旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

杉並区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

なごみの湯(東京都杉並区上荻)

なごみの湯(東京都杉並区上荻)最近ロウリュを体験していないなぁと、荻窪のなごみの湯へ。事前にホームページで確認したところ、岩盤浴(ヒーリングスパ)では1時間おきに、熱さレベル5段階のスケジュールで開催している。入館料2,000円とはハイソな部類だが、タオルや館内着のセットが付いて、リクライニングシートでのんびり過ごせると思えば、都内では貴重な存在か。

新宿から荻窪までは最短10分。そして、荻窪駅西口から徒歩1分という利便性の良さ。岩盤浴が割引きとなる20時以降を狙って訪ねたら、フロントには客が列をなしていた。地下1階・地上5階建のビルは、男女の浴室、食事処、岩盤浴などがフロアごとに分かれている。まずは入館受付を済ませ、男湯のある4階へ(女湯は2階)。フロントで渡されるカードは、ロッカーの扉に挿し込む。館内での飲食などは、鍵に付いたバーコードを使用する。

なごみの湯(東京都杉並区上荻)

浴室にはジャグジー、バイブラ湯、炭酸泉、水風呂とひと通り揃っている。室内はスーパー銭湯によくある合理的な配置ではなく、むしろコンパクトな健康ランド。茶褐色の温泉は半露天の湯船とつぼ湯のみで使用。ぬるめの湯加減だから長湯して楽しめる。高い塀に囲まれているのは場所柄やむを得ず、わずかに外気を感じるのみ。

サウナは3室。ロッキーサウナは板を張り替えたばかりか、真新しい木の香りが漂う。ボナサウナは壁の裏から熱気が対流するが、換気が悪く、蒸されたサウナマットから嫌なにおいがした。ほかにスチームサウナがある。ちなみに女性はロッキーサウナとミストサウナの2室がある。

なごみの湯(東京都杉並区上荻)岩盤浴は5階にあって、まずは目当てのアツアツ熱風隊ロウリュウ(レベル4)を体験。開始前から今や遅しと客が待ち構え、20人程が集まった。円形の室内中央に置かれたサウナストーブにアロマ水をかけ、1周しながらタオルで熱気を回旋、客に熱気を送りながらもう1周という流れ。これを4回に分けて行うのだから、滝のように汗が噴き出す。ヒーリングロウリュウ(レベル1)では、天井からシャワー状に水が降り注ぐ。

ロウリュウは盛況だったのに、岩盤浴室はまばらにしか客はおらず。床がタイル張りの岩盤浴室は3階にもあるが、わざわざ移動するのが面倒。色彩効果を演出したベンチ型(カップルシート)の部屋と、岩塩を敷きつめたドーム型の部屋もあるが、岩盤浴のイメージではなくて戸惑う。むしろリラックス空間だと思えばよいか。

なごみの湯(東京都杉並区上荻)地下1階のレストルームには、テレビ付きのリクライニングシートが並ぶ。深夜料金を支払えば朝まで滞在できるから、気軽な宿代わりにもなる。女性専用として2階と5階にも部屋も設けており、女性に優しい店だとも言える。また、リクライニングシートは追加料金で事前予約も可能だ。休憩スペースに関しては、家族や仲間でわいわい過ごすには適さず、独りまたは少人数向け。今回は慌ただしく時間が過ぎて行ってしまったが、半日ないし1日を満喫するつもりなら、遠くの温泉地よりアクセス良好な荻窪となるのだろうか。

なごみの湯
源泉/武蔵野温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/東京都杉並区上荻1-10-10 [地図]
電話/03-3398-4126
交通/JR中央線・東京メトロ丸ノ内線荻窪駅西口より徒歩1分
料金/大人2,000円、小人1,050円、幼児530円
     ※大人は中学生以上、小人は4歳〜小学生、幼児は3歳以下
     ※岩盤浴は平日450円、休日1日券800円・時間制450円
     朝風呂入館(5:00〜9:00)1,250円
     深夜料金(25時以降滞在)1,350円
時間/10::00〜翌9:00(休日は9:30〜翌9:00)

サウナサンデッキ(東京都杉並区高円寺南)

サウナサンデッキ(東京都杉並区高円寺南)中央線の車窓からもちらっと見えるサンデッキの看板。ねじめ正一の小説や阿波踊りで知られる高円寺唯一のサウナ店だ。中野からの高架線と環七通りが立体交差する辺りだが、駅前の賑わいとは無縁で、むしろ郊外の雰囲気すら漂う。レンガ調の外壁のビルは、1階と2階が兼業する貸しスタジオ、3階がサウナだ(受付は2階)。ちなみに、かつて2階には「つかさ湯」という銭湯があったようだ。

サウナサンデッキ(東京都杉並区高円寺南)指定された下足箱を使用し、その番号のロッカーキーと歯ブラシとカミソリを渡される。利用コースは35分、70分、90分、3時間…と細かく設定しており、いずれも300円ずつ高いなぁというのが率直なところ。6時間と12時間コースなら昼割りもあるが、需要があるのかいざ知らず、そんなに長い時間を過ごすほど魅力ある店だとはどうしても思えない。

サウナサンデッキ(東京都杉並区高円寺南)階段を上って3階には休憩室、ロッカー、浴室が隣り合っている。平日の昼下がり、客は全体でも4〜5人しかおらず、館内は静寂に包まれていた。浴室には湯船が3つ並んでおり、押しボタン式のジャグジーもある高温浴、冷水バイブラ、打たせ湯のある水風呂といった具合。割合で言えば高温浴はおまけ。硬派なサウナーなら潔しと評価するかもしれないが、世間的には全く受け入れられないだろう。

サウナサンデッキ(東京都杉並区高円寺南)こじんまりとした浴室において、およそ半分の面積を占めるのは、やはり主役のサウナ室だ。6帖程の広さで、ベンチがコの字型に並ぶ。それなりに年季は入っているが、とくに不満なしと思った矢先、最悪の光景が。おっさんがサウナストーブに濡れタオルをジュワッと絞るもんだから、湿気た嫌なにおいが室内を充満。手慣れた様子を見る限りでは常連客なのだろう。(写真は公式サイトより転載)

サウナサンデッキ(東京都杉並区高円寺南)休憩室はご覧のように閑散としたもので、奥の方では泥のように爆睡するおっさんの姿も。昼割りはこういう人に歓迎されているのだろう。小さなテレビを観ているだけでは退屈すぎるし、食事をするにも勇気が要る。高円寺のくたびれた一面を見ているようで、場末感たっぷりのサウナ店だった。精算をしようと2階のフロントに降りたら、店員さんは1人しか居ないのか、3階から急いで降りてきた。

サウナサンデッキ ※男性専用
住所/東京都杉並区高円寺南4-39-17 [地図]
電話/03-3315-2003
交通/JR中央線高円寺駅南口より徒歩6分
料金/35分850円、70分1,150円、90分1,350円、3時間1,700円など   
時間/24時間

荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井) ※2016/10/30閉店

荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)閉店情報に触れ、初めて「荻窪ラドン・サウナセンター」の名を知った。どんな店かと調べてみても、公式サイトはないし、訪ねた人の声も僅かしかない。駅前ならまだしも、住宅地にあってはさもありなん。ちなみに併設する銭湯(亀の湯)は、今後も営業を続ける。サウナは設備老朽化によって閉店するが、休憩室など何かしらに転用できないものか。

荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)フロントでは下足箱とロッカーの鍵を引き換え、大小タオルと館内着を受け取る。サウナでは珍しく、料金は後払いだ。下足箱は男性用と女性用が色分けされ、そこで「女性も利用できるのか!」と理解。とはいえ女性客は少なさは容易に想像できる。なにしろ男性客ですら少ないのだから。子供料金の設定もあるが、ここに連れられてくる子供はたくましい人生を歩んでいることだろう。

荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)階段を降りると浴室。つまり、この建物の1階には銭湯と合わせて、男女4室が並んでいるのか。サウナで訪れても、浴室はまるで銭湯。違いを強いて言えばシャンプーやヘチマ(!!)などを備え付けている点か。

クナイプハーブのプレートを掲げているけれど、入浴剤は入っていないジャグジー。蛇口の水を出しっ放しにしている水風呂。効果効能を最大限取り入れるべく、ガラスで遮られたラドン室。いちばん奥には高温サウナ。突き刺す熱さは、おそらく100℃を超えている。先客はおじいさんが1人。日が暮れる頃になって、他に2人やって来た。

荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)男女ペアの客がいないせいか、共用の休憩室は照明が消えていた。畳敷きで集会所のような雰囲気だ。ロッカー室に隣接した男性休憩室には、リクライニングシートがL字型に並ぶ。なんと灰皿は2席に1つずつ。例えて言うなら、ひと昔前の重役会議室か。そして、テレビの前は実家のような寛ぎ。古き良き社交場も役目を終えたのか、客がいないのが寂しい。

荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)
荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)荻窪ラドン・サウナセンター(東京都杉並区桃井)

荻窪ラドン・サウナセンター
住所/東京都杉並区桃井1-35-9 [地図]
電話/03-3394-1126
交通/JR中央線・地下鉄丸ノ内線荻窪駅よりバス「清水2丁目」停徒歩1分
     荻窪駅または西武新宿線井荻駅より徒歩20分
料金/大人1,200円(19時以降1,000円)、小学生以下500円
時間/13:00〜21:00、毎週月曜日定休

湯の楽代田橋(東京都杉並区和泉)

湯の楽代田橋(東京都杉並区和泉)京王線新代田駅のすぐ北側には甲州街道が、しかもその上は首都高が通っており、駅前風景などまるでない。車に乗る人ならば、甲州街道と環八の大原交差点と言った方がピンとくるかもしれない。

湯の楽代田橋は駅至近の甲州街道沿いにある銭湯で、「湯あそびひろば」とご機嫌なキャッチフレーズ。まずは券売機でチケットを購入し、フロントへ。最近では浴室にシャンプーやボディソープを常備する銭湯も多いが、こちらではフロントで貸し出し。浴室は「かぐら」「いずみ」が男女日替わり。ジャグジーやサウナの種類が異なるようだ。

湯の楽代田橋(東京都杉並区和泉)訪ねた日は男湯が「いずみ」で、写真にもあるようにエステバス、かたたたき、ヘルツバス、水風呂、別料金の高温サウナ。小さいながらも露天風呂まであって、畳2帖ほどの空間が吹き抜けている。残念ながらどの湯船も満足に手足が伸ばせるものではないが、さながら都会のオアシスか。とくに若い世代が目立つのはこの街の特徴なのかもしれないし、コンビニ感覚で立ち寄れる気軽さと、何よりも現代的できれいな銭湯だからだろう。

湯の楽代田橋(杉並浴場組合)
日本お風呂温泉倶楽部-お湯ニストインタビュー

湯の楽代田橋
住所/東京都杉並区和泉1-1-4 [地図]
電話/03-3321-4938
交通/京王線代田橋駅より徒歩4分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
     サウナは別途350円
時間/15:00〜24:30(日曜日は14:00〜24:30)
     毎週木曜日定休

高井戸天然温泉 美しの湯(東京都杉並区高井戸西)

美しの湯(東京都杉並区高井戸西)スポーツクラブに併設した温浴施設は意外と多い。スイミングプールと風呂は水の設備や管理で共通するし、ジムで汗を流したら風呂に入りたくもなる。会員制を採用している施設もあれば、会員とビジターで料金の差別化を図っている施設もあり、運営形態はさまざま。杉並区の「美しの湯」はナフスポーツが運営する日帰り温泉施設で、非会員でも気軽に利用することができる。井の頭線高井戸駅より徒歩2分と交通の便もよく、平日なら1,000円未満と都内では良心的な料金。高井戸小学校の隣のマンションを突っ切ると、裏手にある建物が美しの湯。

美しの湯(東京都杉並区高井戸西)券売機でチケットを購入し、フロントに提出すると脱衣所ロッカーで使用するカードを渡される。ビジター用の好きな箇所を使えばよいが、ロッカー扉の裏にカードを挿入しないと閉まらないという、初めてだと戸惑う仕組み。浴室に入ると掛け湯からして温泉を使用。室内には大浴槽のほか、水風呂、高温サウナ、そして多彩なジャグジーはスポーツクラブ併設店ならではか。

露天風呂もさして広くはなく、派手さもなく。大小の岩風呂をメインとし、小さい方は「絹の湯」「炭酸泉」が週替わりとなる。どちらも人気があるはずなのに贅沢な話だが、近所の利用者は毎週楽しみにしていることだろう。大きな岩風呂は「上の湯」「下の湯」という名の通り、温泉の流れによって温度差をつけている。源泉はウーロン茶のような色をしており、地下1600mから湧出しているという。都心の黒湯で塩化物強塩温泉とは珍しいように思う。半身浴でもぽかぽかとよく温まる。露天側にある「縄文釜風呂」は低温スチームサウナのことで、雰囲気からしても縄文や釜風呂はまったくイメージできず。

都心の施設ゆえ開放感は期待していなかったが、高く設けた板塀に圧迫感はなく、岩風呂の背後には緑を眺める。地図で見ると隣地は広大な栗農園。もう一方で隣接する小学校の校庭からは、元気な声が聞こえてくる。周囲に高い建物がないことは都内では貴重だ。

食事処などは地下1階にある。スポーツクラブと共有しているせいか、軽食コーナーのような雰囲気。価格もわりと低料金だったりする。そして、入館料1,000円未満の施設では珍しく、リクライニングシートの休憩スペースも完備。温浴施設としては全てにおいてコンパクトだが、スーパー銭湯愛好家のニーズは満たしており、派手さがないぶん穴場的な魅力がある。1階ロビーでも寛ぐことはできるが、多くの人が眺めていたモニターには温水プールが映し出されていた。地下1階にあるプールは土日祝日に限り、ビジター客も利用できる。

美しの湯(東京都杉並区高井戸西)

美しの湯
源泉/高井戸天然温泉(ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/東京都杉並区高井戸西2-3-45 [地図
電話/03-3334-0008
交通/京王井の頭線高井戸駅より徒歩2分
     環八通り高井戸駅至近
     ※共用駐車場150台分あり(5時間まで無料)
料金/(平日)大人900円、子供700円
     (休日)大人1,200円、こども1,000円
     (休日22:30以降)大人900円、子供700円
時間/9:30〜24:00、不定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ