旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

世田谷区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

鶴の湯(東京都世田谷区豪徳寺)

鶴の湯(東京都世田谷区豪徳寺)豪徳寺と聞いて「Let's豪徳寺」を連想するのは古い人間なのかもしれないが、個人的には世田谷線の乗り換え以外で豪徳寺駅を降りるのは初めて。豪徳寺商店街は別名「豪徳寺たまにゃん通り商店街」といい、豪徳寺に向かう狭い通りには個人商店が軒をつらねている。日が暮れるにはまだ早い時間だからか、買い物客はまばら。対照的に招き猫のご利益なのか、「鶴の湯」には口開けから詰め掛けたと思われる客によって、半数以上のカランが埋まっていた。

鶴の湯(東京都世田谷区豪徳寺)通りからは引っ込んで店を構えているが、間近で見ると瓦屋根の堂々とした佇まい。コインランドリーを併設している。かつては番台だったのだろうが、現在はフロント式。奥には小さなロビーを設けている。折上格天井の脱衣所にはロッカーを3か所に分けて配置。フロント化した弊害か、洗面台の使い勝手が悪かったけど、それは仕方がないか。

浴室は手前に洗い場、奥に湯船を設けているが、外に面した側は0.75間分(?)を建て増ししているようだ。カランは女湯との境側から7、6-6、片側のみ6、増築部分には立ちシャワーのみ4つ。湯船は深湯、浅湯ともに丸く囲ったボディジェットが1基ずつ。さらに「うきうき風呂」と称した寝湯のバイブラ湯。増築部分には1段上がって薬湯がある。なぜ段差をつけているのかは謎。そして日替わりなのか否か、何の入浴剤なのかはわからなかったが、訪れた日には袋詰めされた薬草が浮いていた。色は薄かったが、ほんのり実母散系のにおいがした。

ペンキ絵は西伊豆堂ヶ島? 裏は世田谷線が走っており、電車の音が時おり聞こえてくる。湯船の温度計は40℃を指していたが、このくらいの熱さだと汗がいつまでも引かない。駅に近くて便利なんだけど、汗が引くまで電車をやり過ごしたりして、まったくあべこべ。夏の銭湯めぐりで苦労するのは、湯上りの「汗」問題だったりする。

鶴の湯(東京都浴場組合)

鶴の湯
住所/東京都世田谷区豪徳寺1-23-20 [地図
電話/03-3426-2360
交通/小田急線豪徳寺駅より徒歩2分
    東急世田谷線山下駅より徒歩3分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜24:00、毎週金曜日定休

Let’s豪徳寺!1 (フェアベルコミックス Classico)Let’s豪徳寺!1 (フェアベルコミックス Classico)
著者:庄司 陽子
販売元:フェアベル
(2007-01-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

世田谷温泉四季の湯(東京都世田谷区桜丘)

かつてこのブログで祖師ヶ谷大蔵の「そしがや温泉21」を紹介したことがあったが、隣駅の千歳船橋には「世田谷温泉四季の湯」、両駅の中間には「湯パークレビランド」があり、これらの屋号の響き、ビル銭湯であること、設備の充実具合からして、この3軒はすごく似ている感じがする。むしろご近所どうしで競い合っているようにすら感じるのだ。そしがや温泉21はとても賑わっていたが、同じく「温泉」を掲げる世田谷温泉四季の湯はどうなのか? 立ち寄ってみることにした。

世田谷温泉四季の湯(東京都世田谷区桜丘)千歳船橋は個人商店と住宅が混在する町。徒歩3分の距離だが、そこまでの道は狭いし、夜は意外と薄暗い。四季の湯は3階建のこぎれいなマンションの1階部分にあり、コインランドリーを併設している。玄関とロビーとを隔てる引き戸は住宅などに使われる建具。普通はガラス戸だったりするもんだが…。フロントに座っていたのはスキンヘッドでガタイのいいご主人。「いらっしゃい」の掛け声も威勢がいい。券売機でチケットを購入し、フロントに提出。浴室は男女日替わりで「ろてんの湯」「くすりの湯」と名づけられている。訪れた日は男湯が「くすりの湯」だった。せっかくだから露天風呂のあるほうが良かったと思うが、こういう思いというのは得てして叶わぬものだ。

世田谷温泉四季の湯(東京都世田谷区桜丘)浴室は手前両側と室内中央が洗い場で、合わせて20個ほどのカランがある。すべて固定式シャワーつき。ほかに立ちシャワーが1ヶ所。湯船とサウナは浴室の三方にぐるりと配置されている。いちばん大きな湯船には内部に段差があって、浅湯はバイブラ、深湯は座湯ジャグジーと立ち湯ハイパワージェット(押ボタン式)。その隣が薬湯で、この日の入浴剤は「とうがらし」。とうがらしエキス配合の真っ赤なお湯で、ぬるかったし、肌への刺激はないし、ぽかぽかする感じもなかったし…。いまいち効果が実感できず。

といったわけで、「温泉」の名が付いているものの、実際に温泉が湧出しているわけではないのだ。薬湯だから温泉という、これはよくあるパターンだが…。それにしても若い客が多い。学生が多く住む町だからだろうか。サウナセットだと高くつくが、それでも利用する客が多いのは、やっぱり東京だからだろうか。

世田谷温泉四季の湯(東京都浴場組合)

世田谷温泉四季の湯
住所/東京都世田谷区桜丘2-18-26 [地図
電話/03-3427-6312
交通/小田急線千歳船橋駅より徒歩3分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナは別途400円
時間/15:00~24:00、毎週月曜日定休

そしがや温泉21(東京都世田谷区祖師谷)

そしがや温泉21(東京都世田谷区祖師谷)世田谷区は東京23区で最多の人口86万人を抱え、銭湯も約40ヶ所を数える。その中で、というより東京で最も名の知れた銭湯といえば「そしがや温泉21」だろう。スーパー銭湯並みに設備が揃っていることに加え、都会に湧く温泉としても貴重な存在だ。祖師ヶ谷大蔵駅の北口から延びる庶民的な商店街の中程を左に折れる。コインランドリーや専用駐車場などに隣接して、アイボリーが見える。もっと庶民的なビルなのかと想像していたから、ちょっと拍子抜け。すでに周囲は商店街の雰囲気ではないし、派手な看板を出さずとも集客できるということか。

券売機で入浴チケットを買ってから入館する。ロビーは早くもごった返していた。テレビやソファ、マッサージ椅子、自販機などなど、ゆったりと寛げる。それなのに脱衣所の手前にも休憩所があるという贅沢。足下が床暖房なのもありがたい(脱衣所も)。

人気施設だけあって夕方の客は多く、脱衣所はかなり混雑していた。しかしもっと混雑していたのは浴室だ。扉を開けた瞬間に目に飛び込んできた光景には、少なからず衝撃を受けた。洗い場も湯船も人で埋まり、湯船のふちに腰掛けている人も多数。ざっと数えただけでも20〜30人が詰め掛けており、サウナに入室中の人も含めたらかなりの人口密度だ。まず身体を洗おうにもカランの空きが見つからない。椅子と桶はあらかじめカランの前に用意されているので、あとは椅子取りゲームの感覚で空いたらすぐに腰掛ける。隣どうしの間隔が狭くてシャワーなどの際に気を遣うが、お互い様ということで多少は仕方がない。ボディソープやシャンプー、固形石鹸も常備されているので、タオルだけ持って行けばOKだ。

湯船は手前から温泉(電気風呂+バイブラ湯+設備なし)、シルクバス(電気風呂)、座湯ジャグジー+電気風呂、水風呂があって種類は豊富。「電気風呂好きだなぁ」という気もするし、よく見て入らないとビックリすることになる。温泉は昭和52年に湧出した冷鉱泉で、透明度は15cmほどの黒褐色。ちょっと熱めのお湯が気持ちいい。浴室の奥には大型テレビがあって、音声こそ出ていないが、入浴しながら見ることができる。湯船のふちに腰掛けている人は、湯冷ましながら何度も入浴したいという考えもある一方で、テレビを見たいという考えもあるのだろう。

別途料金だがサウナは乾式、湿式、冷凍の3種類があり、そのほかに裸で泳げるプールもある。これだけ揃っていれば別途300円はしょうがないかも。むしろ別途料金を支払ったとしても、東京でスーパー銭湯や日帰り温泉施設を訪れると思えば、きっと割安感があるのだろう。それでいて黒湯の温泉が楽しめるのだから、賑わうのも当然だ。

そしがや温泉21(東京都浴場組合)
そしがや温泉21(祖師谷どっとこむ)

そしがや温泉21
源泉/祖師谷温泉(ナトリウム−炭酸水素塩冷鉱泉)
住所/東京都世田谷区祖師谷3-36-21 [地図
電話/03-3483-2611
交通/小田急線祖師ヶ谷大蔵駅より徒歩5分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     ※サウナは別途300円
時間/14:00〜26:00、年中無休(元日のみ定休)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ