銭湯といえば足立」という小冊子を、足立区の銭湯で配布しているらしい。その名もズバリな名前だが、東京都組合が発行する「1010」のほかに、独自の情報媒体に取り組むとあっては非常に活動熱心な地域だと言える。銭湯の数は年々減少しているが、それでもなお足立区には多くの銭湯が残っている。我が家から電車を乗り継ぎ2時間の道のりは正直言って遠いが、「銭湯といえば足立」というからには一度は足立区を訪れなくてはならない。そうしたところ結構人さんから「じんのびを攻めてほしい」とのお達しが…。じんのびとは…?と「東京銭湯お遍路MAP」を見ると、「銭湯って寺子屋である」というPRの文章が。なんだかよくわからないまま大師前駅に降り立った。

湯処じんのび(東京都足立区西新井)湯処じんのび(東京都足立区西新井)湯処じんのび(東京都足立区西新井)

駅前にはかの有名な西新井大師。広大な境内地を突っ切り(回り道をしても良いが)、北西方向へと歩いていく。商店街は北へ。そしてコジマ電機の手前の角を西へ。住宅地の一画、西中第一公園に隣接して建つビル銭湯が「湯処じんのび」だ。ちょうど女子高生がエレベーターで降りてきたので「いまどきの娘も銭湯を訪れるのか…」と思ったら、何のことはない、3階にはカラオケルームがあるのだ。ちなみに演歌限定だが歌のレッスンも行っているようだ。講師は「コロンビアレコード じんのび雄」。おやじさん、プロ歌手なのか!

湯処じんのび(東京都足立区西新井)券売機でチケットを購入し、フロントに提出する。おやじさんが座っていらしたので「じんのびって何ですか?」と聞いてみたら、能登半島の方言で「ゆっくり、のんびり、くつろぎ」といった意味なんだとか。「じんのびしていってねー」と声を掛けてもらい、脱衣所へ。フロントの両側に暖簾が下がり、男女別となっているが、「東の湯」「西の湯」として1週間ごとに入れ替わる(火曜日が初日)。ちなみに訪れた日は男湯が「東の湯」だった。何が違うのかはよくわからないけれど。

脱衣所が狭いのか客が多いのか、周囲に気を遣いながら服を脱ぐ。ロッカーは100円返却式。洗面台には「じんのび12周年を記念してドライヤーを無料にしました」とある。建て替えを機に「湯処じんのび」の屋号にしたのだろうけど、それ以前は何と言っていたんだろう?帰り際に聞こうと思っていたが、すっかり忘れてしまった。

浴室には9つの湯船とサウナがある。数だけで言えばスーパー銭湯並みの充実ぶりだ。いちおう書き記しておくと、
 .汽Ε福癖姪嗄繕癲
 二股温泉風呂
 メルヘン・バス
 せ曲睇呂
 ノ篆緝呂
 Ε螢エスト・バス
 電気風呂
 ┻に風呂
 超音波風呂
 露天風呂
このうち「メルヘン・バス」と「散歩風呂」については商標登録を取得済なのがすごい。前者は幼児用の浅い湯船で、象のジョウロを置き、壁には日本地図が貼ってある。後者はいわゆる歩行浴で狭い通路を周回し、底に埋め込まれた小石で足ツボを刺激する。二股温泉風呂とは、北海道長万部の二股ラジウム温泉直送の湯の花、原石を使用した湯船。リクエスト・バスは電気風呂を兼ねており、この日は麦茶のような色をした薬湯だった。「忘我湯」と名付けられた露天風呂は、塀に囲まれ開放感に乏しい。オリジナルの黄色い桶には「星空を見上げて…」などと書いてあったが、天井もほとんど覆われてしまっているのだ。いまになってネットの情報を見ていると、「西の湯」は若干つくりが違っているようだ。露天風呂を大きくとり、かつひと回り大きな散歩風呂を併設しているらしい。しかも階段を上って3階にあるらしい。

この程度の規模や設備ならば神奈川県内でも珍しくはないが、湯処じんのびの特徴といえば「銭湯って寺子屋である」という理念に尽きる。公共の場でのマナーを身につけないまま育つ子が少なくない、という声はよく聞く話。これは入浴にも通じる話で、地域や他人との関わりにより、叱られて褒められて子は育つ。これまさに寺子屋というわけ。「赤ちゃんの入浴作法」「認知症予防の七箇条」「マナーの悪い人はレッドカード」などなど、脱衣所や浴室のあちこちに注意書きが貼ってある。脱衣所へと出る扉には「ペンギン上がりはみんなの迷惑」。

フロントのわきには畳敷きの休憩所がある。親子づれで「じんのび」と過ごす光景もちらほら。銭湯って単に入浴だけをする空間ではないことを改めて思い知らされる。「銭湯にして銭湯に非ず銭湯に非ずして銭湯なり」とはよく言ったもんだ。個性派の銭湯として有名な存在らしい。

湯処じんのび(東京都浴場組合)
湯処じんのび(銭湯といえば足立)

湯処じんのび
住所/東京都足立区西新井6-43-4 [地図
電話/03-3890-8417
交通/日暮里・舎人ライナー西新井大師西駅より徒歩9分
     東武大師線大師前駅より徒歩11分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナは別途料金。大人800円、小学生500円(いずれも入浴料込み)
時間/14:00〜25:00(日曜日は12:00〜25:00)
     毎週月曜日定休