旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

品川区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

北品川温泉 天神湯(東京都品川区北品川)

北品川温泉 天神湯(東京都品川区北品川)北品川温泉天神湯の最寄駅は京急の北品川ではなく、その次の新馬場(しんばんば)。東海道品川宿の馬場が置かれたところだ。むかし京急は北馬場と南馬場の2駅を置いていたが、これらは統合され、それぞれが北口と南口に相当する。北馬場商店街はその名残りで、古く味わいのある佇まいもちらほら。

商店街の突き当たりが旧東海道。本陣跡は明治天皇の行幸にちなんで聖蹟公園として整備されている。天神湯は駅の真下を横切る山手通り沿いに位置し、わずか5分足らずの距離ではあるが、商店街や旧東海道のぶらぶら歩きが楽しい。

北品川温泉 天神湯(東京都品川区北品川)

天神湯はひとことで言えばモダン銭湯。いま流行りのデザイナーズ銭湯の走りかもしれない。パッと見では玄関がどこだかわからず、重厚な木目の自動ドアが開いても、そこには下足ロッカーがあるのみ。この段階ではまだ中の様子はうかがい知れない。ぐるりと回り込むとフロントがあって、カフェのように洗練された休憩スペース。さらに吹き抜け階段を上がり、2階の浴室へ。壁面にはガラス越しに水が流れ、小空間を坪庭に見立てていたりと、なかなか洒落ている。


脱衣所のロッカーは100円リターン式で、扉の内側に挿入するタイプ。ジャズがBGMとして流れていた。肝心の浴室はと言えば、文字で説明するよりGoogleのインドアビューをご覧いただければ一目瞭然。補足するなら室内はあつ湯とぬる湯の2つ。わくわく感を失うような気もするが、便利な時代になったものだ。同じインドアビューなら以前ご紹介したふくの湯(文京区千駄木)の方が見応えあるけど。

北品川温泉 天神湯(東京都品川区北品川)ガラス扉を隔てた奥の湯船では、地下100mより湧出した温泉を使用している。都内随一の黒さ、泉質との評判も高く、実際に透明感はほとんどない。蒲田まで下れば黒湯の銭湯も珍しくないが、品川からちょっとの距離感とおしゃれな雰囲気が客を呼ぶのだろうか。「銭湯らしさ」との対極を目指しているのなら見事だし、ご主人はアパレル出身だとどこかで知ってさもありなん。あちこちのクチコミで接客姿勢を問う声ばかり見かけるのは残念だ。ところで、天神湯とは言うけれど、近隣に菅公ゆかりのお社はなく、向かいの荏原神社では龍神様を祀っている。旧荏原郡で最も由緒ある神社だという。

北品川温泉 天神湯
源泉/北品川温泉(ナトリウム−炭酸水素塩冷鉱泉)
住所/東京都品川区北品川2−23−9 [地図]
電話/03-3471-3562
交通/京急新馬場駅北口より徒歩3分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜24:30、毎週金曜日定休

おふろの王様 大井町店(東京都品川区大井)

おふろの王様 大井町店(東京都品川区大井)都心部でふらっと立ち寄れるスーパー銭湯は意外と少ない。そこにきて、おふろの王様大井町店は、京浜東北線など3路線が乗り入れる大井町駅前という好立地が魅力だ。西口の阪急大井町ガーデン、ここの3〜4階にて営業。東京で阪急、しかも大井町とは不思議に思うが、調べてみたら歴史は古く、首都圏進出1号店とのこと(昭和28年)。いまは食品スーパーとビジネスホテル(アワーズイン阪急)を核に、おふろの王様などがテナントとして入っている。

おふろの王様 大井町店(東京都品川区大井)入館料1250円とはさすが都心プライス。しかし、タオルセット込みなら良心的か。岩盤浴の追加料金700円も支払い、リストバンドを受け取る。階段を上がり、脱衣所の手前には岩盤浴セット貸出のカウンター。そのわきの出入口はホテルに通じており、有料(1回400円)だが宿泊客の大浴場も兼ねているようだ。おふろの王様、アワーズイン双方は俗にいうWin-Winの関係か。

おふろの王様 大井町店(東京都品川区大井)
(フロアマップはおふろの王様 大井町店 公式サイトより転載)

おふろの王様 大井町店(東京都品川区大井)浴室は決して広いとは言えず、平日の夕方だというのにやや混雑していた。不感温湯(バイブラ湯)や露天風呂の人工炭酸泉にいたっては、ぬる湯としているせいもあって、湯船には長湯する客でびっしり。隙間が空くのを待とうにもジャグジーや腰掛湯の数は多くないし、サウナにも客が多い。なぜか人気がないのは絹の湯、人工温泉の岩風呂だったが、たまたま空いていたのだろう。

来店客の多さにキャパシティーが見合っていないのは明らかだが、ちょうどホテルの宿泊客が押し寄せる時間帯だったようだ。夜になれば仕事帰りのサラリーマンがやって来るし、それならば逆に休日の客の入り具合はどうなのだろうか。

おふろの王様 大井町店(東京都品川区大井)浴室の混雑とは裏腹に、岩盤浴はゆったりのんびりと満喫できた。室温や石の種類が異なる4室(うち女性専用1室)とアイスルームがあり、休憩スペースも広く設けている。時間制限もなく、充実した内容をもって郊外店と同じ700円なら、かえって良心的だと感じる。食事処もわりと広いのに利用客は少なかった。これもタイミングだとは思うが、浴室とそれ以外で印象が大きく異なる店も珍しい。

おふろの王様 大井町店(東京都品川区大井)オールナイト営業ではあるが、深夜1時以降は入館不可、2時以降は入浴不可で、かつ深夜割増料金が発生する。ちなみに朝風呂は6:30より。深夜に訪ねて来る客の入館受付をせず、おそらくは終電を逃したであろう客を留めておく。ややこしい料金体系にしてまで営業する意図がわからないが、休憩スペースの収容人数を考慮してのことか。写真は20時頃の状況。こんなにも閑散としており、風呂だけの客がいかに多いか、おわかりいただけると思う。

おふろの王様 大井町店
住所/東京都品川区大井1-50-5 [地図]
電話/03-5709-2603
交通/JR京浜東北線大井町駅より徒歩3分
     東急大井町線・りんかい線大井町駅より徒歩2分
料金/(平日)大人1,250円、小人800円
     (休日)大人1,550円、小人800円
     ※深夜割増(2:00〜8:30):金曜日以外2,200円、金曜日2,500円
     ※岩盤浴は別途700円
     朝風呂(平日)大人1,000円、小人600円、(休日)大人1,200円、小人600円
時間/9:30〜翌8:30(1:00〜6:30は入館不可)、年中無休

美保湯(東京都立川市羽衣町)

美保湯(東京都立川市羽衣町)立川市に銭湯は4軒。いずれも駅徒歩圏にあるが、今回は車で訪ねているから駐車場完備の美保湯へ。南口から東の方角へ。中央線のすぐ南側に位置するが、車のすれ違い不可で、しかも途中にはクランクや踏切もある住宅地。やっとの思いで美保湯に到着するも、駐車場は建物のすぐ左手のわずかなスペース。斜めに3台分くらいだが、小型車でなければここに駐車するのは至難の技。

フロント式で左右に男女の暖簾。ロビーには昔ながらのソファとマッサージチェア。飾りっ気のない外観にして、いまのところ見慣れた銭湯風景だ。浴室に入ると、手前に洗い場、奥に湯船が3つ並ぶ。バイブラ湯、座湯ジャグジー、日替わり湯だ。どれも湯加減はちょうどいい。湯船の上のペンキ絵は西伊豆の富士山。男女にまたがって描かれている。ごく普通の町の銭湯だが、閉店間際でもちらほらと客がやって来る。

美保湯
住所/東京都立川市羽衣町1-2-18 [地図]
電話/042-524-7057
交通/南武線西国立駅より徒歩5分
     中央線立川駅より徒歩10分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
時間/15:10〜24:00
     毎月17日定休(日祝の場合は変更あり)

戸越銀座温泉(東京都品川区戸越)

戸越銀座温泉(東京都品川区戸越)戸越銀座商店街は長さ1.3kmにも及ぶ、都内最長の商店街で、約400軒の店が軒をつらねているという。そんな商店街の一画にあって、地域のオアシスといえば「戸越銀座温泉」だ。中の湯として営業していた銭湯だが、平成19年に温泉を掘削してリニューアルオープン。設計は銭湯建築を得意とする今井健太郎氏が手掛け、そのモダンな雰囲気は地域住民のみならず、全国の銭湯ファン、温泉ファンからも人気が高い。

戸越銀座温泉(東京都品川区戸越)「懐かしくも新しい銭湯の姿」をテーマとし、2つのコンセプトからなる浴室がある。「懐かしく癒しの“月の湯”」と「新しい日常銭湯“陽の湯”」。この2つは男女日替わりとなる。フロントで入浴料を支払い、脱衣所へ。ロッカーは100円リターン式だが、扉の内側に挿入するタイプ。町の銭湯といえども、最近は色々なタイプのロッカーがあって、慣れないとややこしい。

戸越銀座温泉(東京都品川区戸越)

「月の湯」と「陽の湯」は違いは、まず室内の雰囲気。月の湯はモノトーンを基調とし、メインの湯船では黒湯の温泉を使用している。銭湯のペンキ絵のことを背景画と言ったりするが、戸越銀座温泉では入口側の壁に描かれている。月の湯側はかの有名な中島盛夫師が描いた三保の松原。浴室内の階段を上がると露天風呂。四方をほぼ囲まれており、露天風情はまったくないが、檜仕上げで浴室とは趣を異にしている。

陽の湯はベージュを基調とし、メインの湯船は軟水炭酸泉。こちらのペンキ絵は新進気鋭のアーティスト・gravityfreeが描いた七福神の宝船。露天風呂は黒湯の温泉を使用しており、モノトーンの内装。

対照的な室内空間にして、どちらの浴室でもジャグジーや水風呂、サウナを備えているから、毎日通う常連から初めて訪ねる銭湯ビギナーまで、幅広い客層にウケが良いはず。何しろこの雰囲気、スケール感は単なる町の銭湯を超越している。この界隈だと武蔵小山温泉清水湯と比較するクチコミも多いが、どちらもぜひ訪ねておきたい銭湯の未来形であると言える。

戸越銀座温泉
源泉/ナトリウム−炭酸水素塩冷鉱泉
住所/東京都品川区戸越2-1-6 [地図]
電話/03-3782-7400
交通/都営浅草線「戸越」駅より徒歩3分
     東急池上線「戸越銀座」駅より徒歩5分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
     サウナ利用は750円(入浴料込み)
時間/15:00〜25:00
     日曜日と祝日は朝風呂あり(8:00〜12:00)
     毎週金曜日定休

中延記念湯(東京都品川区旗の台)

中延記念湯(東京都品川区旗の台)東急大井町線と池上線が交差する旗の台駅より徒歩5分、道をはさんで大田区との区境にあるのが中延記念湯。いったい何を記念して名づけたのか、どなたかご存知なら教えてほしい。

もとは番台式であったものをフロント式に改修したようだが、建物の平面形状がまず変わっている。脱衣所の隅を三角形に切った部分は露天風呂としているが、ここだけ独立しているため、浴室を利用したあとにいったん身体を拭いて、また脱衣所から露天風呂へという流れ。開放感はなく、三方を囲む壁には色褪せたチューリップ畑の写真パネル。脱衣所のテレビを眺めながらの入浴だが、お湯はぬるめで心地よい。

中延記念湯(東京都品川区旗の台)浴室側は昔ながらの銭湯といった空間で、奥には富士山のペンキ絵が描かれている。平成25年3月11日、ナカジマ、タナカのネーム入り。そういえばペンキ絵の銭湯を訪ねるのはひさしぶりだが、田中みずきさんも一人前の絵師として認められたのだな、と。

湯船は3種類のジャグジーと、その隣に電気風呂と打たせ湯、さらにイベント湯がL字型に並んでいる。打たせ湯はボタンを押しても作動せず、仕切りのある一人用ブース型と化し、イベント湯には何の入浴剤が入っていたものか。無料のスチームサウナは、椅子4脚の狭い室内。いきなりスチームが真横に噴き出し、しかも超高温なので驚いた。なんともご愛嬌な状態。

住宅地ということもあろうが、子連れの家族がひっきりなしにやって来る。湯船の種類が多いこと、お湯がぬるめであること、シャンプーやボディソープを備え付けていることなど、利用しやすい環境は整っている。

中延記念湯(品川浴場組合)

中延記念湯
住所/東京都品川区旗の台4-11-2 [地図]
電話/03-3781-3095
交通/東急池上線・大井町線旗の台駅南口より徒歩5分
     東急池上線長原駅より徒歩6分
     東急大井町線荏原町駅より徒歩9分
料金/大人460円、中学生300円、中人180円(小学生以下)、幼児80円
時間/(月〜土)14:00〜24:30 ※毎週木曜日は14:30〜
     (日・祝)10:00〜24:30
     年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ