旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

世田谷区

湯パークレビランド(東京都世田谷区祖師谷)

湯パークレビランド(東京都世田谷区祖師谷)最近では「ウルトラマンの町」として、商店街を中心に町の魅力をPRしているのは、世田谷区の祖師ヶ谷大蔵。この町には以前ご紹介した「そしがや温泉21」(⇒記事)のほかに、もう1軒「湯パークレビランド」という銭湯がある。北口より小田急の高架線下を千歳船橋方面(東へ)に歩き、祖師谷と千歳台の住所の境をなす通りを北へ。やがて角地に薄紫色のマンションが見える。銭湯はこの建物の1階部分にある。

湯パークレビランド(東京都世田谷区祖師谷)周辺は戸建が建ち並ぶ住宅地。自転車で訪れる客も多いようだし、日の暮れる前だからか年配客も多い。そして場所柄か大学生とおぼしき若者もちらほら。それがこの町の特徴とも言える。

フロントの向かいに券売機。建物、とりわけ浴室の規模と比してロビーは小さいかな、という印象。脱衣所で休憩できるスペースは畳1畳分(実際に畳が置いてある)の腰掛け。備品はロッカーとテレビ、ジュースの自販機。

浴室は広々としており、スーパー銭湯をコンパクトにした感じ。洗い場を左手、湯船を右手、サウナと水風呂を奥にまとめている。カランは手前から4、5-5、5-3(柱があるため)、2-2という配置。すべて固定式シャワー付き。

大きな湯船は仕切りなしでエリア分けされており、バイブラ、電気、そして4種類のジャグジーが各1基。ローリングバスとかスーパーエステといった名前だったと記憶しているが、要するに噴射の位置の違い。水風呂、別途料金のサウナがあって、そのわきには2階へと通じる階段。露天風呂があるのだ。5畳ほどの大きさだろうか、日替わり湯でこの日は「ワイン」の入浴剤。湯船の上を屋根が覆い、背の高い壁に囲まれているが狭さは感じない。

最初の方で名前を挙げた「そしがや温泉21」といい、千歳船橋の「世田谷温泉四季の湯」(⇒記事)といい、この近辺の銭湯はいずれも設備が充実している。そして、現代感覚と庶民的風情がうまく同居している感じも。選べる環境に住んでいる人がうらやましい。ところで、レビランドは昭和32年に開業した銭湯であるらしく、もともとは「仲の湯」と言ったそうだ。「levee」を辞書で調べてみると、土手とか堤防と出てくるのだが周りに川はないし、どういった理由でレビランドと名付けたのだろうか。聞くのをすっかり忘れてしまった。

湯パークレビランド(東京都浴場組合)
湯パークレビランド(そしがやどっとこむ)

湯パークレビランド
住所/東京都世田谷区祖師谷1-24-1 [地図
電話/03-3484-6768
交通/小田急線祖師ヶ谷大蔵駅より徒歩10分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
    サウナ別途350円
時間/15:00〜26:00、日曜日は8:00〜11:00も営業
    毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)

鶴の湯(東京都世田谷区豪徳寺)

鶴の湯(東京都世田谷区豪徳寺)豪徳寺と聞いて「Let's豪徳寺」を連想するのは古い人間なのかもしれないが、個人的には世田谷線の乗り換え以外で豪徳寺駅を降りるのは初めて。豪徳寺商店街は別名「豪徳寺たまにゃん通り商店街」といい、豪徳寺に向かう狭い通りには個人商店が軒をつらねている。日が暮れるにはまだ早い時間だからか、買い物客はまばら。対照的に招き猫のご利益なのか、「鶴の湯」には口開けから詰め掛けたと思われる客によって、半数以上のカランが埋まっていた。

鶴の湯(東京都世田谷区豪徳寺)通りからは引っ込んで店を構えているが、間近で見ると瓦屋根の堂々とした佇まい。コインランドリーを併設している。かつては番台だったのだろうが、現在はフロント式。奥には小さなロビーを設けている。折上格天井の脱衣所にはロッカーを3か所に分けて配置。フロント化した弊害か、洗面台の使い勝手が悪かったけど、それは仕方がないか。

浴室は手前に洗い場、奥に湯船を設けているが、外に面した側は0.75間分(?)を建て増ししているようだ。カランは女湯との境側から7、6-6、片側のみ6、増築部分には立ちシャワーのみ4つ。湯船は深湯、浅湯ともに丸く囲ったボディジェットが1基ずつ。さらに「うきうき風呂」と称した寝湯のバイブラ湯。増築部分には1段上がって薬湯がある。なぜ段差をつけているのかは謎。そして日替わりなのか否か、何の入浴剤なのかはわからなかったが、訪れた日には袋詰めされた薬草が浮いていた。色は薄かったが、ほんのり実母散系のにおいがした。

ペンキ絵は西伊豆堂ヶ島? 裏は世田谷線が走っており、電車の音が時おり聞こえてくる。湯船の温度計は40℃を指していたが、このくらいの熱さだと汗がいつまでも引かない。駅に近くて便利なんだけど、汗が引くまで電車をやり過ごしたりして、まったくあべこべ。夏の銭湯めぐりで苦労するのは、湯上りの「汗」問題だったりする。

鶴の湯(東京都浴場組合)

鶴の湯
住所/東京都世田谷区豪徳寺1-23-20 [地図
電話/03-3426-2360
交通/小田急線豪徳寺駅より徒歩2分
    東急世田谷線山下駅より徒歩3分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜24:00、毎週金曜日定休

Let’s豪徳寺!1 (フェアベルコミックス Classico)Let’s豪徳寺!1 (フェアベルコミックス Classico)
著者:庄司 陽子
販売元:フェアベル
(2007-01-11)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

世田谷温泉四季の湯(東京都世田谷区桜丘)

かつてこのブログで祖師ヶ谷大蔵の「そしがや温泉21」を紹介したことがあったが、隣駅の千歳船橋には「世田谷温泉四季の湯」、両駅の中間には「湯パークレビランド」があり、これらの屋号の響き、ビル銭湯であること、設備の充実具合からして、この3軒はすごく似ている感じがする。むしろご近所どうしで競い合っているようにすら感じるのだ。そしがや温泉21はとても賑わっていたが、同じく「温泉」を掲げる世田谷温泉四季の湯はどうなのか? 立ち寄ってみることにした。

世田谷温泉四季の湯(東京都世田谷区桜丘)千歳船橋は個人商店と住宅が混在する町。徒歩3分の距離だが、そこまでの道は狭いし、夜は意外と薄暗い。四季の湯は3階建のこぎれいなマンションの1階部分にあり、コインランドリーを併設している。玄関とロビーとを隔てる引き戸は住宅などに使われる建具。普通はガラス戸だったりするもんだが…。フロントに座っていたのはスキンヘッドでガタイのいいご主人。「いらっしゃい」の掛け声も威勢がいい。券売機でチケットを購入し、フロントに提出。浴室は男女日替わりで「ろてんの湯」「くすりの湯」と名づけられている。訪れた日は男湯が「くすりの湯」だった。せっかくだから露天風呂のあるほうが良かったと思うが、こういう思いというのは得てして叶わぬものだ。

世田谷温泉四季の湯(東京都世田谷区桜丘)浴室は手前両側と室内中央が洗い場で、合わせて20個ほどのカランがある。すべて固定式シャワーつき。ほかに立ちシャワーが1ヶ所。湯船とサウナは浴室の三方にぐるりと配置されている。いちばん大きな湯船には内部に段差があって、浅湯はバイブラ、深湯は座湯ジャグジーと立ち湯ハイパワージェット(押ボタン式)。その隣が薬湯で、この日の入浴剤は「とうがらし」。とうがらしエキス配合の真っ赤なお湯で、ぬるかったし、肌への刺激はないし、ぽかぽかする感じもなかったし…。いまいち効果が実感できず。

といったわけで、「温泉」の名が付いているものの、実際に温泉が湧出しているわけではないのだ。薬湯だから温泉という、これはよくあるパターンだが…。それにしても若い客が多い。学生が多く住む町だからだろうか。サウナセットだと高くつくが、それでも利用する客が多いのは、やっぱり東京だからだろうか。

世田谷温泉四季の湯(東京都浴場組合)

世田谷温泉四季の湯
住所/東京都世田谷区桜丘2-18-26 [地図
電話/03-3427-6312
交通/小田急線千歳船橋駅より徒歩3分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナは別途400円
時間/15:00~24:00、毎週月曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。鶴巻温泉。twitter@bikke4126

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ