旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

神奈川県

小松湯(川崎市川崎区大島)

小松湯(川崎市川崎区大島)小松湯を訪ねたとき、目の前の公園では子ども達が全力でドッヂボールに興じ、すぐ近所の酒屋ではおっちゃん達が角打ちでほろ酔いだった。小松湯の店先に貼られたポスターは、地元の大島劇場。いまでは珍しい大衆演劇専門の劇場だ。どこにでもありそうな住宅地なのに、庶民的な風情を感じさせる。こういう環境には銭湯がよく似合うし、地元に愛されているのが伝わってくる。

小松湯(川崎市川崎区大島)フロントで料金を支払い、下足札と引き換えにサウナの引っ掛け鍵を、さらにフェイスタオルとバスタオルを受け取る。銭湯でのサウナ利用には店ごとの決まり事があったり、戸惑うこともしばしば。小松湯の場合で言えば、バスタオルをどうするかということ。「腰に巻くように」との看板に従うも、あいにくサウナ利用客は他におらず、最後まで正解はわからずじまい。

小松湯(川崎市川崎区大島)遠赤外線ヒーターでこじんまりとした室内。「低い温度でもよく温まる」といった趣旨の説明もあるが、温度計は108℃を指していた。しかしそこまで熱くは感じないし、心地良くも感じる。そのあとの水風呂は銭湯にしては冷たく、身体が引き締まる。ゆいるからそのままハシゴしたせいか、小松湯では2セットに留めたのに、帰り道に軽く脚が攣ったということは、しっかり発汗したのだろう。

小松湯(川崎市川崎区大島)入浴剤の替わり湯は寝湯と座湯のジェット。ガリウム石温浴泉はバイブラと電気風呂。白乳泉は文字通り真っ白なお湯で、「天然鉱石の粉末を…」といった説明。東京浴剤(剤の字は旧字体)という会社は、ストリートビューで確認したらいまも存在し、ごく普通の一軒家に看板を掲げていた。

といったわけで、ひと通りの個性的な湯船があって、その一つ一つがじんじんとよく温まる。夜遅くまで開いているし、近所に住んでいたら風邪など引くこともないだろう。若干のぼせた感もありつつ、たまには町の銭湯も良いものだなと。



小松湯
住所/川崎市川崎区大島5-8-7 [地図]
電話/044-233-3371
交通/JR川崎駅よりバス「大島五丁目」停徒歩2分
料金/大人490円、中人200円、小人100円
     サウナは別途200円
時間/14:00〜26:00、毎月8日・18日・28日定休

朝日湯源泉ゆいる(川崎市川崎区鋼管通) ※2021/3/12オープン

朝日湯源泉ゆいる(川崎市川崎区鋼管通)川崎市には大小さまざまな銭湯が営業しており、その中でも朝日湯は露天風呂を備える大型店だった。建て替えのため2017年に閉店してから3年半以上、遅れに遅れた工事となったが、想像をはるかに上回る新施設としての営業再開となった。まず驚いたのは、ワンコイン500円以下だった入浴料が、浴場組合を脱退してその3倍以上へ。タオルセット付きとはいえ、ハイクラスのスーパー銭湯並みだ。それに見合うハードとソフトの両面を期待し、グランドオープン当日3/12に訪問。

朝日湯源泉ゆいる(川崎市川崎区鋼管通)下足箱の鍵と引き換えに、ロッカーキーとタオルセットを受け取る。レストランやワークスペースを横目に、2階の浴室へ。最小限の洗い場に、サウナと水風呂、炭酸泉、温泉浴槽(ぬる湯・あつ湯)が並ぶ。露天風呂は設けず、その代わりにこじんまりとした外気浴スペース。スーパー銭湯の枠組みで言えば小型店だけど、ひとつひとつのアイテムにはこだわりが感じられる。

朝日湯源泉ゆいる(川崎市川崎区鋼管通)サウナは毎時00分と30分にオートロウリュがあり、体感温度が一気に高まる。スタッフによるアウフグースも現時点では不定期開催だが、キャパの問題もあって混雑は必至。水風呂は150cm(女湯135cm)と深さが自慢。深いところは実質2人分だが、冷たいから回転率が良い。その隣の炭酸泉は温度をかなり低めにしているので、水風呂が苦手な人にもってこい。温泉との温冷交代浴もおすすめだ。

新築再開の目玉とも言えるのが温泉の掘削。地下1,200mより湧出し、黄褐色で塩分を多く含むのが特徴。ぬる湯の吐水口からは、非加熱(泉温35℃)の源泉が注がれる。

朝日湯源泉ゆいる(川崎市川崎区鋼管通)レストランでは自家製の豆腐や醤油麹をはじめ、素材や産地にこだわった健康的なメニューを揃えている。味も見た目も良いし、手作り感もあるけれど、そのぶん結構なお値段。食事をするとコーヒー無料というのが、せめてものサービスか。そういえば、最近オープンした店舗では、入退館や飲食などセルフサービス化の流れが主流だけど、ここはフルサービス。オープニングだからか、人件費も惜しみなく投入している様子。

朝日湯源泉ゆいる(川崎市川崎区鋼管通)休憩スペースは3階にあり、ごろんと横になって寛げる。広々としたテラスの今後の活用に期待したい。別料金となるが、よもぎ蒸しもあって、美や健康への意識の高い女性には受けが良さそう。入館は5時間制で、入浴のみなら時間を持て余してしまう。また、夕方以降の入館だと5時間を切ってしまうので、客の割り切りが必要か、それとも今後は割安料金を検討していただけるのか。 小学生も結構な料金だし、ファミリーでの来店は想定していないのだろう。裏を返せば、違いのわかる大人向けの店舗だということ。川崎では望まれていたのかもしれない。



朝日湯源泉ゆいる
源泉/川崎朝日湯温泉(含よう素−ナトリウム−塩化物強塩温泉)
住所/川崎市川崎区鋼管通3-1-2 [地図]
電話/044-333-4126
交通/JR川崎駅よりバス「鋼管通2丁目」停徒歩3分
料金/(平日)大人1,540円、小学生1,210円
     (休日)大人1,910円、小学生1,430円
     ※5時間制、タオルセット付き
     ※延長は1時間あたり平日330円・休日440円
     ※小学生未満利用不可
時間/10:00〜22:00、毎週水曜日定休

カプセルプラス横浜(横浜市西区北幸) ※2021/3/1オープン

カプセルプラス横浜(横浜市西区北幸)横浜における進化系カプセルホテルの先駆けとして誕生したグランパークインも、わずか4年で閉館。そのあとを引き継いだのがカプセルプラス横浜で、こんどはナインアワーズによる運営。昨年手掛けた新宿区役所前カプセルホテルにつづく、宿泊再生事業の2号案件。ハマボール(スパイアス)の東、ビブレの北に位置し、横浜駅西口より徒歩5分の好立地。

カプセルプラス横浜(横浜市西区北幸)グランパークインの「クルーズ船の上質感」というコンセプトは独創的過ぎたが、カプセルプラスはシンプルで無機的過ぎる。がらーんとして未完成にも思えるし、それが系列のドシー(恵比寿五反田)との共通点。フリースペースを広く設け、コワーキング需要に応えようという思惑か。丸椅子は長居向きではないけれど、誘惑がないぶん仕事も捗ることだろう。

カプセルプラス横浜(横浜市西区北幸)暖簾をくぐるときに靴を脱ぎ、下足箱へ。ロッカーは上下2段の小サイズ。フロントで渡されるタオル3枚のうち、真四角のものは一人用サウナマット。本厚木のアーバンスパと同じ方式で、サウナから出たらメタルラックに置いておく。浴室は従来のままで、温かい湯船と、サウナの真横に小さな水風呂。洗い場6つと立ちシャワー2つ。サウナ客を意識してか、これらの間に椅子をいくつか置いている。

カプセルプラス横浜(横浜市西区北幸)カプセルプラスになって変わった点といえば、サウナ室のヒーターで、100圓寮个魍頁爾掘▲札襯侫蹈Ε螢紊皺帖サウナ室自体は2段6人ほどのコンパクトサイズなので、ラドル1杯でも湿度の高まりをすぐに実感できる。水風呂は蛇口全開でも浅いし狭いから、温度計は13℃でも冷たさは微妙な感じ。浴室の雰囲気やサイズ感を言うならば、上野のグランカスタマ(旧おもてなしのお宿)SHIZUKUみたいな感じ。

カプセルプラス横浜(横浜市西区北幸)脱衣所と一体になった空間は、どういう使い方ができるだろうか。もとはリクライニングシートを並べていたけれど、回転率やコンセプト的にそぐわないということか。このまま90分コースだけにするのかわからないけれど、現状では90分では足りないというより、むしろ持て余す。会社帰りや買い物ついでにさくっと立ち寄るにはちょうど良いかと。もちろん横浜駅西口の利便性から、泊まり利用にもおすすめだ。

カプセルプラス横浜 ※浴室・サウナは男性専用
住所/横浜市西区北幸2-1-5 [地図]
電話/045-594-9211
交通/横浜駅西口より徒歩5分
料金/90分900円
時間/12:00〜翌10:00、年中無休
カテゴリー
タグ(温泉・銭湯関連のみ)
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

シダトモヒロ

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。

ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ