旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

江戸川区

ニュー小岩310(東京都江戸川区西小岩)

ニュー小岩310(東京都江戸川区西小岩)総武線各駅停車を小岩駅北口で降り立つ。庶民的な一面をも見せる繁華街の一角に、昔ながらのサウナ店があった。エントランスを飾るヴィーナス像は、もはや総武線沿線の風物詩。新小岩ではないのに「ニュー小岩」という素敵なセンス。社長が佐藤さんだから「310」なのだろうか。新宿から小岩まで電車代310円とは偶然過ぎる。フロントで入館料を支払い、手渡されたタオルと館内着を手に、半螺旋状の階段を2階へ。

ニュー小岩310(東京都江戸川区西小岩)ロッカーが並ぶ廊下の先に浴室があって、期待を裏切らぬゴージャス仕様。天井はアンティーク調のステンドグラス、床材には天然石、壁を鏡張りとしてスケール感を演出し、裸婦をモチーフとしたレリーフも2点飾られている。ゆったり広々とした湯船には、バイブラと寝湯あり。写真ほど爽やかでないのはご愛敬だが、年季を経ているわりには清潔感があってよい。(写真は公式サイトより)

ニュー小岩310(東京都江戸川区西小岩)薄暗いサウナ室の扉を開け、よもや貸切かと思ったら、なにやら人影が。やせ細ったおじいさんがストーブの正面で、真横を向いて体育座り。さらに奥のほうではもう一人、おじいさんが横になって寝ていた。故障中なのかテレビは消されており、物音ひとつせず静まり返っていた。室内は100℃を超え、しかもカラカラ。水風呂もたいして冷たくはないし、おじいさん達は汗も流さずそのままドボン。

ニュー小岩310(東京都江戸川区西小岩)リクライニングシートの並ぶ休憩室は愛煙家のパラダイス。毛布も焦げていた。足が直接触れるわけでもないのに床暖房というこだわりぶり。おじさん達に交じり、午前中から惰眠をむさぼるのはサウナ店の醍醐味だ(自分もおじさんの部類だが)。より快眠を求めるなら仮眠室へ。なにしろ10時までに受付すれば17時まで、カプセル宿泊なら最大24時間3,000円と良心的な料金設定。庶民の味方だ。

A23167F4-DAA6-4D31-AC53-280215BD8264PCコーナーとスロット台が隣り合わせだったりするけれど、テレビとソファの休憩スペースもあったりして、明るく健全な雰囲気にしていこうとする努力は見て取れる。これといった光る点もないが、すべてにおいてサウナ店においては及第点。休日を家でだらだら寝てしまうくらいなら、小岩でだらしなく過ごすほうがいい。好きな時にサウナに入って、好きな時に呑んだり食べたりできるから。

ニュー小岩310 ※男性専用
住所/東京都江戸川区西小岩1-19-24 [地図]
電話/03-3671-0310
交通/JR総武線小岩駅北口より徒歩3分
料金/スピードコース3時間1,400円(受付24時間)
     早朝コース1,400円(受付4:00〜10:00、滞在17:00まで)
     サウナコース2,000円(イン8:00〜アウト23:00、滞在最大15時間)
     サウナ宿泊2,300円(イン8:00〜アウト翌17:00、滞在最大29時間)
時間/24時間、年中無休

ファミリー湯宴ランド小岩(東京都江戸川区南小岩) ※2016/4/20閉館

ファミリー湯宴ランド(東京都江戸川区南小岩)健康ランドに大衆演劇は付き物だが、都内で観劇できる施設となると、小岩の「ファミリー湯宴ランド」ただ1軒。駅のホームからも看板が見えるという利便性に加え、入館料金のみで観劇でき、しかも毎日2回公演。さらには色々な割引サービスを設けている。風呂に入って芝居を観て1日楽しめるから、何も予定がない休日にはもってこい。スカイツリーや浅草見物で東京にやってきた人の「宿代わり」にもおすすめだ。

ファミリー湯宴ランド小岩(東京都江戸川区南小岩)フロントで入館料金を支払ったら、リストバンドを貰って6階へ(女性は2階が浴室)。タオルと館内着はサイズごとにまとまって置いてある。嫌煙者には最悪だろうが、ロッカーが並ぶ通路の奥に、何の仕切りもなく喫煙コーナーがある。

入館したときすでに大衆演劇の夜の部が始まっていたが、「ちょっと温まってから…」と浴室へ。入ってすぐ右側にミストサウナがあって、室内からオレンジ系の甘い香りが漏れている。高温ドライサウナもあって、こちらでは14:00(休日のみ)と19:00(毎日)にロウリュサービスを行っている。どんどん遅くなってしまうが、せっかくなのでロウリュを体験するが、巨大うちわと言えどもへなへなでは熱波も弱風。

ファミリー湯宴ランド小岩(東京都江戸川区南小岩)大衆演劇は昼の部が13:30、夜の部が18:30開演で、7階大広間の湯宴座にて。5月は劇団章劇。湯宴ランドニュースによれば「芸達者な澤村章太郎座長と、美しい女形が人気の澤村蓮副座長を中心に、和気あいあいとした明るい雰囲気を持っている劇団です」。夜の部は「笹川の花会」という人情芝居、休憩を挟んで後半は舞踏ショーだが、食事しながら観ようと思ったのに、ラストオーダーは20:00、しかもメニューが和食・中華とも4種類ずつとは寂しい。熱心な客が多く、若い女性もちらほら。章劇の人気なのか、東京という土地柄なのか。

ファミリー湯宴ランド小岩(東京都江戸川区南小岩)ファミリー湯宴ランド小岩(東京都江戸川区南小岩)

さて、再び浴室へ。バイブラ湯はアロマラベンダー、寝湯のジャグジーはハイビスカス、なぜか群青色をした薬湯は宝寿湯、もうひとつのバイブラ湯は備長炭、キンキンに冷えた水風呂も備長炭。露天風呂はベランダ構造になっているため、外気に触れるのみで開放感は乏しい。こちらにはヒノキのかけらを浮かべた古代檜風呂、那須湯本温泉の白濁した湯の花を使用した岩風呂がある。温度、色、においなど、1つ1つの湯船に対してこだわりが感じられる。レモンやバラなど、フルーツや花を使用したイベント湯は毎週日曜日に開催。また、女湯には炭酸泉もあるという。

テレビ付きリクライニングシートのある休憩室は、3階が女性専用、4階が男女共用(深夜帯は男性専用)、5階が男性専用。それぞれじゅうぶんな数を備えている。食事処は4階にもあり、歌謡ショーやビンゴ大会など、毎日何かしらのイベントを開催。これらはホームページや館内で配布しているイベント案内でチェックすればよいが、盛りだくさん過ぎてよくわからない。入館料にしてもレディースデーやメンズデーなど平日なら割引サービスがあるし、食事や岩盤浴とのセットクーポンもある。月に何度も訪ねる常連客もきっと多いことだろう。

ファミリー湯宴ランド小岩(東京都江戸川区南小岩)
ファミリー湯宴ランド小岩(東京都江戸川区南小岩)

ファミリー湯宴ランド小岩
住所/東京都江戸川区南小岩8-11-7 [地図]
電話/03-3650-1126
交通/JR総武線小岩駅より徒歩2分
料金/大人2,484円(中学生以上)、小人1,296円、3歳以下無料
     深夜割増1,620円(深夜1:00以降)
     岩盤浴は別途756円
時間/24時間、年中無休

(追記-2016/2/12)
公式サイトにて2/1付けの発表によれば、店舗の老朽化や駅前再開発事業により営業継続が困難として、来る4/20をもって閉館するとのこと。

スーパー銭湯 湯処葛西(東京都江戸川区東葛西)

スーパー銭湯 湯処葛西(東京都江戸川区東葛西)スーパー銭湯のかつてのイメージといえば、郊外にあって安価かつ大衆的。この3点に尽きるのではなかろうか。近年はスーパー銭湯もさまざまなコンセプトで差別化と付加価値を打ち出しているが、都内、ましてや23区内で入浴料1000円以下となると希少。なおかつ無料駐車場250台とは驚きだ。立体駐車場もしくはビルのつくりかと想像していたが、駐車場は平置きで建物は平屋建。しかも「都内最大級の露天風呂」を謳うのだから、土地の使い方は贅沢だ。

券売機でチケットを購入。食事処を右に見ながら、奥の受付カウンターに提出。日付が変わろうとする頃に訪ねたため、食事処は客がまばら。ちなみにラーメン500円など、メニューの料金設定も驚くほど安い。もちろんセルフサービス。

各種ジャグジー、バイブラ湯、電気風呂などありきたりだが、ドライサウナとスチームサウナの2つを備え、水風呂はしっかりと冷えていた。露天風呂の「都内最大級」には疑問符が付くが、人工温泉、ラジウムイオン鉱物泉風呂、うたた寝湯など岩風呂をメインとしている。周囲にやはり客は少ないが、おじさんはサウナ、若者は露天風呂と好みは分かれるようだ。

湯あがりの休憩スペースといえば待ち合わせ用のベンチくらい。1回入浴が原則なので、食事なしでゆっくり過ごすには不向きだろう。ひと昔前のスーパー銭湯の雰囲気だが、安さと気軽さ、営業時間が深夜2時(最終入館1時)までと遅いことも魅力。しかし、安かろう悪かろうではなく、「安かろう普通」で満足いくレベルだ。

スーパー銭湯 湯処葛西(東京都江戸川区東葛西)

スーパー銭湯 湯処葛西
住所/東京都江戸川区東葛西9-3-5 [地図
電話/03-3687-1126
交通/東京メトロ東西線葛西駅よりバス「東葛西8丁目」停下車
     JR京葉線葛西臨海公園駅よりバス「東葛西8丁目」停下車
     環七通り(都道318号線)中葛西8丁目交差点より約900m
     ※無料駐車場約250台あり
料金/(平日)大人600円、小人300円
     (休日)大人700円、小人350円
     ※小人は小学生以下
時間/10:00〜26:00、毎月第3火曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ