旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

港区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

オアシスサウナアスティル(東京都港区新橋)

オアシスサウナアスティル(東京都港区新橋)サラリーマンの街・新橋にはカプセルホテルが何軒もある。インターネットカフェや個室DVDなど、翌朝まで格安に過ごせる選択肢が増えたとはいえ、おじさん達の支持を集めるのはサウナだろう。そこで訪ねたのは、烏森口より徒歩1分の位置にある「オアシスサウナ アスティル」。パチンコ店などが入る複合ビルの3階・4階で営業を行う、いわゆるメンズサウナだ。

オアシスサウナアスティル(東京都港区新橋)サウナとカプセルでいくつかのコース設定があるが、「新春お年玉キャンペーン」(〜1/31)の一環として、17:00〜21:00のハッピーアワーなら、レギュラーコースが半額1,540円。受付で料金を支払い、ロッカーのリストバンドを受け取る。館内着はカジュアルとガウンの2種類から選べる。バスタオルとともにロッカーの中に入っていた。

螺旋階段を上がると浴室。手前の脱衣スペースには鍵付きロッカーあり。広々とした湯船にはジャグジーやバイブラ。ほかに高温浴としてシルクバスがある。

サウナは約75℃のマイルドな熱さだが、自動ロウリュがさらなる発汗を促す。室内が真っ暗になり、サウナストーンの上に設置されたライトがストロボ状に演出する。ほかにスチームサウナもあり、タイル張りの室内はハマムをイメージしたものか。こちらも約46℃と温度は低めだが、しっかりと汗が出る。水風呂は約20℃とまたも万人受けの冷たさ。玉石積みの壁づたいに水が流れ落ちる。

オアシスサウナアスティル(東京都港区新橋)

休憩スペースは3階・4階ともにリクライニングシートを設置しているが、3階は自由席として20台ほど。遅い時間帯や週末にスペースを確保したいなら、4階の指定席(デラックスシート)を利用したほうが良いだろう。平日は追加1,025円とお高いが。また、時間が遅くなるとフリースペースにはマットが敷かれ始める。

オアシスサウナアスティル(東京都港区新橋)レストランは平日は深夜3時まで営業。意外とメニューが少なく、そしてドリンクがお高いように感じたが、そこは新橋。飲食店は無数にある。

サラリーマンの街ということを考えると、入館のピークは遅めなのだろうか。料金設定は少々お高めだが、それも土地柄なのか、お客さんの質に見合っているのか。もちろん料金に見合った館内の設備、雰囲気、サービスで、快適であることは申し分なし。パンフレットにはこう記されていた。「ゴージャスな雰囲気のなかで過ごす至福のとき」。

オアシスサウナ アスティル ※男性専用
住所/東京都港区新橋3-12-3 [地図
電話/03-5401-0356
交通/JR新橋駅烏森口より徒歩1分
料金/フリータイムコース:平日4,830円、休日4,110円
     ※受付12:00〜翌4:00、フリータイム10:00まで
     朝定食付フリータイムコース:平日5,140円、休日4,420円
     ※受付12:00〜翌4:00、フリータイム10:00まで
     レギュラーコース(5時間):3,085円
     ※受付12:00〜21:00
     リフレッシュ2時間コース:2,055円
     ※受付12:00〜翌4:00
     スピードコース(60分):1,540円
     ※受付12:00〜翌9:00
     モーニングコース:2,055円
     ※受付4:00〜9:00、フリータイム
時間/12:00〜翌10:00

アジュール竹芝スカイビュー浴場(東京都港区海岸)

アジュール竹芝スカイビュー浴場(東京都港区海岸)伊豆諸島への客船が出航する竹芝桟橋に隣接し、東京湾を望むホテルアジュール竹芝。この18階にあって、都心の風景を一望するのが「スカイビュー浴場」だ。宿泊客(500円)のみならず、外来客も1,000円で利用できる。

エレベーターで直接18階へ。受付で入浴料を支払い、フェイスタオルとバスタオルを受け取る。男性と女性の浴室は週替わりで、訪ねた週は男性が「海側」の浴室。竹芝桟橋を見下ろし、お台場や月島などベイエリアを一望する。もう一方の「陸側」は、東京タワーや浜松町界隈のビル群を一望する。

アジュール竹芝スカイビュー浴場(東京都港区海岸)

おしゃれなホテルに円形ジャグジーは付き物。そして本格的なフィンランドサウナ(約85℃)。この2つはあらゆる客層のニーズにもマッチするし、欧米人も満足するはず。ホテルの大浴場という位置づけなので、メインは8帖大の湯船だが、その一角を仕切って水風呂がある。かけ湯のためにお湯を溜めているのかと思ったらそうではなかった。水風呂はもう1つあるが、やはり同じく1帖にも満たない大きさ。サウナ好きでなければ水風呂など重要ではないし、あるだけマシということか。

アジュール竹芝スカイビュー浴場(東京都港区海岸)アジュール竹芝スカイビュー浴場(東京都港区海岸)アジュール竹芝スカイビュー浴場(東京都港区海岸)

浴室内の窓ガラスにはフィルムが貼ってあり、立ち上がった状態でなければ景色を眺めることはできない。その代わり、脱衣所に隣接する休憩室からも、同じ景色を一望する。簡易リクライニング数台と自販機だけの静かな空間。ホテルの大浴場という時点で穴場施設だが、平日はやはり客が少なく、ほぼ貸し切り状態。観光ついでに訪ねるもよし、近所にお勤めなら仕事帰りに立ち寄るもよし。個人的には、こんどは「陸側」の夜景を楽しみたい。

アジュール竹芝 スカイビュー浴場
住所/東京都港区海岸1-11-2 [地図
電話/03-3437-2011
交通/東京臨海新交通ゆりかもめ竹芝駅より徒歩1分
     JR山手線・京浜東北線浜松町駅より徒歩7分
     東京モノレール浜松町駅より徒歩7分
     都営浅草線・大江戸線大門駅B1出口より徒歩8分
料金/1,000円
時間/15:00〜23:00

サウナリゾートオリエンタル(東京都港区赤坂)

サウナリゾートオリエンタル(東京都港区赤坂)東京のど真ん中、港区赤坂。このお洒落な街に2013年10月、新たなサウナ施設がオープンした。これまでのサウナのイメージを払拭する、若々しく洗練された雰囲気。それでいて、最近流行りの「スパ」ではなく、あえて「サウナ」と名付けた心意気に敬意を表したい。

ホテルのフロントをスルーして、エレベーターで直接2階へ。スタッフ1人で切り盛りしているのか、受付を不在にしていることが多く、ブザーで呼び出す。券売機方式なのは現金管理の安全性を考慮してのことか。タオルや館内着はロッカーの中にある。作務衣風の上下のほか、迷彩柄Tシャツも。しかも柔軟剤(?)の甘く爽やかな香りがする。これだけでポイント高し。さすが都会だ。

サウナリゾートオリエンタル(東京都港区赤坂)ロッカー室と浴室は離れており、フロントの前を通らなくてはならない。タオルを手に館内着で移動したが、上半身裸の人も(さすがに全裸はいなかった)。浴室入口には貴重品入れもあるが、館内着やバスタオルを入れておくには小さいし、アルミ札タイプの鍵がサウナの中では熱いし、そもそも脱衣スペースが狭すぎだし。いったいどうすべきが正解だったのか。

サウナリゾートオリエンタル(東京都港区赤坂)浴室にはL字型に洗い場が並んでいるが、全てシャワーブースとは斬新だ。外国人利用客も意識してか、壁には赤富士が描かれている。湯船はシルキーバスのほか、バイブラ+ジャグジー。浴槽内のランプの色は緑、紫、青と変わり、幻想的な演出も素晴らしい。ロッキーサウナは108℃としっかり熱い。浴室内は琴のBGMだったが、サウナ室内は俗に言うイージーリスニング。水風呂はしっかり冷えており、サウナ上級者も納得するだろう。

サウナリゾートオリエンタル(東京都港区赤坂)休憩室はロッカー室の隣にあって、高級感あるソファタイプのリクライニングシートが並んでいる。食事処がなく、飲み物は自販機1台のみなのが残念だが、酔い潰れた客がいたりする他のサウナとは異なり、客層はずいぶん上品に感じる。アフターファイブに3時間または6時間コースで仕事の疲れを癒すもよし、ナイトコースなら翌朝まで利用しても4,000円だから、赤坂の地にしてはリーズナブルだ。

サウナ界に「新時代の幕開け」といっても過言ではないだろう。インターネットで調べてみたら、上野や渋谷に4店舗を構えるセンチュリーグループの系列。 これまで積み上げてきたサウナ経営のノウハウがあるにせよ、まったく新しい発想でつくりあげたのだろう。これまでサウナを訪ねたことがない若者にも、すんなりと受け入れられるはずだ。

サウナリゾートオリエンタル ※男性専用
住所/東京都港区赤坂3-19-3 センチュリオンホテルグランド赤坂2階 [地図]
電話/03-6435-5381
交通/東京メトロ丸ノ内線・銀座線赤坂見附駅より徒歩2分
料金/1時間コース1,200円
     3時間コース2,000円
     6時間コース3,000円
     ナイトコース4,000円(22:00〜9:00)
     ※延長料金30分350円
時間/24時間、年中無休
     ※毎週日曜日14:00〜16:00は浴室清掃

(追記-2017/1/24)
平日16時、17時、18時、19時にはロウリュを開催。

南青山清水湯(東京都港区南青山)

清水湯(東京都港区南青山)表参道にある清水湯は創業100年の歴史を持ちながら、平成21年のリニューアルによって昔ながらの銭湯のイメージを脱却し、若い客でさらに賑わいを増している。青山通りからわずかに奥に入っているが、おしゃれな街の雰囲気と調和した外観。マンションの1階にて営業している。フロントには若い女性が2人。アルバイトなのだろうか、揃いのポロシャツを身にまとっている。券売機でチケットを購入。下足箱とロッカーの鍵を引き換える。通り側に面してゆったりとロビーを設けており、フロントでは生ビールなどを注文することができるようだ。

清水湯(東京都港区南青山)19時の時点で世代を問わず大勢の客が詰め掛けていた。最近建て替えた銭湯の特徴でもあるが、脱衣所は狭く感じた。浴室はその広さの3分の1程度が洗い場で、L字型(個別ブース型)+島列でカランは全部で14。これも最近建て替えまたは新築した温浴施設の特徴でもあるが、洗い場よりも湯船を広く設けている。軟水を使用しており、少量の石鹸でもよく泡立ち、洗い流してもすべすべの肌ざわりが実感できる。

清水湯(東京都港区南青山)大きな湯船にはバイブラ湯、そして一段低くなってジャグジーを3つ設けている。ソフトマッサージ(座湯)、ボディジェット(腰回り)、ハイパワージェット(大噴射)。サウナに隣接して水風呂も。そして浴室は扉を隔てて分かれており、銭湯では珍しく人工炭酸泉とシルキーバスもある。こちらにはプラスチックチェアが3つ並んでいるので、のんびり休憩も可能。いずれもお湯はぬるめで40℃ほどだから、長湯する客が多い。また、毎月第1木曜日にはハーブバスを開催しているようだ。サウナは別途550円と決して安くはないが、遠くのスパ銭より近くの銭湯なのだろうか。利用者は意外と多い。浴室内は明るく清潔感が感じられるが、昼間は湯船側に面して窓から採光を確保している。

清水湯では隔月刊でフリーペーパーを配布している(ホームページでも閲覧可)。既存の銭湯の概念にはとらわれない積極的な経営姿勢に好感が持てる。清水湯をきっかけとして他の銭湯に興味を持つ人もいるのではないだろうか。神宮外苑に近いため「銭湯ランナー」の利用者も多く、また表参道界隈での買い物帰りや神宮球場での観戦帰りにも気軽に立ち寄れる立地。店内ではジャズボーカルのBGMが流れており、さすがおしゃれな街・表参道の銭湯といった感じだ。

南青山清水湯(東京都港区南青山)

南青山・清水湯(東京都浴場組合)
港区浴場組合

南青山清水湯
住所/東京都港区南青山3-12-3 [地図
電話/03-3401-4404
交通/東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅A4出口より徒歩2分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナ別途550円
時間/12:00〜24:00(土日祝日は12:00〜23:00)
     毎週金曜日定休

日本一、美人が集まる!? “最強装備”の銭湯〜南青山 清水湯
 (東京ウォーカー 2009年12月4日)

南青山の老舗銭湯「清水湯」が改装−創業100年、ランナー客取り込みも
 (シブヤ経済新聞)

南青山 清水湯 #01(名古屋モザイク工業株式会社東京ショールーム)

旅の雑誌30号でも小竹さんの記事で紹介しています。1枚目の写真を拝借させていただきました。

(補足-2015/9/23)
パンフレット掲載

竹の湯(東京都港区南麻布)

竹の湯(東京都港区南麻布)麻布十番といえば地下鉄2線が交差し、都内でも人気のある住宅地。商店街には新旧店舗が建ち並び、都心にありながらも庶民的な一面を見せている。ずっと南に下っていくと住所は南麻布。小規模のマンションなどが建つ一画に「竹の湯」はある。4階建マンションの1階で営業する銭湯だ。麻布といえば「麻布十番温泉(越の湯)」の存在は有名だったが、ここ竹の湯も温泉銭湯。「麻布黒美水温泉」と名付けられた、文字通りの黒湯の温泉だ。

フロント式で、その奥にテレビやソファ、マッサージチェア、自販機などが並んだ小ロビー。この日は風呂道具一式を持たずに訪れたのだが、使い切りの小袋に入ったシャンプーとボディソープ、そしてタオルがセットでなんと100円。この値段ならいつでも気軽に訪れることができる。

脱衣所は四角いロッカーのほか、縦長タイプ(ハンガーつき)も。ほかには扇風機、ベンチ、流し。浴室は4-4、4-4の島カラン2列と壁際に4つのカランで、いずれも固定式のシャワーあり。立ちシャワーも2人分。奥に湯船があって底の深さは同じだが、簡易的に2つに仕切られている。下でつながっているので、2つの湯船の温度はたいして変わらず、東京の銭湯らしくちょっと熱めだ。それなのに2つに仕切ったということは、ぬる湯好きにも楽しんでもらうため、蛇口のある方だけは水で埋めてもよいということ。

お湯は透明度がほとんどない黒褐色。さらっとしており、つるつるの肌ざわりだ。容器を持参すれば1リットルあたり20円で販売もするという。湯船側は壁一面のモザイクタイルで、真っ青な空と海、そして帆船「日本丸」というダイナミックな構図。女湯には日本地図が描かれているという。創業は大正2年。もうすぐ100年を迎える都会のオアシスだ。

麻布黒美水温泉竹の湯(東京都浴場組合)

麻布黒美水温泉竹の湯
源泉/麻布黒美水温泉(ナトリウム−炭酸水素塩冷鉱泉)
住所/東京都港区南麻布1-15-12 [地図
電話/03-3453-1446
交通/東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線麻布十番駅1番出口より徒歩5分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     入浴+サウナ900円(入浴券利用や追加購入の場合のサウナ代は500円)
時間/15:30〜23:30、毎週月曜日(祝日の場合は翌日定休)・金曜日定休

(追記-2011/8/29)
8/20にリニューアルオープン。湯船を仕切って約3度の差をつけたほか、水風呂を新設した。
麻布十番「黒美水温泉」がリニューアル−湯船を2つに分け温度差(六本木経済新聞)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ