旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

神奈川県

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店予定

名水はだの富士見の湯(秦野市曽屋) ※2017/10/1オープン

名水はだの富士見の湯(秦野市曽屋)秦野市は神奈川県中西部に位置し、県内5番目に広大な面積を誇る。しかし、北側半分は丹沢山地で、その魅力は登山上級者に知られるところ。低山ハイキングなら秦野駅〜弘法山〜鶴巻温泉駅の半日コースが人気のようだ。帰りは弘法の里湯へ。逆ルートなら、弘法山の山裾にオープンした「名水はだの富士見の湯」に立ち寄るのもよいだろう。

名水はだの富士見の湯(秦野市曽屋)市営施設としては2軒目となるが、こちらはクリーンセンター(ごみ処理場)の余熱を利用した施設。指定管理者制度によって運営を民間委託しているが、働いているのは地元のパートさん。弘法の里湯と同様に、入浴料金を市民と市外で分けているが、「どこから来ましたか?」と簡単に尋ねられるだけ。登山の格好をしていれば明らかに市外なのだろうけど。

名水はだの富士見の湯(秦野市曽屋)券売機でチケットを購入し、下足箱の鍵とともにフロントに提示。1階には貸切浴室のほか、地元物産品の販売も。階段またはエレベーターで2階に上がると、食堂を挟んで男女の浴室を配置。ウォーターサーバーには「秦野の名水を使用しております」との旨。施設名にも「名水」の名が付いており、秦野盆地湧水群の日本名水百選をPRしたい狙いだろう。入浴使用では分析の結果、メタケイ酸が温泉法の規定を満たしている。

名水はだの富士見の湯(秦野市曽屋)

浴室はコンパクトでシンプルな印象。2つある内湯は、一方がバイブラ&ジャグジー。もう一方は窓に面して明るい雰囲気。そして、露天は岩風呂風。あいにくの曇り空で富士山を眺めることはできなかったが、丹沢の山なみと、市内あちこちに建つマンションを遠望する。個人的には見慣れた景色だけど、都会の人には緑豊かなロケーションを実感してもらえるはず。

サウナは10人座れば精一杯。小型ヒーターではガツンと来る熱さもなく、温度計は86℃を指しているけれど、テレビを観ながら15分。水風呂が狭く、浅く、しかも全然冷たくないのは困りもの。バランスが取れていると言えばそれまでだけど、外気浴まで含めたら、1セット30分もかかってしまうではないか。

名水はだの富士見の湯(秦野市曽屋)食堂はメニューがまだ揃っていないのか、品数少なく、無難なところで日替り定食にしたら、「麻婆豆腐とチキン南蛮のどちらにしますか?」と。ちなみにチキン南蛮とはどこにも書いていないし、貼り出してもいない。パートのおばちゃんの、慣れていない接客も微笑ましい。休憩室にはリクライニングシートがあり、まさかのフリーWi-Fi完備。ついでに言えば、本数は少ないものの無料送迎バスの運行もあるし、屋外には無料で利用できる足湯もある。公共施設にしては過剰サービスではなかろうか。民間委託とはいえ市民の税金で建設したわけだから。

名水はだの富士見の湯(秦野市曽屋)名水はだの富士見の湯(秦野市曽屋)

秦野市伊勢原市環境衛生組合

名水はだの富士見の湯
源泉/秦野温泉(温泉法上の温泉)
住所/秦野市曽屋4553-1 [地図]
電話/0463-82-1026
交通/小田急線秦野駅よりバス「末広小学校前」停徒歩8分
     秦野駅南口、渋沢駅などから無料送迎バスあり
     国道246号線「名古木」交差点より約1km
     ※駐車場67台分あり(施設利用時間内は無料)
料金/(平日:市内)大人600円、こども300円
     (平日:市外)大人800円、こども400円
     ※市内とは秦野市に在住・在勤・在学、伊勢原市民(在住)
     ※3時間まで。延長料金は1時間につき大人100円、こども50円
     (休日:市内)大人800円、こども400円
     (休日:市外)大人1,000円、こども500円
     ※3時間まで。延長料金は1時間につき大人200円、こども100円
時間/10:00〜22:00、毎月第2水曜日定休(祝日の場合は翌日)

サウナ梶ヶ谷プラザ(川崎市高津区下作延)

サウナ梶ヶ谷プラザ(川崎市高津区下作延)国道246号線沿いにあって、通るたびにいつも気になっていたホテル梶ヶ谷プラザ。看板には大きくサウナを掲げている。今年7月に惜しくも閉店したサウナつかさ新城の系列店だが、宿泊に限らずともサウナだけの利用はできるのか、公式サイトのどこを見てもその一切については書いてない。わからないなら直接現地を訪ねてみるしかない。

サウナ梶ヶ谷プラザ(川崎市高津区下作延)現地には営業時間や料金が書いてあった。あっさりと疑問解決。ホテルとは別に地下に降りていくエントランスがあり、さっそく携帯電話は圏外に。フロントで2,000円を支払い、ロッカーキー、タオルと館内着の入ったバッグを受け取る。ホテルの大浴場という性質であるからして女湯もあるのだが、フロント近辺に待合所のようなスペースはなく、後述するが休憩室なども男女別となる。

サウナ梶ヶ谷プラザ(川崎市高津区下作延)浴室はL字型に奥行きがあって、手前に洗い場。数か所にナイロンタオルがぶら下がっているも、いつ洗ったものだか不明。角にジャグジー2基を備えた高温浴と、キンキンに冷えた水風呂(15℃)。奥には低温(84℃)、高温(95℃)のサウナ2室があり、どちらもカラッとした昔風情。方やテレ朝のサスペンスドラマ、もう一方はNHKのごごナマと、個人的には一番好きな組み合わせ。

サウナ梶ヶ谷プラザ(川崎市高津区下作延)サウナと水風呂を何度も往復。椅子の何脚かは置いてほしいものだ。ずっと独りで寛いでいたら、ようやくほかに客がやって来た。洗い場を素通りし、身体も流さずそのままサウナへ。やがて出てきたと思ったら、汗を流さず水風呂へ。そしてびしょ濡れのまま再びサウナへ。こんな唖然とする光景に出くわすのもひさしぶり。穴場の施設だからといって、我が物顔で横行するならちょっと考えもの。

サウナ梶ヶ谷プラザ(川崎市高津区下作延)休憩室はロッカーと近接しており、リクライニングシートが12席。ご覧の通り無人貸切。喫煙所を兼ねた軽食コーナーもあるが、こちらはカウンター席のみ5席。衝立で女性側と隔てているのか、しかし何か注文しようにも店員さんはおらず。夜になれば宿泊客の利用が多いだろうから、軽食コーナーの営業は20時まで。自販機の1つでもあればなぁと。

サウナ梶ヶ谷プラザ(川崎市高津区下作延)フリーWi-Fiを導入する施設も増えつつある昨今、こちらは携帯電話が圏外なので、現実社会から逃避したい時に最適かもしれない。帰り際にはヤクルト1本とサービス券を貰った。つかさ新城を思い出す瞬間だ。なお、サービス券10枚でサウナ1回無料。果たしてあと9回行くだろうか。(浴室とサウナの写真はホテル梶ヶ谷プラザ公式サイトより転載)

サウナ梶ヶ谷プラザ
住所/川崎市高津区下作延3-14-25 [地図]
電話/044-861-2111
交通/東急田園都市線梶が谷駅より徒歩8分
     国道246号線梶ヶ谷交差点至近
     ※敷地内に無料駐車場35台分、付近に第2駐車場あり
料金/大人2,000円、小学生以下1,000円
時間/11:00〜24:00

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷) ※2017/7/15オープン

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)中国の景勝地になぞらえて名が刻まれたことから、大磯は湘南発祥の地とされている。日本で初めて海水浴場が開設されたのも大磯。近代の政財界の大物はこぞって別荘を構え、避暑地ランキング第1位にも輝いた。1953年には大磯ロングビーチホテル(プリンスホテルの前身)が開業。芸能人の水泳大会にご記憶ある方も多いだろう。開業64年を迎え、大磯プリンスホテルでは客室を含むホテル本体をリニューアル。そして湘南の海を一望するスパ施設が誕生した。

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)かねてよりホテル内には大浴場があり、日帰り入浴客も受け付けていたが(記事)、約1年間の休止を経て、スパ棟を新設。THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)(サーマルスパ エス ウェーブ)として7/15より、まずは宿泊客限定で運用開始。そして9/1より、日帰り入浴客も利用できる運びとなった。ロングビーチは抜群の知名度を誇るも、夏季限定のイメージから、目指すは通年型の「大人のリゾート」へ。

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)
THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)宿泊客の早朝利用も見据えて、施設のオープンは朝6時。我が家から30分足らずで到着したが、早すぎたか人影もなく、さっそく不安。ネックとなるのは4,500円の高額料金(宿泊客は無料)。ホテルならではの上品な接客と、館内の洒落た雰囲気に呑み込まれてはいけない。都心の一等地や高級リゾート地でもあるまいし、それに見合う価値はあるのだろうかと。

受付は3階フロントにて。プリンスクラブのポイントカードがあれば、入館料3,800円。入会金や年会費は不要だという。そんな話を聞いたらカードを作らない理由が思い付かない。しかも、手続きは後日郵送かウェブでも良いという。施設は裸で利用する温泉エリア(3階)、水着で利用するスパエリア(4階)に分かれており、レンタル品にはタオルのほかにガウンが付く。しかしこのバッグが大きくて、ロッカーの半分を占めるようでは困ったものだ。

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)温泉エリアには内風呂と露天風呂が1つずつ、そして洗い場を設けている。室内からでも窓越しに海を眺め、露天風呂は一段低い位置にあるから視界に入らない。全体をモノトーンでまとめ、シックで上質な雰囲気だ。大磯温泉は土地柄もあって塩分を多く含むも、ぬるめに沸かしているから長く浸かっていられる。朝も早過ぎたか貸切状態。ちなみに小学生以下は温泉エリアのみの利用となるが、小学生2,000円の料金設定は拒んでいるようなものかと。

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)
THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)

フロアマップを見てもなんだかよくわからないのがスパエリア。おしゃれすぎる空間だ。パノラミックサウナの室内は広々として、しかも明るく、もはやサウナの名を借りた自由な発想。室温は50℃にも満たず、サウナーには常温レベルのぬるさだが、おしゃべりしたり、ごろ寝したりと30分も過ごせば良いのかなと。切り取った景色は高級リゾートのよう。しかしもう一方の眺めはまるっきしの田舎。むしろこれが大磯町の景色。

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)薄暗い室内の岩盤浴では爆睡してしまったので、あまり記憶はない。手持ちのバスタオルを敷いて寝転ぶが、フロア数か所に交換用があり、早い話がバスタオルは使い放題。パノラミックサウナと岩盤浴の側には、雪降るアイスルーム。ぬるい、ひんやりは若いカップルには最高でしょうけど、ガツンと熱い、キンキンに冷たいを求め、フロアの反対側にあるフィンランドサウナへ。

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)薄暗い室内はBGMもテレビもなし。たまに廊下の話し声が聞こえるのみ。カラカラ系の約80℃で、焼き板の焦げたにおいが気になるし、アロマ水でのオートロウリュorセルフロウリュがあったら最高だろう。隣接する約15℃の水風呂とともに、ひとり独占して往復。数人いた水着ギャルはオープンエアーでバカンス気分。雨脚と雷鳴は激しくなっても、サウナには寄り付かず。

THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)
THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)THERMAL SPA S.WAVE(大磯町国府本郷)

リゾート気分を満喫したい客の目当てはインフィニティプール。室内から屋外へと広がり、さらに目の前に広がる海、遥か向こうの水平線との一体感。澄み切った青空の下ならば、3色の青の鮮やかさにきっと心奪われるだろう。めったに雪が降らない土地柄にせよ、冬の時期や悪天候に屋外はつらい。ファイヤープレイスとして暖炉を設けたおしゃれラウンジのほか、カフェバーに並んでわずかな休憩スペース。しかもカフェバーは12時オープンだから、せめて自販機くらい置いていただかないと。

1階にあるレストランバーの宣伝もされなかったし(そもそも気づかなかったし)、リクライニングシートやワークスペースといった諸施設はなく、高い料金の元を取ろうにも過ごしづらい。もちろん宿泊客にとっての付加価値は高く、大磯を訪ねる理由づけになるのかもしれないが。最後に、平塚のグリーンサウナならば、2回行ってもお釣りがくると記しておきたい。

TERMAL SPA S.WAVE(サーマル スパ エス ウェーブ)
源泉/大磯温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物強塩泉)
住所/神奈川県中郡大磯町国府本郷546 大磯プリンスホテル内 [地図]
電話/0463-61-1111 (代表)
交通/JR東海道線大磯駅よりバス13分「大磯プリンスホテル」下車
     国道1号線大磯警察署交差点より350m
     西湘バイパス大磯西ICより1.2km
料金/大人4,500、小学生2,000円、未就学児無料
     SEIBU PRINCE CLUB会員は大人3,800円、小学生1,500円
     宿泊客は無料(大人のみ別途入湯税150円)
     ※小学生以下は温泉フロア(3階)のみ利用可能
     ※スパエリア(4階)は水着を着用のこと
時間/6:00〜24:00(ビジター最終受付17:00)
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ