旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

新宿区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

東宝湯(東京都新宿区新宿)

東宝湯(東京都新宿区新宿)先日の「東京銭湯ナイトvol.8」の直前には、新宿7丁目の東宝湯を訪ねた。最寄駅は東新宿または若松河田だが、新宿東口からは1.5kmほどの距離なので、ぎりぎり徒歩圏内といったところか。

職安通りの抜弁天交差点を目指し、裏手に入っていくと、まもなくして東宝湯の電飾看板が見える。マンションの一部を銭湯としており、玄関は路地側を向いている。ここまでマンションや商業ビルが途切れなく続いていたが、ごちゃごちゃとした住宅地が残っているのは、狭い路地と土地の高低差によるものだろうか。

東宝湯(東京都新宿区新宿)コインランドリーを併設。フロントのご主人にスタンプをお願いすると、「おっ、頑張ってますねぇ」と。都内の銭湯はまだ50軒にも達していないが、そう言ってくださると嬉しい。脱衣所は都内ならではのせせこましさを感じたが、もしかしたら神奈川県の感覚に麻痺しているのかもしれない。ロッカーと体重計、血圧計、マッサージチェア、それに男女境の壁の上にテレビを設置。

東宝湯(東京都新宿区新宿)浴室は男女境側から5、4-4、片側のみ3、壁側に2+立ちシャワー1というカランの並び。奥に湯船が2つあって、大きい方は半分がバイブラ湯で、もう半分にボティマッサージ、ミクロバイブラ、スーパージェットが各1人分ずつ。日替わり湯を実施しており、甘草というオレンジ色の入浴剤。もう一方の小さな湯船は柱のある関係でL字型をしており、こちらには袋詰めされた備長炭が沈んでいた。

ペンキ絵やタイル絵といったビジュアルがないのは残念。お湯は若干ぬるめ。日曜日の夕方とあって7〜8人の客が訪れていたが、腰の曲がったおじいさんも多い。昔からの住民なのだろう。7丁目とはいえ天下の新宿だが、知らない一面を見た気がした。

電柱の捨て看板によれば、たぶんこの近辺であろう、新築一戸建が4,280万円(月々の支払いは12万円)。土地や建物広さや立地、日当たり等々わからないことだらけだが、それなりの企業にお勤めの方、あるいは共働き世帯なら決して手が届かない金額ではないのだな、と。なによりこの界隈ならば生活も便利そうだ。

東宝湯(東京都浴場組合)

東宝湯
住所/東京都新宿区新宿7-11-5 [地図
電話/03-3208-3776
交通/都営大江戸線・東京メトロ副都心線東新宿駅A2出口より徒歩5分
     都営大江戸線若松河田駅河田口より徒歩7分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/14:00〜25:00、毎週金曜日定休

熱海湯(東京都新宿区神楽坂)

熱海湯(東京都新宿区神楽坂)料亭や芸者の街として知られる神楽坂。飯田橋駅北側の早稲田通り沿い一帯の地名で、表通りはチェーン店の飲食店などが多く見られるが、路地に入れば庶民とは無縁の世界。芸能人や知識人が出入りしそうな高級料亭が点在する。坂が多く、路地も入り組んでいるため、一本間違えたら迷子になってしまいそう。

熱海湯があるのは、神楽坂の小栗横丁という通り。別名熱海湯通りとも呼ばれているそうだ。千鳥破風屋根の古き佇まいが周囲の風情ととてもよく調和している。地元客の利用で賑わっていたが、聞こえてくる会話などに下町情緒が感じられた。昔は芸者さんの利用もあったのだろうか。番台のある昔ながらの銭湯で、坪庭もある。コインランドリーを併設しているが、脱衣所にも洗濯機2台。ほかと違うところといえば、黄色の桶がケロリンではなく「モモテツ」であること。

浴室は壁側にカランが6つずつ(+片側に立ちシャワー1つ)、島列は6-6でシャワーと鏡なし。湯船は浅湯のジャグジーと深湯の備長炭風呂で、「ミネラルイオンの温泉効果」と記されている。境壁には上高地のような風景を描いたタイル絵、ペンキ絵は男女にまたがって大きな富士山が描かれ、湯船の真上は鯉や金魚を描いたタイル絵。ビジュアル的には申し分なく、これぞレトロ銭湯の味わいといったところ。街の風情とともにぜひ味わってみてほしい。

熱海湯(東京都浴場組合)

熱海湯
住所/東京都新宿区神楽坂3-6 [地図
電話/03-3260-1053
交通/東京メトロ・都営地下鉄飯田橋駅B3出口より徒歩3分
     (東西線・南北線・有楽町線・大江戸線)
     JR総武線飯田橋駅西口より徒歩4分
     都営地下鉄大江戸線牛込神楽坂駅A3出口より徒歩6分
     東京メトロ東西線神楽坂駅より徒歩8分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜25:00、毎週土曜日定休

松の湯(東京都新宿区百人町) ※2011/7/27廃業

松の湯(東京都新宿区)松の湯は新大久保駅・大久保駅至近の好立地にある銭湯。両駅のほぼ中間にあり、大久保通りのCASAと風月堂の間の通りを入っていく。この曲がり角さえ間違えなければ駅から2〜3分の距離だが、「煙突を目印に…」といった考えは都会では通用しない。さんざん迷って遠回りしてしまった。コインランドリーを併設しているので、こちらの方が目印になるかも。ちなみに大久保通りは建ち並ぶビルのネオンで夜でも眩しいほどだが、路地を入ると意外と真っ暗。松の湯の周辺は住宅街が広がっており、大通りの喧騒とは対照的にしーんと静まり返っていた。

玄関を入るとフロントがあり、その正面がロビーとなっている。男湯のみロッカーの鍵を受け取るシステムで、ロッカーは大小のサイズがあるというが、たいして変わらないという。好きな番号の鍵を選べばよいが、常連さんなら「いつも同じ番号で」と考えたりするのではないだろうか。

浴室にはカランが壁際から6、5-5、4の配列で並んでいる。4つの列以外には固定式のシャワーつき。湯船はミクロバイブラ湯、座ジャグジー湯、横からも噴射するボディマッサージ湯に区切られている。お湯は温度計の表示によると43℃。東京だけあって、ちょっと熱め。浴室の内装は白タイルで、明るく清潔感があるが、女湯との間仕切壁にわずかにタイル絵があるだけで、なんだか殺風景。タイル絵は白い家が建つ海辺の風景を描いたもの。天井は銭湯では珍しいアーチ型(かまぼこ型)。

コリアタウンと言われるほど韓国系住民で活気のある大久保通り界隈。韓国料理店で食事したあとのひとっ風呂は最高だ。以前紹介した大久保1丁目の万年湯(→記事)とセットで覚えておきたい銭湯だ。

松の湯(東京都浴場組合)

松の湯
住所/東京都新宿区百人町2-11-23 [地図]
電話/03-3362-2601
交通/JR山手線新大久保駅より徒歩2分
     JR中央線大久保駅北口より徒歩3分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/14:30〜24:00、毎週金曜日定休

(追記-2011/7/19)
2011/7/27をもって廃業予定です。
現在は毎週木曜日・金曜日が定休となっています。

(追記-2012/10/17)
現在すでに廃業しています。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ