旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

海外

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

パムッカレ温泉(トルコ)

パムッカレ温泉(トルコ)今月1日の「世界ふしぎ発見!」をたまたま観ていたが、トルコの温泉特集は個人的に懐かしかった。トルコを旅したのは13年前。ギリシャに向けて出国する日にトルコ大地震が起こったからよく憶えている。

さて、そのときはパムッカレの温泉も訪ねたのであった。トルコ西部の内陸に位置し、1988年には世界遺産にも登録されている。

パムッカレは「綿の宮殿」という意味で、綿花の産地だったことに由来するそうだが、現地は一面真っ白の景色が広がっている。石灰棚によるものだ。その丘を上がっていくと、アンティークプールがあって水着で楽しむ露天風呂になっている。

湯温は約35℃とぬるめ。源泉は深さ4mから湧出する炭酸泉。ここは古代ローマ時代の遺跡跡(ヒエラポリス遺跡)で、足元には石柱などが沈んでいる。1354年の大地震で廃墟と化したのだという。温泉と遺跡の両方が楽しめるとあって人気の観光地。トルコは親日的で旅しやすいので、機会があればぜひ訪ねてみてほしい。

パムッカレの行き方
イスタンブール→デニズリ(長距離バスで10〜12時間)
デニズリ→パムッカレ(バスで約30分)

パムッカレ温泉(トルコ)パムッカレ温泉(トルコ)

日立世界ふしぎ発見!(TBSテレビ)
 「お風呂の中に古代ローマが見える!?トルコ湯けむりミステリー」2012/9/1放送



大きな地図で見る

ビンチャウ温泉(ベトナム)

ベトナムを旅行するにあたって、事前に「ベトナム 温泉」のキーワードで検索してみたところ、意外にも(?)各地に温泉があるらしい。ホーチミンシティからいちばん近いところだと、ブンタウという町の近郊にあるビンチャウ温泉。ホーチミンシティから約150km、片道3時間半もかかるが、けっして行けない距離ではない。ビンチャウリゾートの公式ホームページには一部で日本語の紹介文もあるのだが、これは訪問するにあたって必ずしも有益な情報ではなく、また日本人で訪れる人は少ないのか情報量としては乏しい。しかし、ベトナムに温泉があるならば訪れないわけにはいかないだろう。おのずと今回のベトナム旅行のメインテーマは、ビンチャウ温泉に決定した。

ビンチャウ温泉(ベトナム)

すべては現地での情報収集に懸かっていた。『地球の歩き方』によると、「ホーチミン市から車でブンタウへ向かう途中の三叉路を右に行くとブンタウ、そこを左に折れてさらに北に進むとビンチャウに着く」とあった。レンタカーで移動するわけではないので、『地球の歩き方』には失礼だが何も役に立たない情報である。長距離バスはどうか?と考えたが、各都市へのバスが発着するミエンドンバスターミナルは、市郊外にあるというので断念。ビンチャウ温泉までのダイレクト便は多分ないだろうし、ブンタウ乗り換え乗換えでは時間を大きくロスすることだろう。それならツアーは?というと、HISやシンカフェでは残念ながら主催していない。しかし最後の望みはひとつ。『地球の歩き方』に載っていた、ベンタインツーリストという旅行代理店の存在だ。ビンチャウ温泉のツアーを主催しており、しかも日本語ガイドが付くという。いろいろと調べてみたものの、最初の候補に落ち着いた。

ドンコイ通りのトラベルオフィスを訪れ、ツアー内容を確認。チャーター車によるプライベートツアーのようだ。ベトナムへの航空券代や滞在費に比してツアー代は割高だと思うが、ここまできたら引き下がるわけにもいかない。自らが体験し、皆さんに紹介することこそ我が使命、とわけのわからない旗印の下、翌日の出発で申し込んだ。ツアー内容と料金は以下の通り。

DAY TO HO COC BEACH & BINH CHAU THERMAL SPRING
〜ホーコック海岸とビンチャウ温泉〜

07:30 ホテルを出発
10:30 ビンチャウ温泉に到着。入浴&リラックス
12:00 昼食
13:00 ホーコック海岸に出発。海水浴&日光浴
18:30 ホーチミンシティに到着

ツアー代金(参加人数・1人あたりの料金):US$の場合
1人127$、2人93$、3人72$、4人60$、5人50$
※参加人数が多いほど、1人あたりの料金は安くなる。

ツアー代金に含まれるもの
・交通費 ・日本語ガイド ・入場料
・昼食代 ・税金、サービス料金

Ben Thanh Tourist Travel Office
73-75 Dong Khoi Street, District 1, Ho Chi Minh City, Vietnam
Tel: (84.8) 3827 3073 – 3827 3074


ガイドはバンさん、運転手はブンさん。ともに30代前半の若い男性。5分遅れてやって来たことを詫びるわけでもなく、スケジュールの簡単な説明を行ったのち、ツアーは出発した。車はトヨタ・イノーバというアジアオリジナルの3列シートミニバン。日本でいうとイプサムに似た感じで、ベトナムではよく見かける車種。バイク主流のこの国では車の占める割合はまだまだ少なく、庶民にとっては高嶺の花であるらしい。市街地は慢性的に渋滞しており、割り込みや幅寄せは当たり前だが、ボディに傷ひとつないのがすごい。国道1号線ハイウェイをすっ飛ばすと、景色はだんだんと農村風景に変わっていく。約3時間半の道のりは、はっきり言って退屈だった。

ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)
ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)
ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)

ビンチャウ温泉は、サイゴン・ビンチャウ・ツーリストが開発したリゾート。その敷地は33ヘクタール(33万屐疆豕ドーム7個分)に及び、きれいに整備された庭園の雰囲気がどこまでも続く。植物は多種多様で緑が色濃く、赤や黄色といった原色の花や果実が彩りを添えている。中華思想の影響なのか、まれに理解しがたいオブジェもあるが、全体的には南国の楽園といった印象。ホテルやレストラン、テニスコートなどの施設が点在し、都市部の喧騒などここでは無縁。ベトナム人にとって温泉とは療養目的という意識が根強いそうで、ホームページでも免疫力向上や疲労回復などの効能をうたっているが、訪れている客層は見るからにセレブの装い。親子3代に渡る家族づれが多い。西洋人の姿は見かけたが、日本人は皆無だった。いずれにせよベトナムの物価を考えれば、ここは一般市民にとっての別天地で、閑散としているのが少し寂しい。

さんざん歩いたところで、温泉施設のインフォメーションに到着。このリゾートの入場料20,000ドンはツアー代に含まれているが、温泉施設の利用料は別途必要だという。「ここまで来て温泉に入らない奴はいるのか?」と思いながら50,000ドン、さらにロッカー代を支払う。ちなみに温泉では水着を着用するが、ここで購入することもできる。シャワーブースで着替えたら、いざ温泉へ。

ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)
ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)

かくして訪れたベトナムの温泉は、日本で言えば箱根のユネッサンにもある屋外型温泉プールだった。真四角の大プールのほか、曲線などで精一杯の変化を凝らしているが、その規模は明らかにユネッサン以下。流れる仕掛けやウォータースライダーなどの楽しみがあるわけでもない。こんな温泉は最初から求めていないので、足早に泥湯へと移動。さらに利用料が200,000ドン必要だと言われ、もはややけくそな気分だが、この際仕方がない。

ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)
ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)

ビンチャウ温泉(ベトナム)原生林っぽい雰囲気のなかに小屋がいくつか点在し、室内には湯船とシャワーブースが備えられていた。泥湯の利用についてはベトナム語のほか、英語でも説明書きがある。湯船は空なので自分でお湯を張り、まずは入浴。37℃のお湯はベトナム人にとって熱いと感じるらしいが、日本人にとっては心地いい。海に近いせいかわずかに塩分を含み、舐めてみると苦味と甘みが舌に残る。ひとしきり温まったらタオルで水分を拭き取り、全身に泥を塗りたくる。真っ黒な泥はあらかじめ保温してあったのか生ぬるく、きめが細かい。この泥にマングローブのエキスを混ぜ合わせるため、ヘアトニックのような香りが漂う。泥を塗って待つこと15分ほど、完全に乾ききったところで再び入浴。シャワーで洗い流してから入浴すべきか迷ったが、面倒なので排水しながらお湯の中で泥を落とすことに(しかし泥をきれいに排水するのはもっと面倒だった)。もう一度お湯を張って20分ほど、今度はじっくりとお湯につかる。湯上りの肌はつるつるで驚いた。ホーチミンシティにもエステサロンはあるのだが、温泉も楽しめるという点ではかえってお徳かも。スケジュールを1日拘束されるということに目をつぶれば、という条件付きだが。

ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)

昼食は園内のレストランへ。コースメニューはツアー代に含まれており、飲み物代だけは自己負担。ベトナム料理は野菜が多くて健康的だが、メインは鍋物とあって汗が止まらない。このリゾートに数日間宿泊し、毎日がこんな食事だったら間違いなく健康になれるだろう。

ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)
食後は散策を兼ね、50〜60℃のお湯が湧く源泉池へ。すぐそばで源泉の熱気を感じることができる。その先には卵や鶏などのオブジェが設えてあり、その中には80℃の源泉が湧いている。この源泉を利用し、温泉卵を作って食べることもできる。ここだけは観光地の雰囲気で、オブジェのセンスもコミカル。温泉卵が出来上がるまでの間、お父さんたちはビールで一杯やり、子供たちは源泉をのぞき込んでいる。これまでセレブ層の上品な姿ばかりが目に映ったが、ようやくベトナム人本来の笑顔に出会えた感じがした。

ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)ビンチャウ温泉(ベトナム)

名残惜しいがビンチャウ温泉はこの程度でおしまいにし、次の目的地ホーコック海岸へ。できることなら温泉だけにしてもらいたかったが、ベトナムの海岸とはどんなものかとこの目で確認だ。17kmほど離れているが、車でひとっ走りの距離。周辺では巨大リゾートが建設中で、いつ完成するのかと尋ねたら100年後だと言う。何を悠長なことをと思ったが、冗談で言っているのではないらしい。クチトンネルを完成させた土木技術の実績はあるものの、本体工事の建築技術においてはまだまだ未発達なのか。そして肝心のホーコック海岸は特筆すべきことのない砂浜で、日除けのために屋根のかかったデッキに、ビーチチェアがいくつか並んでいるだけ。若者が水遊びをしているが、閑散としててどこか物悲しい。ガイドのバンさんと話をしているうちにうとうとしてしまった。

ホーコック海岸ホーコック海岸ホーコック海岸

ホーコック海岸では1時間ほど過ごし、15時にはホーチミンシティに向けて出発。次第に雲が多くなってきてはいたが、バンさんが「これから雨が降るかもしれない」と言った3分後に激しい雨。スコールといった一時的な雨ではなく、ホーチミンシティに到着するまで延々と降り続いた。その激しさにワイパーを最速にしているが、ほとんど視界はなく、それなのにアクセルは全開。よく事故らないなぁなんて感心しているうちにまたしてもうとうとしてしまい、目が覚めたときはもう夜のネオンがまぶしいホーチミンシティだった。

10000 ベトナム ドン (VND) = 52.976 日本円 (JPY)


より大きな地図で ビンチャウ温泉 を表示

VESTA(釜山広域市海雲台区中洞)

海雲台ビーチ(パラダイスホテルからの眺め)港町釜山を代表するビーチといえば「海雲台(ヘウンデ)」。釜山の中心地・西面駅から地下鉄2号線で東に30分の位置にあり、約2キロにわたって砂浜が続いている。海岸沿いにはしゃれたレストランや露店が並び、そして免税店を備えたパラダイスやノボテルといったホテルも建ち並んでいる。夏のピーク時には1日に100万人以上の行楽客で賑わうという。(写真はパラダイスホテルからの眺め。VESTAからもだいたいこんな感じの景色)

VESTA海雲台の東方の小高い丘の上に建つ温泉施設が「VESTA」である。タクシーで5分程度の距離。月見の丘というらしいが、高級住宅地の雰囲気を感じさせる。VESTAはイタリアをイメージした白亜の洋館といった感じ。訪れたのは夜だったが、エントランスはディスコかバーかといった感じのしゃれた雰囲気だった。

VESTAパンフレットフロントで料金を支払うと、タオルとTシャツ・短パンを手渡され、それを持ってエレベーターに乗る。男性は4階、女性は2階。館内には日本語表記がまったくないし、フロントでは英語も通じなかった。とにかく4階ということだけはわかったので、ロッカールームでほかの人の動きを観察。まずは素っ裸で浴室へ。フロントで渡されたタオルはロッカーに入れたまま。身体を洗うナイロンタオルは浴室内に置いてあるし、浴室から出たあとのバスタオルは出入口に置いてある。いずれも自由に使ってよい。結局フロントで渡されたタオルは、使いたいときに自由に使えということだろう。

カランはたくさんあるのだが、立ったまま使うシャワーのほうが釜山っ子には人気があるみたいだ。ひと通り身体を洗ったら湯船につかる。日本と同じく42℃くらいの温度に設定された湯船が5つほど。いずれも6帖ほどの大きさでかなりゴージャスな感じがする。ちなみに源泉は地下410mから湧出している。浴室は海側が全面ガラス張りになっていて、ホテルやレストランのネオンが海岸線に沿って輝いている様子が一望できる。広めのベランダ部分に設けられた露天風呂からの眺めはもっと最高。そしてここからの一服はとても気持ちが良い。

浴室にも高温と中温のサウナが1つずつ、そして水風呂もあるのだが、ここはやはり3階のチムジルバンへ。サウナ用のTシャツと短パンに着替えていく。約40℃のちょっと熱めから約80℃の高温まで4〜5室あり、テレビを観たり、おしゃべりをしたりと思い思いの過ごし方をしている。サウナの中だというのに携帯でメールする若者もいる。それも1人2人じゃない。サウナ着を着ているとはいえ、こういう場でのマナーの問題はどうなっているのか、そして携帯電話は壊れないのか、気になるところである。

3階の休憩室も海側は全面ガラス張りになっている。24時間営業ということもあり、遅い時間になっても多くの人が床でゴロゴロしている。割合的に若い人が多い。海雲台のビーチで遊んで、そのまま宿代わりにする人が多いんだろうなぁと思っていたのだが、韓国観光公社公式サイトのトピックス「釜山・慶州2泊3日ベストコース」にも“ベスタ・チムジルバンで就寝”とハッキリと書かれている。公の機関がこんな安上がりな宿泊をおすすめするなんて…。

帰りに日本語パンフレットを貰って気づいたのだが、5階には水着着用の混浴露天風呂があったようだ。なんだかデートスポットにももってこいな施設である。

海雲台ビーチの昼海雲台ビーチの夜
海雲台ビーチの昼と夜。江ノ島に負けず劣らずの人口密度。夜通ったら海に向けてロケット花火を連発するおじさんがいた。

VESTA(ベスタ)
源泉/不明(政府指定アルカリ性温泉水=パンフレットより)
住所/釜山広域市海雲台区中洞1509-6
電話/+82-51-743-5705
交通/地下鉄2号線「海雲台」駅よりタクシーで約5分
料金/(温泉)大人5,000ウォン、子供3,000ウォン
     (温泉+チムジルバン)大人8,000ウォン、子供5,000ウォン
     (夜間21:00〜4:00)10,000ウォン
時間/24時間、年中無休



大きな地図で見る

虚心庁(釜山広域市東莱区温泉洞)

虚心庁釜山市中心部の西面駅より地下鉄で北に15分、その名もズバリ「温泉場」という駅がある。駅は高架になっているので電車から街の様子を眺めることができ、駅前には温泉マークをつけたホテルが数多く建ち並んでいるのが見える。だが、これらのホテルは観光用というより、むしろラブホテルのようなけばけばしさで、夜になるとやっぱり怪しいネオンが瞬いている。

駅の西側には釜山で一番高い山、標高801mの金井山がそびえる。山頂には1703年に山城が築かれ、またその山頂まではロープウェイで行けるので、釜山郊外の行楽スポットとして人気があるようだ。そして金井山の山麓に湧く温泉が東莱(トンネ)温泉である。新羅時代から湧き出ていたと言われており、李氏朝鮮時代の1691年には最初の温泉施設が建てられた。そして日本統治時代の19世紀末には本格的な温泉街として開発された。

虚心庁パンフレット虚心庁は併設する「ホテル農心(HOTEL NONGSHIM)」の健康ランド施設であり、91年10月にオープンした。床面積約1300坪、男女約3000人を収容し、“東洋最大規模の温泉施設”を自称する。ちなみにホテル農心は40年の歴史を持つ釜山随一の老舗ホテルで、「辛ラーメン」の製造元、農新グループが経営している。駅前のラブホテル群や庶民的な商店街の背後にあり、高級ホテルの風格すら感じさせる。そしてコンベンションホールのようにも見える建物が虚心庁。外観がしゃれていて、看板も小さいのでわかりにくかった。

受付のある4階までエスカレーターで上がっていく。ホールには日本統治時代かもしくは終戦後かに撮られた温泉街の様子がパネルで展示されていたが、いまの賑わいからは想像できないくらいのひなびた温泉街だった様子。

入浴料を支払い、番号が指定されたロッカーキーを受け取ったら、男女別に分かれた左右の入口から脱衣所へ。館内はところどころに日本語での説明書きがあるのでわかりやすい。バスタオルやナイロンタオル(垢すりタオル)は浴室の出入口に置いてあり、自由に使うことができるので、服を脱いだら何も持たずに浴室に向かう。浴室は4階と一部5階にあり、吹抜けになっているので明るくて開放的に感じる。たしかに浴室はかなり大きいが、箱根の「ユネッサン」よりは小さいので、“東洋最大”はどうかと思う。

浴室の一角は洗い場のスペースとなっている。固形石鹸はあるのだが、シャンプーはない。どうしたものかと探してみたが、みんな石鹸で全身を洗っているようだ。立ったまま使うシャワーのブースもたくさんあり、そこで身体を洗う人の率がかなり高い。

浴室の中央部分には円形の大浴場になっており、その周囲に並んだビーチチェアではおっさん達が新聞を読んだりしている。温泉施設というより、アジアのリゾートホテルのプールのような雰囲気だが、唯一異なるのはみんなが全裸でいることだ。約10m四方の大きさだがプールもあり、大人も平気な顔して泳いでいたりする。ほかには半身浴ゾーンとして大小さまざまな湯船、桧の湯、洞窟風呂、オレンジやグレープフルーツなどの入浴剤が入った風呂(イベント湯)、各種ジャグジーなどなど。5階フロアには高温と中温のサウナのほか、露天風呂もある。バルコニー的なスペースにあって、塀も高くて眺めはまったくない。ホームページで確認したところ、湯船の種類は約40種類とのこと。浴室には裸婦像があったりして洋風な感じもするが、石でできた亀の像の口のところからお湯が注がれるようになっていたりして、韓洋折衷といった感じ。源泉は国内最大級のマグネシウム含有量とのこと。無色透明。

韓国では服を着て入るサウナのことを「チムジルバン」という。「チムジルバンはガウンを着て」と書かれているが、この記述は間違い。脱衣所の通路の棚に置いてあるTシャツと短パンを着て3階へ。フロアの中央部分は床がタイル張りの休憩スペースになっていて、何十人という人が寝転がってテレビを観たり、漫画を読んだりして過ごしている。そのまわりがチムジルバンで、宝石部屋、黄土部屋、アイス部屋などなど、雰囲気と温度の違うサウナが何室もある。それぞれの部屋はかなり広く、寝転がってテレビを観たり、おしゃべりしていたり。

館内はロッカーキーのバーコードで飲食できるようになっており、3階にはスナックコーナーやレストランがある。温泉に入り、サウナに入り、食べたり、寝たりして1日を過ごす。日本の健康ランドも昼間は同じような感じだが、韓国の場合は若い人のグループやカップルも多い。釜山っ子の週末レジャー施設といったところか。旅の思い出にぜひ。

虚心庁(ホテル農心)
源泉/東莱温泉(アルカリ性弱食塩水)
住所/釜山広域市東莱区温泉洞137-7
電話/+82-51-550-2100
交通/地下鉄1号線温泉場駅より徒歩5分
料金/大人8,000ウォン、子供3,000ウォン
時間/5:30〜21:00、年中無休

プサンナビ



大きな地図で見る

北投温泉公共露天浴池(台北市北投区中山路)

北投温泉公共露天浴池

北投公共露天浴池はその名の通り、台北市が運営する公共の露天風呂。露天なので水着を着て入るのだが、いちおう混浴。簡素なつくりの個別更衣室(というかシャワー室)で着替え、荷物はそのへんに適当に置いておく。貴重品ロッカーや番人みたいな女性もいたのだが。

全体的に敷地の傾斜を利用した石造りのレイアウトで、6つの浴槽があり、うち2つはやや冷たいいわば水風呂。ほかの4つは上から「ものすごく熱い」「熱い」といった具合に並んでおり、熱い湯が順々に下に流れ落ちていくというつくり。たまたま監視員に「熱い」「ぬるい」を5分ずつ交互に入るようにと指示されたが、地元の人そして日本人の観光客はお構いなしに自分の好きなようにしていた。なぜ僕らだけ指示されたのかはまったくもって不明である。

水着で入る露天風呂だけあって景色は最高。温泉街に立ち並ぶホテルを一望できる。通りからは塀があって見えないようになっているのだが、温泉街のいちばん谷の部分に位置するので、まわりのホテルからはばっちり見られている、といった感じ。裸じゃないからいいけど。気軽に楽しめる温泉施設なので、年齢を問わず多くの人で賑わっていた。

北投公共露天浴池
源泉/北投温泉(強酸性硫鉱泉)
住所/台北市北投区中山路6号
電話/+866-2-2893-7014
交通/MRT新北投駅より徒歩6分
料金/40元
時間/8:30〜11:45、12:00〜14:45、15:30〜18:45、19:00〜21:45



大きな地図で見る
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ