旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

海外

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン
* 花湯スパリゾート(埼玉県熊谷市) -2017/4/27オープン
* ひだまりの泉 萩の湯(東京都台東区) -2017/5/29リニューアルオープン
* 湯けむり天然秘湯 龍泉の湯(千葉県成田市) -2017/6/1オープン
* 桜湯(山梨県昭和町) -2017/6/7オープン
* センチュリオンホテル&スパ 上野駅前(東京都台東区) -2017/7/7オープン
* サウナつかさ新城(川崎市中原区) -2017/7/20閉店
* スパニュージャパン(横浜市中区) -2017/8/31閉店

虚心庁(釜山広域市東莱区温泉洞)

虚心庁釜山市中心部の西面駅より地下鉄で北に15分、その名もズバリ「温泉場」という駅がある。駅は高架になっているので電車から街の様子を眺めることができ、駅前には温泉マークをつけたホテルが数多く建ち並んでいるのが見える。だが、これらのホテルは観光用というより、むしろラブホテルのようなけばけばしさで、夜になるとやっぱり怪しいネオンが瞬いている。

駅の西側には釜山で一番高い山、標高801mの金井山がそびえる。山頂には1703年に山城が築かれ、またその山頂まではロープウェイで行けるので、釜山郊外の行楽スポットとして人気があるようだ。そして金井山の山麓に湧く温泉が東莱(トンネ)温泉である。新羅時代から湧き出ていたと言われており、李氏朝鮮時代の1691年には最初の温泉施設が建てられた。そして日本統治時代の19世紀末には本格的な温泉街として開発された。

虚心庁パンフレット虚心庁は併設する「ホテル農心(HOTEL NONGSHIM)」の健康ランド施設であり、91年10月にオープンした。床面積約1300坪、男女約3000人を収容し、“東洋最大規模の温泉施設”を自称する。ちなみにホテル農心は40年の歴史を持つ釜山随一の老舗ホテルで、「辛ラーメン」の製造元、農新グループが経営している。駅前のラブホテル群や庶民的な商店街の背後にあり、高級ホテルの風格すら感じさせる。そしてコンベンションホールのようにも見える建物が虚心庁。外観がしゃれていて、看板も小さいのでわかりにくかった。

受付のある4階までエスカレーターで上がっていく。ホールには日本統治時代かもしくは終戦後かに撮られた温泉街の様子がパネルで展示されていたが、いまの賑わいからは想像できないくらいのひなびた温泉街だった様子。

入浴料を支払い、番号が指定されたロッカーキーを受け取ったら、男女別に分かれた左右の入口から脱衣所へ。館内はところどころに日本語での説明書きがあるのでわかりやすい。バスタオルやナイロンタオル(垢すりタオル)は浴室の出入口に置いてあり、自由に使うことができるので、服を脱いだら何も持たずに浴室に向かう。浴室は4階と一部5階にあり、吹抜けになっているので明るくて開放的に感じる。たしかに浴室はかなり大きいが、箱根の「ユネッサン」よりは小さいので、“東洋最大”はどうかと思う。

浴室の一角は洗い場のスペースとなっている。固形石鹸はあるのだが、シャンプーはない。どうしたものかと探してみたが、みんな石鹸で全身を洗っているようだ。立ったまま使うシャワーのブースもたくさんあり、そこで身体を洗う人の率がかなり高い。

浴室の中央部分には円形の大浴場になっており、その周囲に並んだビーチチェアではおっさん達が新聞を読んだりしている。温泉施設というより、アジアのリゾートホテルのプールのような雰囲気だが、唯一異なるのはみんなが全裸でいることだ。約10m四方の大きさだがプールもあり、大人も平気な顔して泳いでいたりする。ほかには半身浴ゾーンとして大小さまざまな湯船、桧の湯、洞窟風呂、オレンジやグレープフルーツなどの入浴剤が入った風呂(イベント湯)、各種ジャグジーなどなど。5階フロアには高温と中温のサウナのほか、露天風呂もある。バルコニー的なスペースにあって、塀も高くて眺めはまったくない。ホームページで確認したところ、湯船の種類は約40種類とのこと。浴室には裸婦像があったりして洋風な感じもするが、石でできた亀の像の口のところからお湯が注がれるようになっていたりして、韓洋折衷といった感じ。源泉は国内最大級のマグネシウム含有量とのこと。無色透明。

韓国では服を着て入るサウナのことを「チムジルバン」という。「チムジルバンはガウンを着て」と書かれているが、この記述は間違い。脱衣所の通路の棚に置いてあるTシャツと短パンを着て3階へ。フロアの中央部分は床がタイル張りの休憩スペースになっていて、何十人という人が寝転がってテレビを観たり、漫画を読んだりして過ごしている。そのまわりがチムジルバンで、宝石部屋、黄土部屋、アイス部屋などなど、雰囲気と温度の違うサウナが何室もある。それぞれの部屋はかなり広く、寝転がってテレビを観たり、おしゃべりしていたり。

館内はロッカーキーのバーコードで飲食できるようになっており、3階にはスナックコーナーやレストランがある。温泉に入り、サウナに入り、食べたり、寝たりして1日を過ごす。日本の健康ランドも昼間は同じような感じだが、韓国の場合は若い人のグループやカップルも多い。釜山っ子の週末レジャー施設といったところか。旅の思い出にぜひ。

虚心庁(ホテル農心)
源泉/東莱温泉(アルカリ性弱食塩水)
住所/釜山広域市東莱区温泉洞137-7
電話/+82-51-550-2100
交通/地下鉄1号線温泉場駅より徒歩5分
料金/大人8,000ウォン、子供3,000ウォン
時間/5:30〜21:00、年中無休

プサンナビ



大きな地図で見る

北投温泉公共露天浴池(台北市北投区中山路)

北投温泉公共露天浴池

北投公共露天浴池はその名の通り、台北市が運営する公共の露天風呂。露天なので水着を着て入るのだが、いちおう混浴。簡素なつくりの個別更衣室(というかシャワー室)で着替え、荷物はそのへんに適当に置いておく。貴重品ロッカーや番人みたいな女性もいたのだが。

全体的に敷地の傾斜を利用した石造りのレイアウトで、6つの浴槽があり、うち2つはやや冷たいいわば水風呂。ほかの4つは上から「ものすごく熱い」「熱い」といった具合に並んでおり、熱い湯が順々に下に流れ落ちていくというつくり。たまたま監視員に「熱い」「ぬるい」を5分ずつ交互に入るようにと指示されたが、地元の人そして日本人の観光客はお構いなしに自分の好きなようにしていた。なぜ僕らだけ指示されたのかはまったくもって不明である。

水着で入る露天風呂だけあって景色は最高。温泉街に立ち並ぶホテルを一望できる。通りからは塀があって見えないようになっているのだが、温泉街のいちばん谷の部分に位置するので、まわりのホテルからはばっちり見られている、といった感じ。裸じゃないからいいけど。気軽に楽しめる温泉施設なので、年齢を問わず多くの人で賑わっていた。

北投公共露天浴池
源泉/北投温泉(強酸性硫鉱泉)
住所/台北市北投区中山路6号
電話/+866-2-2893-7014
交通/MRT新北投駅より徒歩6分
料金/40元
時間/8:30〜11:45、12:00〜14:45、15:30〜18:45、19:00〜21:45



大きな地図で見る

北投温泉瀧乃湯(台北市北投区光明路)

北投温泉街台北市内からいちばん近い温泉街が北投温泉である。台北車駅からMRTで約40分、北投で支線に乗り換え1駅。新北投で下車。台北市郊外といった風情だが、駅前から温泉街が広がっている。熱海や福岡、京都といった名前をつけたホテルが並び、写真だけ見るとまるで日本の温泉街に来ているようだ。

北投温泉街を流れる川なだらかな坂道、そして川が流れていること。そんな風景が温泉街にはよく似合う。温泉の成分が酸化したのか、川は茶色く濁っていた。温泉がそのまま流れているようで、川で足湯している人も見かけた。川は公園の中を流れ、さかのぼっていくと地熱谷に出る。いわゆる地獄谷。もうもうと湯気が立ち上り、この温泉のすごさを物語っていた。

北投温泉発見者は…北投温泉は1894年にドイツ人のオウリーという硫黄商によって発見された。ちょうどその頃、一攫千金を夢見てやってきた大阪の商人・平田源吾がこの地に赴き、負傷した傷口を癒したと言われている。そして平田は1896年に「天狗庵」という温泉旅館(台湾の温泉旅館第1号)を開業した。また1905年には日本政府が「陸軍療養院」を開設し、北投は温泉地として開発されていった。

岡本要八郎また、この温泉では北投石の存在が注目されている。1905年に滝乃湯を訪れた地質学者の岡本要八郎が発見した鉱石で、ラジウム(放射線)を含んでいる。大量の放射線を浴びると人体に有害だが、少量の放射線ならば体内の免疫力を活性化するという。日本では秋田県の玉川温泉が癌に効くとして人気だが、北投石を産出するのはここ北投温泉と、日本の玉川温泉、そして南米のチリのみとのこと。

北投温泉博物館北投温泉には1923年に昭和天皇(当時皇太子)も訪れている。その時に立ち寄った当時の公衆浴場は「北投温泉博物館」としていまも活用されている(1913年竣工)。その後、第2次世界大戦中から朝鮮戦争、ベトナム戦争にかけては公娼制度が存在したこともあり、日本軍やアメリカ軍兵士で賑わった。この2〜3年は台湾でも温泉ブームで、SPAを売り物にしていたりするのを見ると、日本の温泉地となんら変わりはない。


(2010/01/18追加)



北投温泉には源泉が4つ(青・白・鉄・炭酸)あるようだが、おもに利用されている源泉は、下記の2つ。
○強酸性硫鉱泉(青温泉)
○弱酸性単純泉(白温泉)

青温泉は地熱谷が源泉のラジウム泉。白温泉は近くにある陽明山のふもとを源泉とし、おもに宿泊施設などで利用されている。
今回訪れた「滝乃湯」「北投公共露天浴池」はいずれも青温泉。



北投温泉瀧乃湯

滝乃湯瀧乃湯は日本統治時代に開業した公共浴場。たたずまいは日本のレトロな銭湯そのもの。

90元を払い中に入っていくと、まず脱衣所というスペースがなく、いきなり浴室。通路と思しき場所が一段高くなっており、ベンチが並んでいる。そこでも足が濡れるのだが、注意しながら服を脱ぎ、壁一面に設けられた棚に押し込んでいく。

奥のほうにはカランとシャワーが申し訳程度に並んでいた。片隅には手桶が置いてあり、それでかけ湯をして入浴。ものすごく熱い。たぶん東京の銭湯よりも熱く、草津温泉に来たんじゃないかと思うくらい熱い。どうしたものかと思っていると、おっさんが「向こうだよ」と指差す。よく見ると真ん中に仕切りがあって、「ものすごく熱い」と「それほどでもないがやっぱり熱い」に分かれている。当然それほどでもないほうに身を沈めた。

落ち着いたところでまわりを見渡すと、中はものすごく薄暗くて、おっさん達はみんな黙って湯につかっている。汗が引いてから着替えるという習慣みたいなものはここでも存在し、必死に柔軟体操をしてみたり、床に仰向けで寝そべってみたり、狭い浴室の中を思い思いの方法で過ごしていた。

瀧乃湯
源泉/北投温泉(強酸性硫鉱泉)
住所/台北市北投区光明路244号
電話/+866-2-2891-2236
交通/MRT新北投駅より徒歩6分
料金/90元
時間/6:30〜21:00


大きな地図で見る
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ