旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

豊島区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

池袋サウナ&カプセル&オアシス(東京都豊島区池袋)

池袋サウナ&カプセル&オアシス(東京都豊島区池袋)池袋は言わずと知れた都内指折りの歓楽街。その池袋でサウナ3時間990円とは驚きの安さだ。しかし、安かろう悪かろうでは困ったもの。そもそも、安いには理由がある。西口より徒歩4分の好立地は、キャバクラなどの客引きが闊歩していかがわしく、サウナオアシスのビルはテナントの派手な看板が雑多に並ぶ。サウナの受付は3階。エレベーターを降りると、すぐ目の前にフロントがある。料金を支払い、ロッカーの鍵とタオル、館内着を受け取る。

池袋サウナ&カプセル&オアシス(東京都豊島区池袋)エレベーターで9階に上がるとサウナがある。ビジネス客や長期滞在客が多いのか、洗濯機が並んでいるが、これも安いサウナには付き物。自販機や両替機は故障中。そして、棚回りは湿気たにおい。浴室に入ると、まずボディシャワーは故障中。ジェットバスもたぶん故障したのであろう。スノコで蓋をして、ごろ寝デッキに。といったわけで利用できるのは、麦飯石風呂、水風呂、カラカラに乾いた高温サウナ。(写真は公式サイトより転載)

池袋サウナ&カプセル&オアシス(東京都豊島区池袋)浴室内の階段を上がると、10階は展望風呂。しかし、窓の外に見えるのは雑居ビルの派手な看板。しかもガラスが汚くて眺めは悪い。かつてはスチームサウナもあったようだが、完全に物置と化していた。ちなみに扉は開きっぱなし。アカすりコーナーもあって、浴室のあちこちで宣伝しているが、果たして利用客はいるのだろうか。浴室自体は吹き抜けになっており、客が少ないせいもあって湯気が立たず寒々しい。(写真は公式サイトより転載)

池袋サウナ&カプセル&オアシス(東京都豊島区池袋)休憩室にはリクライニングシートが並ぶ。ボディケアや食事処もあるが、平日だからか閑散としていた。しかし、サウナーのヨモギーさんの話では休日はだいぶ混雑するという。風呂に入るだけ、もしくはカプセルや客室で寝るだけと割り切るなら安いし、駅に近くて便利。かなり年季の入った店だが、あちこち修繕すればもっと客は増えるはず。現状では全てにおいてイマイチという印象しかない。(写真は公式サイトより転載)

池袋サウナ&カプセル&ホテルオアシス ※男性専用
住所/東京都豊島区池袋2-7-3 [地図]
電話/03-5928-1078
交通/JR池袋駅西口より徒歩4分
     東京メトロ丸ノ内線・有楽町線池袋駅C6出口より徒歩1分
料金/90分990円、3時間1,290円、15時間1,990円
時間/24時間、年中無休

平和湯(東京都豊島区池袋)

平和湯(東京都豊島区池袋)池袋西口から徒歩圏に銭湯は2軒。昔ながらの佇まいを残す新栄湯は残念ながら現在休業中。もう1軒は平和通りの平和ビル地下にある平和湯。素晴らしくわかりやすい屋号だ。

階段を下りていくと、「路上生活者の利用はお断りします」という注意書き。土地柄なのだろう。フロントでロッカーの鍵を受け取り、脱衣所へ。体重計とベンチしかなく、いたって普通。

平和湯(東京都豊島区池袋)浴室はこじんまりしているが、ビル銭湯のわりに天井は高い。洗い場のカランの並びは、壁列にL字で2-7、反対側の壁列は3+立ちシャワー2、島列は5-5。湯船は1つしかないが、バイブラとジャグジー2基が付いている。

地下とはいえ空堀に面しており、湯船の後ろに大きく窓を設けている。北千住の大黒湯を写した「レッツエンジョイ東京」のポスターを眺めながらの入浴。給湯にはボイラーでなく、ヒートポンプを使用しているとか。空気を利用した熱交換システムで、二酸化炭素の排出量削減に効果的なことから、近年注目を集めている。これを町の銭湯が導入しているとは珍しい。

風呂あがりにあらためてビルを眺めていたら、3階に「サウナフォンテーヌ」の看板。現在は改装してパーティースペース「BATHROOM」として営業しているようだ。

平和湯
住所/東京都豊島区池袋2-64-11 [地図
電話/03-3971-7820
交通/池袋駅北口より徒歩5分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜25:00
     毎週月曜日定休(26日ふれあい入浴デーは翌日休み)

東京染井温泉Sakura(東京都豊島区駒込)

東京染井温泉Sakura(東京都豊島区駒込)「おばあちゃんの原宿」「とげぬき地蔵」で有名な巣鴨。駅を出たらすぐ目の前に「東京染井温泉sakura」の無料送迎バスが停まっていた。歩いてもわずか8分の距離なのにバスを走らせるとはなんという贅沢な施設か。バスは隣接するスイミングスクールの送迎を兼ねており、日中は10分おきに運行しているのだからすごい。

東京染井温泉Sakura(東京都豊島区駒込)通りのどん突きに門を構え、入口には警備員を配置。スイミングスクールの送り迎えのママチャリがひっきりなしに通るが、車は入って来ないのでとくに危ないわけではない。バスといい警備員といい、その経費は入館料金に上乗せされているのだろう。しかし、温浴施設らしくないモダンな外観、庭園を眺める食事処には高級感にあふれ、上品かつ丁寧なスタッフの接客。入館料1,260円でこの非日常空間を満喫できると思えば、むしろリーズナブルにも感じる。

ところで「染井」とはこの一帯の古い地名で、ソメイヨシノの名の由来でもある。それにちなんで「○○桜の湯」などと名付けられている湯船もあるが、ここではわかりやすくジェットバスやぬる湯などと表記したい。

東京染井温泉Sakura(東京都豊島区駒込)東京染井温泉Sakura(東京都豊島区駒込)

ジェットバスは配置や向きによってデッドスペースを生み出してしまいがちだが、こちらではわずかな空間を坪庭に演出する凝りよう。その隣は約38℃のぬる湯(檜風呂)で、温泉を使用している。湯船内の浅い部分に横たわり、うたた寝している人を見て、ここは都会の湯治場だな、と。浴室内には他にサウナと水風呂がある。露天風呂はシルキーバスと、温泉を使用したあつ湯(岩風呂)の2つ。塀に囲まれ景色を眺めることはできないが、静けさが何よりの贅沢。

露天風呂の片隅には岩盤浴室があり、こちらは予約制で、しかも25分・平日1,050円(休日1,260円)と強気な料金設定。高千穂で産出する天照石の一枚岩を使用しているというから贅沢な話だが、果たして効果はいかほどのものか。

東京染井温泉Sakura(東京都豊島区駒込)東京染井温泉Sakura(東京都豊島区駒込)

温泉は地下1800mの大深度掘削で、湧出時は無色透明だというが、湯船ではウーロン茶のような色(琥珀色と表現している)。塩分を多量に含むから、ぬるめの温度でも身体がよく温まる。若干の油臭が漂うのも特徴。

東京染井温泉Sakura(東京都豊島区駒込)休憩スペースは2階にあるというので階段を上がってみたら、クラシカルなソファや調度品など「サロン」の名にふさわしく、まるで洋館を訪ねているかのよう。隣り合わせで談話室があり、こちらは思いっきり和の空間。畳敷きの広間だが、いくつか囲炉裏が設えてある。緊張してとてもリラックスできる雰囲気ではなく、また小さな子供づれは遠慮したほうがよさそう。18歳未満入室禁止のリラクゼーションルームには、テレビ付きのリクライニングシートが並んでいる。ほかに、ボディケアやエステサロンもあり、都会のセレブはこういうところでお金を使うのだろうなぁ、と勝手な推測をする。

「都会の隠れ家」とはありきたりな表現だが、都内にいながらにして上質な時間を過ごせるとするならば、つまらない温泉場を旅するよりよほど有意義だ。

東京染井温泉Sakura
源泉/東京染井温泉(ナトリウム−塩化物強塩泉)
住所/東京都豊島区駒込5-4-24 [地図
電話/03-5907-5566
交通/JR山手線巣鴨駅北口・都営三田線巣鴨駅A1出口より徒歩8分
     ※無料送迎バスあり
     JR山手線駒込駅・東京メトロ南北線駒込駅3番出口より徒歩10分
料金/大人1,260円、子供735円(3歳〜小学生)
時間/10:00〜23:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ