極楽湯多摩センター店(東京都多摩市落合)北海道から九州まで直営・フランチャイズ合わせて37店舗を運営する「極楽湯」。その東京唯一の店舗が多摩センター店。多摩センター駅前に広がる中心街区の一画にあり、サンリオピューロランドに隣接。車で訪れても3時間まで駐車場無料というのが嬉しい。レディースデーやシニアデー、夜割りデーを定期的に行っているほか、21時以降の学割料金があるのは周辺に大学キャンパスが点在するためか。極楽湯は横浜芹が谷店しか利用したことがなかったが、玄関先で野菜を販売するのはお約束なのだろうか。

券売機でチケットを購入して受付カウンターに提出すると、館内での飲食などを精算するためのリストバンドを渡される。1階は食事処やマッサージ、キッズコーナー、カットハウスなど。少人数しか利用できないが「うたた寝処」という小部屋もある。そして館内の奥の階段を上がると、2階は脱衣所と浴室。

極楽湯多摩センター店

浴室内のいちばん大きな湯船、露天の岩風呂と檜風呂では、地下1,500mから湧出した薄褐色の温泉を使用している。泉温43.4℃なので1つくらいは源泉そのままを提供してほしいところだが、残念ながらすべて加温、循環ろ過、塩素消毒。温泉を使用していないのは浴室内のジャグジーと電気風呂、水風呂、露天のつぼ押し湯(寝湯)。サウナは座面下からの間接照明によって室内を薄暗くしているが、テレビはもはやお約束。もう1つ天然ハーブを用いたスチームサウナ「浴香蒸風呂」もある。

露天スペースはあまり広くないし、高い塀に囲まれているのが残念(場所柄、仕方がないのだが…)。申し訳程度に置かれたベンチや寝湯で湯冷ましするのがせいぜいなので、混雑時はゆっくりできないかも。岩風呂は2つに分かれており、片方は「あつ湯」として提供。温度差があまり感じられなかったし、せせこましいのが難点。檜風呂は5〜6帖分の大きさがあって、この施設の中ではいちばんのゆったり感。

チェーン展開の日帰り施設によくある画一的な設計、雰囲気は否めないが、気軽に立ち寄れる立地の良さで優位性を誇っている。何かの折に多摩センターを訪ねる機会があればぜひ。

極楽湯 多摩センター店
源泉/多摩温泉自然の湯(ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉)
住所/東京都多摩市落合1-30-1 [地図
電話/042-374-8626
交通/小田急多摩線線・京王相模原線・多摩モノレール
     多摩センター駅より徒歩5分
     多摩ニュータウン通り「多摩センター駅入口」交差点より約650m
     ※駐車場170台分あり(3時間まで無料)
料金/(平日)大人800円、子供400円
     (休日)大人950円、子供500円
     ※大人は中学生以上、子供は4歳〜小学生、3歳以下は無料
時間/9:00〜26:00、年中無休