旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

中央区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

金春湯(東京都中央区銀座)

金春湯(東京都中央区銀座)銀座といえば日本を代表する繁華街であるとともに、百貨店やブランドショップなどが集中する上品な大人の街。通りを歩く人はみんなおしゃれで、気品の高さを感じさせる。そんな銀座にも2軒の銭湯があって、そのうちの1軒は銀座の北側、京橋寄りに位置する「銀座湯」(⇒記事)。そしてもう1軒は銀座の南側、新橋寄りに位置する「金春湯」だ。

金春湯の名前は、能楽流派の1つ「金春流」の屋敷がこの一帯にあったことに由来する。金春湯の前の通りは「金春通り」といい、金春屋敷移転後は「金春芸者」の花街として賑わったという。金春湯の歴史も古く、開業は文久3年(1863)。昭和32年に現在のビルに建て替えられ、その1階にて営業している。青い電飾看板と屋号の入った暖簾が目印。自販機の並ぶ通路の先が入口だ。

番台にはおばあちゃんが座っていた。銀座で、なおかつビル銭湯だから、洒落た雰囲気を想像していたが、扉を開けると典型的な庶民的銭湯だった。平日の夜とあって会社帰りのサラリーマンが多いが、女性側の脱衣所からは地元客と思しきおばあちゃん達の会話が聞こえてくる。銭湯には地域のイベントのポスターが貼ってあることが多いが、さすが大都会とあって、ここでは国立演芸場の番組表。番台でロッカーの鍵をもらい、服を脱いだら浴室へ。

手前に洗い場、奥に湯船。カランは5、4-4、5という配列で、中央列以外には固定式のシャワーつき。浴室全体は白タイルで統一されているが、女湯との間仕切り壁のタイルには、川辺に桜や菊などといった花鳥風月の景色が描かれている。湯船は2つあって、浅いほうが熱く、深いほうがぬるい。といってもたいした違いはない。わざわざ「熱い」と表記されていると、東京の銭湯のことだから本当に熱いのかな?と思うが、なんてことはない。我慢せずとも入れちゃう温度だった。深いほうの湯船にはジャグジーが2人分設けられている。湯船のすぐ上に描かれたタイル絵には立派な鯉が泳いでいる。お客コイコイというわけだ。

夜の銀座金春湯から出るとすっかり日が暮れていた。夕方よりも人通りが増したような気がする。ビルの袖にずらっと並んだ看板がまぶしい。きっと高級クラブなんだろうな、と思う。さすが銀座、いろんな顔を持ち合せている。

金春湯(東京都浴場組合)
金春湯(中央浴場組合)




金春湯
住所/東京都中央区銀座8-7-5 [地図
電話/03-3571-5469
交通/JR山手線新橋駅銀座口より徒歩5分
     東京メトロ銀座線新橋駅3番出口より徒歩4分
     東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線銀座駅A1出口より徒歩6分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/14:00〜23:00(毎週土曜日は22:00まで)
     毎週日曜日・祝日は定休

(追記-2011/8/17)
営業時間は2011/7/4より、14:00〜22:00に変更になっています。

月島温泉(東京都中央区月島)

月島温泉(東京都中央区月島)中央区月島といえば言わずと知れた「もんじゃ」の町。地下鉄の駅を出ると、通称「もんじゃストリート」と呼ばれる西仲通りを中心に、路地裏にまでもんじゃの店がある。1980年頃は月島全体でもんじゃ屋は10軒程度だったというが、現在では月島全体で約75店、うち35店が西仲通りに店を構えているという。親戚がむかしから豊洲に住んでいるので、1980年代にももんじゃを食べに行ったことがあるが、当時は有楽町線が開通しておらず、薄暗い道を歩いていった記憶がある。豊洲も月島もいまでは考えられないくらい、陸の孤島的な町だったのだ。と、まぁそんな話はさておき、こぎれいに整備された「もんじゃストリート(西仲通り)」の中ほどにあるのが月島温泉で、9階建のマンションの2階に入居する銭湯だ。

月島温泉(東京都中央区月島)マンションの1階はもんじゃ屋と喫茶店。その間にある通路を入っていくと、突き当りには月島観音の祠。と普通に書いてみたが、マンション内に観音様があるなんて、いかにも東京な光景だ。その隣のエレベーターで2階へ上がると月島温泉と併設するコインランドリーがある。1階のエレベーターホールには「月島温泉」と書かれた古い看板が、そして店内のロビーには「実母散」の古い看板が掲げられている。屋号には「温泉」と付いているが、こちらでは実母散の効能をもって温泉と称しているので、実際には温泉を使用しているわけではない。

脱衣所や浴室内には、節水や入浴マナーを呼びかける紙がベタベタと貼ってある。「地球が壊れてきています。エネルギーが限界です」「カランの独占は恥ずかしいことです」「シャワーは使うときだけ」「入浴は身体の前と後ろを石鹸で洗ってから」などなど。とくに節水に関してはよほど呼びかけたいのか、20ほどあるカランのほぼ1つおきに貼り紙がなされている。最近の銭湯では入浴マナーの悪い人が多いそうだし、もんじゃついでに訪れる客が割合的に多いのかもしれない。それにしてもベタベタ貼りすぎじゃないの?と思う。

大きな湯船にはジャグジー2基とバイブラ、電気風呂を備えており、ほかに水風呂と薬草風呂。ジャスミンの入浴剤が入っていたが、どうせなら実母散にしてほしかった…。別途料金だがサウナもある。『東京銭湯お遍路MAP』には露天風呂があると書いてあったが、そんな湯船はどこにもなく、もしや誤植かと思いきや、露天風呂があるのは女湯のみ。ならばそう書いてほしかったし、月島温泉を訪れた理由のひとつは露天風呂だったのだが、毎週月曜日に男湯と女湯が週替わりで入れ替えになるとのこと。また機会があったらトライしたい。お湯はカランも湯船も軟水処理しており、肌には優しいらしいが、石鹸を洗い流してもヌルヌル感は取れず、不思議な感触。

月島温泉は明治33年(1900)創業で、月島の埋め立てと同時期なのだという。歴史の古さは東京でも指折り。平成13年にマンションへの建て替えを機に、リニューアルオープンした。昔ながらの佇まいの銭湯よりも入店しやすいのではないだろうか。ロビーにはテレビもあり寛げる空間となっている。もんじゃのあとのひとっ風呂にぜひどうぞ。

月島温泉
住所/東京都中央区月島3-4-5 [地図
電話/03-3531-1126
交通/東京メトロ有楽町線・都営大江戸線月島駅より徒歩4分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
     サウナは別途320円
時間/11:00〜24:00、無休
     金・土曜日・祝前日は26:00まで
     月曜日が祝日の場合は日曜日の深夜営業はなし

(追記-2011/8/17)
営業時間変更。2011/7/8より金曜日・土曜日は25:00まで。
    
月島温泉(東京都浴場組合)
月島温泉(中央浴場組合公式サイト)
月島もんじゃ振興会協同組合
出没!アド街ック天国(テレビ東京・2005/5/28放送)

銀座湯(東京都中央区銀座)

銀座湯銀座湯はその名の通り、大都会銀座にある銭湯。とはいっても銀座1丁目のいちばん端に位置し、すぐわきには東京高速道路の高架が銀座と京橋の間を横切っている。グレーのタイル張りの建物は2階建。背の高いビルが多い銀座にあっては、こじんまりとした印象を受ける。そしてさりげなく灯る看板。はっきり言って目立たない。

小さな番台でお金を払い、男湯はすぐ目の前の階段で2階へ。女湯は1階にある。こじんまりとした規模のわりには脱衣所のロッカーもカランの数も多いなぁと思う。ちなみにカランは壁際と真ん中にあるが、シャワー(固定式)が付いているのは壁際だけ。

2帖ほどの大きさで深さのある湯船、そして4帖ほどの大きさでジャグジーつきの湯船があり、どちらも温度計は44℃を指していたが、それほど熱くはなかった。湯船の上は銀座4丁目交差点、時計塔のある和光ビルを中心としたネオン街をモチーフとしたタイル画となっている。離れたところから見ると写真かと錯覚するほどにリアリティがある。これぞ銀座という風景を掲げるあたり、さすが銀座湯である。

銀座という土地柄、どんな人が訪れるのかと気になっていたが、平日の夕方はおじさんたちばかりだった。銀座に住んでいるのか、それとも商売をやっているのか、いずれにしても常連のようだ。入れ替わり立ち代わりで常に5人くらいの客。早々と仕事を終えたのか、スーツ姿の若者もやってきた。「銀ブラ」のあとに立ち寄ってみるのもいいかも。おしゃれな街・銀座の違った一面を体験できるはずだ。

銀座湯(東京都浴場組合)
朝日マリオン「Tokyo老舗・古町・散歩」(朝日新聞)
めざにゅ〜「わたしの太陽さん」(フジテレビ)

銀座湯
住所/東京都中央区銀座1-12-2 [地図]
電話/03-3561-2550
交通/都営浅草線京橋駅より徒歩2分
     東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅より徒歩3分、銀座線京橋駅より徒歩3分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜23:00、日曜日・祝日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ