旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

足立区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン

大谷田温泉 明神の湯(東京都足立区大谷田)

大谷田温泉明神の湯(東京都足立区大谷田)大谷田と聞いてもどのあたりなのかピンとこない時点で、遠方からの客の呼び込みには不利な気もするが、電車とバスを乗り継いで片道2時間以上かけて訪ねる客などそうそういなかろう。亀有駅北口からバスで約10分、大谷田バス停で降りると、大きな看板とともに源泉掘削時の櫓が見える。温泉マニアなら櫓とすぐにわかるが、知らない人にとっては鉄骨のガラクタにしか見えないだろう。敷地の奥まったところに建物があり、1階は駐車場。玄関は通りに面していないから探すのに苦労した。

大谷田温泉明神の湯(東京都足立区大谷田)階段またはエレベーターで2階に上がると、すぐ真正面にフロント。券売機でチケットを購入する。食事処との間にはきちんとした仕切りを設けず、大きなワンフロアの中に手もみ処なども備えている。喫煙室にいたっては暖簾だけで仕切っており、集煙機はつい最近設置したような話をほかの客がしていた。食事処にも喫煙可のスペースを広く設けているし、愛煙家に優しいと言うべきか、完全分煙が徹底されている神奈川県からすると随分緩いと言うべきか。

大谷田温泉明神の湯(東京都足立区大谷田)脱衣所のロッカーも下駄箱同様、100円リターン式。浴室寄りの流し台は研ぎ出しなので、懐かしく感じる人も多いだろう。浴室はもっと懐かしさに溢れており、まるで東北か九州の湯治場温泉を訪れているかのよう。浴槽全てに「天然ひば」を使用したという「大ひば風呂(ぬる湯・あつ湯)」をメインとした室内は、天井が低くて薄暗く、窓から入ってくる日差しがまぶしい。大ひば風呂ではじっと湯につかるのみ。ジャグジーなど余計な設備を持たないのが潔い。温泉を使用しているのは大ひば風呂だけで、泉質の特徴は塩分を多く含むこと。海水のように塩辛く、ぬる湯でもぽかぽかと温まる。ちなみに地下1,300mから湧出しているという。

大谷田温泉明神の湯(東京都足立区大谷田)

大ひば風呂のある内湯とは対照的に、露天風呂はどこにでもあるスーパー銭湯の雰囲気。都内にありながらゆったりとしており、また周辺に高層のたてものがないことから、むやみに塀で囲まれていないのがプラス評価。「薬師の湯」と名付けられた岩風呂はあつ湯、ぬる湯、寝湯の3つに分かれている。もう1つの岩風呂は「人肌の湯」の名のとおり、いわゆる不感温度で、奥まった位置にあるため静かにゆったりと入浴できる。ほかに露天にはひのき風呂、サウナは源泉蒸し風呂(スチーム)と高温乾式の2種類。

大谷田温泉明神の湯(東京都足立区大谷田)

露天風呂を重視するあまり、内風呂がおざなりとなった施設が多いなか、大ひば風呂の雰囲気は他の施設と一線を画す。週1回は源泉かけ流しの日を設けており、また毎月第3木曜日の「明神の日」は、大人600円の割安料金で利用できる。食事とのセットプランも打ち出しているので、お出かけの際にはホームページのイベントカレンダーをチェックするとよいだろう。

大谷田温泉明神の湯
源泉/大谷田温泉(ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/東京都足立区大谷田1-18-1 [地図
電話/03-5613-2683
交通/JR常磐線亀有駅北口よりバス約10分「大谷田」停徒歩1分
     環七通り「大谷田橋」交差点より約450m
     ※無料駐車場90台分あり
料金/平日:大人900円、小人500円、幼児300円
     休日:大人1,200円、小人600円、幼児400円
     朝風呂(12:00までに入館)600円
     夜風呂(21:00以降に入館)600円
時間/10:00〜24:00、毎月第3火曜日定休

THE SPA西新井(東京都足立区西新井栄町)

THE SPA西新井(東京都足立区西新井栄町)最近はサウナ室で行われる「ロウリュ」を目当てに温浴施設を訪ねることが多いが、今回向かったのは足立区は西新井。その名もズバリ「THE SPA西新井」。東武伊勢崎線の西新井駅より徒歩3分の好立地にあって、スポーツクラブを併設。世田谷区の「THE SPA成城」の姉妹店として、平成20年にオープンした。

THE SPA西新井(東京都足立区西新井栄町)サイゼリアなどがテナントとして入居するするビルの3〜4階が温泉施設、5〜6階が系列のフィットネスクラブ。エントランスには券売機もあるが、今回は「温泉ぴあ」の半額クーポンの利用であるため、入館料金を含め飲食などは退館時の精算。フロントではリストバンドを受け取る。

浴室内には温泉浴槽と5種類のジャグジー(女湯はシルキーバス)、ドライサウナと水風呂。都内に湧く温泉といえば「黒湯」をイメージするが、こちらは無色透明。しかも塩分を多く含んでおり、海水にも似た肌ざわりや匂いを実感できる。その塩分量たるやテレビ番組のランキングで紹介されたという。露天風呂は岩風呂(正確に言うと縁に岩をいくつか並べただけ)に加え、男湯が寝ころび湯、女湯がつぼ湯。いずれの湯船でも温泉を使用しているが、岩風呂のお湯はうっすら茶褐色。地下1,500mから湧出しているという。

都内の温泉・塩分ランキング
1位:葛飾区「古代の湯」32.277mg/kg
2位:豊島区「染井温泉SAKURA」31.528mg/kg
3位:足立区「THE SPA西新井」29.039mg/kg
※ナトリウムイオン(9855mg)、カリウムイオン(134.0mg)、
 塩素イオン(19050mg)、硫酸イオン(0.3mg)の合計
(朝日放送系「みんなの家庭の医学」)


こちらの施設のもうひとつの売りが、サウナ室で行われているロウリュ。毎週水曜日〜金曜日は20:00、土日は18:00に行っている。口コミサイト「@nifty温泉」の突レポには、スーツ姿の熱波師が登場すると紹介されていたが、これはイベント開催時。この日は定刻より少し遅れてTシャツ姿の熱波師3名がやってきた。タワー式の室内には常連客を中心に20人ほどが詰め掛け、すでに熱気むんむん。熱波師のトリオ漫才のようなトークが繰り広げられたあと、ようやくロウリュを開始。

ところで、このサウナは遠赤外線式のため、どうやってロウリュを行うのかと思いきや、バケツの中には焼けた石が入っており、そこにアロマオイルを投入。いわゆる「バケツ熱波」だった。発生する蒸気は少ないが、立ち上ったらすぐさま熱波師がタオルで煽ぎ、室内の空気を回旋。そのあと1段目の客より30発、2段目の客には50発というふうにハードルが上がっていく。「パネッパパネッパ…」の掛け声に応えるように、最後は「パネスゲー」で終了。サウナ室は異空間と化していた。

THE SPA西新井(東京都足立区西新井栄町)

レストランは3階、休憩室やマッサージ、岩盤浴(別途:30分600円)は4階にある。個別のテレビ付きリクライニングチェアの「リラックスラウンジ」、畳敷き大広間の「お休み処」、壁面に珊瑚を使用した中低温の「サンゴオンドルルーム」は、いずれも無料で利用できる。長時間ゆったり寛ぐことを目的とするならば、都内に数ある温浴施設の中でも屈指のコストパフォーマンスだと言えるだろう。特色ある温泉、ロウリュ、リラックス空間の3つの柱を軸とし、連日開催のイベントで確実な集客を図っている。



THE SPA西新井
源泉/大師の湯(ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/東京都足立区西新井栄町1-17-10 [地図
電話/03-5888-1526
交通/東武伊勢崎線・大師線西新井駅より徒歩
     ※駐車場112台分あり(2時間まで無料)
料金/(平日)大人1,000円、小人500円
     (休日)大人1,200円、小人600円
     ※小人は3歳〜小学生
     ※全国のセントラルスポーツ会員は入館料50%OFF
時間/10:00〜23:30、年中無休

(追記-2017/1/24)
昨年12月より深夜営業を開始。営業時間は11:00〜翌9:00に。
23:30以降に滞在の場合は、深夜料金として別途2,160円を加算。
ただし、2:00〜6:30までの間は浴室清掃のため入浴不可。

現在の入館料
(平日)大人1,020円、小人510円
(休日)大人1,230円、小人610円
(朝風呂6:30〜9:00)大人540円、小人270円

梅の湯(東京都足立区千住旭町)

梅の湯(東京都足立区千住旭町)古くは日光街道の宿場町として、現在は常磐線や東武電車など5路線が乗り入れるターミナル駅。北千住は足立区きっての繁華街だが、駅徒歩圏にはまだまだ多くの銭湯が残っている。そもそも「銭湯といえば足立」という小冊子が配布されているほど、下町情緒にあふれている地域なのだ。そして北千住駅よりいちばん近い銭湯が、東口(電大口)の梅の湯。なんと徒歩1分という好立地だが、クラシカルな佇まいは健在。千鳥破風+唐破風の屋根には懸魚の装飾、屋号染め抜きの暖簾、玄関口には鯉の滝登りを描いたタイル絵。昭和30年の建築だという。

梅の湯(東京都足立区千住旭町)番台だけは改修されており、玄関のほうを向いていた。脱衣所の監視はカーブミラーにて。身長計や体重計のほかに、ぶら下がり健康器も。浴室に入って目を引くのは、湯船の上に描かれた大きなペンキ絵。男湯には富士山が描かれている。中島盛夫師によって昨年5月に描き替えられたもの。

洗い場は窓側より7つ、中央島列が6-6(シャワーなし)、間仕切壁側に6つのカラン+立ちシャワー2つ。湯船は深湯と浅湯の2つが並んでおり、どちらも同じくらいの大きさ。深湯には腰掛けのジャグジーが、浅湯にもジャグジーが1基。さらには「岩盤泉」と称するセラミックタイルが座面と背中に当たるようにして、計3つ設置されている。天然鉱石を粉末細粒にし、焼成したもので、銭湯ではたまに見かけるもの。いわゆる「ガリウム温浴泉」でもあるから、ラジウム温泉全面推しとも言える。

「遠赤外線鉱泉浴場」なる看板もあって、長々とした能書きによれば、活水炉過器を使用することで血行促進などに効果があるとか…。ともかく、下町ならではの熱めのお湯でぽかぽか。しかも湯冷めしないで電車に乗れるという、素晴らしい銭湯だった。

梅の湯(東京都浴場組合)
銭湯といえば足立(足立区浴場組合)

梅の湯
住所/東京都足立区千住旭町41-11 [地図
電話/03-3881-6310
交通/北千住駅東口(電大口)より徒歩1分
   (JR常磐線、東武伊勢崎線、つくばエクスプレス、東京メトロ日比谷線・千代田線)
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/16:00〜24:00、不定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ