旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

町田市

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

いこいの湯 多摩境店(東京都町田市小山ヶ丘)

いこいの湯多摩境店(町田市小山ヶ丘)いこいの湯がある町田市小山ヶ丘は多摩ニュータウンの西部に位置し、駅から続く通りには郊外型の大型店が多数進出している。車の生活圏であるためか、週末の昼間は通りも混み合うのだろうが、平日の夜はわりと閑散とした印象を受ける。いこいの湯はそんな一画にあり、平成16年9月に開店した。運営しているのは東電不動産で、同社では5店舗を展開するが、そのうち3店舗は極楽湯チェーンのFC店。「いこいの湯」の看板を掲げているのは、ここ多摩境店と以前ご紹介した藤沢店→記事)のみだが、その藤沢店も3月4日より湯乃市傘下の湘南ライフタウン店として再スタートを切った。

和風御殿の外観で、背後には雑木林の茂みを控えるのどかな立地。庭園風のアプローチの先に玄関がある。フロントではバーコードつきのリストバンドを渡されるので、館内での飲食は退館時に精算する。浴室と食事処は1階に、別途料金の岩盤浴と畳18帖の休憩室は2階にある。どっぷり日が暮れてから訪れたので気づかなかったが、食事処からはテラスに出られるというし、休憩室からは丹沢山系が見渡せるという。館内も純和風の雰囲気で、日帰り温泉施設にしては上々の空間だ。ちなみに設計は温浴施設を多数手がけるアクアジャパン東京。といったわけで、ひと通り説明したあとは、肝心の温泉を。

たいていの温浴施設では内風呂を経て露天風呂へと通じているが、この施設では脱衣所を出たところのスペースの、右に内風呂、左に露天風呂がある。ガラス越しに隣り合っているのだが、直接の行き来は不可能なつくりとなっている。内風呂にはジャグジーや電気風呂などが1つにまとまった湯船、ぬるめに温度設定された人工炭酸泉、2日で替わるイベント湯(この日は緑色の酵素風呂だった)などがあり、いずれも井戸水を使用している。サウナは2種類あって、一般的なドライサウナのほかに、韓国産の天日干しよもぎの成分を抽出したスチームサウナがある。サウナ室には瓦屋根がかかっており、建物の中にさらに2つの建物があるかのような錯覚を受ける。なかなか凝ったつくりだ。

露天風呂は薄い茶褐色の温泉を使用している。「仙水の湯」と名付けられた源泉は、かつて里人の病苦を取り除いたという仙人の湧水に由来する。それは「小町井戸」と呼ばれ、小野小町もこの水で病を癒したのだとか。とはいっても仙水の湯は地下1,700mの大深度掘削だが、「自遊人」2008年11月号では温泉評論家の郡司勇さんも、関東の「イチオシ」日帰り湯として高評価で推薦している(All Aboutにもレポートあり)。4つある湯船のうち、岩風呂の2つは源泉かけ流しで、あつい・ぬるいを区別している。気温の低いときのみ加温しているというから、基本的には48.6℃の源泉をそのまま使用しているのだろう。檜風呂もあるが、檜のにおいと源泉のかすかな鉱物臭とがぶつかり合ってしまい、もったいない気がする。ほかに、10cmほどお湯を張った寝湯もある。

露天風呂から眺める景色は、すぐ間近に迫った雑木林。もとからあった丘の法面を景観に取り入れることで、自然との調和を図っている。四季の移ろいをありのままに満喫できるのではないだろうか。まさに地の利だといえよう。スーパー銭湯的な施設のわりには温泉の泉質や使い方、空間設計などの面で満足度の高い。郊外型施設として車で30分圏内には競合店舗がひしめいているが、そのなかでも一歩抜きん出た施設であるといえる。

いこいの湯 多摩境店
源泉/仙水の湯(ナトリウム−塩化物泉)
住所/東京都町田市小山ヶ丘1-11-5 [地図
電話/042-797-4126
交通/京王線多摩境駅より徒歩20分
     多摩境駅よりバス3分「多摩境通り北」停徒歩5分
     町田街道(都道47号線)小山交差点より尾根幹線道路〜多摩境通り
     ※無料駐車場217台分あり
料金/(平日)大人700円、小学生以下400円
     (休日)大人900円、小学生以下500円
     岩盤浴350円(30分、浴衣・マット付き)
     ※小学生以下は3歳以上。岩盤浴は小学生以下の利用不可
時間/9:00〜25:00、偶数月の第1火曜日定休

東電不動産が運営する温浴施設のうち、下記3店舗は湯乃市グループに。
いこいの湯藤沢店→湯乃市湘南ライフタウン店(2010/3/4〜)
極楽湯入間店→湯乃市入間店(2010/4/2〜)
極楽湯鎌ヶ谷店→湯乃市鎌ヶ谷店(2010/4/3〜)

ロテン・ガーデン(東京都町田市相原町)

ロテンガーデン(町田市相原町)相模原市の元橋本から旧16号線を北上すると、まもなく都県境となり町田市相原町に入る。緩やかな上り坂の途中にあるのがロテンガーデンで、平成10年にオープンした日帰り温泉施設だ。地元で自動車学校や幼稚園などの事業をを手掛けるハラグループが運営するが、国道を挟んで斜向かいに建つ「ラクシオ・イン」も系列のビジネスホテル。宿泊者はロテン・ガーデンを無料で利用できるという。

斜面に建っているためか、入館するとまずエレベーターで2階へ。フロントと浴室のあるこのフロアは、併設する新館4階に渡り廊下で接続する。新館には食事と休憩所があるから、利用の仕方次第では何度か往復することになるだろう。浴室と休憩のエリアを完全分離した結果、郊外型施設にありがちな雑然とした雰囲気はなく、広々としたフロント回りはホテルのような落ち着きも。在館中は作務衣タイプの館内着(脱衣所に用意)で過ごせるから、食事や休憩をはさんで丸1日のんびり過ごすことができる。

ロテン・ガーデン(東京都町田市相原町)フロントで入館料を支払ったら、リストバンドを受け取って脱衣所へ。館内の飲食やマッサージは退館時に精算。ロッカーは番号指定制の縦長タイプで、ハンガー2本の用意が嬉しい。靴は袋に入れて下段に収納する。浴室は男女日替わりで「右楽」「左楽」と名付けられており、露天風呂の配置が若干異なるものの、コンセプトに変わりはない。先日訪れたときは「右楽」だったので、こちらを中心に紹介していきたい。

洗い場は隣どうしの間隔をゆったりと設け、数自体も多くはない。通路をはさんでメインの湯船があるのだが、曲線を活かしたつくりで人と人とが向かい合うことがない。かけ湯からして温泉を使用しており、そのかけ湯からこぼれたお湯が湯船へと注がれている。温泉は地下1,381mから湧出した町田市初の天然温泉だという。ウーロン茶のような茶褐色のお湯で、透明度は30cmほどだろうか。さらさらの肌ざわりを実感できる。後述する展望露天風呂以外は循環式であるため、においはほとんどしない。内風呂はそのほかに、深湯のジャグジー(ミント系の入浴剤を使用しているはず)と水風呂。サウナは大小2ヶ所あり、いずれも高温。大きいほうはテレビ付き、小さいほうはラジウム石の効果によって、10分ほどでどかっと汗が出る。

ロテンガーデンというだけあって露天風呂が売りの施設で、しかもホームページでは「関東最大級」をうたっているが、果たしてそれはどうなのか。せめて地域最大級とぼやかしておけば良かったものを…。高い塀は通風が確保されているが、空間性には乏しく、ガーデンというわりには植栽がわずかにある程度。右楽は大きな湯船の一部に寝湯を設け、左楽は打たせ湯を設けている。ぼんやりとした照明が落ち着いた雰囲気を醸し出しているが、黒湯の場合はもっと足元を照らしてくれないと危なくてしょうがない。温泉使用ではないが、右楽には円形のジャグジー風呂と入浴剤を使用したイベント湯(訪れた日は米ぬかハーブ)もある。

ロテンガーデンパンフレット

そして屋上に設けられた2つの湯船。ここには階段で上がっていくのだが、この30数段が冬だと冷たくてしょうがない。改善の余地はないのだろうか。足元が暗いのでメガネも必携だ。2つあるうちの一方は温泉使用ではない湯船、もう一方は源泉かけ流しの湯船。かけ流しであろうとなかろうと、個性の違いはほとんど実感できない。屋上も塀に囲まれているので、わずかな隙間から周囲の景色を眺めるのみ。建物自体が高台にあり、その屋上とあって風が結構吹き抜ける。簾の屋根が半分くらいかかっているだけなので、雨や雪が吹き込んでくることも。晴れていればそれなりの開放感が楽しめる。

食事は新館にて。4階の軽食処は品数が少ないものの料金はリーズナブル。3階の和食処は四万やまぐち館の元料理長がもてなす本格的な味で、日帰り温泉施設にしては値段はちょっと高め。財布と相談して決めたいが、丸1日過ごそうと思っている人への配慮かとも邪推してしまう。2階にはリクライニングシートがたくさん並んだ休憩所を設けているから、ついつい長居してしまう。テレビもない静かな部屋で、毛布に包まれば仮眠どころか熟睡してしまいそう。また、1階にはマッサージやエステ、本館側には岩盤浴(50分500円)もある。

これだけの設備が揃っていれば、入館料の1,000円ないし1,200円は決して高くないのでは、と思う。日帰り温泉施設の気軽さに、滞在型の要素を取り入れた点で、近隣施設との差別化を図っている。総合的に判断すれば優等生の部類に入るのではないかと思う。

ロテン・ガーデン
源泉/町田温泉(ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉)
住所/東京都町田市相原町358 [地図
電話/042-774-2681
交通/JR横浜線、京王相模原線橋本駅よりバス「坂下」停徒歩8分
     橋本駅より無料送迎バスあり
     国道16号バイパス「鑓水IC」より町田・相模原方面に約1Km
     ※無料駐車場140台分あり
料金/(平日)大人1,000円、子供500円
     (休日)大人1,200円、子供600円
時間/10:00〜24:00、偶数月の第1木曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ