旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

大田区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

照の湯(東京都大田区仲六郷)

照の湯(東京都大田区仲六郷)雑色の商店街は夕方の買い物客で賑わっていた。蒲田の1つ隣で、乗降客3万人は普通電車しか停まらない駅としては京急で最多だという。なるほど庶民の活気に満ち溢れているわけだ。照の湯は商店街の西外れにある、いわゆるマンション銭湯。正面をおしゃれに飾るも、下足箱の並ぶ玄関にはファンタジックなイラストと、なぜかミラーボールが回る。

フロントの左右に男女の脱衣所を振り分け、フロントの横にはちょっとしたロビーを設けている。浴室はセンター浴槽で、その周りをコの字にカランが並ぶ。椅子代わりは四角い石。浴槽との距離が近いため、身体を洗っている人の背後を避けて歩くよう。

照の湯(東京都大田区仲六郷)浴槽はいずれも小さいが、日替わり湯、電気風呂&座湯ジャグジー、古代檜風呂、鉱泉の水風呂。西伊豆の富士山を描いたペンキ絵を眺めながらの入浴だ。サウナが無料で利用できるのは嬉しいが、これまた狭くてベンチの板がぐらぐらする。ご愛嬌だ。

壁と屋根をプラ竹で囲っているから露天風呂とは呼びにくいが、温泉は岩風呂風の湯船で堪能できる。地下300mから湧出した温泉は、真っ黒で墨汁のよう。お湯は胸の深さだから長湯が楽しめる。なによりも混雑した浴室とは壁と扉で隔てているだけなのに、別世界のような居心地の良さ。夕暮れの薄明かりはなお良し。

照の湯(大田浴場連合会)

照の湯
源泉/照の湯(ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉)
住所/東京都大田区仲六郷3-23-6 [地図]
電話/03-3739-5527
交通/京急本線雑色駅より徒歩5分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜23:30(休日は10:00〜23:30、毎週木曜日定休

カプセルホテル&サウナみづほ(東京都大田区大森北)

カプセルホテル&サウナみづほ(東京都大田区大森北)温泉好きならば蒲田は訪ねておきたい町だが、隣町の大森はなんとなくもやもや感が漂う。そんな大森にあって、カプセルホテルを併設したサウナがここ、みづほだ。駅から歩いて2分の好立地ながら、さほど賑やかでない商店街の、ビジネスビルっぽい外観。現地やホームページの雰囲気からして、ビジネスユースの客が多いだろうと想像する。

フロントで料金を支払い、サウナ利用でも名前と電話番号を記入する。エレベーターの前にはタオルと館内着のセットが山積みされており、これを持って5階ロッカー室へ。さらに階段を上がると浴室がある。

カプセルホテル&サウナみづほ(東京都大田区大森北)浴室には古代ローマ建築風のアーチ橋が横切り、海辺の風景を描いた壁絵へと続く。大胆な内装にして、湯船を澄み切った水中風景に見立てるとは、なかなか洒落ている。さらには、ガラス張りの天井から明るい日差しが降り注ぐ。こじんまりとしているが、カプセルホテルやサウナ屋によくある「ボロくて、汚くて、暗い」の三拍子とは対照的だ。

カプセルホテル&サウナみづほ(東京都大田区大森北)外の看板にもあったが、売りは「トロンの湯」だ。トロンとはラドン(放射性元素)の一種で、施設によっては人工温泉や準天然温泉を謳っている。ドイツのバーデンバーデンと同じ効能が得られるというが、トロン温泉について詳しくはこちらで。水風呂は「10〜14℃に設定」とあるが、温度計は15℃を指していた。となれば、真夏は10℃設定なのだろうか。(写真はカプセルホテル&サウナみづほ公式サイトより)

サウナは2室。こだわりは「トロンサウナ」だ。この聞き慣れない名前を調べてみると、ヒーターパネルにトロン鉱石を使用し、遠赤外線とトロンの相乗効果を狙ったもの。室温は約50℃とぬるいが、これは身体に負担をかけないため。熱いサウナを好むなら約100℃の高温サウナへ。

湯あがりは4階へ。リクライニングシートとマットレスのリラックスルーム、レストランがある。約50℃でうとうとしながら汗をかくか、約100℃でカーッと汗を流すか、どちらも捨てがたく、ローテしていたら2時間はあっという間。のんびり寛ぐなら一般コースがよいのかも。

カプセルホテル&サウナみづほ(東京都大田区大森北)

カプセルホテル&サウナみづほ ※男性専用
住所/東京都大田区大森北1-34-16 [地図]
電話/03-3761-3450
交通/京浜東北線「大森」駅東口より徒歩2分
     京急「大森海岸」駅より徒歩7分
料金/一般コース2,000円(5:00〜23:00)
     ナイトコース2,800円(15:00〜翌10:00)
     ロングコース3,200円(5:00〜翌10:00・外出自由)
     2時間クイックコース1,200円(24時間受付)
時間/24時間、年中無休

久松温泉(東京都大田区池上)

久松温泉(東京都大田区池上)池上本門寺は日蓮宗の大本山。初詣は例年約15万人、毎年10月のお会式には約30万人が参詣に訪れるという。その玄関口が池上駅だ。

久松温泉は駅から徒歩3分の好立地にあり、本門寺への新参道にもほど近い。およそ銭湯らしくないビルの構えにして、看板も目立つものではないが、午前10時から営業しているのはありがたい。フロントで入浴料を支払うが、19時までなら別途1,000円で2階休憩室が利用でき、毎月第4土曜日には「らくご温泉」を開催している。

訪れたのは22時過ぎ。繁華街ではないから町は静かで、久松温泉の客もまばら。閉店まではほぼ常連という時間帯だろう。フロントやロビーは薄暗く、脱衣所や浴室にはジャズが流れていた。

「コミカ風呂」の銭湯をいくつか知っているが、久松温泉ほど平面的に自由な発想はないだろう。円型+円弧の白湯ジャグジー、多角形としか言いようがない温泉浴槽が、限られた平面の有効活用というセオリーをまったく無視している。浴室自体が外側に凹みを持ち、そこは単なる外気浴スペースだったりする。無駄に思える空間だが、ゆったりとした気分にさせてくれる。

温泉は透明度5cmほどの、文字通りの黒湯。湯船は2つ並び、深さが異なるが、深湯にいたっては突き刺すような超熱湯で驚いた。スチームサウナは無料で利用できるが、これまた座面も足元も熱々で即退散。

久松温泉は昭和30年の開業し、翌年には温泉が湧出。以来「熱めの温泉」を売りにしてきたという。Googleで検索してみると、「熱い」はキーワードの上位に。泉質もなめらかだから、湯冷めどころか汗が引かず参った。

久松温泉(大田浴場連合会)

久松温泉
源泉/ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉
住所/東京都大田区池上3-31-16 [地図
電話/03-3751-0119
交通/東急池上線池上駅より徒歩3分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
時間/10:00〜24:00、毎週火曜日定休(祝日の場合は翌日)

調布弁天湯(東京都大田区北嶺町)

調布弁天湯(東京都大田区北嶺町)東急池上線御嶽山駅より線路沿いに100m足らず。住宅が建ち並ぶ環境だが、駅前銭湯と呼ぶにふさわしい好立地だ。

御嶽山(おんたけさん)という駅名は、すぐ近所にある御嶽神社に因んでいる。先だって噴火した岐阜、長野両県にまたがる御嶽山の御嶽神社を本社とし、古くから庶民の信仰が厚かったという。そして、調布という地名は都内各地に存在する。調布市はかつて北多摩郡調布町。田園調布で有名な当地を含む荏原郡調布村。青梅市南部の西多摩郡調布村。いずれの地名も律令制による租庸調の「調」(=布)を納めていたことに由来する。

フロントで下足札とロッカーの鍵を引き換える。いきなり「どこがいいですか?」と聞かれても返事に困るのだが、渡されたのは「ラッキーセブンで…」と7番。上段だった。浴室でまず目を引くのは、男女の境壁には掲げられた3枚の写真パネル。ニューヨークの朝もや、モナコの夜景はまだ良いとして、ギャラクシーウォーとはいったい何か。どうやらSF映画のようであるけれど。

湯船の上は茶色のタイル壁で、一面に鶴が何羽も羽ばたく様子がデザインされている。そして湯船はL字型にジャグジー、バイブラ湯、温泉使用の3つが並んでいる。大田区といえばたいてい黒湯だが、ここは薄褐色。分析表は壁に貼ってある。申請者の欄には本間浴場有限会社とある。そういえばマンションの名前は「サンモールホンマ」だった。

個人的に気に入ったのは、ジャグジー浴槽に設置された「湯とん」という器具。昔のアパートにありそうな玄関チャイムを押すと、背中に当たる4つの突起が順番に動き始める。お湯の中でトントンするから「湯とん」というわけか。温泉と湯とんの繰り返し。のぼせてしまいそうだった。

調布弁天湯(大田浴場連合会)

調布弁天湯
源泉/温泉法の温泉
住所/東京都大田区北嶺町10-11 [地図]
電話/03-3720-4434
交通/東急池上線御嶽山駅より徒歩1分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
     サウナは別途大人100円、子供50円
時間/15:05〜23:30、毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)

ガーデンサウナ蒲田(東京都大田区蒲田)

ガーデンサウナ蒲田(東京都大田区蒲田)JR蒲田駅東口より歩くことわずか2分、大田区民ホール(旧松竹蒲田撮影所)の向かいにアミューズメントビルがアスレチッタ蒲田。バッティングセンターやボウリング場などが入っており、併設するのがガーデンサウナ蒲田。カプセルホテルとサウナからなる。川崎の複合商業施設ラ・チッタデッラのチッタグループが運営しており、レックスイン川崎の姉妹店なのである。

ガーデンサウナ蒲田(東京都大田区蒲田)サウナとカプセルホテルは別々に受付を設けていたようだが、いまは一緒。1階のフロントにて利用するコースを選び、料金を支払ったら、エレベーターで2階へ。長い廊下の先にサウナフロアがある。パーテーションでロッカールームやレストルームなどを仕切っており、やや簡素な印象も。階段を下ると1階に浴室があり、浴室手前の棚には館内着が積まれている。

ガーデンサウナ蒲田(東京都大田区蒲田)都会のサウナ施設にしてはゆったりとした浴室。真ん中に大きな湯船を設け、柱から打たせ湯のようにお湯が流れ落ち、その真下にある箱は腰掛用というわけではなく、おそらくラジウム鉱石が入っているのだろう。「光明泉」とやらの説明書きもあった。そして、奥の壁にはずらっと一列にカランが並ぶ。

サウナは高温(90℃)と低温(80℃)の2室が隣どうしにあって、違いはわずか10℃だが、ひとたび汗が噴き出てからの体感温度にすれば大きな違いにも感じる。テレビは同じチャンネルだったので、結局は低温サウナにて真っ昼間からサスペンスドラマ。かつてはミストサウナもあったが、いまは廃止され空室のまま。デッキチェアを置くなり、何か有効活用できないものか。ガラス張りで裸婦像だけぽつんと置かれている。

水風呂は常温30℃と18℃の2つが並んでおり、好みや体調に合わせて利用すればいいし、30℃と18℃を交互に浸かるだけでも楽しい。

ガーデンサウナ蒲田(東京都大田区蒲田)レストルームにはテレビ付きリクライニングシートが並んでおり、ここではタバコも吸えるし、なんと飲食の注文もできる。一歩も動かずに好きなだけダラダラしていられるとは、素晴らしい贅沢だ。

仕事帰りにふらっと立ち寄るもよし、休日を満喫してもよし。羽田空港にも近いため、仮眠目的に利用するのもよいだろう。

ガーデンサウナ蒲田 ※男性専用
住所/東京都大田区蒲田5-20-5 [地図]
電話/03-3737-1303
交通/JR京浜東北線蒲田駅東口より徒歩2分
     京急蒲田駅より徒歩7分
料金/一般入浴:1,800円 ※10:30〜26:00
     深夜割増料金1,200円 ※26:00以降
     クイック:1,100円 ※90分 ※受付10:30〜24:30
     早朝サウナ:1,100円 ※受付5:30〜8:00(利用は9:00まで)
時間/10:30〜翌9:00
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ