旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

新潟県

竜ヶ窪温泉 竜神の館(新潟県津南町谷内)

竜ヶ窪

新潟県中越地方の津南町。主な観光スポットといえば名水百選の竜ヶ窪。緑に囲まれた池はとても神秘的で、水は澄み、地域の生活用水として使用されているという。竜神にまつわる伝説もいくつか伝えられており、竜ヶ窪のほど近くにある「竜神の館」もそれに因んでいる。第3セクターの経営悪化によって1年半ほど休業していた施設を、今年4月に民間経営で再開。地域住民にとって待望の復活と言えるだろう。

竜ヶ窪温泉 竜神の館(新潟県津南町谷内)広々とした館内では地元農産物やお菓子などの販売のほか、食堂も営業。朝イチで訪ねているせいか客はまばらで、のんびりした雰囲気が漂う。竜神の湯、縄文の湯と名付けられた浴室は男女週替わり。訪ねた日は男湯が縄文の湯で、公式サイトによれば「鎮守の森をイメージした広々とした湯船」とのこと。ちなみに津南町には縄文時代の遺跡が多数あるらしい。

竜ヶ窪温泉 竜神の館(新潟県津南町谷内)湯船では無色透明の温泉を使用している。内湯と露天風呂は大きなガラス窓で仕切られているが、湯船は繋がっている。小さな開口部から移動しても良いし、もちろん扉も設けている。湧出量は毎分200リットルと豊富で、吐水口からは温泉がドバドバと豪快に注がれていた。カランやシャワーはもちろん、館内ではすべて名水百選の水を使用し、アピールにも余念がない。

竜ヶ窪露天風呂の広さを喩えるならば、ちょっとした公園の親水池のよう。ほとんどの時間を貸切で過ごしたので、贅沢を通り越して落ち着かず。小さな湯船は水風呂で、かなりの冷たさ。その隣の「スタッフオンリー」と書かれた小屋を覗いてみたら、案の定サウナだった。タイル張りの感じからして、おそらくはスチームサウナだったのか。今後はロウリュ仕様のサウナを計画しているらしく、冷たい水風呂と開放感ある外気浴が活躍しそう。

竜ヶ窪温泉 竜神の館(新潟県津南町谷内)食堂では餃子定食を注文。姉妹店のみつば湯楽院の人気メニューをここでも味わえる。客と店員は顔見知りらしく、ぎこちないやり取りが微笑ましく、田舎あるあるだなと。帰り道から眺めた津南の町並みは、のどかで旅情をかき立てる。サウナが完成する頃には館内の様子もちょっとはおしゃれになっているだろうか。期待が高まる。

竜ヶ窪温泉 竜神の館
源泉/竜ヶ窪温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/新潟県中魚沼郡津南町谷内7031 [地図]
電話/025-765-5888
交通/国道117号線「中津川橋」交差点より約5.2
     ※無料駐車場あり
料金/大人650円、小学生350円、未就学児200円、2歳以下無料
時間/10:00〜21:00(季節によって変更する場合あり)
     毎週火曜日定休(祝日や繁忙期は営業、振替休業あり)

※露天風呂の写真は公式サイトより転載

松之山温泉センター鷹の湯(新潟県十日町市松之山湯本)

松之山温泉センター鷹の湯(新潟県十日町市松之山湯本)「日本三大○○」は数々あるが、日本三大薬湯のうち有馬や草津は温泉地として有名だが、松之山をご存知なら温泉通だ。新潟県南部の十日町市にあって、松代や津南などが交通の起点となるがいずれからも遠く、ましてや県内有数の豪雪地帯である。日本三大薬湯でなければわざわざ立ち寄らないであろう、不便な地だと言える。

松之山温泉の歴史は古く、開湯は700年前とも800年前とも言われ、室町時代は越後守護上杉家の隠し湯であったという。また、山中にありながら塩分を多く含み、戦後の一時期には塩を採っていたという。さらに、ホウ酸の含有量は日本一と言われおり、そのあたりが日本三大薬湯に名をつらねる理由か。

松之山温泉センター鷹の湯(新潟県十日町市松之山湯本)日帰り温泉施設は「鷹の湯」「ナステビュウ湯の山」「露天風呂翠の湯」の3軒が点在している。今回は「鷹の湯」を訪ねたが、その名前は鷹が発見したという開湯伝説にちなんでいる。外観、館内ともに公共施設らしいつくりで、内湯と露天風呂がある。内湯はタイル張りの大きな湯船だが、露天風呂は岩風呂風で田舎のわりには意外と小さい。ほかの施設に気を遣っているのかとも思うが、常連さんたちは露天風呂に興味がないのか終始無人状態だった。小川に面し、斜面が山となって目の前に広がっている。訪れたのは4月下旬だったためまだ雪が残っていたが、さすがにいまの時期は緑一面の景色となるのであろう。露天風呂は一段下がっているため、浴室からも同じ景色を眺める。

肝心の泉質はというと、無色透明でかすかな油臭が漂う。具体的に何の臭いと例えればよいかわからず、インターネットでほかの方の訪問記をざっと眺めて「油臭」としたが、コールタールと表現している方もいた。京浜地区の黒湯や石油といった特徴的なにおいではなく、何か雑味のある感じ。ゴムのようなにおいでもある。内湯はじんわりと熱く、湯上りはしばらく汗が止まらなかった。

松之山温泉センター鷹の湯
源泉/松之山温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物泉)
住所/新潟県十日町市松之山湯本18-1 [地図
電話/025-596-2221
交通/北越急行まつだい駅よりバス25分「松之山温泉」停徒歩4分
     津南町中心街より国道405号線(冬期は閉鎖)で約13km
     十日町市街地より国道253号線で約25km
料金/大人500円、子供200円(12歳未満)
時間/10:00〜21:00
     毎月第2・4木曜日定休(祝日の場合は翌日)

まつのやま.com(十日町市観光協会松之山支部)
十日町市観光協会
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ