旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

墨田区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

御谷湯(東京都墨田区石原) ※2015/5/19リニューアルオープン

御谷湯(東京都墨田区石原)最近よく見聞きするのが、「デザイナーズ銭湯」という単語。建築家によってトータルプロデュースされた現代志向の銭湯で、天然温泉久松湯南青山清水湯武蔵小山温泉清水湯などが代表例。そしてこのたび、戸越銀座温泉などを手掛けた今井健太郎建築設計事務所によって、このたび御谷湯(みこくゆ)が新築リニューアルオープンした。

5階建のビルを構え、1階にはコインランドリーも。まず券売機でチケットを買ったら、下足札と一緒にフロントに預ける。ロッカーの鍵を貰ったらエレベーターで浴室へ。男湯4階と女湯5階は週替わり。開業初日とあって、脱衣所からして大混雑。浴室にいたってはカランがほぼ埋まっていた。ちなみに数は少ないが、シャンプーやボディソープの備え付けあり。

御谷湯(東京都墨田区石原)御谷湯は墨田区内では珍しい温泉の湧く銭湯だ。温泉は高温、中温、低温と3つの湯船に分かれており、好みの温度でじっくり浸かるもよし、交互浴を楽しむもよし。外気浴のバルコニーに面しており、室内に明るい光をもたらすが、これで景色のごく一部でも眺められたら最高だったのに。4階にいながらにして高さも感じられず。お湯はウーロン茶のような色をしており、肌ざわりもよい。

温泉の湯船はもう1つあって、ジャグジーと打たせ湯のわきに、まるで洞窟のような空間。小窓からほんのり明かりが差し込むだけの薄暗さ。人肌程度のぬるさ(不感湯)で、ついうとうとしてしまう。

扉を隔てて独立した空間に薬湯の湯船を設け、ここでは外気がわずかに感じられる。1つ1つの湯船は大きくはないが、数は多く、温度の違いもあって色々な楽しみ方ができる。奇抜なお洒落要素はなかったが、普段使いの銭湯としてはもちろん洗練されており、高齢化社会に対応すべく「福祉型家族風呂」も1階に設けている。

御谷湯
源泉/御谷湯温泉(温泉法の温泉)
住所/東京都墨田区石原3-30-8 [地図]
電話/03-3623-1695
交通/JR総武本線・東京メトロ半蔵門線「錦糸町」駅より徒歩14分
     都営大江戸線「両国」駅より徒歩14分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
時間/15:30〜26:00、毎週月曜日定休(祝日の場合は翌日)

※今月は5/22-23が定休

カプセル&サウナ ピロー(東京都墨田区江東橋) ※2016/7/18閉店

カプセル&サウナピロー(東京都墨田区江東橋)錦糸町駅周辺には現在4軒のサウナ屋(カプセルホテル)がある。かつて紹介した楽天地スパのほかに、南口にカプセル&サウナピローサウナ&カプセルニューウイング、北口にカプセルイン錦糸町といった具合。このなかで一番の格安店といえば、カプセル&サウナピローだ。デイタイムは1,000円で最大17時間利用可能、ナイトタイムは2,000円で深夜割増なし。さらに、1時間利用なら500円と銭湯並みの料金。

カプセル&サウナピロー(東京都墨田区江東橋)楽天地ビルを通り抜け、線路の方に目をやると、ピローのご機嫌な看板。建物には足場が組まれていたが、つい先だってリクライニングシートやロッカールームなど館内のリニューアルを行ったらしく、新装開店感謝価格はなんと100円!(詳細はこちらにて。1/15まで)。フロントで100円だけ支払って、ロッカーの鍵、タオルと館内着を受け取る。カミソリや歯ブラシも備えているが、これではまったくの赤字ではないか。

カプセル&サウナピロー(東京都墨田区江東橋)カプセル&サウナピロー(東京都墨田区江東橋)
※写真はカプセル&サウナピロー公式サイトより転載

階段で地下1階に下りると、リクライニングシートの並ぶ休憩室。レストランも兼ねており、従業員のお国事情なのかタイ料理もあるようだ。浴室は規模に見合ってシンプルで、カラン10コ、ジャグジー付き湯船、水風呂、サウナ。肝心のサウナは3帖大、85℃、テレビもなくひたすら熱さと格闘するのみ。浴室設備について特に感動するものはないが、キャッチフレーズの「男の隠れ家」とはよく言ったもので、自由な時間を満喫することができる。

カプセル&サウナ ピロー ※男性専用
住所/東京都墨田区江東橋4-31-5 [地図
電話/03-3635-2211
交通/JR総武線錦糸町駅南口より徒歩3分
料金/デイサウナ1,000円(5:00〜22:00)
     ナイトサウナ2,000円(22:00〜翌10:00)
     入浴のみ60分500円(5:00〜22:00)
時間/24時間、年中無休



(追記-2016/10/1)
コメント欄に寄せていただいた情報をもとに調べてみたところ、2016/7/18をもって閉店したようです。
⇒楽天トラベルのクチコミ・感想情報

楽天地スパ(東京都墨田区江東橋)

楽天地スパ(東京都墨田区江東橋)最近の温浴業界の流行として真っ先に思い浮かぶのが、サウナ室でのロウリュイベントだ。「ロウリュ」「ロウリュウ」「熱波」など、施設によって呼び名は違うけど、サウナストーンあるいは熱した石ころにアロマ水をかけて蒸気を発生させ、最後は熱波を浴びせるというのが一連の流れ。フィンランド発祥の熱気浴だが、日本でも導入する施設がだいぶ増えてきた。

技術とパフォーマンスで日本一を決定する「熱波甲子園」も開催され、今年の結果は1位がSPA西荒井、2位が楽天地スパ、3位が海老名都の湯。SPA西荒井では前説の長さといきなりの30発に面食らったが、果たして2位の楽天地スパはどんなロウリュで満足させてくれるのか。楽天地スパのある錦糸町を訪ねた。ちなみに、ここは昭和31年に「楽天地温泉会館」としてオープンして以来の老舗だ。

楽天地スパ(東京都墨田区江東橋)南口を出て左を向けば、すぐに目に飛び込んでくるのが楽天地ビル。その最上階の9階にあるのが楽天地スパ。男性専用の、いわゆるサウナ施設だが、この手の施設にありがちな「おじさん臭さ」はまったくない。24時間営業で休憩スペースも充実しているが、今回は60分コースにした。入館料は先払いで、下足箱と引き換えにロッカーの鍵を受け取る。ロッカーの中にはフェイスタオルと館内着の入ったバッグが用意されていた。バスタオルは棚に、ナイロンタオルやカミソリは浴室内にある。

楽天地スパ(東京都墨田区江東橋)さっそくサウナ室へ。室内はコの字型の2段式で、角に細長のikiサウナを設置。ロウリュはタオル回旋のあと、上段はうちわ、下段はタオルで扇いでくれる。2セット繰り返したら「おかわりタイム」だが、一律5回ずつとは物足りない。しかし、11:00〜25:00まで1時間おきに15回行っていることには脱帽。他店のようにタイミングが合わず…ということはまずない。

サウナはもう1つ、よもぎスチームサウナもある。お風呂は水風呂、人工炭酸泉、温泉浴槽の3つ。温泉は地下650mから湧出する黒湯。都市型施設だけあって浴室自体こじんまりとしており、湯船の種類も少ないが、いまどきの客の好みはしっかり押さえている。9階にあるのに磨りガラス越しの眺望がイマイチなのは残念。

楽天地スパ(東京都墨田区江東橋)楽天地スパでの名物といえば「背中流し」だ。いわゆる三助さんのサービスだが、ここでは上半身と洗髪で500円。アカスリに比べればぐっと手頃な料金設定が受けているのか、客が途切れることはなかった。ロウリュのあとには気持ちが良さそうだ。ちなみに都内で「流し」を随時行っているのは、ほかに日暮里の斉藤湯のみ(と言いたいところだが11/10より休止中)。

休憩スペースとしては、レストランのほか、リクライニングシートの休憩室が3室。レストランは深夜まで営業、休憩室は時間指定でスタッフが起こしてくれるそうだ。なにしろ深夜割増料金を加算しても3,300円とは、終電を逃したサラリーマンにとって強い味方。メンズサウナのダークなイメージを見事に覆してくれた。



楽天地スパ ※男性専用
源泉/楽天地天然温泉(ナトリウム−塩化物冷鉱泉)
住所/東京都墨田区江東橋4-27-14 楽天地ビル9階 [地図
電話/03-3631-4126
交通/東京メトロ半蔵門線錦糸町駅2番出口直結
     JR総武線錦糸町駅南口徒歩1分
料金/一般コース2,300円
     60分コース1,200円
     深夜割増料金1,000円(23:00〜5:00)
     ※女性、小学生以下は利用不可
時間/24時間営業(毎週日曜日は23:00まで、翌月曜日は10:00から)
     年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ