旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

新宿区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン

世界湯(東京都新宿区高田馬場)

世界湯(東京都新宿区高田馬場)音楽好きがジャケ買いするように、今回は「世界湯」という屋号に惹かれ、高田馬場を訪ねてみた。早大生や予備校生など、若者の活気に満ち溢れた町を想像するだろう。駅前の乱雑な光景を目の当たりにすればあながち間違いではないと言えるが、早稲田通りを西に歩けば、飲食店やスーパーの裏手に薄暗い住宅地がどこまでも続いていた。北傾斜の下り坂で、道幅は狭く、車が来たら避けるよう。人の通りは少なく、あたりは静まり返っている。

神田川の手前に建つ築浅のマンション。この1階に世界湯がある。併設するコインランドリーとロビー外壁のガラスブロックから明かりが漏れ、世界湯の屋号もさりげなく灯る。いまどき風呂無しアパートも少なかろう。しかし、いまも昔も学生の利用は多いのだろうか。ロビーを広めにとり、シャンプーとボディソープを設置、なによりも築7年というから綺麗だし現代的。

浴室の壁に沿ってコの字に、そして島列の洗い場を配置。湯船は電気風呂、座湯ジャグジー、ボディマッサージ。モザイクタイルの図柄は近すぎると何だかよく分らぬが、ご丁寧にも「イグアスの滝」と書いてあった。ちなみに女湯はマッターホルンだというから、なるほど世界湯だ。いっそのこと脱衣所なりロビーなりを万国旗で飾ればよかろうとも思うが、それはご機嫌すぎるか。

浴室の奥の開口部(扉を固定して常時開放)の先には、岩風呂という名の石板を貼った湯船。さらに水風呂と有料サウナ。ちなみにサウナは入浴込みで1,000円もするが、それでも利用客がいることに驚いた。高田馬場界隈はほかにサウナが無いにしても、なんという強気な料金設定。ちなみに客は10人程度とまずまずの入り具合に思うが、みな日本人。来るべき2020年の東京五輪に向け、世界湯が国際交流の場とならんことを期待したい。

世界湯(東京銭湯マップ)
世界湯(日本お風呂倶楽部)

世界湯
住所/東京都新宿区高田馬場3-8-31 [地図]
電話/03-3371-2409
交通/山手線・東西線・西武新宿線高田馬場駅より徒歩7分
     西武新宿線下落合駅より徒歩8分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜25:00、毎週木曜日定休

AKスパ(東京都新宿区歌舞伎町)

AKスパ(東京都新宿区歌舞伎町)歌舞伎町も東宝ビル(旧コマ劇場)の裏手は、さらに怪しいエリア。ピンサロ、ニューハーフ、ソープランドの客引きをかわすと、AKスパが左手に見える。メンズサウナらしくない洒落た外観にして、雑居ビルでないのは珍しくも贅沢な土地の使い方。角地に建つから入口も二方に設けているが、フロントはL字型。そしてフロントの真上にはモニターがずらりと並んでおり、監視カメラの映像が映し出されていた。一瞬にして緊張感が走る。

AKスパ(東京都新宿区歌舞伎町)利用コースを告げ、料金を支払う。受付後のコース変更は出来ないらしく、もし延長しようものならコースが自動的に切り替わるわけでなく、延長料金がひたすらに加算されるわけか。ロッカーの中にはペラペラでやたらと大きい短パン。上着は室内の円形ハンガーに吊るされているが、ひと昔前の入院患者が着ていそうなこれまたペラペラな水色の浴衣。

AKスパ(東京都新宿区歌舞伎町)浴室手前の棚に館内着とバスタオルを仕舞い、浴室へ。がらーんとした室内の壁際は洗い場。湯船は高温浴と水風呂の2つのみ。「浴室での悪質ないたずらには、実損の3倍の損害賠償金を頂きます」と、穏やかでない文言。サウナ室の扉を開けると、おそらくは風除室であろう空間にもベンチを設け、中途半端なぬるさを経て、その奥にはカラカラに乾いた100℃超の部屋。小さなテレビを見ながら汗を流す。(写真はAKスパ公式サイトより転載)

D8FC81BA-88E4-4DCF-A807-158A44DCD03D2階の食堂は24時間開放しており、酒類以外の持ち込みOKとは珍しい。休憩室には簡易マットが並んでおり、1人用の箱型タイプ。館内に明るい雰囲気はなく、どこもひっそりと静まり返っていた。世間がいくらサウナブームとはいえ、老舗サウナ店の風格を残している。多くのサウナ店では入れ墨・タトゥーの客を入館禁止にしているが、ここは館内着で隠せるならOKとしており、さらにインターネットの情報によれば、「本職」の利用もあるという。この日はがっつりタトゥーの若者の姿も。歌舞伎町の混沌とした一面を見た思いだ。系列にカプセルホテル新宿510、女性専用のレディース510もある。

AKスパ ※男性専用
住所/東京都新宿区歌舞伎町2-30-1 AK会館 [地図]
電話/03-3208-6667
交通/JR新宿駅東口より徒歩7分
     東京メトロ副都心線東新宿より徒歩7分
     西武新宿駅北口より徒歩4分
料金/ロングコース2,400円(15:00〜翌12:00)
     早朝コース1,800円(5:00〜21:00)
     3時間コース1,300円
     1時間コース900円
時間/24時間(月曜日の12:30〜14:30は浴室清掃)


メンズサウナこり・こり(東京都新宿区歌舞伎町)

メンズサウナこり・こり(東京都新宿区歌舞伎町)新宿といえば昨年8月にオープンしたテルマー湯、西武新宿駅前のグリーンプラザ(リ・ラックスパ)が歌舞伎町の東西に建つ。そしてど真ん中にはメンズサウナこりこり。新宿東宝ビル(旧コマ劇場)の西隣、ヒューマックスパビリオンビルという最高の立地にありながら、地下だから看板に気づかなければ通り過ぎてしまうし、意味がわからないのは「こりこり」という名前。昔は「フィンランド」と言ったらしい。

メンズサウナこり・こり(東京都新宿区歌舞伎町)受付は専用階段を降りて地下1階。料金を支払い、下足箱の鍵と引き換えに、ロッカーキーと、タオルや館内着が入ったバッグを受け取る。そしてまた階段を降りて、地下2階のロッカールームへ。浴室と隣接しており、バスタオルや館内着は浴室手前の棚を利用する。平日の真昼間とあって、館内に客はまばら。何か所かあるリクライニングルームは薄暗くて(半消灯)、おまけに静まり返っている。歌舞伎町という土地柄、昼夜逆転の客がいるのかもしれないし、しかし終電後などは客がどっと押し寄せるのかもしれない。

メンズサウナこり・こり(東京都新宿区歌舞伎町)メンズサウナこり・こり(東京都新宿区歌舞伎町)

浴室に入ると、まず目の前には白湯とバイブラ湯(電気風呂付き)があって、壁に設置されたテレビを観ながらの入浴。トルネードバスは3方向からジェットが噴き出す立ち湯。そのわきにはお湯を張っていない湯船もあるが、サウナ施設で高温浴が3つもあれば充実している方だ。

メンズサウナこり・こり(東京都新宿区歌舞伎町)
(写真はメンズサウナこり・こり公式サイトより転載)

サウナは少し離れた場所にあり、機械室を挟んで手前が高温、奥が低温ラジウム。どちらも同じ広さだが、サウナ施設としては決して広くはない。高温の方のテレビは無音で、湯船側のテレビと同じチャンネルだから、漏れ伝わってくる小音量に耳を澄ます。そして高温の100℃に対して、低温の70℃弱は物足りず、ラジウムの説明もないから仕組みや効果はよくわからず。サウナのあとは水風呂へ。浅くて狭いが、水温15℃はかなり引き締まる。

椅子に腰抜けぼーっとしていたら、「アカスリいかがですか?」と声を掛けられた。浴室内で客引きなんて初めてだ。よほど営業熱心なのか、単に暇になったのか。アカスリのベッドが3台もあって、昼間っから常に客が付いていたし、アカスリ目当てに訪ねる客が多いのかもしれない。

メンズサウナこり・こり(東京都新宿区歌舞伎町)
(写真はメンズサウナこり・こり公式サイトより転載)

今回は90分コースで訪ねたので休憩する余裕はなく、3時間コースがあれば嬉しいかも。歌舞伎町のど真ん中にありながらも客がまばらでは寂しいが、隠れ家的な雰囲気が漂うサウナだ。

メンズサウナこりこり ※男性専用
住所/東京都新宿区歌舞伎町1-20-1 [地図]
電話/03-6233-7354
交通/新宿駅東口より徒歩5分
     西武新宿駅より徒歩2分
料金/一般コースA(受付6:00〜16:00、12時間):2,100円
     一般コースB(受付16:00〜22:00、12時間):2,300円
     一般コースC(受付22:00〜6:00、12時間):2,600円
     90分コース(終日受付):1,300円
     60分コース(夏季限定、受付10:00〜15:00):900円
時間/24時間、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ