旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

三重県

サウナ玉の湯(三重県四日市市中部)

サウナ玉の湯(三重県四日市市中部)四日市の市街地に銭湯は3軒。地域を知るには地元の銭湯を訪ねてみるとよい。おしゃれにまとまった三重銭湯のサイトで一軒一軒情報を見ていたら、玉の湯が気になった。ごく普通の銭湯を1階で営みながらも、2階には男性専用のサウナ店。興味をそそるのは当然2階なわけで、それ以上に詳しい情報がなければ訪ねてみるしかない。

サウナ玉の湯(三重県四日市市中部)玉の湯は近鉄四日市駅より東へ徒歩10分の距離。「すぐ江戸道」の石標が東海道五十三次の面影か。ちなみに43番目の宿場町。このあたりは雑居ビルが建ち並ぶ。

「銭湯にもサウナありますよ」と言われながらも、2階へと上がっていく。するとまずはフロントのおばあちゃんが開口一番、「えーっと、誰やったかな?」。顔なじみの客しか来ないのだろう。タオルと館内着を手渡され、初めて来た旨を告げたのに「ロッカーは18番でいい?」と。エース番号、縁起がいい。

サウナ玉の湯(三重県四日市市中部)浴室に入ってすぐ右手はラドン風呂。しかし扉が閉まらないので、ジャグジーとしての扱い。2つ並んだ湯船は同じ大きさで高温浴と水風呂。洗い場にはカラン5つが並ぶ。サウナは鼻腔を突き刺すほどのカラカラ具合で、温度計は117℃を指していた。ヒーターからの熱もガンガン伝わってくる。小さなテレビで相撲を観ながら、常連2人と一見の自分。

サウナ玉の湯(三重県四日市市中部)水風呂は蛇口から水が出しっ放しだけど、おそらく20℃は超えているだろう。火照った身体はじっくり冷やせばいい。ルーフバルコニーでは外気浴もでき、そこには古びたベンチと円形のぬるま湯と、なぜか大小2つのバーベルが置いてある。いったい誰が使うのだろうか。周囲にはあまり高い建物がないから風が吹き抜けるし、開放的な気分。

サウナ玉の湯(三重県四日市市中部)館内着に袖を通そうにも、ペラッペラのパンツ(下衣)しか無く、どうしたものかと休憩室を見れば、常連さん達はみんな上半身裸。バスタオルを肩にかけていた。パンツは黄色のストライプでとてもご機嫌だが、裸はどうも落ち着かない。自販機なんてひと昔前の料金設定だし、一服したらやることなかった。下の銭湯ならサウナを利用しても600円とかそういう計算をしてはいけない。

玉の湯(三重銭湯組合)

サウナ玉の湯 ※男性専用
住所/三重県四日市市中部4-3 [地図]
電話/059-352-4636
交通/近鉄名古屋線近鉄四日市駅北口より徒歩10分
     JR関西本線四日市駅より徒歩12分
     国道1号線「諏訪神社前」交差点より約200m
     ※無料駐車場22台分あり
料金/1,500円
時間/平日15:30〜23:30、日祝14:00〜23:30、毎週火曜日定休

1階の銭湯「玉の湯」は大人400円、サウナは別途200円。
営業時間は15:30〜25:00、毎週火曜日定休

三滝温泉満殿の湯(三重県四日市市末永町)

三滝温泉満殿の湯(三重県四日市市末永町)おふろcafe湯守座の臨時休館に肩を落としつつ、路線バスで四日市駅まで戻ろうにも、次のバスまで30分以上待たされる。それならば1つでも先のバス停までと歩いていたら、やがてたどり着いたのが三滝温泉満殿の湯。三滝川の川べりにあって、近鉄の車窓からも見える。「ここまで来てスーパー銭湯…」と思わなくもないが、平日500円はリーズナブルすぎる。

三滝温泉満殿の湯(三重県四日市市末永町)入館していきなりクレーンゲームやスロット機が並んでいたり、カットハウスがあったりと大衆的な一面を目の当たりにするが、安かろう悪かろうな感じはしない。むしろ明るくきれいで気楽な感じがして、高まる期待のまま2階の浴室へ。脱衣所から露天風呂が見えるのもよい。ジャグジー、電気風呂、炭酸泉など湯船の種類も多く、どこから攻めるべきか迷わせる。

三滝温泉満殿の湯(三重県四日市市末永町)

遠赤ヒーターのタワーサウナに特筆すべきことはないが、水風呂2つはテンションが上がる。客の動きを見ていると、冷たい派とぬるい派に分かれるようだ。川べりにあるから露天には心地よい風が吹き抜けるし、椅子に腰かけ、炭酸泉に備え付けのテレビを観るのもいい。ちなみに露天にはシルク風呂(半身浴のバイブラあり)、一枚岩をくり抜いた巨岩風呂、独立した小屋風呂は入浴剤の日本酒の香りがぷんぷん。

三滝温泉満殿の湯(三重県四日市市末永町)食事もリーズナブルだが、衝撃は選べるワンコインメニュー。入館料と合わせて1,000円でだらだら過ごせるとは、なんという庶民の味方か。畳敷きの休憩室は広々50帖以上、キッズコーナーもあるし、家族づれには良さそう。リクライニングしないけど、ソファタイプのリラックスチェアでのんびりテレビを観たり、うたた寝するも良し。首都圏なら間違いなく1,000円を超える充実度合いだ。

三滝温泉満殿の湯(三重県四日市市末永町)三滝温泉満殿の湯(三重県四日市市末永町)

三滝温泉とはいうけれど、実際には温泉ではないようで、しかしそんなことは大した問題ではない。スタッフの接客対応も感じが良く、平日なのに賑わっているのも納得だ。

三滝温泉満殿の湯
住所/三重県四日市市末永町6-6 [地図]
電話/059-330-4126
交通/近鉄名古屋線川原町駅より徒歩3分
     近鉄名古屋線近鉄四日市駅よりタクシー約3分(約1.3km)
     国道1号線「滝川町」交差点より約700m
料金/(平日)大人500円、子供250円、3歳以下無料
     (休日)大人600円、子供300円、3歳以下無料
     ※子供は4才〜小学生
時間/(日〜木)9:00〜25:00、(金・土・祝前日)9:00〜26:00、年中無休

四日市温泉 おふろcafe 湯守座〜はるばる訪ねたのに休館日だった

四日市温泉 おふろcafe 湯守座(三重県四日市市生桑町)はるばる四日市を訪ねた目的のひとつ、それは11/3にオープンしたばかりの四日市温泉 おふろcafe 湯守座。1号店のutatane(大宮)を皮切りに、これで5店舗目。おふろcafeもついに三重県に進出した。もとは天然温泉ユラックス(旧:四日市ヘルスセンター)と言い、大衆演劇も楽しめる健康ランドの業態。現代の芝居小屋をコンセプトに、どう生まれ変わったか。

四日市温泉 おふろcafe 湯守座(三重県四日市市生桑町)郊外型店舗とはいえ、近隣には大型店がいくつも出店し、車利用なら好立地といえる環境。路線バスの本数が少なすぎるのは盲点と言うべきか、地方都市を実感した。

予想以上に時間がかかり、やっとの思いで現地に到着したら、駐車場にはまばらにしか車がない。平日だからか、それともオープンしたことが知れ渡っていないのか。そんなことはさておき、いざ入館しようとしたときになって、看板に気づいた。休館日の知らせ。日付を確認したら今日だった。

四日市温泉 おふろcafe 湯守座(三重県四日市市生桑町)駐車場の車は出入りの業者だったのか。茫然とすることしばし。止むを得ず来た道をとぼとぼと引き返すのであった。
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ