旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

神奈川県

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)北条五代の城下町、小田原。東海道線や小田急線などが乗り入れる小田原駅から、繁華街を小田原城方面へ。その道すがらにあるのが小田原お堀端・万葉の湯。もともとは写真現像を本業としていた会社だが、いまや万葉の湯を全国に9店舗、箱根湯本天成園湯河原ニューウェルシティといったリゾート型施設も展開。その本社のお膝元にあるのが、ここ小田原館だ。繁華街の立地とあって、駐車場は地下に設けている。

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)下足を袋に入れ、フロントで入館受付。そもそもがハイソな料金体系なので、ネットのクーポンを利用。よほど常連に見えたのか、説明は何一つなく、ロッカーキーのリストバンドを受け取り、そして更衣室へ。浴衣か甚平に着替えたら、館内はエレベーターでの上下移動。浴室は5階にあって、階段を上がると屋上には露天風呂。ビルのつくりであるせいか、天井は低め。平日だからか客は少なく、静かでがらーんとした印象。

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)ロウリュ炭サウナは消臭効果を狙ったものか、しかし炭の香りが鼻に残る。やや低めにも感じる温度だったが、ヒーター(イズネス)との距離が近いせいか、オートロウリュは暴力的すぎる。ハーブスチームサウナのドアを閉めない客がいるし、水風呂では汗を流すどころか、頭から、タオルも、とたまたまなのか客のマナーはひどい。

浴室に内風呂と半露天風呂、屋上露天に岩風呂や樽風呂など。湯船ごとにはっきりとした温度差があったら良いのだが。雰囲気を言うならば、観光ホテルの大浴場のよう。温泉は湯河原からの運び湯だが、風呂よりも飲食目当ての客が多いのか、長湯して温泉を楽しむような客の姿はなく。

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)飲食は他店と共通するメニューばかりだが、小田原らしく地魚料理や旬のメニューで趣向を凝らしている。金額も一丁前だし、客層がわりと高めなのも納得できる。館内の休憩施設としては、テレビ付きリクライニングシートの仮眠室、ヨギボーを置いた読書室、キッズスペース、貸切個室など。終電を逃した客やビジネス利用も想定できるが、普段づかいとして数時間を過ごすのではなく、半日ないし一日を過ごしたい施設。そのつもりでないと入館料の元は取れない(と言っている時点で貧しいが)。

小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)
小田原お堀端 万葉の湯(神奈川県小田原市栄町)

小田原お堀端 万葉の湯
源泉/湯河原温泉万葉の湯(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/神奈川県小田原市栄町1-5-14 [地図]
電話/0465-23-1126
交通/東海道線・小田急線・箱根登山線・大雄山線 小田原駅東口より徒歩1分
     国道255号線「大工町通り」交差点より約350m
     国道1号線「小田原市民会館前」交差点より約500m
     駐車場142台分あり(5時間まで無料)
料金/大人2,300円、小学生1,200円、幼児900円、3歳未満無料
     深夜3時以降は別途大人1,700円、小学生・幼児1,000円
     ※料金は税別
時間/24時間、年中無休

絶景日帰り温泉 龍宮殿本館(箱根町元箱根)

絶景日帰り温泉 龍宮殿本館(箱根町元箱根)芦ノ湖を見下ろす高台に建つ龍宮殿本館。本格的和風建築の歴史と格式が漂う、堂々たる佇まい。それもそのはず、浜名湖弁天島から移築したこの建物は、国の登録有形文化財に指定されている。宇治の平等院鳳凰堂をモデルとし、1938年の建築だという。箱根ではプリンスホテル系列の旅館として営業していたが、老朽化による改修工事を経て、2017年7月より日帰り温泉施設として再スタートを切った。

絶景日帰り温泉 龍宮殿本館(箱根町元箱根)日帰り温泉と言えど、館内に気軽な雰囲気は皆無で、まさにホテルマンの接客。今回は横浜ウォーカーの割引クーポンで訪ねたが、通常ならば2,000円弱。階段ホールはクラシックホテルの雰囲気で、2階は有料ギャラリーとして開放している。入浴客はまずフロントで料金を支払い、下足箱とロッカーの鍵を引き換え。浴室は館内を右手に進んだ奥にある。

絶景日帰り温泉 龍宮殿本館(箱根町元箱根)内風呂と露天風呂はひと続きではなく、脱衣所から双方に扉がある。いったん身体を拭いてから。若者はなぜタオルを持たずに浴室に入るのか。脱衣所やサウナ室がビシャビシャで、せっかくのハイソ気分が台無しに。内風呂側には大きな湯船と洗い場が、しかし景色を眺めるならば露天風呂がおすすめ。窓を開放しているだけだが、目の前に木立ちが迫り、その先に芦ノ湖と西岸の山なみが広がる。

絶景日帰り温泉 龍宮殿本館(箱根町元箱根)サウナ室の小さな窓からも、座る場所によっては芦ノ湖を見下ろす。フィンランドサウナと名付けられ、砂時計の下には「水かけボタン」。2基並んだ小さなヒーターに水が噴射される。あまりにも少量なので何度もボタンを押したいが、次の作動までには時間がかかる様子。陶器の水風呂に身を窮屈に屈め、ベンチで休憩。温泉は無色透明、駒ヶ岳西麓に湧く蛸川温泉。昭和62年に開湯し、のちに箱根十七湯に数えられた、比較的新しい温泉だ。

絶景日帰り温泉 龍宮殿本館(箱根町元箱根)



絶景日帰り温泉 龍宮殿本館
源泉/蛸川温泉(カルシウム・ナトリウム−硫酸塩・塩化物泉)
住所/神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139 [地図]
電話/0460-83-1126
交通/箱根新道芦ノ湖根大観ICより約5km
     ※無料駐車場100台分あり
料金/大人1,800円、小学生1,000円、幼児500円(3歳以上)
     ※入湯税別途50円(12歳以上)
     ※ギャラリー龍宮殿は別途料金。大人300円、小学生200円、幼児無料
時間/8:00〜20:00

※露天風呂の写真は公式サイトより転載
※男湯はフィンランドサウナ、女湯はスチームサウナ

港北天然温泉ゆったりCOco(横浜市都筑区中川中央)

港北天然温泉ゆったりCOco(横浜市都筑区中川中央)港北ニュータウン(センター南)に湯もみの里がオープンして丸1年経とうとしているが、至近距離で営業するスパガーディッシュは館内改装を経て、昨年12月8日より名も新たに「港北天然温泉ゆったりCOco」としてリニューアルオープン。もともと完成された繁盛店だっただけに衝撃を受けたが、時代とともに進化する攻めの姿勢が素晴らしい。

港北天然温泉ゆったりCOco(横浜市都筑区中川中央)横浜市営地下鉄センター北駅、センター南駅のちょうど中間。複合型商業施設「港北みなも」は立体駐車場1,000台収容だから、車でのアクセスにも便利。ゆったりCOcoと同じフロアには子ども向けの室内遊園地、系列のフィットネスクラブなども。温浴施設にフィットネスを併設する例は最近のトレンドと言えるが、10年前なら先駆けの部類。浴室にはフィットネス会員専用の出入口を設けている。

リニューアルで変わったのは料金体系。手軽な90分プラン、タオルと館内着がセットになったフルタイムプランに分けた。入浴だけで済ますならば安く利用できるようになったし、新たな客の取り込みと回転が狙いか。フルタイムはほぼ据え置き料金で、受付時に棚からタオルや館内着を取っていく。あらかじめバッグに入れてセットにしても、館内着を使わず返却していた人もいただろうし、この無駄を回避する狙いかと(店舗としてはバッグ詰めする手間も省ける)。

港北天然温泉ゆったりCOco(横浜市都筑区中川中央)階段を上がると浴室フロア。男女の暖簾が下がり、その真ん中の待ち合い空間は、畳敷きからポンドソファやボールプールへ。この一角には岩盤浴もあって、有料のホットヨガスクール(詳細)も開催している。脱衣所はロッカーが番号指定で、浴室と露天風呂の双方に出入口あり。もちろん浴室から露天風呂にも通じている。この店の自慢は地下1,503mから湧出する温泉で、紅茶のような色合い。浴室内の湯船ではかけ流しで使用し、露天では人工炭酸泉として使用している。

港北天然温泉ゆったりCOco(横浜市都筑区中川中央)このほか浴室内にはジャグジーとバイブラを、露天風呂にはハーブ湯やミルキーバスなど充実の内容。変わり種はスチーム腰かけ湯。もうもうと白い湯気が立ち込める室内では、腰かけ湯と足湯が同時に楽しめる。露天は高い塀に囲まれて開放感はないが、広々として開放感あり。男湯は四角い湯船ばかりだが、女湯は円型湯船が多く、男女の好みの違いを考えさせられる。フィンランドサウナのコンディションや雰囲気も良く、ロウリュをやれば人気が出そうだが。

港北天然温泉ゆったりCOco(横浜市都筑区中川中央)

漫画本は3万冊に増加。メインの休憩スペースは改装によって、ハンモックなど公園を意識した「ゆったりパーク」、押し入れボックスもある「ゆったりベース」へ。リクライニングシートだった時は空席を探すのも大変だったが、ごろ寝感覚の大空間に変えたら収容客数自体は増えたのかも。寛ぎのアイテムはもっと増やせそうだし、さらなる進化の余地は残している。レストランもラストオーダー間近だと閑散としていたが、スパ銭らしく休日は家族づれで賑わうのだろう。

ところで、ゆったりCOcoという変わった店名。企業ページによれば、「居心地の良い第3の場所」「心からのリラックス」「家族で温泉を楽しむ」という意味が込められているようだ。

港北天然温泉ゆったりCOco(横浜市都筑区中川中央)

港北天然温泉ゆったりCOco
源泉/横浜温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/横浜市都筑区中川中央2-7-1 港北みなも3階 [地図]
電話/045-595-0260
交通/横浜市営地下鉄 センター北駅・センター南駅より徒歩5分
     国道246号線「荏田町」交差点より約2.2km
     ※駐車場1,000台分あり(3時間無料)
料金/90分:平日860円、休日1,040円
     フルタイム:平日1,280円、休日1,460円 ※タオル・館内着付き
     子供は全日640円(フルタイム・館内着なし、3歳〜小学生)
     岩盤浴は別途515円(時間無制限)
時間/10:00〜24:00、偶数月の第1水曜日定休

(浴室とサウナの写真は公式サイトより転載)
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ