旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

葛飾区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン

第一富士の湯(東京都葛飾区堀切) ※2015/4/14廃業

第一富士の湯(東京都葛飾区堀切)堀切菖蒲園の第一富士の湯が4月30日をもって廃業との情報を知り、そういえばこのブログで紹介するのを忘れていたな、と。インターネットで調べてみたら、機械故障のため実際には14日に廃業してしまったようだ。駅至近の立地ながら狭い路地に面して、昔ながらの佇まいをよく残している。千鳥破風に懸魚とは風格の表れ。屋号は右から左へと読む。

第一富士の湯(東京都葛飾区堀切)ブログに足跡を記さなかったのは、メモを残していなかったからだと思う。なんとなく憶えているのは、番台に折上格天井の脱衣所。そして、浴室のペンキ絵は亡き早川利光師の描いた富士山。夕暮れ時に訪ねたが、だいぶ賑わっていた印象がある。

第一富士の湯
住所/東京都葛飾区堀切2-15-13 [地図]
電話/
交通/京成線「堀切菖蒲園」駅より徒歩4分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
時間/16:00〜22:00、毎週月曜日定休

新小岩浴場(東京都葛飾区新小岩)

新小岩浴場(東京都葛飾区新小岩)神奈川県民にとって世田谷区や新宿区はなじみ深いが、墨田区や江戸川区の位置関係はかなりおぼろげだ。ましてや小岩駅が江戸川区、新小岩駅が葛飾区とは初めて知った。

新小岩といえば先日はサウナレインボーをご紹介したが、今回は新小岩浴場。こちらも南口から徒歩3分と利便性はよい。マンションの1階にあり、コインランドリーを併設。暖簾をくぐるとすぐ真正面にフロントがあり、ソファとテレビを備えたロビーもある。

洗い場は壁列と島列とがあり、全部で20コほど。湯船は座湯と寝湯のジャグジー、ミクロバイブラも稼働するショルダーネックと電気風呂。町の銭湯にしては充実した設備だが、新小岩浴場の最大の魅力といえば岩風呂だ。わずか2帖ほどの空間だが、そこだけ奥まっており、湯気とともに「じっこう」の香りが立ち込めている。広々とした湯船にのんびりつかるのも良し、岩風呂でひっそり瞑想するも良し。

新小岩浴場(東京都浴場組合)

新小岩浴場
住所/東京都葛飾区新小岩2-3-15 [地図]
電話/03-3651-8290
交通/JR総武線新小岩駅南口より徒歩3分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
時間/15:30〜22:00、毎週月曜日・金曜日定休

サウナレインボー 新小岩店(東京都葛飾区新小岩)

サウナレインボー新小岩店(東京都葛飾区新小岩)新小岩駅南口からアーケードの商店街をまっすぐ歩くこと、わずか3分。レインボーの名のごとく虹を描いた電光看板と、いくつも並ぶポスター、そしてラジカセから流れる ♪温泉サウナ銭湯〜 という聞きなじみのあるメロディー。レインボー新小岩店はいまどきホームページすらなく、クチコミも乏しいが、店頭での集客には余念がない。

サウナレインボー新小岩店(東京都葛飾区新小岩)フロントで料金を支払い、リストバンドを受け取る。バスタオルと館内着はロッカーの中に、フェイスタオルはあちこちに置いてあるから自由に使えばよい。

浴室に入ると、すぐ手前に2つの円型風呂。18℃と25℃の水風呂だ。裸婦像の台座から水が注がれている。湯船はほかに、円型ジャグジーと檜風呂。客はみなサウナと水風呂を往復するのみで、温かい湯船には浸からないとは、よくある光景なのだが。

水風呂同様、サウナも気分に合わせて入ればよい。温度の低い順に、ナノミストサウナ(60℃でよもぎの香りが漂う)、ドライサウナ小(70℃)、ドライサウナ大(100℃弱)。平日19時、休日17時/19時/21時にロウリュを開催しており、ガタイのいいお兄さんがタオルで扇いでくれる。熱波のおかわりは10回まで。

サウナレインボー新小岩店(東京都葛飾区新小岩)食事処は3階。リクライニングシートの休憩室と簡易マットの仮眠室は4階。

館内は静かで、なにより若い人が多いという印象。館内の雰囲気と客の質、あるいは館内着のおしゃれ度とは、比例する法則にあると思うのだが、やはりここでも立証された。昭和53年開店というから老舗の部類だが、最近リニューアルしたのだろうか。本八幡店は姉妹店だ。

サウナレインボー新小岩店(東京都葛飾区新小岩)サウナレインボー新小岩店(東京都葛飾区新小岩)
サウナレインボー新小岩店(東京都葛飾区新小岩)サウナレインボー新小岩店(東京都葛飾区新小岩)
(利用案内のチラシ。ご丁寧に目次がついている)

サウナ&カプセルホテル レインボー 新小岩店 ※男性専用
住所/東京都葛飾区新小岩1-49-1 [地図]
電話/03-3653-5122
交通/JR総武線新小岩駅より徒歩3分
料金/3時間コース(終日)1,500円
     休憩コース(in4:00〜out18:00)1,700円
     普通コース(in10:00〜out24:00)2,000円
     ※各延長は30分につき100円
     ※深夜割増料金1,200円(24:00〜out12:00)
     1時間コース(18:00〜21:00)60分1,200円
     朝風呂コース(6:00〜9:00)60分1,000円
時間/24時間、年中無休





(追記-2017/5/18)
サウナレインボー新小岩店の公式サイトがいつの間にか出来ていたので、リンクを貼っております。
レインボー新小岩店
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ