旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

横浜市西区

グランパーク・イン横浜(横浜市西区北幸) ※2016/12/22オープン

グランパーク・イン横浜(横浜市西区北幸)最近にわかに注目を集める進化系カプセルホテル。かつては簡易宿の代名詞として「仕方なく」利用した方も多いだろう。しかし、そんなイメージを覆すがごとく、新感覚かつ洗練された施設が各地に相次いで誕生している。

昨年12/22に新規オープンした「グランパーク・イン横浜」もそのひとつ。関内や桜木町界隈には新旧カプセルホテルが点在するも、ここの魅力は何といっても横浜駅西口より徒歩5分の好立地だろう。そして、カプセルホテルとしては珍しく女性専用フロアもある。

グランパーク・イン横浜(横浜市西区北幸)現地を訪ねてみれば、3階建の随分こじんまりとした佇まい。地図を見ればT字型の敷地とわかり、カプセル全182室も納得。昼よりも夜の方が洒落ているのは言うまでもない。フロントで入館手続きを済ませたら、そこから先は可愛らしくもあり、かっこいい空間。通路側の壁一面を本棚にしたラウンジ、バーカウンター。横浜の代名詞「赤煉瓦」を連想させる内装だ。極め付けはリクライニングシートの休憩スペース。コンセプトはクルーズ船の上質感。さすがの3文字に尽きる。

グランパーク・イン横浜(横浜市西区北幸)浴室は大きな湯船(バイブラあり)と水風呂、洗い場6人分と立ちシャワー2つ。最低限を揃えたシンプル仕様だ。サウナは石積みのストーブで8人分の広さ。最初は温度計が92℃をキープしていたのに、2度目は104℃まで針が上がっていき、3度目は90℃まで下がっていく。いったいどういう設定なのか不思議な体験をした。(浴室の写真はグランパーク・イン横浜公式サイトより転載)

グランパーク・イン横浜(横浜市西区北幸)サウナだけの客はまだ少ないらしく、フロント対応も不慣れな様子。しかし立地の良さは何物にも代え難く、仕事帰りのひとっ風呂はもちろん、買い物やレジャーの疲れを癒すにも良し。個人的にはハマスタ帰りに立ち寄りたいから、今季は21:30きっかりに試合が終わってほしい。ちなみにスパイアスとは道一本を隔てた至近距離だが、むしろ競合するのは東口のスカイスパかもしれない。

グランパーク・イン横浜
住所/神奈川県横浜市西区北幸2-1-5 [地図]
電話/045-534-8611
交通/横浜駅西口より徒歩5分
料金/デイユース90分1,080円、3時間1,620円、7時間2,500円、10時間2,800円
     宿泊は公式サイトにて確認を
時間/デイユースは5:00〜24:00

大浴場入浴時間(男女入替制)
男性18:00〜翌朝9:00
女性15:00〜17:30、2階シャワールームは24時間利用可

スパ イアス(横浜市西区北幸)

スパ イアス(横浜市西区北幸)横浜西口の娯楽の殿堂といえばハマボール。昭和45年のオープン以来、ボウリング場をメインとして市民に親しまれてきたが、老朽化による建て替えを経てグランドオープンしたのが平成21年3月。その際に誕生したのが「スパ イアス」だ。地上8階建て、延床面積8,000坪の複合型アミューズメント施設(HAMABOWL EAS)のうち、4階〜7階に及ぶ大型施設で、東京ドームシティの「スパ ラクーア」がプロデュースを行った。

スパ イアス(横浜市西区北幸)コンセプトは「都会の日常に極上のスパ時間を」。大人の癒し空間のため、館内利用は18歳以上とし、地下1,500mから湧出した温泉を使用しているほか、岩盤浴やマッサージなど多様なサービスで人気を集めている。入館料は多少高めだが、在館時間制限なし、オールナイト営業、立地の良さや施設自体の充実ぶりからして利用価値は申し分ない。東口のスカイスパ、みなとみらいの万葉倶楽部とともに、観光やビジネスで横浜を訪ねたときには重宝することだろう。

スパ イアス(横浜市西区北幸)立地について横浜市民はもちろん、神奈川県民の多くの方がご存知だろうからいまさら詳しく説明するまでもないが、横浜駅西口より新田間川沿いにまっすぐ歩いて400mほどの距離。エレベーターで4階に行くと、スパイアスのほかスイーツビュッフェなどがあって、まるでテナントビルのようなフロア構成。スパイアス自体はこのフロアにフロントしかなく、利用方法の説明を受け、リストバンドを貰ったら5階へ。階段を上って正面のカウンターでは、館内着とタオルセットを受け取る。

スパ イアス(横浜市西区北幸)浴室に入ると左右に分かれて洗い場、正面にジャグジーと水風呂、左手にサウナ、右手に温泉の湯船がある。ジャグジーは一段高く設けており、押しボタン式でジェット噴射など。温泉の湯船は深さが2段階で、浅い方では半身浴が楽しめる。お湯はうっすらと茶褐色。湯船の細かな茶系タイルと相まって、シックかつ曲線で洗練された印象を受けた。男湯はドライサウナのみだが、女湯にはほかにスチームサウナもあるようだ。

露天風呂は人工炭酸泉のほか、温度の異なる温泉の湯船が2つ。不感温度(人肌程度のぬるさ)の湯船は長湯ができるためおすすめだ。露天風呂とは言うけれど、勾配天井のルーバーからやわらかい光が射し込み、間接照明を補助的に使用。しかし、景色はおろか外気も感じず、また奥行きがないため、開放感には乏しい。ちなみに浴室側に大きく窓をとっているので、室内にも明るい光が入ってくる。

スパ イアス(横浜市西区北幸)

岩盤浴は6階に2室(うち1室はロウリュウサウナ)、7階に2室(うち1室は女性専用)ある。あらかじめ脱衣所で館内着に着替え、タオルセットを持って移動する。6階には九州沖縄の郷土料理店とアジアンレストラン、ボディケアやマッサージなど多彩な6店舗が並び(5階にも3店舗)、「階段広場」と称する吹き抜け空間があって、いちばん奥にロウリュウサウナ「玄蒸(げんじょう)」と、岩盤浴室「瑪瑙(めのう)」がある。

ロウリュウイベントは毎日8回行われる。定員45名(先着順)で、30分前には館内アナウンスが流れるが、日本語に引き続いて英語でも。さすが国際都市横浜だ。ロウリュウ自体は最近の流行りで、神奈川県内でも新規店舗を中心として5〜6店で行われているが、岩盤浴着での男女同室はスパイアスだけ。円形の室内の中央にサウナストーブを設けており、室内の熱気をスタッフがじゅうぶん旋回したのち、アロマ水をかけて再び旋回。熱波を個別に直接浴びせることはなく、スタッフのトークしかり、上品なイベントだった。火照った身体を冷ますなら、玄蒸に隣接したクールルーム「涼風」へ。

岩盤浴室のうち、「瑪瑙」(6階)と「火火」(7階)は男女共用、「朱蓮」(7階)は女性専用。スパイアスでは岩盤浴の敷布として各々のバスタオルを使用する。汗を拭うのはフェイスタオル。合理的なシステムだと言える。

スパ イアス(横浜市西区北幸)

食事は先ほど簡単に紹介した2店のほか、5階にもカフェがある。マッサージしかり、いずれも店舗もテナントとして入居しているようだ。7階には多目的休憩スペース、5階にはテレビ付きリクライニングシート(男女共用・女性専用)の休憩スペースもあり、ここでは翌朝まで滞在可能。18歳以上を対象とした施設ということもあって、館内は総じて静かでゆったりと寛げる。深夜割増料金を加算しても総額4,380円。ポイントカードやキャンペーンなどお得なサービスもあり、リピーターを中心とした評判の高さに納得。「極上」のうたい文句に相応しい都市型施設だ。

スパ イアス(横浜市西区北幸)

スパ イアス
源泉/横浜天然温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/横浜市西区北幸2-2-1 [地図
電話/045-290-2080
交通/JR・東急・京急・相鉄・市営地下鉄横浜駅西口より徒歩5分
料金/2,600円(入湯税100円別途)
     休日割増料金 200円(土・日・祝日)
     深夜割増料金1,680円(深夜3:00〜6:00の滞在)
     ※18歳未満は入館不可
時間/10:30〜翌9:00

ハマボールは東日本大震災以後長らく休館していたが、12/15にリニューアルオープン。1/31までオープニングキャンペーンを開催中。

スカイスパYOKOHAMA(横浜市西区高島)

スカイスパYOKOHAMA(横浜市西区高島)先日の「サウナサミット」で当選した無料招待券で、横浜駅東口のスカイスパを訪ねた。

駅直結でYCAT(横浜シティ・エア・ターミナル)のあるスカイビルの14階。1日の乗降客数延べ200万人という日本屈指のターミナル・横浜駅から、もっとも近い温浴施設がスカイスパだ。

昭和43年の旧スカイビル竣工時に会員制の「横浜国際ヘルスクラブ」としてオープンし、現在のスカイビル竣工(平成8年)とともにスカイスパYOKOHAMAとしてグランドオープン。

スカイスパYOKOHAMA(横浜市西区高島)地下2階の横浜駅連絡口、もしくは各階のそごう連絡口からエレベーターで14階へ。フロントで館内着とロッカーキーを受け取る。館内での飲食やマッサージなどの利用はリストバンドで会計し、退館時に精算するシステム。招待券は一般利用と同じく、5時間まで滞在できるとのこと。「そんなに長く…」とは思ったが、実際のところ満喫しすぎてあっという間だった。

タオルは脱衣所に、カミソリやナイロンタオルは浴室に準備してある。脱衣所に隣接した洗面室には、化粧水や整髪料が7〜8種類置くなど気配りがすごい。

スカイスパYOKOHAMA(横浜市西区高島)浴室に入ると、まずは扇型に4つの湯船が並んでいた。寝湯、立ち湯ジャグジー、バイブラ、水風呂。サウナサミットでも話題になったが、水風呂の温度は16℃設定。「冷たいのは最初だけ!」「このセッションを繰り返すべし」などと書かれた日本サウナ・スパ協会のポスターが貼ってある。心臓に負担がかかるため、全ての人におすすめするわけではないが、熱さ冷たさのメリハリもサウナ施設ならではの体験か。

さらに人工炭酸泉の湯船もある。「高濃度」を謳うわりには、気泡の付き具合に若干の物足りなさを感じた。いまスーパー銭湯などで炭酸泉は流行しているが、ここではたまに無人になるときも。やはりサウナ施設にとってはサウナが一番人気なのだ。

スカイスパYOKOHAMA(横浜市西区高島)

サウナ室は20人以上の客を収容。2段式で決して広くはないが、タワー型のように上部が焼けるような熱さということはない。ストーブはフィンランド製のikiサウナ。ロシアのプーチン大統領も別荘用に購入し、48kgモデルはikiプーチンと名付けられたとか。アウフグースとロウリュのは12時から21時まで1時間おきに、約10分間行われる。アロマオイルをサウナストーンに注ぎ、発生した蒸気をタオルで扇ぐというやり方は同じだが、違いはアロマオイルの量。アウフグースのほうが量が多く、2回目と3回目は氷と混ぜていた。スカイスパでは2年に一度、サウナの本場ドイツへ視察に出掛けているという。

もうひとつ「TERMALE」という名のスチームサウナもあるが、こちらは人気薄。ハマムをイメージしたかのような室内は全面タイル張り。こちらでもアロマオイルを使用しているが、約50℃とぬるめ。

スカイスパYOKOHAMA(横浜市西区高島)

といったわけで、二度のサウナイベントと合間の入浴で2時間半。休憩は同じフロアにレストランと床暖ルーム。後者では「天空ヨガ」と称するイベントが週2回行われている。15階にはリラクゼーションルームがある。こちらは男女別。テレビ付きのリクライニングシートが並んでおり、ほかに有料の半個室プレミアムルームや酸素ルーム、カプセルルームがある。

スカイスパYOKOHAMA(横浜市西区高島)浴室、休憩室ともにみなとみらいのベイサイド(高島埠頭方面)を眺める絶好のロケーション。別の角度からは金沢区の丘陵地帯を遠望するなど、まさに高層階ならではの楽しみだと言える。

基本料金は決して安くはないが、サービスデーを狙えば値頃感あり。また、延長料金を合算しても3,800円なので、終電を逃したときや観光目的で訪れる方などにとっては、お得感があるだろう。自分の中にあった「サウナ」というイメージを払拭するほど洗練された施設で、しかも若い人や女性の利用もちらほらと見かけた。まさに大都会のオアシスといったところか。

スカイスパYOKOHAMA
住所/横浜市西区高島2-19-12 スカイビル14F [地図
電話/045-461-1126
交通/横浜駅東口より徒歩3分
料金/一般入浴:大人2,300円、学生1,700円
     ※5時間まで
     ※延長は超過1時間につき300円(上限1,500円)
     2時間入浴:1,900円
     1時間入浴:1,300円
     ※超過した場合は一般料金を適用
     早朝入浴1,700円
     ※5:00〜9:00
時間/10:30〜翌9:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ