旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

千代田区

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

稲荷湯(東京都千代田区内神田)

稲荷湯(東京都千代田区内神田)日本経済の中枢を担うオフィス街といえば千代田区大手町。そして、日本橋川と首都高を境にして北側で隣接するのが内神田である。江戸開城以来の面影を残す町割りにオフィスビルや商店が建ち並ぶ。内神田の南端に鎮座する御宿稲荷神社の由緒は開城よりも古く、天正18年(1590)まで遡る。今回ご紹介する「稲荷湯」の屋号は、御宿稲荷神社に由来するのであろう。神社のすぐ北側に位置するビル銭湯だ。

訪れたのは平日の日もどっぷり暮れた頃。都心でいま流行っている「銭湯ランナー」の拠点であるらしく、仕事を終えてこれから走る人、走り終えてひとっ風呂する人でごった返していた。目の前にある公園ではランナーがストレッチをしたり、仲間どうしで集まったり、この一画だけが異空間といった印象。玄関先にはランニングシューズ専用の棚もある。フロントで料金を支払って脱衣所へ向かうが、狭い室内は汗臭い。

浴室の規模も小さく、手前に洗い場、奥に湯船という配置だが、カランは壁側に6、島式で4-3、壁側に3という配置。すべてに固定式シャワーが付き、ほかに立ちシャワーも1つ。湯船はL字型で、出っ張った部分が円形にカーブしている。座湯のボディマッサージとジャグジー、細かい気泡のバイブラ湯が区切りなく1つの湯船に収まっている。幾何学模様のタイルで家の模様が描かれているのみで、銭湯らしい情緒は感じられない。

ジャグジーで下半身をほぐす人が目に付くが、たいていはお湯にさっとつかる程度。銭湯ランナーは意外と回転が速い。というより銭湯ランナー以外の客はほかにいなかった。オフィス街のため客のほとんどが銭湯ランナーなのでは?とすら思う。しかし考えてみると、ジョギングやウォーキングの趣味+銭湯という組み合わせは、都心のオフィス街だけに限ったことではなく、どの銭湯でも打ち出せる集客手法ではないだろうか。銭湯が「おすすめのコース」を設定したっていい。健康増進や新たなコミュニティづくりに銭湯が果たすべき役割と可能性は大きい。

稲荷湯(東京都浴場組合)

稲荷湯
住所/東京都千代田区内神田1-7-3 [地図
電話/03-3294-0670
交通/東京メトロ・都営地下鉄大手町駅より徒歩4分
     JR山手線・京浜東北線・中央線神田駅より徒歩7分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/14:50〜24:30(祝日は14:50〜22:30)
     毎週日曜日定休

梅の湯(東京都千代田区神田神保町)

梅の湯(東京都千代田区神田神保町)神保町といえば、いわずと知れた本の街。よく訪れる街ではあるし、「梅の湯」の存在も知ってはいたのだが、いざ入浴となるとずっと機会を逸したままだった。今回は東京ドームでの野球観戦帰りにふと思い出して立ち寄ったのだが、水道橋駅からも700m足らずの距離。靖国通りと水道橋西通りの専大前交差点より、北に2つ目の路地を東に入る。通りからはちょっと目立たないが、グレーの11階建マンションの1階が梅の湯だ。

暖簾をくぐってまず驚いたのは、玄関先に並んだランニングシューズ。東京では仕事帰りの「銭湯ランナー」が多いとは聞いていたが、梅の湯もまたランナーの拠点であった。皇居にほど近く、約5kmの外周はひと汗流すにはちょうど良い距離なのだろう。これから走る人と走り終えた人で、狭い脱衣所はごった返していた。そして汗臭い…。近所に住む常連もいるのだろうが、夜は明らかにランナーが多く、しかも梅の湯を通じたコミュニティも出来上がっているようだ。

浴室は間口が狭いわりに奥行きがある。扉を開けると正面横一列にカランが8つ並び、その背後に4つ、そして裏手に3つ並んでいる。いずれも固定式シャワーがあり、ほかに立ちシャワーも1つ。7割方がランナーによって埋まっていた。奥に大きな湯船が1つあり、端のほうに電気風呂、ちょっと深くなってボディマッサージとハイパワージェットの設備。42℃とちょうど良い温度。マンション銭湯にしては天井が高く、全体は白いタイルで統一されている。

フロントのわきにある小さなロビーには、マッサージ店やゲルマニウムブレスレットのチラシなどが置いてある。ひとっ風呂浴びたランナーたちは、このロビーを交流の場としている様子。銭湯が年々減少していく時代だが、こんな愛され方も素敵だなぁと思いながら梅の湯をあとにした。

梅の湯(東京都浴場組合)
梅の湯(千代田区タウン e-まちタウン)
「銭湯にランニングブームの恩恵」(YOMIURI ONLINE)

梅の湯
住所/東京都千代田区神田神保町2-8-2 [地図
電話/03-3261-5897
交通/都営地下鉄新宿線・三田線、東京メトロ半蔵門線
     神保町駅(A2出口)より徒歩1分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜25:00(祝日は15:00〜23:00)
     毎週日曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ