旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

神奈川県

翁湯(横浜市中区寿町) ※2019/6リニューアルオープン

翁湯(横浜市中区寿町)建物の老朽化により取り壊しとなった寿町総合労働福祉会館。それから4年の時を経て、昨年6月に「横浜市寿町健康福祉交流センター」として竣工し、翁湯も再オープンとなった。確かに建物はきれいになったが、何をするでもなく広場にたむろする光景は変わらない。石川町駅からずっと緊張感は続くし、建物の外観を撮ろうにもそれは叶わない。それでも以前と比べれば、ずいぶん入りやすくはなった。

翁湯(横浜市中区寿町)券売機でチケットを購入してフロントへ。タオルなど一切を忘れてしまったが、使い切りのボディソープとリンスインシャンプーが付いて別途150円。休憩スペースには畳3帖の小上がりと自販機がある。

浴室は壁側と島にカランが10数人分。温度調節とシャワーホース付き(いまや当たり前か)、ほかに立ちシャワー1か所。湯船は2つあって、大きい方は42℃、やや小さい方は44℃と差をつけている。ジャグジーやバイブラなど何もなくシンプルなので、あまり長湯の客もいない(客層はやはり年配寄り)。

湯船に面して壁一面ガラスブロックで、明るく清潔感あり。真っ白なタイルに唯一の装飾は、東海道五十三次神奈川宿。建て替え以前はタイル絵だったけど、こんどは印刷したパネル。ちなみに額に収まった「翁湯」の屋号は、そのまま店内に飾られていた。

翁湯(横浜市中区寿町)

横浜市寿町健康福祉交流協会公式サイト
翁湯(神奈川県浴場組合)

翁湯
住所/横浜市中区寿町4-14 [地図]
電話/045-662-9636
交通/JR根岸線石川町駅中華街口(北口)より徒歩6分
     横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町駅より徒歩8分
料金/大人470円、中人200円、小人100円
時間/13:00〜21:00、毎週日曜日定休


↓2016/3/23の記事↓

翁湯(横浜市中区寿町)町の銭湯に限定しても、いままで300軒以上は訪ねたが、それでも初めて暖簾をくぐる時は少々緊張する。翁湯の場合はまずロケーション。東京の山谷、大阪の釜ヶ崎と並び、日本三大寄せ場として知られる横浜市中区の寿町にあって、この界隈は昼間から暇を持て余した大人たちが通りをうろつき、時には酔っぱらいや警察官の姿も。

DSCN5635翁湯は寿町総合労働福祉会館の2階にある。この建物は労働棟と福祉棟から成り、職業安定所、診療所、図書室、娯楽室などがあり、上階は市営住宅となっている。昭和49年竣工と相当年数を経過しているためか、このたび平成31年の完成予定で建て替えられることとなった。よって翁湯は3/25をもって休業するという。(Twitter:雑誌『恋と童貞』公式アカウントさんによる情報)

DSCN5638ふらっと立ち寄りにくい雰囲気だが、暖簾をくぐってしまえば見知らぬ者どうし裸の付き合い。しかし客は少なく、年間延利用者数約21,597人(平成26年度実績)ということは1日平均約70人。しかし賑わった時代も当然あったのだろう。洗い場のカランの数はやたらと多い。湯船は1つだけ。東海道五十三次の神奈川宿のタイル絵は、殺風景な浴室内での唯一の装飾。かすかな塩素臭、ピリピリとした刺激は気のせいではないはず。神奈川県浴場組合の紹介ページにはこう記されている。「寿町地区の衛生向上の為に頑張っています」。



いやさか湯(横浜市鶴見区馬場)

いやさか湯(横浜市鶴見区馬場)歴史は戦国時代まで遡り、鶴見区馬場の地には寺尾城なる山城があったという。すっかり宅地化され、空堀や土塁がわずかに残るのみだが、果たして馬場という地名も城にまつわるのだろうか。バス通りの裏手は、万国旗がはためく第一みゆき商店街。庶民的風情の中に圧倒的を放つのが、いやさか湯だ。むかしは喜久の湯という屋号だったが、2017年11月より繁栄を意味する「いやさか(弥栄)」に改めた。

いやさか湯(横浜市鶴見区馬場)コインランドリーと下足箱を1階に設け、2階にフロント。券売機でチケットを購入する。サウナは別途100円と良心的だが、渡されるのは引っ掛け鍵のみ。しかも紐は付いていない。シャンプーやボディソープ、またタオルも別料金での貸し出しあり。持参すれば安く済むし、地元の常連ならサウナ定期券1,500円でさらに割安に。浴室はフロアで分かれており、男湯は数段下って和風。浴室内に檜風呂、そして和風露天風呂。さらにドライサウナに加えてスチームサウナとあるが、あいにく故障中。

いやさか湯(横浜市鶴見区馬場)大きな湯船には立ちジェットや座湯ジェットが付いていたり、一角に電気風呂があったり。湯気がもうもうと立ち込めており、水風呂がどこなのかよくわからないまま、とりあえずサウナへ。遠赤外線ヒーター、ベンチはコの字に2段の配置。銭湯にしてはちょっと広めだけど、いたって普通だなぁと。

浴室には外部に通じる扉が2つあり、片方を開けると水風呂。半露天でシャキッと冷たく、温度計を見れば15.5℃と攻めている。屋根のない露天側には打たせ湯も。双方の間にベンチが1つあって、ここは常連の社交の場としても人気のスポット。席を譲ろうと、もう片方の扉を開けると、こちらは入浴剤の替わり湯。寒い日の露天風呂に「しょうがエキス」はありがたい。

銭湯なのに軽食コーナーがあるのはすごいなぁと。しかもモーニング300円、ランチ500円からとお手頃価格で、風呂あがりの一杯も良さそう。庶民派商店街の交流の場として、益々のご繁栄をお祈りしたい。

いやさか湯
住所/横浜市鶴見区馬場1-7-23 [地図]
電話/045-583-5161
交通/JR京浜東北線 鶴見駅西口よりバス「東高校」停徒歩1分
     国道1号線(第二京浜)「荒立」交差点より約1.7km
     ※無料駐車場13台分あり
料金/大人470円、中学生370円、小学生200円、未就学児100円
     サウナは別途100円(女性は平日無料)
時間/15:00〜25:30(休日は10:00〜25:30)、年中無休

みやかみの湯(神奈川県湯河原町宮上)

みやかみの湯(神奈川県湯河原町宮上)古くは万葉集に詠われ、また多くの作家が逗留し、作品の舞台にもなった湯河原温泉。推理作家の西村京太郎は病気療養を機に転居し、記念館を開いている。その記念館の隣にあるのが、みやかみの湯。静岡県との県境をなす千歳川を目の前に、昨年1月にオープンした。宿も併設しているようだが、建物自体は日帰り温泉、しかも小ぶりなサイズ感。

みやかみの湯(神奈川県湯河原町宮上)フロントで料金を支払い、下足箱とロッカーの鍵を引き換える。脱衣所と浴室は男女が左右対称のつくりで、洗い場はわずかに4つ。内風呂は湯河原初となる炭酸温泉(ラムネ湯)で、温泉に微炭酸を溶け込ませたもの。温冷交互浴を推奨しており、隣には小さな水風呂も。露天風呂は源泉かけ流しで、足を伸ばして4〜5人の広さ。浴室と露天風呂の間は、半露天の休憩スペースとして色とりどりの椅子が並んでいる。

みやかみの湯(神奈川県湯河原町宮上)休憩スペースは2階にあって、脱衣所の下足箱の鍵を引き替えたのち、階段を上がる。暖かい季節ならば、コの字に囲まれたバルコニーで涼むのもよいだろう。そして、8帖ほどの空間にはクッションとテーブル席、さらに自販機が1台。大勢の客が利用する施設ではないし、利用時間も2時間としており、シンプルだがこれでじゅうぶんか。

みやかみの湯(神奈川県湯河原町宮上)別料金となるが、貸切風呂2室のほか、ハーブテントと泥パックスチームサウナも2階に設けている。物珍しさはあるけれど、その料金はセレブ級。「みやかみの宿」を併設しているようだけど、どう見ても裏手は居住用マンションだし、渡り廊下で繋がっているようでもない。民泊ということで、どうやら部屋貸しのようだ。旅館業というよりも不動産業の発想だろうか。

みやかみの湯(神奈川県湯河原町宮上)

みやかみの湯
源泉/湯河原温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩温泉)
住所/神奈川県足柄下郡湯河原町宮上42-15 [地図]
電話/0465-20-7538
交通/JR東海道線湯河原駅より徒歩17分
     国道135号線「湯河原温泉入口」より約1.8km
     ※無料駐車場2か所に計22台分あり
料金/大人880円、小学生以下3名まで無料
   貸切風呂、ハーブテント、泥パックスチームサウナは公式サイト参照のこと
時間/7:00〜23:00、年中無休
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ