁は、灯台のある海辺の景色を描いたタイル絵。『さぁ、ヨコハマ銭湯へ行こう!』(横浜市浴場組合)によると、先代が新婚旅行で訪れた西伊豆の景色を特注したのだという。湯船の底にも鯉が描かれており、さすがは伝統的銭湯である。

客はおじさんばかりで半分ほどのカランが埋まっていたが、入れ替わるようにして引率者に連れられたちびっ子たちがやってきた。商店街に活気がある限り、太平館も賑わい続けていくことだろう。

太平館(神奈川県浴場組合)
太平館(横浜市浴場協同組合)

太平館
住所/横浜市西区久保町24-34 [地図
電話/045-231-8484
交通/相鉄線西横浜駅より徒歩5分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
    サウナ別途100円
時間/15:00〜22:30、毎週水曜日定休

神奈川県浴場組合ホームページの紹介ページには、営業時間15:00〜23:00(日祭日14:00〜23:00)とありますが、現在は上記の時間にて営業しています。

(追記-2016/8/16)
ツイッターなどの情報によれば、8/22をもって廃業するとのこと。

朝日湯(横浜市西区中央)

朝日湯(横浜市西区中央)朝日湯は、京急戸部駅と相鉄西横浜駅のちょうど中間に位置する。国道1号線の南側で並行する4本目の路地に面し、西前小学校の目と鼻の先。マンションと戸建住宅が混在する地域で、以前ご紹介した萬歳湯(⇒記事)とは300mほどしか離れていない。それぞれに固定客がついているのだろうけど、至近距離に2軒も銭湯があるとはうらやましい話だ。玄関先には町内会館の利用状況を示す掲示板。小さいながらもコインランドリーを併設している。

おやじさんは番台から下りて、tvkのベイスターズ中継を観ていた。それだけで個人的高感度アップだが、横浜市内の銭湯ではたまにある光景。脱衣所にはほかにおじいさんしかおらず、僕に「今日は巨人はどうなの?」と聞いてくるが、すべての試合をチェックしているわけではないので(苦笑)。ロッカーを壁側と室内中央、さらには番台脇にも配置し、玄関扉からの視線を隠している。ジュースのショーケース、洗面台、壁に据え付けの扇風機など、レトロ銭湯らしい設備。女性側の脱衣所には和太鼓があり、教室が開催されているそうだ。

朝日湯(横浜市西区中央)こじんまりとした浴室で、カランは女湯との境壁側から6、5-5、4+立ちシャワー1という配列。島列にはシャワーも鏡もない。湯船は大きい方が浅湯のジャグジー、小さい方が深湯のバイブラ湯(日替わり薬湯で、この日は「じっこう」)。最初は浅湯につかったのだが、相客が水を全開にして埋めていたので温度計は46℃を指していた。個人的にはこのくらいの熱めが銭湯らしくて好きだが、続いて入った深湯も同じくらいの温度。すると傍にいた客が「水で埋めたほうがいいよ」「熱くてしょうがないよ」と。浴場組合のホームページでは「湯船は熱めになっております」とあるが、客にとっては堪らない熱さのようだ。しかし、湯船のお湯はどんどん熱くなってきて、浅湯ではついに48℃まで上昇。これは確かに熱い。

背景画は故早川利光氏による見附島。H13年の作品とは思えないほど状態がよい。あらためて写真で見ると、湯船のタイルには年季が感じられる。町の銭湯の素朴さが味わえて、いい雰囲気だと思う。

朝日湯(横浜市浴場組合)
朝日湯(横浜市浴場協同組合)

朝日湯
住所/横浜市西区中央2-44-6 [地図
電話/045-321-5472
交通/京急戸部駅より徒歩9分
     相鉄西横浜駅より徒歩9分、平沼橋駅より徒歩10分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/13:00〜23:00、不定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ