旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

町田市

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

梅の湯(東京都町田市森野) ※2013/7/31廃業

梅の湯(東京都町田市森野)
梅の湯(東京都町田市森野)
梅の湯(東京都町田市森野)
梅の湯(東京都町田市森野)

多摩地区の廃業銭湯を調べていたら、町田市森野にあった梅の湯の訪問記を投稿していなかったことに気付いた。3年以上も前の廃業なのでいまさらだが、せっかく撮った写真だけでも記録として残しておきたい。

都営木曽森野アパートの団地群の一角にあり、開業は1961(昭和36)年。

金森湯(東京都町田市金森)

金森湯(東京都町田市金森)町田市のもっとも南に位置し、相模原市南区や大和市と境を接するのが金森地区。古くは南多摩郡南村の一地区だったそうだが、その名残が南中学校だと言える。そして南中学校のすぐ北側にあるのが「金森湯」だ。町田街道(都道141号線)と目黒町町田線(都道56号線)に挟まれた住宅地の一画にあり、高い煙突がよく目立つ。

金森湯(東京都町田市金森)金森湯の外観に銭湯らしい特徴は感じないが、聞けば開業して30年以上だという。コインランドリーを併設し、数台分の駐車場も備えている。番台には品のよいおばあさんが常連客と世間話に興じていた。脱衣所にも洗濯機が2台あり、ほかに旧式のマッサージチェアやソファ、男女の境壁の上にテレビを置いている。

金森湯(東京都町田市金森)郊外の銭湯らしくゆったりとした浴室。湯船をL字型に配置しているため、洗い場は境壁にカランが6つ、島列は5-3、外壁側は3つ+立ちシャワー1つ。数は少ないがボディソープやシャンプーの備え付けも。

大きくてL字型の湯船にはボディマッサージ、ミクロバイブラ(ガリウム温浴泉)、寝湯ジャグジーの設備あり。隣り合わせで小さな深湯もあるが、こちらは少し熱めだった。日曜日のみ薬湯を実施。ペンキ絵やタイル絵といった装飾はないが、室内は明るくて清潔感がある。

いちばん近い成瀬駅まで約1.6kmと不便な場所だが、バス通りに近く、駐車場も備えているのが救いか。地元の常連さんが多かったが、この近辺からスーパー銭湯までは距離があるため、「ちょっとひとっ風呂」と隣町から訪ねてくる客も多いのではないだろうか。

金森湯(東京都浴場組合)

金森湯
住所/東京都町田市金森1177-1 [地図
電話/042-796-5926
交通/JR横浜線成瀬駅より徒歩20分、またはバス5分
     町田バスセンター(小田急・JR横浜線町田駅)よりバス10分
     いずれも「南中学校入口」停徒歩3分  
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/16:00〜23:00
     毎月1・10・20日定休(日曜・祝日の際は翌日)

大蔵湯(東京都町田市木曽町)

町田市/大蔵湯町田市には現在3軒の銭湯(大蔵湯、梅の湯、金森湯)があるが、いずれも駅からはバス便に頼らざるを得ない。電車とバスを乗り継いでの訪問は面倒なので、機会を逸したままだったが、相模原球場での野球観戦ついでに立ち寄ってみることにした。国道16号線から古淵駅前を通過し、境川で都県境を越え、もう少し走ったところ。店舗正面にはせせこましいながらも7〜8台分の駐車スペースを設けているが、哀しいことに満車。ここまで来て引き返すわけにもいかず、住宅地をうろうろ。すぐに空いたのは幸運だったが、古淵駅から歩ける距離だったな…と思う。

敷地の一角に別棟としてコインランドリーが建ち、銭湯は瓦屋根ながらも古さは感じられず、また郊外型の佇まい。玄関先は改装して増築したのだろうか。外壁がサイディング張りの部分はロビーで、ソファやテレビを備えている。フロント両側の暖簾をくぐると脱衣所で、ここでも寛ぐことはできるが、男湯だけ(?)畳1帖分を増築し、サッシで仕切って喫煙室にしている。脱衣所はもとより、この狭い空間にもテレビを設置。贅沢すぎる、というか必要ないような気もするが。

当然のように石鹸等を持参したが、最近になってシャンプーとボディソープを設置したようだ。カラン2コに対して1コずつの割合だけど、このサービスは嬉しい。30円くらいの小さなボトル型シャンプーや固形石鹸を買っても、使いかけを持て余して捨ててしまう客も多いというから。カランは5+立ちシャワー2、5-5、4の配列で、いずれも固定式シャワーつき。サウナは脱衣所に突き出ている。湯船は浴室の奥にあって、ぬる湯の日替わり(?)湯、あつ湯の座湯ジャグジー(2人分)とミクロバイブラ湯(ガリウム石温浴泉)、水風呂がL字型に並んでいる。日替わり湯は「グレープフルーツ&レモングラス」という珍しい入浴剤。ぬる湯が40℃くらい、あつ湯が42℃くらいだろうか。夏は水風呂と交互に入ると気持ちがいい。ペンキ絵は富士山で、背景広告社の小看板が掲げられていた。

訪れたのは日曜日の夕暮れ時。カランは半数以上が埋まっていた。駐車場が満車だったことを考えると、ご近所以外からも客が訪れるのだろう。30分くらい車を走らせれば日帰り温泉施設も何軒かあるのだが、しっかり差別化が図れているのは大蔵湯が元気な証拠だ。

大蔵湯(東京都浴場組合)
東京都浴場組合八南支部

大蔵湯
住所/東京都町田市木曽町522 [地図
電話/042-723-5664
交通/JR横浜線古淵駅より徒歩16分
    小田急・JR町田駅(町田BC)よりバス6分「滝の沢」停徒歩3分
    町田街道(都道47号線)「木曽中原」交差点より東に175m
    ※複数台分の駐車スペースあり
料金/大人450円、中人180円、小人80円
    サウナは別途260円
時間/16:00〜23:00
    毎月1・10・20日定休(日曜・祝日の場合は翌日)

(追記-2012/7/12)
開業は昭和41年、番台からフロントへの改装は平成元年とのこと。
「1010」No.60(2003/2)より
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ