旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

八王子市

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

福の湯(東京都八王子市本町)

福の湯(東京都八王子市本町)国道16号線(東京環状)と20号線(甲州街道)は、八王子市街地の八日町交差点で合流する。かつては八日市宿が置かれ、八王子の中心街だったところ。現在は石碑が建つのみだが、ここより西放射線を行くと八王子駅、そしてこの界隈にはオフィスビルなどが建ち並んでいる。この八日町交差点から北に150mほど歩くと、お目当ての銭湯「福の湯」があった。突如として現れた純和風の佇まい、屋号を染め抜いた暖簾。併設するコインランドリーの黄色いひさしが通りをまぶしく照らしている。

福の湯(東京都八王子市本町)もとは番台式だったのをフロントに改装した様子。一角をソファとテレビのあるロビーとし、フロントの両脇から男女の脱衣所へと通じている。クラシカルな折上格天井で、ロッカーや洗面台、身長計、体重計が整然と並んでいる。

浴室は間口3間、奥行き4間。カランは間仕切壁側から6+立ちシャワー2、5-5の島列、壁側に5つで、すべて固定式のシャワーつき。間仕切壁には富士山のバスポスターが数枚と「宝寿湯」「八漢湯」の説明。湯船は浴室の奥にL字型に配置され、浅湯はバイブラ湯と1人分の座湯ジャグジー。深湯は日替わり薬湯で、この日は「コーヒー風呂」。美肌などに効果があるというが、コーヒー好きにとってはにおいだけでリラックスできる。

薬湯は1か月分が決まっており、浴室内にカレンダーが貼ってあるほか、フロントでも配っている。たまにしか来れない人や目当ての薬湯がある人にとっては、カレンダーの配布はよい試みだと思う。

背景画は丸山清人師が昨年6月に描いた松島の景色。気になるのはその下の広告。いまどき広告が5枚も並んでいること自体が珍しいが、地元八王子の整骨院、小平の眼鏡店、原町田病院、そしてデリヘルと多摩クリスタル。いくら男湯とはいえ、この手の広告は初めて。ずいぶん大らかな土地柄というべきか…。

福の湯(東京都浴場組合)

福の湯
住所/東京都八王子市本町3-6 [地図
電話/042-623-4963
交通/JR中央線・横浜線・八高線八王子駅より徒歩11分
     京王線京王八王子駅より徒歩14分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/14:00〜23:30、毎週金曜日定休

高尾の湯ふろッぴィ(東京都八王子市狭間町)

高尾の湯ふろッぴィ(東京都八王子市狭間町)八王子市内には健康ランドが2軒あって、繁華街の「やすらぎの湯」に対して、郊外型といえば「高尾の湯ふろッぴィ」だ。甲州街道(国道20号線)や町田街道といった大通りに面していないのが残念だが、高尾山や山梨方面への観光の拠点となりうる立地。また、定期的に歌謡ショーやビンゴゲームなどのイベントが行われているらしく、この時期は地域や企業の忘年会場としても頻繁に利用されているようだ。

高尾の湯ふろッぴィ(東京都八王子市狭間町)入館するとまずフロントで下足箱とロッカーキーを引き換え、館内着やタオルの入ったバッグを受け取る。館内着は緑色ベースに花柄がプリントされた上下セットで、いかにも健康ランドといったデザイン。脱衣所〜浴室は1階の館内奥にあって、このフロアにはほかにマッサージやエステなどがある。

浴室の右手に並ぶのは大型のバイブラ湯、円形のジャグジー湯(ファミリースパ)、寝湯のジェットバス3基。左手に並ぶのはドライサウナ(テレビあり)、スチームサウナ、薬湯、打たせ湯、ヒノキ風呂。薬湯は「薬仁湯」という製品で、13種類の生薬を配合した黄土色のお湯。長く浸かっていると身体に刺激を感じるが、強烈な痛みではない。ヒノキ風呂は「古代檜」を湯船全体に使用したもの。スチームサウナは時おり爆発音のような激しい音とともに、蒸気が勢いよく噴き出してくる。

露天風呂では温泉を使用している。若干のすべすべ感と油くささあり。岩風呂からあふれたお湯は足湯に流しているようだ(寒いせいか休止中?)。竹垣を模した塀がぐるりと囲んでいるが、数本の植栽をライトアップしたシンプルな感じがよい。湯船やデッキに設けた和風の屋根は最近新設したのか、全体的にきれいで好感が持てる。欲を言えばもうひとつ湯船があるといいのだが。

高尾の湯ふろッぴィ(東京都八王子市狭間町)

深夜サービスが頭にあったためわざわざ22時以降を狙って入館したが、よくよく考えてみたら平日は120円の得でしかなかった。駐車場も浴室も空いていたが、深夜0時を回った頃の仮眠室はかなり埋まっていた。ちなみに個別テレビ付きのリクライニングシート。館内の利用は翌朝9時までだが、浴室は7:45まで。土地柄かもしれないが、仮眠室の朝は早く、のんびり寝ていられない感じ。2階には食事処を兼ねた大広間や焼肉店のほか、ゲームコーナーもある。総合的な雰囲気としてまとめると、休憩施設が充実でのんびりでき、なおかつ翌朝まで仮眠利用もできる日帰り温泉施設、といった感じ。

高尾の湯ふろッぴィ
源泉/塩釜温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/東京都八王子市狭間町1466-1 [地図
電話/042-665-4126
交通/JR中央線・京王高尾線高尾駅より徒歩12分
     京王高尾線狭間駅より徒歩12分
     ※高尾駅・八王子駅南口より無料送迎バスあり
     都道47号線(町田街道)「紅葉台東」交差点より約200m
     ※無料駐車場220台分あり
料金/(平日)大人1,200円、子供600円
     (休日)大人1,800円、子供900円
     (深夜サービス)1,080円 ※22:00以降
     (深夜割増)1,080円 ※深夜2:00以降
     (早朝割引)600円 ※5:00〜7:00
     ※大人は中学生以上、子供は3歳以上
時間/10:00〜翌9:00、年中無休

稲荷湯(東京都八王子市子安町)

稲荷湯(東京都八王子市子安町)八王子市内にある銭湯は現在4軒。いつも国道16号を車で素通りしてしまうので、街を歩いたことはあまりないのだが、この日も時間的に「稲荷湯」だけの訪問となってしまった。南口はいわゆる駅裏であるが、大都市の中心部だけあって商業ビルとマンションが建ち並んでいた。稲荷湯は南口徒歩5分の好立地にあり、周囲は住宅街の雰囲気。なぜここを訪れようかと思ったかと言えば、『東京銭湯お遍路MAP』にて「17種類、1階温泉旅館風、2階南欧リゾート風」と紹介されているから。この手の銭湯はたいていカタカナの屋号が多いが、ここは昔ながらの「稲荷湯」を守り続けている。その点にも惹かれるものがある。

予想通りのマンション銭湯で、フロント周辺はビジネスホテルのようにきれい。券売機でチケットを購入し、下足箱とロッカーの鍵を引き換える。浴室は1階2階に分かれており、この日は1階が男湯。日替わりなのだろうか。「南欧リゾート風」が気になっていたのだが、こちらはまたの機会に。脱衣所には縦長と四角のロッカーがあり、こちらも清潔に保たれている。完全個室型の喫煙室があるのは愛煙家にも嬉しいところ。

浴室に入ると、左手にサウナ(別料金)と洗い場、右手に湯船が並んでいる。カランは櫛型に23箇所。いちばん手前と奥はホース式だが、ほかは固定式シャワー。4つずつ並んだ各列にシャンプーとボディソープの備え付けが1セットずつあるので、タオルだけ持参すればOK。室内に湯船は3つ並んでいるが、いちばん大きい湯船にはバイブラ、電気、座湯ジャグジー2人分、ボディマッサージ、ハイパワージェットと充実の設備。その隣の湯船は日替わり湯で、珍しい「黒酢」の入浴剤。酸っぱいにおいはしなかったが、健康になれそうな気分がする。そして扇形をした水風呂。さらに扉の外には露天風呂。これまた扇形をしており、緑のライトがバイブラ湯のぶくぶくを照らしており、なかなか幻想的だ。塀に囲まれてはいるが、顔を上げれば空を三角形に切り取った感じ。

といったわけで、「17種類」とは湯船ではなく設備を含めた数。その充実ぶりもさることながら、清潔な店内に好感が持てる。銭湯になじみのない若い世代にも受けがよいはず。もちろん立地の良さも魅力だ。

稲荷湯(東京都浴場組合)

稲荷湯
住所/東京都八王子市子安町1-27-20 [地図
電話/042-642-2825
交通/JR中央線・横浜線・八高線八王子駅南口より徒歩5分
     京王線京王八王子駅より徒歩10分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナ別途200円
時間/14:00〜23:30、毎週水曜日定休(祝日の場合は翌日)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ