旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

世田谷区

藤の湯(東京都世田谷区玉川台)

藤の湯(東京都世田谷区玉川台)環八通りと玉川通り(国道246号線)の瀬田交差点。首都高渋谷線の用賀料金所にも近く、都内きっての交通拠点だ。そんな瀬田交差点より100mほどの至近距離にあるのが藤の湯。都内にレトロ銭湯数あれど、ここは「東京ウォーカー」(2014/1/21号)の銭湯特集において銭湯研究家・町田忍さんお墨付きの5選。通りからわずかに入り、手前に倉庫と思しき建物があって全容を遮っているが、千鳥破風の大屋根が目印。

藤の湯(東京都世田谷区玉川台)手前の建物があるため、玄関は横向きに改装し、番台ではなくフロントにしている。入浴料を支払ったあと靴を下足箱にしまい、フロント両脇が男女の脱衣所。玄関の反対側はコインランドリーに通じており、さらに男性脱衣所には関係者以外立入禁止の表示が付いた扉があるが、こちらは自宅へと通じているのだろうか。格天井に昔ながらの体重計や柱時計。新しいものといえば液晶テレビくらいだろうか。

藤の湯(東京都世田谷区玉川台)藤の湯を訪ねるきっかけといえば、「櫓が組まれた檜風呂でゆったりリラックス」というキャッチに添えられた写真。露天風呂かと錯覚するような、東屋風の屋根が浴室内に設えてある。その真下にあるのは檜風呂。袋詰めされた備長炭が沈んでおり、ぬるめのお湯が心地よい。女湯との境は上部を板で仕切っており、タイル一辺倒の銭湯が主流のなか、檜風呂と同様に、木のぬくもりと匂いを感じさせる。

主浴槽はジャグジーとバイブラ湯。東京の銭湯といえば熱湯のイメージがあるが、藤の湯でいちばん熱いのはカランのお湯だったりする。ちなみに両側の壁列のみボディソープ、リンスインシャンプーを備え付けているから、持ち物はタオルだけでOK。

昭和36年の開業からすでに50年を経過。改装に際して新建材を用いるではなく、あえて逆らう。「昭和レトロ」の代名詞としての銭湯空間、ひいては非日常感をうまく演出している。

藤の湯(東京都浴場組合)

藤の湯
住所/東京都世田谷区玉川台2-1-16 [地図
電話/03-3700-3920
交通/東急田園都市線用賀駅より徒歩8分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:30〜23:00、毎週金曜日定休

月見湯温泉(東京都世田谷区赤堤)

月見湯温泉(東京都世田谷区赤堤)都内の銭湯めぐりに欠かせないのが「湯めぐりマップ」。パラパラと眺めていたら、下高井戸にも温泉銭湯があることを知った。南口の商店街を歩くこと10分足らず、松原高校のすぐ近くに月見湯温泉はあった。

ちなみに余談だが、高井戸には美しの湯という日帰り温泉施設もあるが、高井戸と下高井戸は上北沢と下北沢くらい離れているので要注意。

世田谷湯屋めぐり外観はこぎれいにリフォームしており、コインランドリーを併設しているが、見上げれば千鳥破風の屋根。そして、屋号を染め抜いた暖簾。フロントでスタンプノートを差し出したら、世田谷区内独自のスタンプラリーも開催していると教えてくれた。10月末日までに区内5軒の銭湯を訪ねたら、先着でオリジナルTシャツをプレゼントするという。なかなか太っ腹な企画だし、どんなTシャツなのかとても気になる。

浴室に入ると、大きな湯船を囲むようにして三方に洗い場を設けている。湯船には座湯ジャグジー、ハイパワージェット、電気風呂の設備あり。お湯は温めだが、一部は熱めにしている。温泉を使用した湯船は、いちばん奥に1つと、もう1つはサウナ前の水風呂。温泉自体が色付き?と錯覚してしまうが、奥の湯船はタイルそのものが薄茶色だった。しかし成分に鉄分を含むせいか、わずかに変色あり。水風呂は源泉かけ流しで、こちらはうっすらと茶色味を帯びている。浴室の奥の壁は、湖畔に浮かぶ富士山をモザイクタイルで描いたもの。

温泉の良さで地域の人気を集めているようだ。銭湯としては設備も充実しているし、もちろん経営者の努力や信頼による賜物でもあるようだ。



月見湯温泉(東京都浴場組合)

月見湯温泉
源泉/温泉法の温泉
住所/東京都世田谷区赤堤5-36-16 [地図
電話/03-3321-6738
交通/京王線・東急世田谷線下高井戸駅より徒歩6分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナは別途250円
時間/15:30〜24:00、毎週火曜日定休

THE SPA 成城(東京都世田谷区千歳台)

THE SPA 成城(東京都世田谷区千歳台)最近は日帰り温泉のなかでも、とくに休憩室が充実した施設を好んで訪ね歩いているのだが、そこで見つけたのが世田谷区にある「THE SPA 成城」。環八通り沿いにあって、東名高速東京IC(首都高用賀料金所)と中央道高井戸IC(首都高高井戸料金所)のほぼ中間。複合型ビルの2階で営業しており、3〜4階は系列のスポーツクラブ(セントラルウェルネスクラブ成城)、1階はユニクロ。そして地下1〜2階が駐車場。品川ナンバーの高級車ばかりで、さすがは世田谷の高級住宅地と思った次第。そもそもネーミングからして都会のおしゃれ度満点な感じがする。

券売機でチケットを購入し、フロントでロッカーキーと黄色の札を受け取ったら、バーを通過して入館。次のカウンターでは黄色の札とタオルの入ったバッグを引き換え、こんどは自動改札機にリストバンドをかざして通過。2段階のチェック体制は、スパを利用しない客(飲食エリアは入館料なしで利用可)、スポーツクラブ→スパ利用客のために設けているのだろう。

広々としたホールの一角はカフェスペースとなっているが、こちらは中目黒の人気店「KOOP CAFE」の姉妹店。室内なのにオープンテラス風。大きく窓を取っており、その向こう側のデッキには足湯がある。飲食エリアのもう1店は和食がメインで、ミシュランガイドにも紹介された京都高台寺「よ志のや」(本家さぬきやグループ)の料理長監修のメニューもあるという。スパ銭といえば味も雰囲気もいまいちな食事処が多かったりするが、「餅は餅屋」というコンセプトは素晴らしい。インドのアーユルヴェーダやタイ式マッサージなど、本格的なメニューを揃えている。

スパ成城パンフレット

黒褐色の温泉は透明度50cmほど。すべすべの肌ざわりが実感できる。世田谷区では「そしがや温泉21」(⇒記事)を以前ご紹介したが、客層や雰囲気はまったく異なる。向こうが大衆的な銭湯ならば、こちらは大人の癒しの空間といったところか。浴室はシックな内装でまとめている。施設全体の感想でもあるが、とくに女性受けはするはず。女湯のほうが浴室が広いし、バイブラ湯や塩サウナ、スチームミストサウナは女湯だけに設けられている。

浴室内のメインといえば温泉を使用した湯船だが、男湯の場合はL字型でゆったりとした広さがある。ほかに5種類のジェットバスと水風呂もあるが、これらは温泉ではない。男湯は黄土サウナのみだが、土日限定で「熱波イベント」(ロウリュ)が行われている。露天風呂はタイル張りで真四角の湯船、唯一かけ流しであるつぼ湯があって、いずれも温泉。目隠しの塀に囲まれているのは仕方がないが、板の隙間から光が差し込んでくる。

休憩エリアとしてはコンセプトの異なる3室がある。個別テレビ付きリクライニングチェアと畳スペースの部屋(森香の部屋)、マンガ本のある床暖房の部屋(海温の部屋)、天然岩塩を壁に使用した床暖房の部屋(地然の部屋)。このうち地然の部屋では、ホットヨガなどのレッスンが行われている(有料・要予約)。女性専用だが岩盤浴もある。麦飯石とゲルマニウム鉱石の2種類で、別途840円。全体の充実度、そして個々の完成度からして、のんびり滞在型の施設だと言えるだろう。入館料自体は都心相場でちょっと高めに感じたが、制限の5時間をフルに満喫するならばけっして高くはないのかもしれない。

THE SPA 成城
源泉/成城の湯(ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉)
住所/東京都世田谷区千歳台3-20-2 [地図
電話/03-5429-1526
交通/小田急線千歳船橋駅より徒歩15分
     またはバス5分「成城警察署前」停下車すぐ
     無料シャトルバスもあり(詳細はホームページにて)
     環八通り「成城警察署北」交差点角
     ※駐車場227台分あり(2時間まで無料、以降30分につき100円)
料金/(平日)大人1,260円、小人630円
     (休日)大人1,670円、小人760円
     ※5時間まで。超過30分ごとに315円
     ※レンタルタオルつき。館内着レンタルは別途210円
     ※大人は中学生以上、小人は3歳〜小学生
     (モーニング利用料金)大人1,050円
     ※平日10:00〜12:00に入館。5時間まで利用可。レンタルタオルつき
     (SPA60-立寄湯)大人:平日840円、休日1,050円
     ※60分以内。超過30分ごとに315円。タオルレンタルなし
時間/10:00〜23:30、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ