旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

大阪府

サウナグランシャトー(大阪市都島区東野田町)

サウナグランシャトー(大阪市都島区東野田町)京橋はええとこだっせ、グランシャトーがおまっせ♪というテレビCMでおなじみ、京橋駅前のレジャービルといえばグランシャトー。その名の通り、お城をイメージした外観だが、電光看板と懸垂幕がとにかく派手。さながら下町の庶民派サウナといったイメージ。パチンコ、カラオケとフロアごとに分かれており、サウナは5階。エレベーターを降りると、ワイシャツにスラックスという店員さん。ビルの外観とは裏腹に、真面目すぎるほどのクラシックな趣。

サウナグランシャトー(大阪市都島区東野田町)50分700円と安さを売りにする一方で、あかすりやマッサージのセットもあって、利用コースは幅広い。実際に電話予約のやり取りも聞こえてきたし(名前を聞かずとも声だけで判別)、マッサージのあとの食事の段取りまで注文する客も。ベテラン店員と常連客のあうんの呼吸で成り立っているような、そんな店。なにしろ昭和46年創業の老舗。古くから通い詰める客も多いのだろう。

そして、一時代前の雰囲気すら漂う浴室。客が少なかったせいか、がらーんとして静寂に包まれている。サウナ100℃、水風呂19℃とはクラシックスタイルの王道。室内が広すぎていまいち温まりきらないが、不思議な体操をしだすおっちゃんがいたり、せわしなく出入りを繰り返すおっちゃんがいたり。思い思いの過ごし方やペースが確立されているようで、水風呂にしてもさぶんと潜っておしまい。休憩用に椅子が4つあっても、座る人はおらず。

サウナグランシャトー(大阪市都島区東野田町)休憩室はテレビに向かって、扇形にリクライニングシートが並ぶ。カウンターでは主に軽食を提供。若いお姉さんが切り盛りしており、アイドル的な存在か。たとえ酔い潰れたとしても、日付が変わる前には営業終了。繁華街のサウナ店なのに、泊まれないというのは珍しい。そして、休憩室の奥には気になる文字が。フィットネスジムとオジサウナはまるで不似合いだが、支配人はベンチプレスの世界チャンピオンなのだとか。

サウナグランシャトー(大阪市都島区東野田町)

ナイトクラブや中華料理店はとうに閉店してしまい、往時の華々しさは失われてしまったが、大阪を代表するサウナ店であることは間違いない。話のネタにぜひ訪ねてみてほしい。



サウナグランシャトー ※男性専用
住所/大阪市都島区東野田町3-9-3 [地図]
電話/06-6351-0762
交通/JR大阪環状線・京阪京橋駅より徒歩1分、地下鉄京橋駅より徒歩4分
料金/50分コース(平日のみ)756円
     お得コース(100分以内)1,512円
     セルフコース(フリータイム)2,268円
時間/9:00〜23:30(日祝は9:00〜23:00)

サウナグランシャトー(大阪市都島区東野田町)

延羽の湯 鶴橋店(大阪市東成区玉津)

延羽の湯 鶴橋店(大阪市東成区玉津)大阪で人気のスーパー銭湯として必ず名前が挙がるのが、ここ延羽の湯鶴橋店。京セラドームに広告を出しており、野球ファンなら見覚えがあるかも。羽曳野(本店)、三木(閑雅山荘)にも出店しているが、アクセスの良さなら鶴橋だ。大阪環状線、近鉄、地下鉄が乗り入れる、市内有数のターミナル駅から徒歩わずか5分。それでいて入館料850円、しかもタオル付きときたら、手ぶらで立ち寄れるし、流行るのは当然だ。

延羽の湯 鶴橋店(大阪市東成区玉津)鶴橋はコリアタウンとして知られており、改札口を出た瞬間からディープな雰囲気。延羽の湯はそれと一線を画す和モダンな外観ではあるけれど、岩盤浴エリアは「汗蒸幕」と韓国式。店舗の公式サイトにもハングルの案内あり。在日コリアンの方も多くお住まいなのだろうか。入館料よりも岩盤浴の追加料金を高く設定しているのは最近の傾向だが、そのぶんハイスペックが期待できる。

フロントで下足箱の鍵とリストバンドを交換し、フェイスタオルと小さな木札を受け取る。すぐ隣のカウンターではサウナ着(岩盤浴)セットを受け取る。浴室は2階にあって、訪ねたのが週末とあって脱衣所から混雑。浴室がコンパクトに感じるのもそのせいか。見せ梁の落ち着いた雰囲気にイベント湯(ぬる湯)と温泉の湯船が2つ、さらに大勢が利用できる座り湯、そしてスチーム塩サウナ。以上が室内のラインナップ。

延羽の湯 鶴橋店(大阪市東成区玉津)
(館内案内図は公式サイトより転載)

露天には広々とした源泉岩風呂、壺湯、炭酸泉もあるが、いちばん人気は源泉かけ流しの立ち湯で、深さ130cmもある。源泉は薄褐色。不感温度でいつまでも浸かっていたいが、潜る子供に唖然とさせられた。露天全体が高い塀に囲まれているが、植栽をほどよく配置し、そして薄暗さも相まって、都会にいることを忘れさせてくれる。

ロウリュは毎時30分に開催しており、サウナ室がほぼ満員になるほどの盛況ぶり。学生さんと思しき若いスタッフが4人も登場し、ベンチの上からも無茶苦茶に扇ぐ。ストーブはikiと石積みの2基。通常時は85℃のマイルド設定なのに、アロマ水をバシャバシャかけるから、体感はものすごく熱くて、やけどしそう。水風呂はサウナ室に隣接し、屋外にあるので冷たく感じるし、さらには畳敷きのごろ寝スペースも。サウナ好きのツボをよく押さえている。

延羽の湯 鶴橋店(大阪市東成区玉津)
(館内案内図は公式サイトより転載)

この店の売りでもある汗蒸幕は、いわば韓国式サウナ。熱した麦飯石がトロッコでやって来て、広い室内で客は自由に寝転がったり座ったり。毎時00分にはロウリュも開催され、扇ぎ手は5人がかり。アロマ水をかけるも湿度は上がらず、乾いた風を浴びせられるだけ。パフォーマンスとしての要素が強いような。ほかに、薬草のぶら下がった部屋、岩塩やトルマリンを敷き詰めた部屋など多彩。漫画本を揃えた休憩室もある。

延羽の湯 鶴橋店(大阪市東成区玉津)コリアタウンのある街だから、食事処には韓国メニューもかなりの割合を占める。裏を返せば、ごまかしがきかないということ。味よし、見た目よし、なおかつリーズナブルとあれば、競合他店より楽しみは増すわけで。食事処も家族づれで大いに賑わっていた。スーパー銭湯としては珍しく貸切家族風呂もあって、その数なんと11室。いまどきの施設だから若年層が多いかと思いきや、あらゆる客層の満足を得ている様子。もし首都圏にも出店したら、驚異の存在となるだろう。

延羽の湯 鶴橋店
源泉/神雛の湯(ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩温泉)
住所/大阪市東成区玉津3-13-41 [地図]
電話/06-4259-1126
交通/大阪環状線・近鉄・地下鉄 鶴橋駅より徒歩5分
料金/大人850円、小人450円、3歳以下無料
     ※フェイスタオル付き
     薬石汗蒸幕利用は別途大人1,050円、小人650円
時間/9:00〜26:00、年中無休

源ヶ橋温泉(大阪市生野区林寺)

源ヶ橋温泉(大阪市生野区林寺)大阪市内にもたくさんの銭湯が残っているし、電車が高架線を走っていると車窓から煙突を見かけることも多い。大阪府浴場組合や各地域組合のホームページも公開されており、銭湯を訪問しやすい地域だといえるだろう。個性派銭湯も数多く存在するようだが、夏の甲子園観戦のついでに向かったのは、生野区にある「源ヶ橋温泉」という銭湯。インターネット検索の上位に表示され、個性派+昭和レトロの代名詞であるらしい。しかも国の登録有形文化財に指定されているのだ。

源ヶ橋温泉(大阪市生野区林寺)ターミナル駅の天王寺から大阪環状線でひと駅、寺田町が最寄駅。東西に貫く幹線道路を東に進み、源ヶ橋交差点から商店街を歩く。個人商店ばかりが軒をつらね、典型的な下町風情がつづいている。そんな商店街が終わりに近づいた頃、右手側の路地奥にあるのが源ヶ橋温泉だ。夏なので大木の枝葉に半分隠れていたが、目を惹くのは洋風の外観。洋瓦なのにしゃちほこを載せ、玄関の上には左右一対の「自由の女神像」。入浴=ニューヨークということなのだろう。高々と掲げているのはトーチならぬ温泉マーク。大阪らしい遊び心を感じさせる。

源ヶ橋温泉(大阪市生野区林寺)玄関をくぐれば、やはり日本の銭湯。番台式の庶民的な雰囲気だ。脱衣所は広くゆったりとしており、壁側にロッカーもあるが、脱衣籠を使う客も多い。椅子があるにもかかわらず、床に直接座って服を脱いだり、湯上がりに寛いだりする人も。関東ではまず見られない光景だ。銭湯では脱衣所のことを「板の間」というが、ここでは文字通り板の間としての役割を果たしている。

浴室も広めで、カランは壁に沿ってL字型に並び、全部で16。日曜日の夕方だからか客が多く、ほとんどが埋まっていた。湯船は室内中央に配置されているが、そのまわりは床面より一段高くなっている。そこに腰掛け、直接お湯を汲んで身体を洗う人もいる。関東よりひと回り小ぶりの桶でバシャバシャとやるのだ。噂には聞いていたが、現実の光景として繰り広げられていた。それ以外にも、腰掛けてボーっとしたり、ストレッチしたり、まるで共同浴場のよう。

室内中央にある湯船はゆったりとした大きさで、深湯と浅湯&ジャグジーに分かれている。隅にはもう1つ小ぶりな湯船があって、こちらは半分がタイル張りの電気風呂、半分が石づくりのオパール原石風呂。日替わり湯で「麻黄」と書いてあったが、名前通りの色をしている。お湯は若干ぬるめ。屋号に「温泉」とあるが、これは関西によくある名前の付け方で、実際に温泉を使用しているわけではない。ほかに小さなスチームサウナもあって、無料で利用できる。ありがたいサービスだと思うが、関西では無料が基本であるらしい。関東の銭湯に多く見られる背景画の類は一切なく、ここは天井までの白タイル。床や湯船には御影石の大判タイルが使われている。室内が広いぶん開放的で、明るい日差しが入ってくる。

昭和12年の建築で、当時2階はビリヤード場やダンスホールとして使用していたという。時代の最先端をいくハイカラな銭湯だったに違いない。そしてむかしもいまも銭湯は町の社交場だ。

源ヶ橋温泉(生野浴場組合)
大阪府浴場組合
源ヶ橋温泉浴場(国指定文化財等データベース)

源ヶ橋温泉
住所/大阪市生野区林寺1-5-33 [地図]
電話/06-6731-4843
交通/JR大阪環状線寺田町駅より徒歩8分
料金/大人410円、中人130円、小人60円
時間/15:00〜24:30、毎週月曜日定休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ