旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

渋谷区

八幡湯(東京都渋谷区富ヶ谷)

八幡湯(東京都渋谷区富ヶ谷)八幡湯を訪れたのは雪の降りしきる夜だった。その夜は、小田急で相模川を渡ったとたんに雪が舞い始め、多摩川を渡った頃には本格的に降ってきた。新宿で用事を済ませた頃には歩道にも3センチほど雪が積もり、手足はすっかり冷え切っていた。帰りにどこか銭湯に寄ろうと考えていたが、雪道を歩きたくないので、どこか駅から近いところへ…。そこで訪れたのが代々木八幡にある「八幡湯」だった。小田急線の代々木八幡駅と地下鉄千代田線の代々木公園駅は極めて近接しているが、「東京銭湯お遍路マップ」によると、八幡湯は両駅の中間に印が付いている。どこだろうかと適当に入った、一本目の路地に面して八幡湯はあったが、その裏手はなんと代々木八幡駅下り線のホームに面していた。

外観は新しくしているが、建物は築後50年以上を経過しているという。フロントのおばちゃんは、「こんな天気のときは早く閉めようかしら」などと言うが、そのわりには若者が多い。そういえば地域柄なのか、通りも若者が多かった。脱衣所の真ん中と壁際にロッカーがあり、テレビも備えている。開運祈願の大きな枡が積み重ねて飾られていた。ロビーでくつろぐことを前提としているためか、脱衣所自体はたいして広くはない。

八幡湯(東京都渋谷区富ヶ谷)浴室は島のカランが2列と壁際に3つずつ。すべてに固定式のシャワーが付いており、ほかに立ちシャワーも2つある。奥に湯船があって、座湯ジャグジー、電気風呂、バイブラ湯。決して大きくはないけれど、ひととおり揃っている。冷え切った身体にじんわりしみる温かさだけど、ちょっとぬるいかなぁという気も。ちなみに女湯のみにサウナがあるという。

ペンキ絵は、立山連峰を背景にして走る富山ライトレール(LRT)で、丸山清人氏の作。銭湯といえば富士山が多いけれど、こうした題材は珍しい。先代だか先々代だかは富山の出身らしいが、今回の題材は富山市PR事業による。都内にある5軒の銭湯が共同となって富山県にまつわる題材を描いているのだという。詳細はこちら、もしくは左の画像にて。

駅前銭湯の立地が魅力。また、代々木公園を走るランナーの御用達でもあるようだ。新宿からわずか3駅であるのに庶民的な風情もあって、暮らしやすい町だろうなと思う。

八幡湯(東京都浴場組合)

八幡湯
住所/東京都渋谷区富ヶ谷1-2-10 [地図
電話/03-3468-0337
交通/小田急線代々木八幡駅南口より徒歩1分
     東京メトロ千代田線代々木公園駅八幡口より徒歩1分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:30〜24:00、毎週金曜日定休

さかえ湯(東京都渋谷区東)

さかえ湯(東京都渋谷区東)渋谷を訪れたのは10年ぶりだろうか。学生の頃はセンター街で遊んだりもしたが、いまは目的もなくぶらつく歳じゃない。すっかりご無沙汰な渋谷だったが、昔と変わらず若者であふれていた。そんな渋谷にも駅徒歩8分のところに銭湯があった。「東京銭湯お遍路マップ」によると昔ながらの番台式。クラシカルな佇まいを想像して出掛けたが、実際には小規模なマンションの1階で営業をしていた。明治通りの並木橋交差点からだと、渋谷川と東横線を過ぎて、細い路地と立体で交差する角に建つ。

さかえ湯(東京都渋谷区東)通り側の目印はコカコーラのマークが入った小さな電飾看板。路地には階段で下りていく。外壁にペンキで落書きされているのが、いかにも渋谷らしい。決して褒められた行為ではないが。暖簾の向こう側は業務用通路のような雰囲気で、右手に洗濯機と乾燥機が並び、左手に銭湯の入口がある。

さかえ湯(東京都渋谷区東)番台には若いお兄さんが座っていた。ビル自体が小規模であるため、脱衣所はあまり広くはない。L字型にロッカーが並び、丸椅子がいくつか。ほかにテレビや旧型のマッサージチェア、ジュースのショーケースなど。カラーボックスには黄色のバスタオルが置いてあり、1人1枚自由に使ってよいという。ありがたいサービスだ。場所柄、銭湯体験のない若者や外国人も訪れるのだろうなぁ、と勝手に想像する。

浴室はL字型に10コのカラン(固定式シャワーあり)と島式で4-4のカラン。湯船は深湯のミクロバイブラ(2帖ほど)と浅湯のジャグジー(3帖ほど)が並んでいる。いずれも普通の銭湯に比べて奥行きがあり、足を伸ばしてもさらに余裕がある。カランのお湯はぬるかったのに、湯船は45〜46℃としっかり熱め。都会で、なおかつマンション銭湯は「お湯がぬるい」というイメージがあるが、さかえ湯ではしっかり裏切られた。浴室は全体がタイル張りで装飾は一切なく、銭湯風情があまり感じられないが、渋谷でひとっ風呂は贅沢な気分だ。

マンションやオフィスの建ち並ぶ一画に位置する。繁華街とは逆方向だが、買い物や仕事の帰りに立ち寄ってみてはいかがだろうか。

さかえ湯(東京都浴場組合)

さかえ湯
住所/東京都渋谷区東1-31-19 [地図
電話/03-3407-1207
交通/JR・東急・京王井の頭線・地下鉄渋谷駅より徒歩8分
     JR新南口は徒歩5分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:30〜25:00(女湯は24:45)、毎週金曜日定休

奥の湯(東京都渋谷区代々木)

奥の湯(東京都渋谷区代々木)奥の湯(東京都渋谷区代々木)奥の湯(東京都渋谷区代々木)

東京銭湯めぐりのバイブル『お遍路MAP』には各銭湯の一言PRが載っているが、奥の湯は「東京で一番駅に近い銭湯」。最寄りの南新宿駅とは細い通りを隔てて隣接しており、改札のすぐわきに小さな看板を出している。見上げると大きな煙突。通りをぐるりと回ると玄関があり、改札からここまで30秒足らず。これ以上の好立地の銭湯は全国的にも稀有だろう。正面に立つと背後には新宿南口のビル群を眺めるが、周辺は雑然とした住宅地だ。

玄関は自動ドアだけど、中は番台式の典型的な銭湯のつくり。脱衣所には壁側と真ん中にロッカーがあり、ほかにジュースのショーケースや体重計。そして洗濯機が4台。浴室は手前に洗い場、奥に湯船という配置。カランは通りの壁側に7、島式で5-5、間仕切壁側に6つ並び、すべてに固定式シャワー付き。立ちシャワーも1つだけある。湯船は2つに区切られていて、片方はバイブラ湯と座湯ジャグジーで3帖ほどの大きさ。もう一方は深くて2帖弱の大きさ。お湯の温度はたいして変わらず、適温といったところ。背景画などの装飾はなく、白系のタイルでまとめられた明るくてシンプルな空間。

同じ時間に居合わせたのは、会社帰りのサラリーマン。新宿西口のオフィス街からも徒歩圏内だから、隠れたオアシスとでも言うべき存在か。この立地の良さは貴重である。

奥の湯(東京都浴場組合)

奥の湯
住所/東京都渋谷区代々木1-51-1 [地図
電話/03-3370-3065
交通/小田急線南新宿駅より徒歩1分
     JR・都営大江戸線代々木駅より徒歩5分
     JR・小田急・京王・地下鉄各線新宿駅より徒歩10分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/16:00〜24:00、毎週土曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ