金太郎温泉(富山県魚津市天神野新)富山県といえば宇奈月温泉が有名だが、実は隠れ名湯が数多く存在する。魚津市東部の金太郎温泉もそのひとつで、天神山という高台に建つ一軒宿の温泉ホテルだが、日帰り温泉施設も併設しているため、いつも多くの客で賑わっている。周囲に田園地帯が広がり、遠くに立山連峰を望むロケーションは格別な旅情をわき立たせるものではないし、ホテルとしては団体客や家族づれを狙った大衆的な部類であると言える。それなのに金太郎温泉が多くの客を虜にしてやまないのは、結局は泉質の良さに尽きるだろう。

金太郎温泉(富山県魚津市天神野新)昭和40年の温泉湧出とともに「金太郎温泉天神山健康センター」として開業。現在は3本の源泉を持ち、地下1,000mから73.5℃の温泉が湧く。食塩泉に硫黄が含まれる泉質は珍しいが、成分総計16,170mg/kgという成分の濃さにも注目したい。温泉をテーマにした漫画「温泉へゆこう!」によると、家庭の風呂に入浴剤を112袋を入れた濃さだという。その殆どが塩分で、髭剃り跡などには強烈な刺激を感じる。飲泉もできるが塩辛くてかえって喉が渇く。保温力が高く、しばらくお湯につかっていると全身がポカポカ。硫黄のにおいとあいまって、心地よい入浴感が得られるはずだ。

金太郎温泉という印象的なネーミングは、「金太郎さんのように全身に力が溢れ、元気一杯に、健康になるように」という願いをこめて付けられたという。館内や浴室には金太郎のオブジェが飾られている。約2万坪の広大な敷地を有し、光風閣と別館を合わせて客室100室、500名を収容。宿泊者専用の大浴場として「壁画大浴殿」があり、その規模は300坪。併設する日帰り施設「カルナの館」は宿泊客も利用でき、内湯の立山連峰パノラマ大浴殿は500坪、庭園大露天風呂は300坪というスケールを誇る。すべてを満喫するのに時間のゆとりは不可欠だ。(写真はパンフレットより。以下も同様)

金太郎温泉(富山県魚津市天神野新)まずは宿泊者専用の浴室「壁画大浴殿」から紹介したい。壁画の名の通り、浴室の壁一面には陶板タイルが飾られているが、これは文化勲章を授章した陶芸家・浅蔵五十吉(→Wikipedia)による作品。男湯は「四季ノ花園」、女湯は「海辺飛翔」という作品だったが、1ヶ月ごとに入れ替えになるという。

広々とした浴室には、大きな湯船が真ん中で区切られて2つ並んでいる。それに水風呂と六角形のバイブラ湯、サウナ(休止中)。浴室にはかすかな硫黄臭が漂い、お湯はほんのわずか白みがかっているように見える。源泉かけ流しとのことだが、湯温を一定に保つために定期的に攪拌処理を、湯の花を除去するために一時的に循環ろ過を行っているという。大きな湯船の片方には微量の湯の花が沈殿していたが、これをろ過してしまうとは勿体ない。浴室の奥は一面の窓ガラスで、田園地帯を横切る北陸道という景色。これを眺めるためにテーブルや椅子が用意されている。洗い場は数多くのカランが横一列に並ぶ団体客対応型。しかし、設備の充実度や規模の大きさでは「カルナの館」に軍配が上がるため、比較的空いていた。夜通し利用できる点はありがたい。

金太郎温泉(富山県魚津市天神野新)

続いて「カルナの館」。この名前は古代ローマ神話の「健康を守る女神」に由来するという。宿泊客と日帰り客とは別々の脱衣所を利用する。日帰り客の入場口側には畳敷きの大広間兼食事処、ゲームコーナーなどがあり、また2階にはリクライニングチェアが並んだ休憩室もある。浴室と合わせても設備的には健康ランド並みの充実度なので、夜遅くまで多くの客で賑わっており、むしろ日帰り客のほうが宿泊客よりも多い。

「立山連峰パノラマ大浴殿」と名付けられた内風呂の規模は500坪にも及び、その半分を岩風呂が占める。四国の青石や赤石など全国から集めた銘石・奇石を積み上げ、雄大な立山連峰をイメージしている。1つの石が2m以上もあり、積み重なった高さは5〜6mはあるのではなかろうか。奥行きもかなりあり、このスケールたるや半端じゃない。これに面して大きな湯船があり、立山連峰を模した岩山、あるいは反対側の一面ガラス張りの向こうに露天風呂の景色を眺める。カルナの館いちばんの名物と言えるだろう。お湯の色は米の研ぎ汁のように白濁ながら、わずかに緑がかっている。先ほど紹介した「壁画大浴殿」とはろ過の程度が異なるのだろうか。

「健康道場」と名付けられた3帖ほどの湯船は、お湯の白濁と緑が濃いような気がするが、ろ過していないためだろうか。金太郎式入浴法なるものが掲示してあり、それによると、,悗修ら下だけをつかり、次に手首を入れて6〜10分。顔から汗が出てきたらお湯から上がって3〜4分休憩。これを繰り返して、最後に肩までつかる。て浴後は冷たい牛乳か水を飲む、というもの。そのほか寝湯、ジャグジー、腰掛け足湯、ジェットバス、歩行浴、打たせ湯、水風呂、サウナと設備は揃っており、これらにもかけ流しで温泉を使用している。

「庭園大露天風呂」は300坪の空間に2つの岩風呂が並んでいる。これまた銘石・奇石をふんだんに配したもので、そのまわりに塀が囲む。空気により触れられているせいか足下が見えず、腰掛け用の岩のそばには浮きで注意書きがなされている。座る位置にもよるのかもしれないが、片方は若干ぬるめ。もっと温度差をつけても良いかもしれない。いくら保温効果があるとはいえ、冬場はお湯から上がるとあっという間に全身冷え切ってしまう。露天風呂のほうが比較的空いていたのはこのためか。以前夏場に訪れたときは昼間だったからか、白濁したお湯がまぶしいくらいだった。塀の向こう側に木々が茂るのみで周囲の景色は望めないが、開放感はじゅうぶんだ。

金太郎温泉(富山県魚津市天神野新)

金太郎温泉という個性的なネーミングだが、一度訪れれば浴室や泉質のインパクトものちの記憶に残るだろう。富山県の日帰り温泉の相場はわからないが、首都圏と比較すると施設の充実度からして良心的だといえる。日帰り利用の場合はたっぷりと時間をとって訪れたい。宿泊費も割合リーズナブルだし、日本海の海の幸を味わえるので、近くを旅行される際には選択肢のひとつにおすすめしたい。

金太郎温泉
源泉/金太郎温泉(含硫黄−ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/富山県魚津市天神野新6000 [地図
電話/0765-24-1220(予約専用TEL)
交通/JR北陸本線魚津駅より車で約10分
     北陸自動車道魚津ICより車で約10分

カルナの館
電話/0765-24-1221
料金/(1時間)大人700円、小人500円
     (3時間)大人1,000円、小人500円
     (1 日)大人1,600円、小人800円
     ※大人は中学生以上、小人は3歳以上〜小学生
時間/8:30〜23:00



温泉へゆこう 10 (ジャンプコミックスデラックス)温泉へゆこう 10 (ジャンプコミックスデラックス)
著者:中西 やすひろ
販売元:集英社
発売日:2000-06
クチコミを見る