旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

渋谷区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

渋谷笹塚温泉 栄湯(東京都渋谷区笹塚)

栄湯(東京都渋谷区笹塚)笹塚のマルシンスパでサウナを楽しんだあと、立ち寄ったのがすぐ近所の栄湯。笹塚小学校の西側、住宅地の一画にあるマンション銭湯だ。玄関先は綺麗にリフォームされており、写真をツイッターにアップしたところリプライがいくつか。まったく知らなかったが、2か月間の休業を経て今年7月31日にリニューアルオープンしたらしい。

P1030529フロントより脱衣所へ。100円のリターン式ロッカーは縦長とボックスの2種類あり。シャンプーとボディソープは浴室内に備え付けているので、タオルだけ持参すればよい。初めて訪れたので、どこをどのようにリフォームしたのかわからないが、洗い場のカランも新品のようだし、モノトーンのタイルでまとめた内装全体がシックでおしゃれ。ちなみにカランの数は2列16個。

湯船はたいして大きくもないが、強烈なジャグジー(ジェットとボディマッサージ)を備え、また一部にバイブラもあり。露天風呂はイベント湯で、この日は宇治茶の入浴剤を使用。高い塀に囲まれ、よしずを屋根代わりにしている。露天側にサウナ室(別料金)、内湯側には水風呂がある。

ここ栄湯では温泉を使用している。ロビーに掲示された分析表によれば、淡黄色、メタケイ酸の含有にて温泉法に該当するとのこと。わずかに色味を感じるものの、温泉らしさには乏しい。地下水を分析してみたら温泉だった、という類か。しかしながら渋谷区唯一の温泉というわけで、温泉マニアは要チェックだ。

栄湯(東京都浴場組合)

渋谷笹塚温泉 栄湯
源泉/温泉法の温泉
住所/東京都渋谷区笹塚2-9-5 [地図]
電話/03-3377-3369
交通/京王線笹塚駅より徒歩5分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
     サウナは別途390円(フェイスタオル・バスタオルつき)
時間/15:00〜25:30(毎月第1・3日曜日は13:00〜)
     毎週水曜日定休

マルシンスパ(東京都渋谷区笹塚)

マルシンスパ(東京都渋谷区笹塚)新宿から京王線でわずか1駅(京王新線で3駅)、笹塚駅至近のマルシンサウナは「マルシンスパ」として今年8月、リニューアルオープンした。サウナ施設のリニューアルとはいったいどういうことか、若い世代やこれまでサウナに縁がなかった客を呼び込むことができるのか、なかなか興味深い。

駅を出たらすぐ目の前に甲州街道、その上を首都高。駅前風景などまるでないのはさすが都会。西の方角へ歩いて1分、パチンコマルシンのビルの10階にフロントがある。スケルトンのエレベーターがぐんぐん上がっていくにつれ、テンションも高まっていく。

マルシンスパ(東京都渋谷区笹塚)下足箱の数の少なさからして施設の規模は想像できるが、ここはいままで訪れたサウナのなかでもコンパクト具合はナンバーワン。フロントで館内着とタオルセットを受け取り、脱衣所で着替えたら11階に移動。この流れを説明してくれない施設が多く、初めて訪れると戸惑うことしばしばだが、お姉さんは丁寧に教えてくれた。

マルシンスパ(東京都渋谷区笹塚)浴室は洗い場の数がたったの4つ。湯船は大小2つがあるのみで、小さい方が水風呂だろうと思いきやその逆。サウナ施設にとってはサウナ室が主役で、その次が水風呂、高温浴などおまけでしかない。そんな当たり前のことを改めて思い知らされた。それにしても高温浴が1.5帖分の小ささとは驚きだ。水風呂は倍ほどの大きさで、たいして冷たくもないが水は絶えず掛け流し。(写真は公式サイトより転載)

マルシンスパ(東京都渋谷区笹塚)さて、主役のサウナ室。といっても中ほどにikiストーブを置いているため、10人も座れない。平日は2回(休日3回)ロウリュを開催しているが、スタッフが熱気をタオルで回旋しようにも狭すぎて、ゆっくり左右に扇ぐのみ。そのあと上下に振り下ろすように扇いでくれるが、こんどは天井にぶつかってしまうため、強烈な熱波は望むべくもなく。静かに熱気浴を楽しみたい人には、このくらいがちょうど良いのかも。(写真は公式サイトより転載)

休憩室は11階が禁煙、10階が喫煙。笹塚駅や首都高を見下ろす好ロケーションにして、新宿の高層ビル群など都会ならではの景色を眺める。「天空のアジト」とは言い得て妙の隠れ家サウナだ。ちなみにマルシンスパは男性専用だが、同ビル9階には女性専用の「砂塩風呂・パシル・プティ」がある。

マルシンスパ(東京都渋谷区笹塚)
マルシンスパ(東京都渋谷区笹塚)

マルシンスパ ※男性専用
住所/東京都渋谷区笹塚1-58-6 [地図]
電話/03-3376-5225
交通/京王線笹塚駅より徒歩1分
料金/通常入浴:2,500円(12時間)
     90分入浴:1,500円
     深夜割増:1,000円(0:00〜4:00に滞在時)
時間/24時間、元日のみ定休

(追記-2016/2/11)
現在、ロウリュは平日15:00/19:00/21:00、休日と毎月3と7の付く日は13:00/15:00/17:00/19:00/21:00に開催。セルフロウリュも可。
毎月10日はマルシンデーにつき、6時間1,000円で利用できる。

大黒湯(東京都渋谷区西原)

大黒湯(東京都渋谷区西原)代々木上原駅東口から東に歩き、商店街振興組合のガラス張りの建物が見えたらその角を北へ。しばらくすると見えるのが代々木上原唯一の銭湯「大黒湯」だ。5階建のマンション銭湯だが、エントランスは両側に洗濯機がずらり。加山雄三やアグネスチャンなど芸能人の色あせたサイン色紙も数多く並んでいる。ムード歌謡が流れるその空間はまさしくアジア。ロックテイストに満ちた若者を見かけたのは、この街の奥深さか。

大黒湯(東京都渋谷区西原)大黒湯(東京都渋谷区西原)大黒湯(東京都渋谷区西原)

「ごろつき」という任侠映画のポスターを横目にしつつ自動ドアを開ければ、目の前にはフロント。脱衣所は100円返却式のロッカー。そしてここにもサイン色紙。さらには相撲の番付、金田正一の新聞記事、キックボクシングの写真パネルなど、ごった煮感が楽しい。共通しているのは、それらが古いということ。すなわち、昭和を生き抜いてきた大黒湯の歴史だろう。

大黒湯(東京都渋谷区西原)サウナは別料金だが、脱衣所から出入りする。暖簾の向こうは利用者専用スペースで、休憩用に応接セットも備えており、300円の価値を打ち出している。

浴室は間仕切り側にカランが5つ、ほか4-4の島が2列。反対の壁側は立ちシャワーが3つ。湯船は3つ並んでおり、まずはカプセル風呂。壁と天井を設けた小部屋のつくりで、扉は2つある。「ラドン風呂」「ミストサウナ」。どちらから入っても同じで、室内には2帖の湯船(電気風呂)があるのみ。お湯は40℃ほど、バイブラ湯かつ壁に取り付けられた配管から霧状にお湯が噴き出し、マイナスイオンに満ちた空間となっている。

隣の湯船にはジャグジーが3基あって、箱に納められたガリウム石が底に沈んでいる。カプセル風呂にもお湯は通じているため、ラドン風呂と名付けているのだ。そして最後は水風呂。天然の地下水を売りにしており、水温は20℃くらいだが、バイブラのぶくぶくによってさらに冷たく感じる。

間仕切り壁のタイル絵は、京都の清水寺や金閣寺を描いたもの。背景のタイル絵は山並みと飛行機を描いたもの。ジャグジー風呂からは真正面に脱衣所のテレビを眺める。しかし浴室にもムード歌謡が流れ、昭和の雰囲気に酔ってしまうのであった。個性的で印象に残る銭湯だ。

大黒湯(東京都浴場組合)
大黒湯@うえはら駅前どっとコム(代々木上原駅前商店街振興組合)

大黒湯
住所/東京都渋谷区西原3-24-5 [地図
電話/03-3485-1701
交通/小田急線・東京メトロ千代田線代々木上原駅より徒歩3分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     ※サウナは別途300円
時間/16:00〜25:00(日曜日は13:00〜25:00)
     毎月第1・3水曜日定休

明日放送(2012/8/14)の「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」では、まむちゃんが大黒湯を訪ねる。TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」内のコーナー番組で、10:30頃からの放送。

鶴の湯(東京都渋谷区千駄ヶ谷) ※2016/12/31廃業

鶴の湯(東京都渋谷区千駄ヶ谷)神宮球場での野球観戦、国立競技場でのサッカー観戦のあとにぜひ立ち寄っていただきたいのが、千駄ヶ谷の銭湯「鶴の湯」だ。距離的には南青山清水湯と同じく1kmほどだが、方や現代銭湯の代表であるのに対し、鶴の湯はレトロ銭湯。国立能楽堂を北に控えた住宅地にあって、4〜5階建てのマンションが多いこの界隈では、昔ながらの鶴の湯の佇まいはひときわ目を惹く。

鶴の湯(東京都渋谷区千駄ヶ谷)大正12年開業、昭和24年建て替え。屋号を染め抜いた暖簾をくぐれば、番台、そして広々とした脱衣所。坪庭には金魚が泳いでいた。表にコインランドリーがあるのに、室内にも洗濯機を置くとは需要があるのか謎だが、庶民的な銭湯らしさをよく残している。

初めて訪ねる銭湯では気がついたことなどをメモに残しているが、この日は次の予定もあって何も記録なし。訪問から1ヶ月以上経って記憶も曖昧だし。というわけで申し訳ない。ペンキ絵は中島師の見附島。深湯・浅湯と2つある湯船は『ぶらり湯めぐりマップ』によれば「少し熱め」とのことだが、あまりそういう印象はなく…。熱さに慣れきってしまっているためか。とはいえ、「少し熱め」くらいが銭湯としてちょうど良いと思う。

鶴の湯(東京都浴場組合)

鶴の湯
住所/東京都渋谷区千駄ヶ谷4-16-4 [地図
電話/03-3402-5808
交通/東京メトロ副都心線北参道駅1番出口より徒歩4分
     JR中央・総武線千駄ヶ谷駅より徒歩6分
     都営大江戸線国立競技場駅A4出口より徒歩7分
     JR山手線代々木駅西口・東京メトロ大江戸線代々木駅A2出口より徒歩8分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:30〜23:30、毎週月曜日定休

(追記-2016/11/25)
ツイッターなどの情報によると、鶴の湯は12/31をもって廃業するとのこと。来る2020年の東京オリンピックでは多くの外国人観光客に利用してほしかったが残念。

八幡湯(東京都渋谷区富ヶ谷)

八幡湯(東京都渋谷区富ヶ谷)八幡湯を訪れたのは雪の降りしきる夜だった。その夜は、小田急で相模川を渡ったとたんに雪が舞い始め、多摩川を渡った頃には本格的に降ってきた。新宿で用事を済ませた頃には歩道にも3センチほど雪が積もり、手足はすっかり冷え切っていた。帰りにどこか銭湯に寄ろうと考えていたが、雪道を歩きたくないので、どこか駅から近いところへ…。そこで訪れたのが代々木八幡にある「八幡湯」だった。小田急線の代々木八幡駅と地下鉄千代田線の代々木公園駅は極めて近接しているが、「東京銭湯お遍路マップ」によると、八幡湯は両駅の中間に印が付いている。どこだろうかと適当に入った、一本目の路地に面して八幡湯はあったが、その裏手はなんと代々木八幡駅下り線のホームに面していた。

外観は新しくしているが、建物は築後50年以上を経過しているという。フロントのおばちゃんは、「こんな天気のときは早く閉めようかしら」などと言うが、そのわりには若者が多い。そういえば地域柄なのか、通りも若者が多かった。脱衣所の真ん中と壁際にロッカーがあり、テレビも備えている。開運祈願の大きな枡が積み重ねて飾られていた。ロビーでくつろぐことを前提としているためか、脱衣所自体はたいして広くはない。

八幡湯(東京都渋谷区富ヶ谷)浴室は島のカランが2列と壁際に3つずつ。すべてに固定式のシャワーが付いており、ほかに立ちシャワーも2つある。奥に湯船があって、座湯ジャグジー、電気風呂、バイブラ湯。決して大きくはないけれど、ひととおり揃っている。冷え切った身体にじんわりしみる温かさだけど、ちょっとぬるいかなぁという気も。ちなみに女湯のみにサウナがあるという。

ペンキ絵は、立山連峰を背景にして走る富山ライトレール(LRT)で、丸山清人氏の作。銭湯といえば富士山が多いけれど、こうした題材は珍しい。先代だか先々代だかは富山の出身らしいが、今回の題材は富山市PR事業による。都内にある5軒の銭湯が共同となって富山県にまつわる題材を描いているのだという。詳細はこちら、もしくは左の画像にて。

駅前銭湯の立地が魅力。また、代々木公園を走るランナーの御用達でもあるようだ。新宿からわずか3駅であるのに庶民的な風情もあって、暮らしやすい町だろうなと思う。

八幡湯(東京都浴場組合)

八幡湯
住所/東京都渋谷区富ヶ谷1-2-10 [地図
電話/03-3468-0337
交通/小田急線代々木八幡駅南口より徒歩1分
     東京メトロ千代田線代々木公園駅八幡口より徒歩1分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:30〜24:00、毎週金曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ